論語詳解370憲問篇第十四(38)公伯寮子路を

論語憲問篇(38)要約:孔子先生がまだ政権中枢にいた頃。一番弟子の子路を筆頭家老に告げ口する弟子が出ました。引っ捕らえてこらしめましょうかと家老の一人に言われた先生は、そこまでむごいことは、と思って断ったのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

公伯寮愬子路於季孫、子服景伯以吿曰、「夫子固有惑志於公伯寮*、吾力猶能肆諸市朝。」子曰、「道之將行也與*、命也。道之將廢也與*、命也。公伯寮其如命何。」

校訂

武内本:清家本により、公伯寮の下に也の字を補う。史記弟子伝引両句末ともに也與の二字なし、也與は蓋し助詞なるべし。

書き下し

公伯寮こうはくれう子路しろ季孫きそんうつたふ。子服景伯しふくけいはくげていはく、夫子ふうしもとより公伯寮こうはくれううたがひのこころり、ちからこれ市朝してうさらさむと。いはく、みちまさおこなはれむとする與也なるやめいなりみちまさすたれむとする與也なるやめいなり公伯寮こうはくれうめい何如いかん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

公伯寮が子路を季孫に告げ口した。子服景伯がそれを知って言った。「あの方は以前から公伯寮を疑っています。私の力でもそれを処刑して盛り場にさらし者にすることが出来ます。」先生が言った。「原則ある政治がこれから行われるなら、必ず天が味方したからです。原則ある政治がこれから行われないなら、必ず天が味方しないからです。公伯寮が天の命令をどうにかできるのでしょうか。」

意訳

一番弟子の子路が季孫家に仕えていた頃。弟弟子の公伯寮が季孫家に、子路を告げ口した。それを聞いた子服景伯が、孔子の下へやってきた。
子服景伯「季孫家は以前から、公伯寮をよく思っていません。何なら私の裁量で、公伯寮を引っ捕らえて処刑し、目抜き通りでさらし者にしてやりましょうか?」
孔子「かたじけないが、およしなされ。子路の手でまともな政道が通るも通らないも、天命でござる。公伯寮ごときにどうこう出来はしますまい。」

従来訳

論語 下村湖人

公伯寮が子路のことを季孫にざん言した。子服景伯が先師にその話をして、いった。――
「季孫はむろん公伯寮の言にまどわされていますので、心配でございます。しかし、私の力で、何とかして子路の潔白を証明し、公伯寮の屍をさらしてお目にかけますから、ご安心下さい。」
 すると先師はいわれた。――
「道が行われるのも天命です。道がすたれるのも天命です。公伯寮ごときに天命が動かせるものでもありますまいから、あまりご心配なさらない方がよいと思います。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

公伯寮(コウハクリョウ)

論語 公 金文 論語 伯 金文 論語 寮 金文
(金文)

孔子の弟子。あざなは子周。『史記』弟子列伝に記されているのは、これ以外には論語本章の本文のみ。

愬(ソ・サク)

論語 朔 金文 論語 心 金文
「朔・心」(金文)

論語の本章では、”訴える”・”告げ口する”。他に”憂える・立ち向かう・恐れる”の語義が『大漢和辞典』にある。

『学研漢和大字典』では、「朔」は人が逆さまになった形+月で、逆の方向に戻ること。それ心が加わり、「愬」は逆らう気持ちを起こすこと。

『字通』では、「訴」が訴訟など司法に関わるうったえをいい、「愬」は事実や感情でうったえることに用いると言う。”おそれる”の語義は、易の履卦の説明にある、「虎の尾を踏む、愬愬たらば終に吉なり」が当てはまるという。

子路

論語 子 金文 論語 路 金文
(金文)

孔子の最も早く入門した弟子。孔子が魯国から亡命するまでは、季孫家に仕えて費のまちの代官を務めた。孔子が帰国したのちは衛国に仕えたので、論語の本章は孔子が亡命する前のことと思われる。詳細は論語の人物:仲由子路を参照。

季孫

論語 季 金文 論語 孫 金文
(金文)

魯国門閥家老筆頭家。上記のように孔子の亡命前とすると、当主は季桓子。孔子帰国後とすると、当主は季康子。

子服景伯

論語 景 金文 論語 伯 金文
「景伯」(金文)

論語時代の魯国の家老の一人。『春秋左氏伝』にたびたび名が見られ、穏健な政治家だったと思われる。呉国の使節が魯国に百牢(牛・羊・豚の焼き物料理百膳。最高のご馳走)を求めたとき、それを断ろうと交渉してかなわなかった話が『春秋左氏伝』哀公七年の条にある。

また同年季孫家が、隣国の邾(チュ)国を乗っ取ろうとしたとき、正論を言って押しとどめようとした発言が同じく『春秋左氏伝』にある

夫子(フウシ)

論語 夫 金文 論語 子 金文
(金文)

直訳すると”の人”。直接名を言うことがはばかられる貴人を指す三人称代名詞で、論語ではほとんど孔子を指すが、本章では季孫家の当主のこと。


(金文)

