論語113公冶長篇第五(21)子陳に在りて曰く

論語公冶長篇(21)要約:革命の志士となった弟子を連れて、放浪中の孔子先生。しかし残してきた弟子たちが気になります。とりわけ新たに革命に加わろうとする弟子たちを、遠い陳の国から案じるあまり、ついに帰国を決意するのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子在陳、曰、「歸與、歸與。吾黨之小子狂簡、斐然成章、不知所以裁之*。」

校訂

武内本:清家本により、文末に也の字を補う。

書き下し

ちんりていはく、かへらむかへらむたう小子せうし狂簡きやうかんにして、斐然ひぜんとしてしやうつくる、これ所以ゆゑんらず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が陳国にいて言った。「帰ろうか帰ろうか、我が一門の若者は意気盛んだが、ふらふらと滅茶苦茶な活動をしており、うまくまとめる技を知らない。」

意訳

論語 君子 諸君 孔子
我が革命同志諸君! 帰るべき時が来た! 留守を預かる若弟子は、血気にはやって運動しているが、経験不足からしくじりかねない。今ぞ我らが帰国して、指導してやろうぞ!

従来訳

 先師が天下を周遊して陳の国に居られたときに、いわれた。――
「帰るとしよう、帰るとしよう。帰って郷党の若い同志を教えるとしよう。彼等の志は遠大だが、まだ実践上の磨きが足りない。知識学問においては百花爛漫の妍を競っているが、まだ自己形成のための真の道を知らない。それはちょうど、見事な布は織ったが、寸法をはかってそれを裁断し、衣服に仕立てることが出来ないようなものだ。これをすてては置けない。しかも、彼等を教えることは、こうして諸侯を説いて無用な旅をつづけるより、どれだけ有意義なことだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

與(与)

論語 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では詠嘆を表す。『学研漢和大字典』による原義は数人で象牙を運ぶさま。

語法は次の通り記されている。

「か」「かな」とよみ、「~であるなあ」と訳す。詠嘆の意を示す。文末・句末におかれる。「語之而不惰者、其回也与=これに語(つ)げて惰(おこた)らざる者は、それ回なるか」〈話をしてやって、それに怠らないのは、まあ回だね〉〔論語・子罕〕

黨(党)

論語 党 金文大篆
(金文)

論語の本章では”仲間”。辞書的には、五家が一比、五比が一閭、四閭が一族、五族が一党というのが礼法の規定だが、そんなことはどうでもよろしい。原義は”たき火のまわりに群がって何やらしている連中”。つまり一家と言っても良く、村の衆と言ってもいい。

小子

論語 毋 小篆 論語 文 篆書
(篆書)

論語の本章では”若い衆”。『学研漢和大字典』によると以下の意味がある。

  1. 子ども。
  2. 先生が門人に呼びかけることば。「我党之小子狂簡」〔論語・公冶長〕
  3. 自分を謙遜していうことば。わたくし。「子如不言、則小子何述焉=子もし言はずんば、則ち小子何をか述べん」〔論語・陽貨〕
  4. つまらない人間。

狂簡

論語 狂 金文大篆 論語 簡 金文
(金文)

論語の本章では「狂」は”力や意志をもてあましていること”。「簡」は”やり方が粗雑なこと”。

「狂簡」を『大漢和辞典』には「志が大きくて行ひがこれに伴わず粗略なこと」とある。『学研漢和大字典』には「志は大きいのだが、具体性がともなわないで、ぞんざいなこと。簡は、おおまか。」とある。

孔子より約二世紀後の自称後継者、孟子は、次のように弟子に説明している。

万章「孔子先生は陳で言いました。”さあ帰ろう。我が故郷の同志諸君は狂簡キョウカン=もの狂いで率直、貪欲に進歩を求め、学び始めた頃の初々しい心を忘れていない”と。孔子先生は遠い陳国で、どうして魯の狂士=もの狂いな弟子たちを思ったんでしょうね。」

孟子「孔子先生は、”片寄りの無い立場を取れない者は、必ず狂獧キョウカン=もの狂いか潔癖症になる。もの狂いは貪欲に進歩を求め、潔癖症の者はやりたくないことは絶対にやらない”と言った。先生は片寄り無しでいたかったと思うよ。でもそうもいかないから、まだもの狂いか潔癖症の方がましだと思ったんだろうね。」

万章「では、そうしたもの狂いの人とはどのような人でしょう。」

孔子「琴張や曽皙や牧皮のような人が、先生の言うもの狂いだね。」

万章「どうしてもの狂いなんですか?」

孟子「願望ばかり大きくて、まるでニワトリがけたたましく鳴くように、二言目には”昔の人なら! 昔の人なら!”と目の前の出来事にケチをつける。軽率に何でも出来ると思い上がっていて、そのくせ実行が伴わない。いつまでたっても、何もやり遂げることが無い。

また何事にもケチを付けて、自分だけいい子になろうとする連中とばかり付き合いたがるのが、先生の言う潔癖症の者だ。これはもの狂いの次に、世の役立たずと言うべき人だ。

だから孔子先生は言ったのだ。”我が家の前をうろちょろしながら、教えを聞きにはやってこない。そんな奴はどうなろうが知ったことではなく、いわゆる田舎の大将というやつだ。田舎の大将ほど、教育の邪魔になる連中はいない”と。」(『孟子』尽心下篇)

『論語』先進篇おわり

斐然(ヒゼン)

論語 斐 金文大篆 論語 然 金文大篆
(金文)

「斐」は”うるわしくあやあるさま”。”かるくあきらかなさま”。斐然で「学問・修養が一通り成就して立派なこと」と『大漢和辞典』にある。

しかしそれなら孔子がわざわざ帰って指導する必要もないわけで、この字には別に”なびく”の意もある。『史記』太史公自序に「諸侯の士をして斐然として争うて入りて秦に事えしむ」とあるのはその例。従って論語の本章では、”ふらふらと定見のないさま”と解した。

成章

論語 成 金文 論語 章 金文
(金文)

論語の本章では”政治活動を行う。伝統的な論語本では「章」を”文章・礼法などの文化”と解釈し、「章を成す」を”文章を書く”・”文化活動をする”と解する。

しかし孔子一門の革命政党的性格を考慮すると、”政治運動”と解する方が理にかなっている。「章」には”分裂”の意味もあるから”内ゲバが始まった”とも解せるし、”旗”の意味もあるから”デモを始めた”と解することも出来る。

陳国亡命中の孔子は、冉求を留守居役として魯国に帰しており、弟子きってのやり手子貢は、たびたび陳と魯を往復していた形跡がある。おそらくは孔子の帰国工作も行っていただろう。そのかいあってか、季孫子の当主は息子の季康子に、孔子を帰国させるよう言い残した。

ただし本章のように宣言して孔子が帰った先は、まずは隣国の衛国だった。そこでは子路が仕官しており、一門の活動拠点があったと想像する。

論語 裁 金文大篆 論語 裁
(金文)

論語の本章では裁縫の”裁”。布をうまく切りそろえること。「才」と同音で、おそらく孔子はそれをかけているだろう。この同音であることから来る笑い話を、明代の『笑府』が載せている。

ある地方官僚が論語を読んでいて意味が分からず、下役に言った。「この地に高才カオツァイ(学者)はおるか。」下役人は「高裁カオツァイ(高という名の仕立屋)」と勘違いして仕立屋を呼んできた。
官僚「論語の”ピンアルウーチャン”*(貧にしてへつらうなし)とはどういう意味ですか。」
仕立屋「”チュンアルウーチエン”(スカートにひだが無い)では使いものになりませんな。」
官僚「論語の”フーアルウーチャオ”(富みて驕るなし)とはどういう意味ですか。」
仕立屋「”クーアルウーヤオ”(はかまに腰布がない)では使いものになりませんな。」
官僚「バカかお前は! トウ(チェ)!」
仕立屋「チョウ(しわ)でしたら、ここに火熨斗のし(アイロン)を持ってきております。」
(巻第十一・才人)

*いずれも論語学而篇15

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
「最後の儒者」を自称した吉川博士は、もちろん本章を文化活動のそれ、と解しており、「これすなわち、孔子がくにもとの弟子の教化を思いさだめ、やがてはその教えが、大いに万世に被ることになった重大な転機であると、仁斎の「古義」には説いている」と言う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)