論語詳解211B子罕篇第九(7)牢曰く、子云く*

論語子罕篇(7)要約:先生は自分が地獄のような底辺から這い上がった事を、ぼそりと弟子に漏らした事もあります。若い頃は、どんな事をしてでも食い扶持を稼ぐしかなかった、と。若い世代に、先生の心の闇は思いやれたのでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

牢曰、「子云、『吾不試、故藝。』」

復元白文

論語 牢 金文曰 金文 子 金文雲 金文 吾 金文不 金文 故 金文芸 金文

※論語の本章は試の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

らういはく、いはく、われもちゐられず、ゆゑげいありと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

琴牢
弟子のロウが言った。「先生はこう言った。”私は就職できなかった。だから多芸になった”と。」

意訳

(前章からの続き)

ニセ孔子
子貢よ。弟子の牢が言ったように、若い頃は、いろんな仕事で食いつないだもんさ。

従来訳

論語 下村湖人

門人の牢も、こんなことをいった。――
「先生は、自分は世に用いられなかったために、諸芸に習熟した、といわれたことがある。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

牢說:「孔子說過:『我沒有被重用,所以學會了許多技藝。』」

中国哲学書電子化計画

牢が言った。「孔子はむかし言った。”私は高い地位に就けて貰えなかった、だから沢山の技能を学べた”と。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 、『 。』」


論語 牢 甲骨文 論語 牢 金文
(甲骨文・金文)

朱子によると、孔子の弟子で、姓は琴、字は子開、またの字は子張と言う。「なんでもやりすぎ」の顓孫師・子張とは別人。ただし朱子の個人的想像に過ぎず、当てにならない。

「牢」の字は論語では本章のみに登場。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(やね)+牛」で、牛などの家畜を、しっかり小屋の中にとじこめることを示す。老(骨組みがかたくなって、動きがとれない)・留(しこり固まって動かない)などと同系のことば。類義語の獄は、がみがみといがみ合う裁判のことから、転じて監獄の意となったことば、という。

『字通』によると[会意]宀(べん)+牛。宀は家ではなく、牢閑(おり)の象。卜文の牢閑には(冖+牛)・(冖+羊)に作り、柵かこいの形であるから、(冖+牛)に作るのがよい。〔説文〕二上に「閑なり。牛馬を養ふ圈(けん)なり。牛と冬の省とに從ふ。其の四周帀(めぐ)るに象る」とするが、冬の省に従う字形ではない。入口が狭く、中が広い牛圏の形である。〔墨子、天志下〕に「人の欄牢(らんらう)に入りて、人の牛馬を竊(ぬす)む」とあり、欄・闌(らん)ともいう。閑字条十二上に「闌なり」とあり、闌圏を設けたところ。その構造は堅牢、そこにおしこめるので牢籠(ろうろう)の意となる。獄舎の意に用いて牢獄という。字を仮借して用いることが多く、牢落は遼落(りようらく)、牢愁・牢騒(ろうそう)は憂愁の意。牢人とは牢騒の人、捜牢・牢灑(ろうさい)は、騒ぎにまぎれて婦女や財物を掠め取ること、牢剌(ろうらつ)はばらばらというほどの擬声語である、という。

甲骨文の時代からある古い言葉=文字だが、出典によって中に入っているのは羊だったり、上掲のように馬だったりする。要するに家畜を閉じこめる檻が原義。論語の時代、人を閉じこめるには、深い穴を掘ってそこに収容したらしい。

論語 囚 睡虎地秦墓竹簡
「囚」(秦系戦国文字)

人を檻に閉じこめる「囚」の文字は、始皇帝が中国を統一した頃の秦国で初めて現れる。統一戦争によって、続々とざんばら髪にされた捕虜が秦国に送り込まれるようになり、一々穴を掘ってはいられなくなったためだろうか。
論語 牢屋

論語 試 睡虎地秦墓竹簡 論語 試
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”用いる”。「吾不試」を採用されない、とここでは解するが、論語や他の漢文では、人を「試」すという表現は、現代と同じ”試用期間”を意味する。『字通』は「古くは用いる意であった」という。

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、式は「工(仕事)+(音符)弋(ヨク)(棒)」から成り、棒をもちいて工作すること。試は「言+(音符)式」で、その人や物を使って仕事をやらせてみること、という。詳細は論語語釈「試」を参照。

藝(芸)

論語 芸 金文 論語 芸
(金文)