論語の本章では”もともと”。「もとより」と読み下す。

惑志

論語 惑 金文 論語 志 金文
(金文)

論語の本章では、”疑いの心”。「公伯寮(に)惑志有り」とあるから、従来訳の「季孫はむろん公伯寮の言にまどわされていますので」は読み誤り。

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”~もまた”。詳細は論語語釈「猶」を参照。

肆(シ)

論語 肆 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”さらし者にして見せしめにする”。『大漢和辞典』では、”殺してさらし者にする”と解する。

『学研漢和大字典』によるともと、「長(ながい)+タイ(手でもつ)」の会意文字。ものを手にとって長く横に広げて並べることをあらわす。のち、肆と誤って書く。▽縦は、たてにのびる。放は、四方にのび広がる。恣は、かってきままなこと。

意味:つらねる、横に長く並べる、並べて見せ物にする、死体を横にねかせて見せしめにする。みせ。ほしいまま(にする)。ながい。ゆえに、ここに。数の四、という。

『字通』によると正字は𨽸に作り、ほうたい。镸は髟、長髪のものをいう。𨽸はその獣尾をもつ形。獣尾をとらえることを逮という。⾪は手が尾に及ぶ意。
論語 隷 金文
「隷」(金文)

字の構造は隷と似ており、隷は呪霊のある獣を用いて、禍殃を他に移すことを「ぐ」といい、転移されたものを隷といい、隷属・奴隷の意となる。肆はおそらくこれによって人に死をもたらすもので、〔説文〕九下に「極陳なり」と訓じ、⾪声とする。極は殛、極陳とは殺して肆陳することをいう。〔周礼、秋官、掌戮〕に「凡そ人を殺すものは、れを市にたふし、之れをさらすこと三日」とあり、それが字の原義。それより肆陳・放肆の意となり、肆赦の意となる。〔左伝、昭十二年〕「昔、穆王其の心をほしいままにせんと欲す」とは放肆、〔書、舜典〕「眚災せいさいは肆赦す」は赦免の意である。金文にこの字を〔毛公鼎〕「ゆゑに皇天いとふことし」のように接続の語に用い、〔詩、大雅、抑〕「肆に皇天つねとせず」というのと語法同じ。人を肆殺することが字の原義。他は引伸・仮借の義である、という。

諸(ショ)

論語 諸 金文
(金文)

「之於」(シヲ)と音が通じて、”これ(を…に)”。詳細は論語語釈「諸」を参照。

市朝

論語 市 金文 論語 朝 金文
(金文)

”市中”。市中の公衆が集まる所。朝とは市の行列が朝廷の列位のようであるから言う。

論語 道 金文
(金文)

”原則・やり方・方法”。論語では、道徳の意味で使われることはほとんど無い。

也與(与)(ヤヨ)

論語 也 金文 論語 與 与 金文
(金文)

強い断定の言葉。「也哉」と同じで、「なるかな」と通常読み下すが、論語の本章では文が続くので、「なるや」と読む。

廢/廃

論語 廃 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”すたれる”。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯wădで、同音は祓のみ、甲骨文のみ出土。この字に”とりのぞく”の語義がある。詳細は論語語釈「廃」を参照。

論語 命 金文
(金文)

”天の命令”=”運命”。

論語:解説・付記

子路が季孫家に仕えていることから、孔子亡命前の、五十代初期の問答と思われる。

論語の本章は、弟子にもさまざまな者がいたことを語ると共に、政治は時の運であって、孔子もそれを諦めるような気持で受け入れていたことを示している。論語を読む限り、一門の結束は強固で、没後のような派閥争いはなかったが、一説には三千人も弟子がいた。

だから個人間では、このような対立があるのも当然。だが孔子が殺戮を望まなかったのは、悪口を言っただけで死刑の上見せしめとは残忍だから。それでも子服景伯が「私の裁量次第で」と言ったことには反論していない。孔子にとって法は成文法ではなく、為政者の裁量だった。

孔子は初めて行政職に就いた際、過酷な取り締まりを行って民の口を封じた(『史記』孔子世家)。従って相当に庶民から嫌われたと思われ、隣国斉の宰相・晏嬰アンエイのように、庶民の支持を背景に、失脚を免れることは出来なかった。この経験から、きっと孔子は学んだだろう。

論語の中で、孔子の政治論が揺れるはそのためで、五十代で魯国の政権中枢に入った当時は、庶民は自分の政権構想の素材としか思っていなかった。それが後に「人を愛せよ」(論語顔淵篇22)と言い出すようになった理由は、嫌われたことがよほどこたえたからだと思われる。

また同時に論語の本章は、異様な礼法を見せつける、珍妙な新興宗教的団体と思われていた孔子一門にも、政界に子服景伯のような理解者がいたことを示す。「徳は孤ならず、必ず隣あり」(論語里仁篇25)と孔子が言えたのも、このような背景があったからだろう。

伝統の退廃、家老家による専権を快く思わなかったのは、孔子だけではなかったのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)