論語詳解210子罕篇第九(5)子匡に畏る*

論語子罕篇(5)要約:下がれ下がれ町人ども! 悪党に間違われ取り囲まれた孔子先生。生涯を古典の研究に捧げた先生は、いにしえの文化を誰よりも体得しているという自負があります。私を誰だと心得る! 先生はそう叫んだのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子畏*於匡。曰、「文王既沒、文不在茲乎。天之將喪斯文也、後死者、不得與於斯文也。天之未喪斯文也*、匡人其如予何。」

校訂

武内本:史記畏を拘に作る。唐石経也の字あり。

書き下し

きやうおそる。いはく、文王ぶんわうすでみまかりて、ぶんここらずてんまさぶんほろぼさむとするおくものぶんあづかることをざるなりてんいまぶんほろぼさざる匡人きやうひとわれ如何いかんせん。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生がキョウのまちで脅迫された。言った。「文王がすでに亡くなって、文明はここにあるのではないか。天が今すぐこの文明を滅ぼそうとするなら、私の死後の者はこの文明に関わる事が出来なくなる。天がまだこの文明を滅ぼす気がないなら、匡の住人が私に何が出来ようか。」

意訳

孔子一行が、匡のまちで包囲され、脅された。

論語 孔子 威厳
孔子「えーい、静まれ静まれ町人ども。私を誰だと心得る。文王亡き今、周の文明は私だけが知っている。私を殺せば、後世の者は文明の恩恵にあずかれなくなるぞ。子孫にどう言い訳するつもりだ。ひかえおろう!」

従来訳

論語 下村湖人

先師が匡で遭難された時いわれた。――
「文王がなくなられた後、文という言葉の内容をなす古聖の道は、天意によってこの私に継承されているではないか。もしその文をほろぼそうとするのが天意であるならば、何で、後の世に生れたこの私に、文に親しむ機会が与えられよう。文をほろぼすまいというのが天意であるかぎり、匡の人たちが、いったい私に対して何が出来るというのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

匡(キョウ)

論語 匡 金文 論語 匡
(金文)

現河南省扶溝県。『史記』では放浪の旅で最初に向かった衛でしくじり、そのあとで遭難したとする。『学研漢和大字典』による言葉の原義は、枠の中にいっぱいつまったさま。

論語 魯国周辺図

画面左下。

畏(イ)

論語 畏 金文 論語 孔子 なまはげ
(金文)

論語の本章では、”脅迫される”。武内本には、「畏は圍と通ず、かこみとらわるる意」とあるが、漢字の原義に従った。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、大きな頭をした鬼が手に武器を持っておどすさまを描いたもので、気味悪い威圧を感じること。威(押さえつける)・隈(ワイ)(押さえくぼんだ所)と同系。また鬱(ウツ)(押さえられた感じ)は畏の語尾がtに転じたことば、という。

『大漢和辞典』での第一義は”おそれる”で、漢字の成り立ちは鬼の首と怪物を合わせて恐ろしいものを意味する会意文字という。”おどす”との訳語もあるが受け身は記されていないので、”孔子は匡のまちで怖い目に遭った”ということ。結局、包囲されて脅迫されたのである。

しかし介さん格さんならぬ子路がいて立ち回りを演じたのだろうし、子路以外の弟子も君子として武術の心得はあったし、黄門さまに当たる孔子がそもそも、身長2mを超す体躯に武術の達人という怪物だったから、論語の本章のような「ひかえおろう」が言えたわけ。

しかし『史記』によると結局自力では脱出できなかったようで、衛の家老・ネイ武子の援軍が来たことで抜け出した。ただし甯武子というのは孔子より約一世紀前の人で(論語公冶長篇20)、論語時代にも同名の人がいたのか、その子孫か、司馬遷のうっかりかは分からない。

文王

論語 文 金文 論語 王 金文
(金文)

周王朝の開祖。姓名は姫昌(キショウ)。子の武王の時代に殷を滅ぼし、取って代わった。文王自身も殷の帝シン(チュウ王)に監禁されて脅された伝説がある。
論語 周文王

論語 文 金文 論語 文
(金文)

論語の本章では、”中華文明”。文王の末裔である魯の国に生まれ、博学な孔子は、自分を中華文明の継承者と考えていた。言葉の原義は、『学研漢和大字典』では土器の縄目と言い、『字通』では入れ墨と言う。

茲(シ)

論語 茲 金文 論語 茲
(金文)

論語の本章では、”ここ=自分”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「艸+幺二つ(細く小さい物が並ぶ)」で、小さい芽がどんどん並んで生じることをあらわす。また、此とともに、近称の指示詞に当てて用いる、という。

將(将)

論語 将 金文 論語 将
(金文)

論語の本章では、”今にも~しようとする”。助動詞・助辞としての語法は以下の通り。

  1. 「まさに~せんとす」とよみ、
    (1)「やがて~になろうとする」「いまにも~しそうである」と訳す。未来の意志・状態を推量する意を示す。《類義語》且。
    (2)「これから~しようとする」「~したい」と訳す。未来の意志の意を示す。▽会話文などでは「さあ~しなさい」と訳し、勧誘の意を示すこともある。
    (3)「きっと~だろう」「~のはず」と訳す。判断を加えたうえの推量の意を示す。
  2. 「まさに~ならんとす」とよみ、「ほぼ~に近い」と訳す。数量などがある水準に近づく意を示す。
  3. (1)「はた」とよみ、「または」「しかし」「それとも」「まあ」と訳す。判断を加えて、少しの間を置き別の判断を追加する意を示す。
    (2)「~(乎)、将…(乎・邪)」は、「~か、はた…か」とよみ、「~か、それとも…か」と訳す。選択の意を示す。
  4. 「~をもって」「~をもちいて」とよみ、「~によって」「~をもちいて」「~の身でもって」と訳す。《類義語》以。
  5. 「~と」とよみ、「~と」と訳す。並列の意を示す。

