論語詳解208子罕篇第九(3)麻冕は礼也*

論語子罕篇(3)要約:今日はお作法の授業をする孔子先生。古礼とは違っていても、節約になるなら構わないと言います。しかしお作法の基本は心。殿様は心から敬うべきで、それを態度に示しなさいと講義するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「麻冕禮也。今也純儉、吾從衆。拜下禮也。今拜乎上泰也。雖違衆、吾從下。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「麻絻a,禮也;今也純,儉也b,吾從衆。[拜乎c下,禮]213……

  1. 絻、今本作「冕」。
  2. 也、今本無。
  3. 乎、今本無。

→子曰、「麻絻禮也。今也純、儉也。吾從衆。拜乎下禮也。今拜乎上泰也。雖違衆、吾從下。」

復元白文

子 金文曰 金文 論語 麻 金文論語 免 金文 礼 金文也 金文 今 金文也 金文純 屯 金文 僉 金文也 金文 吾 金文従 金文衆 金文 論語 拝 金文論語 乎 金文下 金文 礼 金文也 金文 今 金文論語 拝 金文乎 金文上 金文論語 大 金文也 金文 雖 金文違 金文衆 金文 吾 金文従 金文下 金文

※絻→免・純→屯・儉→僉・泰→大。論語の本章は也の字を断定で用いている本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、麻絻まべんれいなりいまいとなるは、つづまやなりわれしうしたがはむ。しもをがむはれいなりいまかみをがむはおごなりしうたがふといへども、われしもしたがはむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「麻の冠は礼法に規定がある。しかし今は絹を使うが、これは節約のためだ。私は今の人々のやり方に従う。次に主君を宮殿の階段下で拝むのも礼法に規定がある。しかし今は階段を上ってから拝むが、これは無礼だ。今の人々の考えとは違うが、私は階段下で拝むのに従う。」

意訳

ニセ孔子
あー。今日の礼法の授業は冠からじゃな。あー、礼法の規定では麻の冠をかぶるが、あれは繊維をほぐすのが大変で、チト値が張る。じゃから今は絹の冠で代用するが、これはまあ、節約にもなるからいいじゃろう。

あー、次は主君への礼拝じゃな。礼法の規定では階下から拝むことになっておる。今はずかずかと階段を上がってから拝む者が多いが、これはいかん。太々しいにも程がある。私はそうせぬし諸君もやっちゃいかん。えー、次に…。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「麻の冠をかぶるのが古礼だが、今では絹糸の冠をかぶる風習になった。これは節約のためだ。私はみんなのやり方に従おう。臣下は堂下で君主を拝するのが古礼だが、今では堂上で拝する風習になった。これは臣下の増長だ。私は、みんなのやり方とはちがうが、やはり堂下で拝することにしよう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「用麻布做禮帽,是以前的規定;現在都用絲綢,比較節約,我隨大衆。在堂下拜見君主,是以前的規定;現在都堂上拜,沒有禮貌。雖然違反大衆,我還是贊同在堂下拜。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「麻布で礼帽を作るのは、古いしきたりで、現代では絹を使う。比べると節約になるから、私は世間に従う。宮殿の壇の下で君主を拝むのは、古いしきたりで、今は誰もが壇上で拝む。お行儀が良くない。世間とはやり方を変えるが、私はやはり壇の下で拝むのに賛成する。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


麻冕(マベン)→麻絻

 論語 冕 金文大篆
「冕」(金文大篆)

麻の冠のこと。「麻」は論語では本章のみに登場。下記古注によると、素材は安価だが、作るのに手間がかかったという。

『三才圖會』所収「麻冕」(マベン、麻の冠)。東京大学東洋文化研究所蔵

『学研漢和大字典』によると「麻」は会意文字で、「广(やね)+額(あさの茎を二本並べて、繊維をはぎとるさま)」。あさの茎を水につけてふやかし、こすって繊維をはぎとり、さらにこすってしなやかにする。摩(こする)・模(こする)と同系のことば、という。

『字通』によると[会意]旧字は麻 外字に作り、广(げん)+𣏟(はい)。〔説文〕七下に「𣏟と同じ。人の治むる所なり。屋下に在り。广に從ひ、𣏟に從ふ」とし、屋下に𣏟を治むる意とする。〔繫伝〕には文首に「枲(あさ)なり」とあり、枲(し)字条七下に「麻なり」とあるのと互訓。广は宮廟の象。麻は𣏟を神事に用いる意を示すものであろう。わが国の白香(しらか)の類にあたる。禦祀を示す御の初文は、卜文では幺(よう)に従い、幺は麻たばを拗(ね)じた形。喪礼にも多く麻を用いた。唐代には、麻紙を詔勅に用いた、という。

