論語詳解231A子罕篇第九(27)やぶれたる縕袍を

論語子罕篇(27)要約:孔子先生の晩年は不幸が続き、まず一人息子に、次いで最も期待した弟子の顔回に、さらには最も早く入門した弟子の子路にも先立たれました。それも内乱に巻き込まれて、という不幸。先生は子路をしのぶのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「衣敝*縕袍、與衣狐貉*者立而不恥者、其由也*與。」

校訂

武内本:唐石経弊を敝に作り、狢貉に作り、由の下也の字あり。

書き下し

いはく、やぶれたる縕袍をんぱうて、狐貉こかくたるものぢざるものは、いうなる

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 子路
先生が言った。「破れた綿入れを着て、狐の毛皮のコートを着た者と並んで立っても恥ずかしく思わないのは、子路だろうか。」

意訳

論語 孔子 哀
子路も死んだか…。
ボロを着て立派な身なりの者と並んでも、恥ずかしがらなかったのはあいつだけだったな。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「やぶれた綿入を着て、上等の毛皮を着ている者と並んでいても、平気でいられるのは由だろうか。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

敝(ヘイ)

論語 敝 金文大篆 論語 敝
(金文)

論語の本章では”やぶれた”。『学研漢和大字典』による原義は、布を引き裂くこと。

縕袍(オンポウ)

論語 縕 篆書 論語 袍 篆書
(篆書)

「縕」は”クズ麻”で、『大漢和辞典』では縕袍を”貧乏人が着る粗末な衣類”と解する。ただし「縕著」と同義とし、クズ麻や古い絹綿を詰めた綿入れ服を指すと言う。

『学研漢和大字典』によると「縕」は会意兼形声文字で、「糸+(音符)𥁕(オン)の略体」で、温気をこもらせる綿。また、熱気がむれるの意。熅(オン)(煙がこもる)・溫(=温。蒸気がこもる)と同系のことば、という。

「袍」は会意兼形声文字で、「衣+(音符)包(すっぽり外からつつむ)」。抱(外からつつむ)と同系のことば、という。

狐貉(コカク)

論語 狐 楚系戦国文字 論語 貉 金文
「狐」(楚系戦国文字)・「貉」(金文)

論語の本章では、キツネやムジナの毛皮服。高価だったらしく貴人の着るものとされる。「狢」も「貉」と同じく、ムジナ。
論語 五経図彙 狐裘

恥(チ)

論語 恥 篆書 論語 恥
(篆書)

論語の本章では”恥じる”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtʰi̯əɡ。論語時代の置換候補は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

論語 由 金文 論語 子路
(金文)

孔子に最も早く入門した弟子、子路の名。詳細は論語の人物:仲由子路を参照。漢字「由」の詳細は論語語釈「由」を参照。

論語:解説・付記

魯哀公十五年(BC480)・孔子72歳、この歳は顔回死去の翌年だが、衛に仕えていた子路は内乱に巻き込まれて世を去った。その模様は『史記』の列伝に記されている。本章をその時の言葉と解した。子路は一門きっての剛直な弟子で、それにふさわしい死を遂げた。

子路が公宮に入ろうとすると、弟弟子の子羔(シコウ)が門から出てきたのに出会った。子羔は「門はすでに閉じています」と言ったが、子路は「まあとにかく行ってみよう」と言った。子羔は「無理です。わざわざ危ない目に遭うことはありません」と言ったが、子羔は引き止められずに公宮から出て、子路は入って門前に立った。

公孫敢が門を閉ざして「入るな」と言うと、子路は「公孫どの、貴殿は利益に目が眩んで逃げたな。拙者はそうではない、俸禄分は主君の危険を救うつもりでござる」と言った。たまたま外に出る使者があったので、入れ替わりに子路は門を入った。そこで大声で叫んだ。

「太子どの、孔カイどのは役立たずですぞ。殺しても代わりはいくらでもござる。それにしても太子どのは昔から臆病でござった。孔悝どのを放しなされ。さもないと下からこの見晴らし台に火を付けますぞ。」

太子は震え上がって、石乞・孟黶(ウエン)を台から降りさせて子路と戦わせた。戈で子路を撃ったところ、子路の冠の紐が切れた。子路は「君子は死んでも冠を脱がないものでござる」と言って、紐を結び直している内に殺された。

(『史記』衛世家)

論語 孔鯉
顔回の前年には孔子は一人息子の鯉を無くしており、息子と愛弟子を立て続けに失った孔子には大きな打撃となった。それもあってか、孔子は翌年に死去している。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)