論語189泰伯篇第八(5)能を以て不能に問い

論語泰伯篇(5)要約:孔子一門の伏せたい過去を隠すための、曽子ばなしは続きます。昔こういう学友がいた。誰なのかすら記さない個人的感想。読者のやる気を削ぎ、深読みさせないための工夫。二千年以上、その策は当たったのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

曾子曰、「以能問於不能、以多問於寡、有若無、實若虛、犯而不校。昔者吾友、嘗從事於斯矣。」

書き下し

曾子そうしいはく、のうもつ不能ふのうひ、おほきをもつすくなひ、りてきがごとく、ちてむなしきがごとく、をかませならず。昔者せきしやともかつここ從事したがへるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 曽子
曽子が言った。「能がありながら無い者に問い、知識が多いのに少ない者に問い、有っても無いように振る舞い、充ちていてもうつろなようにし、囲いを破って突き抜ける。昔私の友人が、このような生き方に従った。」

意訳

論語 曽子 ウスノロ
曽子「出来るのに疑問があれば出来ない者にも質問し、知識が多いのに疑問があれば知識が少ない者に問い、能力が有っても無いように振る舞い、隠然たる力に充ちていてもうつろなように行動し、限界を突破して自分を高める。昔私の友人には、こういう人がいた。」

従来訳

曾先生がいわれた。――
「有能にして無能な人に教えを乞い、多知にして少知の人にものをたずね、有っても無きが如く内に省み、充実していても空虚なるが如く人にへり下り、無法をいいかけられても相手になって曲直を争わない。そういうことの出来た人がかって私の友人にあったのだが。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

曾(曽)子

論語 曽 金文 論語 子 金文
(金文)

孔子の弟子。詳細は論語の人物・曽参子輿を参照。

論語 犯 金文大篆 論語 犯
(金文)

論語の本章では、”囲みを破る”。

一般には悪意を持って人を侵害すること。ただし論語では、君主に仕える心がけとして「嘘をつくな、そして”犯せ”」と孔子が言っているから、必ずしも悪意があるとは限らない。受け手に心地よくない全ての行為、と考えていい。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右側の字(音ハン)は、下から伸びるものに対して┓型のワクで押さえたことをあらわす。犯はそれを音符とし、犬を加えた字で、犬がわくを破ってとび出すことをあらわす。氾(ハン)(大水がわくを破ってあふれ出る)・笵(ハン)(わく)・範(車輪の外わく)などと同系のことば。

類義語の干は、棒や武器でつき破る。侵は、じわじわとわりこむ。冒は、じゃまを押し切って破る。

論語 校 金文 論語 校
(金文)

論語の本章では”かこい・わく”。

『大漢和辞典』の第一義が”まなびや”であり、以下”おしえる・おそわる…”と続くが、もとは木で作った枷(かせ)や柵(仕切り)であって、柵で攻撃を防ぎ止める・拮抗することも意味した。この場合の読みは「ませ」。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、交は、人が足を×型に交差させたさま。校は「木+(音符)交」で、木の棒を×型に交差したかせ。また、教える‐ならうという交差した授受が行われる所を校といい、×型に交差して引きくらべる意ともなる。傚(コウ)(みならう)・絞(型にしぼる)と同系のことば、という。

かつて田舎の中学校では男子生徒には丸刈りを強制し、従わぬ生徒は押さえつけてバリカンで刈り、教師が生徒を殴る蹴るを平気でやったが、「校」は元が囲いや手枷首枷のことだから、強制収容所同然だったのも、漢字の本義には合っている。

犯而不校

論語の本章では”自分の殻を破ってさらに成長する”。伝統的な論語の解釈では従来訳の通り、「犯されてあらがわず」と読んだ。しかしここまで能動態に読んできたのに、急に受動態になって主語が変わる。これはおかしいので改めた。

論語:解説・付記

論語 顔回 論語 曽子
儒者はここでの「友」を顔回だとしたがるが、顔回と曽子は年齢が離れている上に、顔回は早死にしたので、在世中に曽子如き小僧が友達づきあいできたとは思えない。大まかに言って「学友の中にそう言う人がいたものだ」という思い出話と考えた方がいい。

なお曽子と顔回の共通点は、共に父親もまた孔子の一門だったこと。

子供時分の曽子は、顔回と面識はあっただろうが、顔回の仁な振る舞いの意味を理解できる年齢だったかは大いに疑問。ただし孔子没後の派閥を率いるのに、すでに神格化された顔回を持ち出し、「ワシとは友人だったのじゃぞ」ということなら、大いにやりそうな人物ではある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)