論語329子路篇第十三(27)剛毅木訥は

論語子路篇(27)要約:論語で最高の道徳とされる、仁。入門したての弟子には、その意味や身につけ方を。分かりやすいたとえで教える必要がありました。イノシシが突っ走るように正しい事をせよ。孔子先生はそう教えたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「剛毅木訥、近仁。」

書き下し

いはく、剛毅木訥がうきぼくとつは、じんちかし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

 

逐語訳

先生が言った。「体が頑丈で思い切りが良く、飾り気が無く口下手な人は、常時無差別の愛に近い。」

意訳

新弟子の諸君。仁とは、まず体が丈夫なこと。そして脇目もふらず真っ直ぐに正しい事を行うこと。言い訳や余計な飾りを捨て去ること。用もないのにしゃべらないことだ。

従来訳

先師がいわれた。――
「剛健な意志、毅然たる節操、表裏のない質朴さ、粉飾のない訥々たる言葉、こうした資質は、最高の徳たる仁に近い徳である。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

剛毅木訥

論語の本章では”体が丈夫で勇気があり、素直で口下手な人”。

「剛」は刀身に出来るような固い金属のように、心や体が頑丈なこと。「毅」は豙(ギ)=猪がたてがみを立てて構えたさまに、動詞を意味する殳(シュ)がつけられたことば。猪突猛進のように思い切って行うこと。「木」は朴と同じで、荒削りの木材。「訥」は言葉が内に籠もって出てこないさまで、口下手を言う。

論語では、人の持つ思いやりを発展させた、常時無差別の愛。詳細は論語における「仁」を参照。

論語:解説・付記

剛に着目すれば論語の前章と同様、心や体に自身があることが、どれだけ人間性を豊かにするかを説いた教えとも取れるが、剛毅木訥、と仁の条件を並べた言葉として解した方がいい。それも顔回のような達者に対してではなく、入門したての弟子に教えた言葉と想像する。

顔回に対して孔子は「礼に返れ」と言い(論語顔淵篇1)、入門間もない筋肉ダルマの樊遅ハンチには「人を愛せよ」と教えた(論語顔淵篇22)。本章は樊遅向けに類する言い方で、単純で分かりやすい。礼法などまだ想像も付かない新弟子には、このようにわかりやすい例が要った。

論語に言う仁の本質は、常時無差別の愛である以上、自己(遺伝子)保存を至上とする本能に反する。従って心身の健康のみならず、本能を忘れ思い切りよく仁な行為に突進せねばならない。仁は行うにためらってはならない、「師にも譲ら」ない行為だった(論語衛霊公篇36)。

ためらいを無くすには余計なことを考えてはならないから、自ずから人柄は素朴になるだろうし、余計な飾りも持たないことになる。極めて単純な人間にならないと、仁者にはなれないぞ、と弟子に教えたわけ。ただしこの答えが、弟子に乞われてのものかは何とも言えない。

入門してくる弟子のほとんどは、仕官が目当てであって、仁者になろうとは思わなかっただろうから。ただ孔子が仁々と繰り返すので、その意味をふと問うことはあっただろう。また孔子の教説は前提として、仁者である君子の養成にあったから、言わないわけにはいかなかった。

実際孔子は弟子について、これは仁者である、と言ったのは顔回だけで、他の高弟には言っていないし(論語公冶長篇7)、自分自身にも言っていない(論語述而篇33)。しかし仁を身につけないのなら、君子としての技能や教養は何の意味もないと言っている(論語八佾篇3)。

自身が底辺の出身だけに、威張り散らしたり理不尽を押し付けたりする役人を、経験から孔子は嫌っただろう。だから論語のように仁々と言わざるを得なかったのだが、そのお説教が実ったかどうかは、仕官しなかった弟子が知れるだけで、残念ながら史料が沈黙している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)