「冕」の詳細は論語語釈「冕」を参照。

論語 純 金文 論語 純
(金文)

論語の本章では”絹で作る”。詳細は論語語釈「純」を参照。

ただし「純」の字をどう眺めても、”きぬ”の語意は出てこない。その意は古注で孔安国が「純絲也絲易成故從儉也」=”純は絹糸である。絹糸は容易に紡げるので、だから節約になるのだ”と言ったことから始まる。要するに儒者の口から出任せだが、今はそう解する以外に仕方が無い。

儉(倹)

論語 倹 金文大篆 論語 倹
(金文大篆)

論語の本章では”つつしむ”。『学研漢和大字典』による原義は引き締めた生活。この文字の初出は秦帝国期の金文大篆で、論語の当時は「剣」「険」などと共に「僉」と書かれていたと考えられる。詳細は論語語釈「倹」を参照。

吾從(従)衆

論語 従 金文 論語 衆 金文
「従」「衆」(金文)

論語の本章では、「衆」=多数派に従うこと。詳細は論語語釈「従」論語語釈「衆」を参照。

拜(拝)下

論語 拝 金文 論語 揖 拝礼
(金文)

論語の本章では、宮殿の外、階段の下から拝礼すること。

『学研漢和大字典』によると「拝」は会意文字で、「整ったささげ物+手」で、神前や身分の高い人の前に礼物をささげ、両手を胸もとで組んで敬礼をすることを示す。貝(バイ)(二つに割れるかい)・廃(ハイ)(二つに割れる)などと同系で、組んだ両手を左右に分けて両わきにもどすこと、という。詳細は論語語釈「拝」を参照。

論語 泰 篆書 論語 泰
(篆書)

”大きい・ゆたか・安らか”の意だが、論語の本章では”おごり・おごる・たかぶる”。「泰」の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、大・太が語義を共有する場合にのみ、論語時代の置換候補になりうる。本章の場合”ふてぶてしい”から「大」に通じる。

詳細は論語語釈「泰」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は孔子塾の授業の実況風景を、後世の儒者が想像したラノベ。こうした礼式の授業は、屋外に設けられた壇上で行ったらしい。少なくとも中国の文化人はそう理解していた。

論語 孔子聖蹟図 杏壇礼楽

なお本章で用いられた「麻」の字は意外に新しく、初出は西周末期の金文。”アサ”を意味する「𣏟ハイ」も「」もさらに新しく、初出は楚系戦国文字。「麻」があるのに「𣏟」がある、というヘンテコな時代は想像しがたいから、𣏟の字も西周末期にはあったのだろうが、意外にアサの出現は新しい。

一方「糸」はそれだけで”絹糸”を意味するとされ、初出はもちろん甲骨文。すると中国ではアサより前に絹糸の利用が始まったのかと思いたくなるが、こればかりは考古学的発見を調べないことにはなんとも言えないだろうし、訳者はそちらについては素人である。

またアサと言ってもアサ科のいわゆる大麻だけではなく、枲はイラクサ科の”からむし・ちょま”であり、(初出は説文解字)は”ジュートあさ”で中国原産とされる。亜麻はコーカサス原産とされ、相当する漢字は無いようだから、論語の時代には無かっただろう。

木綿が中国に現れるのは唐末から宋代にかけての十世紀で、毛織物は元まで時代が下る。新疆や青海と言った遊牧民居住地からは、紀元前1900年頃の毛織物が出土しているが、元は羊飼いの部族だった周はなぜか、毛織物を造らず毛皮のままで用いた(→梁国兴・邓景元「毛织物发展历史」中国古代毛织物)。

上掲の儒者の注釈は以下の通り。

古注『論語集解義疏』(疏は省略)

子曰麻冕禮也今也純儉吾從衆註孔安國曰冕緇布冠也古者績麻三十升布以為之純絲也絲易成故從儉也拜下禮也今拜乎上泰也雖違衆吾從下註王肅曰臣之與君行禮者下拜然後升成禮時臣驕泰故於上拜也今從下禮之恭也

本文「子曰麻冕禮也今也純儉吾從衆」。
注釈。孔安国「冕は緇布くろぎぬの冠である。昔はつむいだ麻三十升の布で作った。純とはきぬいとである。絲は簡単にできるので、だから節約になった。」

本文「拜下禮也今拜乎上泰也雖違衆吾從下」。
注釈。王粛「臣下が君主に礼を行うとき、御殿の下で拝み、その後で昇殿することが作法にかなう。当時の臣下は驕っていたので、だから昇殿して拝んだ。そこへ改めて殿下に拝むのは、作法でも丁寧な所作である。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)