論語の本章では”こまごまとした技能”。『学研漢和大字典』による原義は、植物を植え育てること。詳細は論語語釈「芸」を参照。

論語:解説・付記

論語の前章と並び本章も、孔子の多芸多才を述べているが、この話は半ばウソである。孔子が当時の貴族が身につけるべき、あらゆる技能や教養に精通し、加えて当時の誰よりももの知りだったことは間違いないが、孔子はかなり若い時期から才を見出されて、門閥に仕えている。

魯国の門閥三家老家を三桓と言い、その一角の孟孫家の当主・孟僖子は、若き孔子の学才を見て、跡取りの孟懿子と、その弟南宮敬叔の家庭教師に招いた。孟懿子は孔子とほぼ同年に世を去っており、つまり同世代と思われ、それが基礎教養を学ぶのだから、共に少年だったろう。

その後しばらく孔子が何をしていたか記録が無いが、三桓筆頭の季氏に仕えたり国営牧場の管理人をしたりしているから、若い頃の孔子はその出身から見れば、決して身分は低くない。そして洛陽に留学して学問の総仕上げをするについては、国公と孟懿子兄弟の援助を得ている。
(→孔子年表)

論語 司馬遷 論語 史記
それ以外は、孔子の前半生はほとんど分かっていない。司馬遷が『史記』に孔子の伝記を記す際、史料を収集したほかに、現地の魯国に出向いて古老から話を聞き取ったのはほぼ確実だが、古老がほらを吹く可能性はむしろ高く、史実としてそのまま受け取るわけにもいかない。

しかし孔子の前半生を示す一番確実な史料は、論語と『史記』をおいて他になく、あるとしても『春秋左氏伝』があるのみだが、これには孔子の前半生はほとんど皆無と言っていい。司馬遷はただ聞いたことを記すのではなく、挿話同士に矛盾がないか検討してから記している。

それは同時に、事実が隠され、よくできた作り事が『史記』に載ったおそれを意味するが、現代人が頼れる史料が他にない以上、改めて『史記』などの記録から、孔子の前半生を想像するしかない。つまり史料を一度分解して、読者がつじつまを合わせて再構成するのだ。

論語 科学
それは誰が構成しても同じになるという、科学のような厳密さは持たないが、科学の最たる物理学も、量子論などになると実験が利かず、「こう解釈するとつじつまが合う」の形式で進められる。現に量子論は実験不可能だが、電脳のチップは量子論に基づいて作られた。

その結果こんにちのITがあるわけで、この事実を前にして、やっと量子論は正しかった、と人々が納得している。いや、あらゆる電子機器を前にして、量子論に思いをはせる人の方がごく少数だ。それは趣味として論語や中国史に興味を持つ人も同じだろう。

だから現代語訳に意味があるわけで、論語を原書で読もうとする人はほとんどいない。理の当然で、それなりに訓練が要るからだ。訳者としてはその珍獣の如きいっぴきとして、全くの想像ではない、それなりに記録のつじつまが取れるような訳を、ここで提供したいと思う。

最後に、枯れ木も山の賑わいで、儒者の御託を記す。

古注『論語集解義疏』 

牢曰子云吾不試故藝註鄭𤣥曰牢弟子子牢也試用也言孔子自云我不見用故多能伎藝也疏牢曰至故藝 試用也子牢述孔子言緣我不被時用故得多學伎藝也繆協云此葢所以多能之義也言我若見用將崇本息未歸純反素兼愛以忘仁遊藝以去藝豈唯不多能鄙事而已

本文「牢曰子云吾不試故藝」。
注釈。鄭玄「牢とは、弟子の子牢のことである。試とは、採用されることである。その心は、孔子は自分で”私は採用されなかったから、多くの手仕事が出来るようになった”と言った、ということである。」

付け足し。子牢はどうやって手仕事を身につけるかの窮極を言った。試とは用いられることである。子牢は孔子の言葉を述べて、”私は当時用いられなかったから、多くの学問や手仕事を身につけた”と言った。

繆協「これは多分、多芸多才になった理由では無い。”もし用いられていたら、本来為すべき事に注力して下らないことを止め、純粋な仕事に戻って粗雑から離れ、博愛心を起こして仁をも忘れ、技芸に精通してその技芸をも忘れるに至っただろう。どうして単に、下らない芸にばかり多才でいただろうか”と言っているのだ。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)