論語詳解274先進篇第十一(21)子路問う、聞くままに

論語先進篇(21)要約:人にはそれぞれ、適した教え方があります。何にでも終始一貫を誇るのは、実は対象をよく観察し、分類するのが面倒くさいだけかもしれません。孔子先生は教える事については、そうした手抜きをしませんでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路問、「聞斯行諸。」子曰、「有父兄在、如之何其聞斯行之*。」冉有問、「聞斯行諸。」子曰、「聞斯行之。」公西華曰、「由也問、『聞斯行諸。』子曰、『有父兄在。』求也問、『聞斯行諸。』子曰、『聞斯行之。』赤也惑、敢問。」子曰、「求也退、故進之。由也兼人、故退之。」

校訂

武内本:清家本により、之の下に也の字を補う。

書き下し

子路しろふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、父兄ふけいいまり、これ如何いかんくままにこここれおこなはむ。冉有ぜんいうふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、くままにこここれおこなへと。公西華こうせいくわいはく、いうふ、くままにこここれおこなはんや。いはく、父兄ふけいいまりと。きうふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、くままにこここれおこなへと。せきまどふ。あへふと。いはく、きう退しりぞく、ゆゑこれすすむ。いうひとぬ、ゆゑこれ退しりぞく。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路
子路が問うた。「教えをいろいろ聞いたままに実行していいですか。」先生が言った。「父兄がいる。なぜ聞いたまま行うのか。」

論語 冉求 冉有
ゼンが問うた。「教えをいろいろ聞いたままに実行していいですか。」先生が言った。「聞いたまま行いなさい。」

論語 公西赤
公西華が問うた。「子路が教えを聞いたままに実行していいですかと問うた時、先生は父兄がいる。なぜ聞いたまま行うのか、と言いました。冉有が教えを聞いたままに実行していいですかと問うた時、先生は聞いたまま行いなさい、と言いました。私には矛盾に思えます。教えて下さい。」

論語 孔子 ぼんやり
先生が言った。「冉求は引っ込み思案だ。だから後押しした。子路は出しゃばりだ。だから引き止めた。」

意訳

子路「教えはそのままやれ、と?」
孔子「誰がそう言った。お前には父兄がいるだろ。そのままやることはない。」
冉求「お教えはそのまま実行してもよろしいでしょうか。」
孔子「ああその通り。すぐやりなさい。」
公西華「? どっちなんです?」
孔子「冉求は慎重な男だからまあいいが、子路に発破かけてどうなる? 私は親御さんに会わす顔が無くなるかも知れないぞ?」

従来訳

論語 下村湖人

子路がたずねた。――
「善いことをきいたら、すぐ実行にうつすべきでしょうか。」
 先師がこたえられた。――
「父兄がおいでになるのに、おたずねもしないで、一存で実行するのはよろしくない。」
 冉有がたずねた。――
「善いことをきいたら、すぐ実行にうつすべきでしょうか。」
 先師がこたえられた。――
「すぐ実行するがよい。」
 後日、公西華が先師にたずねた。――
「先生は、善事をきいたらすぐ実行すべきかどうかについて、由がおたずねした時には、父兄がおいでになる、とおこたえになり、求がおたずねした時には、すぐ実行せよ、とおこたえになりました。私には、どうも先生のお気持がわかりません。いったい、どちらが先生のご真意なのですか。」
 先師はこたえられた。――
「求はとかく引込み思案だから、尻をたたいてやったし、由はとかく出過ぎるくせがあるから、おさえてやったのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 聞 金文 論語 孔子 授業
(金文)

論語の本章では”教わる”。論語の時代、「聞」は間接的に聞くこと、または知らない事を教わって明らかにすることを意味した。詳細は論語語釈「聞」を参照。

聞斯行諸

論語の本章では、”聞いたらそれを行うのですか”。

ここでの「斯」は、”~したら、その時は”の意。「諸」は、「之乎」を一時にまとめた語で、”これを~か”という疑問を含んだ意。ほかに「諸」は「之於」の略である場合もあるので弁別が必要。

如之何其聞斯行之

「如之何」は「如何」に「之」が挟まった形。書き下しのように、「これを如何(いかん)ぞ」と読むのがお約束だが、「之(かく)の如きを何ぞ」と語順通りに読んでも全く差し支えない。お茶に泡立てる流派と泡立てない流派があるのと同じ。

「如之何」の「之」は「有父兄在」を受ける客語(≒目的語。object)であり、「其」は「それ~ならんや」と読んで、反語を導く記号。「如之何」=父兄がいるのにどうして、「其」=それをするのか、いやしてはならない、の意。「それ」の内容が「聞斯行之」=聞いたら聞いたことを行う、になる。

念のため今一度、「如何」と「何如」をまとめておく。語順で考えればわけはない。

如何之 (無主語が)之を何の如くせんか(無主語がこれをどうするか)
何如之 何が之の如きか(何がこれに似ているか)

平安朝時代の古拙な漢学レベルの学者が、どちらも「いかん」と読んでしまったので、こんにちに至っても受験生を悩ましている。いい加減古物を尊ぶのもやめにしてはどうかと思う。

論語 兼 金文
(金文)

論語の本章では”出しゃばる”。武内本は「兼は勝なり」という。

『学研漢和大字典』によると「二本の禾(いね)+手」の会意文字で、いっしょにあわせ持つさまを示す。検(物を一箇所にあわせ集める→集めてよしあしを調べる)と同系のことば。キョウキョウ(=挟)は、二つの物を両側にあわせかかえる意で、兼の入声ニッショウ(つまり音)に当たる、という。

人のことまで兼ねて行おうとする、の意から、”出しゃばる”と解した。

論語:解説・付記

論語の本章で、弟子の年少グループに属する公西赤は、年長グループの子路や冉求を、本名で呼び捨てにしている。つまり「長幼の序」をやかましく言い出したのは孔子没後で、それまでは弟子は弟子同士対等だったと分かる。

子路も冉求も、革命運動の中核要員だったから、孔子の指示した中には相当に危険なものがあったに違いない。それは論語に残るような性格の話ではないが、孔子は子路には、畳の上で死んで欲しかったのだろう。しかしそれはかなわなかった。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 求也退、「故」進レ之。由也兼人、「故」退レ之。(『論語』先進) 〔求也退く、故に之を進む。由也人を兼ぬ、故に之を退く。〕 […]