論語詳解206子罕篇第九(1)子まれに利と*

論語子罕篇(1)要約:論語の中でも指折りのうんざりな章。そもそもでっち上げですし、漢字の使い方にはぐったりするほど幼稚な儒者の承認欲求がギラギラと見えます。真に受けた江戸の儒者がああだこうだ言いましたが、全て無駄でした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子罕、言利與命與仁。

復元白文

子 金文言 金文利 金文与 金文命 金文与 金文仁 甲骨文

※仁→(甲骨文)。論語の本章は罕の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国以降の儒者による捏造である。

書き下し

まれに、めいじんふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生はまれに、利益と天命と仁を語った。

意訳

ニセ孔子
孔子先生は利益・運命・常時無差別の愛の話をめったにしなかった。

従来訳

論語 下村湖人

先師はめったに利益の問題にはふれられなかった。たまたまふれられると、必ず天命とか仁とかいうことと結びつけて話された。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子極少談論:私利、命運、仁道。

中国哲学書電子化計画

孔子がごく希に語ったのは、私利、運命、仁道だった。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

罕(カン)

論語 罕 篆書 論語 罕
(篆書)

論語の本章では、”まれに”。論語では本章のみに登場。長い柄のついた、鳥を捕るたも網形の道具が原義。この文字は甲骨文や論語時代の金文には見られず、秦漢帝国時代になってようやく現れる。カールグレン上古音は不明。藤堂上古音はhan。なお希・稀の藤音はhɪər。

『字通』は

罕xanは希・稀xiəiと声近く、通用する。〔爾雅、釈詁〕に「希は罕なり」とあり、先秦の文に通用の例が多い

という。『字通』の音は董同龢、もしくは周法高のに近いようで微妙に違う。いずれにせよ音通と言うには音が遠い。

罕hanの藤堂音近音に閑ɦǎn(ɦはhの濁音、ˇは極短音を示す)があり、間kǎnに通じて”間が開く”→”めったにない”の意で広く通用していた。そこへわざわざ罕の字を当てたのは、一つには古臭く見せるための誤魔化しであり、もう一つは学をてらいたい儒者の幼児性による。
儒者の捏造

冗談ではなく本気で書くのだが、儒者は概して、度しがたいほど幼稚な精神であるのが普通で、時に中二病患者も兼ねている。とうてい、その所説を真に受けるわけには行かないし、本章のような捏造を平気でやったと承知してから、論語を読むべきだろう。

『学研漢和大字典』によると「罕」は会意兼形声文字で、「㓁(=网。あみ)+(音符)干(=幹。長い柄)」。▽「まれ」の意は、乾(かわいた、水気が乏しい)や漢(水がかれた)などと同系のことばに当てたもの、という。

『字通』によると象形文字で、鳥さしのあみの形。〔説文〕七下に「网(あみ)なり。网に從ひ、干聲」とするが、干は网の長い柄の形。その全体が象形である。〔詩、鄭風、大叔于田〕「叔、發(はな)つこと罕なり」は、希・稀の意、声が近くて通用する、という。詳細は論語語釈「罕」を参照。

論語 利 金文 論語 利
(金文)

論語の本章では、ひとまず”利益”と解したが、原義に近い”鋭さ”でもよいと思う。詳細は論語語釈「利」を参照。

與(与)

論語 與 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では、”~と”。原義は力を合わせる事。詳細は論語語釈「与」を参照。

論語 命 金文 論語 命
(金文)

論語の本章では、”天の定め・運命”。『学研漢和大字典』による原義は、人を大勢集めて通達する事。詳細は論語語釈「命」を参照。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文大篆)

論語の本章では、”常時無差別の愛”。孔子の肉声であれば単に”貴族(らしさ)”だが、後世の捏造であれば、孔子より一世紀後の孟子が言った「仁義」の語義で解すべき。。詳細は論語語釈「仁」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、恐らく漢代も下ってからの創作だろう。文字が新しい上に、『定州竹簡論語』にも存在しない。

論語 吉川幸次郎 論語 荻生徂徠
利益と運命はともかく、仁の話はいくらでも論語に載っているのに、これはおかしい、しかしそう思った弟子もいたのだろうと、と既存の論語本では吉川本が言う。さらに続けて、この矛盾を解決しようとしたのが荻生徂徠で、「子は罕に利を言い、命と與(とも)にし仁と與にす」と読み下し、従来訳のような解釈をしたという。

なお武内義雄『論語之研究』は以下のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究
利は孔門の徒が軽々しく説かなかったところで孟子の如きも極力これを斥けている。儒教の経典で「利」を説くのは易であるから、孔子が罕に利を説かれたというのは易伝と関係があるらしく、比較的新しい文章であろう。(p.95)

ご高説もっともながら、本章は新しいどころか漢代になってからの捏造で、それゆえ易との関連うんぬんを考える必要は無い。論語は一人や一学派によって編まれた書ではなく、雑多な伝記の寄せ集めで、それゆえに重複があるのだし、篇ごとに一貫した性格も無い。

いや、もとはあったのかも知れないが、一つ前の泰伯編がニセ曽子の説教とニセ孔子の独り言によってまるで性格が分からなくなったように、時代時代によってその時主導権を握った学派が、勝手に自分らの都合のよい言葉をねじ込んだ。だから篇の性格など無くなったのだ。

西洋の一神教的偏狭さと東洋の汎神論的鷹揚さを言うのがいかにバカげているか、ここからも分かる。儒教が漢帝国の国教となって以降、論語も「不磨の大典」扱いされた。同じ福音書として聖書がマタイ伝・マルコ伝・ルカ伝・ヨハネ伝を並立させたのとはまるで違う。

もちろん外典の排除は行われたが、論語のように「帰一」を求められたわけでは無い。対して論語は、不磨の大典だけに既存の言葉は削れないが、「壁から古いのが出てきた」とか言って、勝手に時の権力や権威によって、デタラメが付け加わることはあるわけだ。

論語の本章もそうした文脈で理解すべき章で、もとは子罕篇の冒頭にすらなく、それゆえ子罕篇の本体は古い可能性があるが、「子罕篇」という名は極めて新しい。だから論語子罕篇は新しく、また古い可能性を持つという、一見矛盾した性格の篇なのだ。

では子罕篇の古い部分とは何か。うそデタラメを削っていくと、編集意図がはっきり分かる。子罕篇は死にゆく孔子の姿を描く事で、儒者にとって忘れがたい孔子の人生を伝えようとしたのだ。同様の例が同時代のブッダにも見られる。

論語 ブッダ
最古の仏典である『スッタニパータ』に遅れて、仏弟子はブッダの最後の日々を描いた『大パリニッバーナ経』を編んだ。中村元『ブッダ最期の旅』によると、それは仏滅という忘れがたい出来事の記録のためだったという。事情は孔子の弟子たちも同じだろう。

だが儒者は仏弟子のように、祖師の死そのものは描かなかった。その代わり一人ずつ先立った弟子や家族を記し、間接的に孔子の衰えを記し、まるで叙事詩のように孔子の最期を描いている。この論語子罕篇は順を追って読むと、だんだんと物寂しくなっていく事に気が付く。

論語子罕篇は、孔子についての『大パリニッバーナ経』だと言えるだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント