論語330子路篇第十三(28)子路問うていわく

論語子路篇(28)要約:弟子一番の武闘派、子路。その子路がサムライたるべき心得を孔子先生に尋ねます。”これ子路や、お前はいかつ過ぎる”と先生は思い、子路の武張った性格を打ち消すような心得を教えたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路問曰、「何如斯可謂之士矣。」子曰、「切切偲偲、怡怡如也、可謂士矣。朋友切切偲偲、兄弟怡怡。」

書き下し

子路しろふていはく、如何いかなるかこれなるいはく、切切せつせつ偲偲しし怡怡如いいじよなるを、なり朋友ほういうには切切せつせつ偲偲しし兄弟けいていには怡怡いい

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

 

逐語訳

子路が問うて言った。「どのような者が士族と言えますか。」先生が言った。「身を切るように心がこもり、心から相手を思っていたわり、穏やかでにこやかなさまでいる者を、士族と言っていい。友人は心を込めていたわり、兄弟にはにこやかであれ。」

意訳

子路「どんな者がサムライでしょう。」
孔子「セツセツと自分が切られるように相手を思い、コマゴマと細やかにいたわり、ニコニコと和んでいる者だろうな。どうもお前はいかつ過ぎる。友人にはセツセツコマゴマ、兄弟にはニコニコとするように。」

従来訳

子路がたずねた。――
「どういう人物を士というのでございましょう。」
 先師がこたえられた。――
「こまやかな情愛、かゆいところに手のとどくような親切心、春風のようにやわらかで温かい物ごし、そうしたものが士にはそなわっていなければならない。とりわけ朋友に対しては情をこまやかにして、懇切に交るがいいし、兄弟に対しては顔色をやわらげることに気をつけるがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語の本章では”最下級の貴族であり、仁政を行う志を持った人物”。

歴史用語での「士」は、周王朝下での身分制度の一層をなす階層で、周王ー卿ー大夫ー士ー庶民ー奴隷と並ぶうち、最下層の貴族を言った。しかし孔子はここに新しい意味を加えた。論語での士とは、生まれによるものではなく、孔子塾で教養と技能と人格を磨けば、どの階層出身であろうとその中に加われる集団を指した。

孔子の政治論の一端を形作る言葉で、貴族でありながら無知無教養かつ粗暴で強欲な者が少なくない中、それが乱世になった原因と孔子は見て、人格高潔で有能な士が政治や行政に携わることで、乱世を鎮めようと考えた。

似た言葉に論語には「君子」があるが、君子が発言の場面によってさまざまな意味を持つのと裏腹に、「士」はここで説明したような人材をいい、あまり意味にブレがない。人の不幸を見捨てられず、その解決の力があることから、訳者は好んで「サムライ」と訳すが、武士にもさまざまいたことを念頭に置いて、あえてカタカナを用いている。

切切偲偲、怡怡如

論語の本章では”心底思いやりがあり、穏和な人物”。

「切」は他人の事情を自分の都合と思って事に当たることで、「恕」(ジョ)に近い。「偲」は字形の如く人を思うこと。「怡」は丸まった心のさまで、ニコニコ。「如」は”そのような状態”であり、切切・偲偲・怡怡が擬態語だから、それを名詞化する働きがある。

論語:解説・付記

論語の本章は論語子路篇20と対比して読むと良い章で、それの質問者・子貢とは異なって、子路は弟子一番の武闘派であり、「とげとげしい」と孔子は評した(論語先進篇12)。「少し穏やかにならんか。ろくな死に方をしないぞ」と説諭したのは本章も同じ。

子路が後世の儒者によって戯画化されているような(『孔子家語』致思1)、おバカの筋肉ダルマではなかったことはもちろんで、その証拠に孔子は子路を評して軍人ではなく、政治家向きと言っている(論語先進篇2)し、子路は弟弟子を可愛がってもいる(論語先進篇24)。

そして論語で最高の道徳とされる仁は、顔回を除き孔子も弟子も仁者と論語に書いていないが、ひょっとすると孔子は、子路が一番近いと思っていた可能性がある。それを示すのが論語の前章で、身体頑健で荒削りで飾り気が無く猪突猛進なのは、まさに子路と言っていい。

しかしそれゆえに、子路は衛国の内乱の渦中に猛進して命を落とした(『史記』衛世家)。顔回の死と異なり、子路の死を嘆く記述は論語に少ないが(論語子罕篇27など)、子路は孔子の最初の弟子で、最も付き合いが長いから、受けた打撃は顔回と変わらなかったと想像したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)