詳細は漢文読解メモ「まさに」を参照。

論語 喪 金文 論語 喪
(金文)

論語の本章では”滅ぼす”。『学研漢和大字典』による原義は死者を送って口々に泣く事で、ばらばらになる意を含む、という。

斯(シ)

論語 斯 金文 論語 斯
(金文)

論語の本章では”この=孔子の”。『学研漢和大字典』による原義は、切ること。

後死者(しにおくるもの)

論語 死 金文 論語 後 金文
「死」「後」(金文)

論語の本章では、”私=孔子の死後に残された者”。ここでの「後」は”残る”。詳細は論語語釈「後」を参照。

「死」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、死は「歹(ほねの断片)+人」で、人がしんで、骨きれに分解することをあらわす。呬(シ)(息がばらばらに分散する)・撕(シ)(分解する)・細(こまかく分かれたさま)などと同系のことば。

類義語の逝(セイ)は、あの世に行く。歿(ボツ)は、姿が見えなくなること。亡は、いなくなること。崩は、山がくずれるようになくなることで、天子の死に用いる。薨(コウ)は、見えなくなることで、諸侯の死に用いる、という。

なお既存の論語の解説本では、吉川本では従来訳のように、”天が文明を滅ぼすつもりなら、文王より後世の者=孔子自身が文明に預かれないはず”としている。藤堂本もまた同じ。

そう解釈するのは、そのような注や研究の蓄積があってのことだろうが、訳者は賛成しない。回りくどいからだ。なお宮崎本は、訳者と意見が一致する。

與(与)

論語 與 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では「あずかる」と読んで”恩恵を受ける”。『学研漢和大字典』による原義は力を合わせて共同作業すること。

初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯o。同音に、野などで、「余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がない」と『学研漢和大字典』はいう。「豫」は本来別の字。詳細は論語語釈「予」を参照。

匡人其如予何(きょうひとそれわれをいかんせん)

論語の本章では”匡の住人が私に何が出来るというのか”。「匡人」は”匡の人”。漢文ではA人を「Aひと」と読み、「Aじん」と読まないならわしになっている。

論語 如 睡虎地秦墓竹簡 論語
「如」(秦系戦国文字)

「如予何」は「如何」=”どうする”の間に目的語を挟んだ形。「予の如きを何せん」「予これ何せん」と読んでも、入試以外では差し支えない。「いかん」の語法は次の通り。

  1. 何如」は、
    (1)「いかん」とよみ、「どうであるか」と訳す。内容・状態・真偽を問う疑問の意を示す。《同義語》何若。
    (2)「いかんせん」とよみ、「どうしたらよいか」と訳す。方法・処置を問う疑問・反語の意を示す。
    (3)「いかなる」とよみ、「どんな」と訳す。
  2. 「如何~」は、
    (1)「~をいかん(せん)」とよみ、「~をどうするか」「どうしたらよいか」と訳す。方法・処置を問う疑問の意を示す。目的語がある場合は「如~何」と、その目的語を間にはさむ。《同義語》若何。
    (2)「いかんぞ~せん」「~をいかんせん」とよみ、「どうして~しようか(いやそうしない)」と訳す。原因・手段を問う疑問・反語の意を示す。

論語:解説・付記

リンク先の『史記』の記述にあるように、この時の遭難は、かつてこの町で乱暴を働いた、孔子のライバル・陽虎と孔子の顔が似ていたので、陽虎と間違えられて包囲された、と古来言われる。しかし両者の顔を誰も知ってはおらず、儒者のこの説は事実とは信じがたい。

論語 陽虎 論語 衛霊公
『春秋左氏伝』によると、魯の定公六年(BC504)、孔子48歳の時、魯の実権を握っていた陽虎が魯国軍を引き連れ、鄭国に攻め込んで匡のまちを奪取した。その際よほど乱暴な事をしたらしい。帰りがけには勝手に衛国を通り、衛の霊公を激怒させた。

外交問題になりかけたところ、論語憲問篇14に登場する衛の賢臣・公叔文子が、霊公をいさめたという。なお論語本章の孔子の受難については、後日談が論語先進篇22にある。

なお論語の本章について、武内義雄『論語之研究』には次のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究

述而篇によると孔子の理想は周公にあるらしい(が)、この章「文王既没文不在茲乎」と言ったのは文王の文(化)を憲章(顕彰?)するのが孔子の目的らしく見える。そうして文王の文を憲章するのは公羊春秋(『春秋公羊伝』)の理想であるから、この章はおそらく公羊が盛んになってからのものであろう。

かつ論語の用例では一人称代名詞は主格と属格(=所有格)とには「吾」を用い、於格(=前置格、場所との関係を示す。~に、~で)と業格(=目的格。~を)とに「我」を用いるのが普通であるが、この章は「匡人其如予何」と言って業格に「予」の字を用いている。

一体「予」字を用いた例は雍也篇の「子見南子章」、述而篇の「天生徳於予章」にあるが、これらは崔術(清代の儒者)が疑問とした章で、みな疑うべき章である。

所説はもっともで、訳者も同意する。公羊学が盛んになったのは、前漢武帝の時代に儒教の国教化を実現させたトウ仲舒チュウジョからで、となると論語の本章は、現伝の論語の母体となった古論語が、孔子の旧宅から発掘される前後に成立した事になる。

しかし『論語之研究』によると、子罕篇そのものは古論語に含まれていたと言うから、本章だけが付け足された可能性が高い。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 文王既沒、文不在茲乎。(『論語』子罕) 〔文王既に沒するも、文茲ここに在ら不る乎や。〕 […]