論語詳解497B堯曰篇第二十(2)曰く、われ小子履*

論語堯曰篇(2)要約:架空の夏殷革命を伝えるつもりの一節。戦いを前に殷の開祖・湯王が、天地の神に誓い、祈ります。暴君紂王は許しません。善良な民の行いを隠しません。民に罪があっても無くても、私一人を罰して下さい、と。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

曰、「予小子履、敢用玄牡、敢昭吿于皇皇后帝。有罪不敢赦、帝臣不蔽、簡在帝心。朕躬有罪、無以萬*方。萬*方有罪、罪*在朕躬。」

校訂

武内本:唐石経万を萬に作り、在上罪の字あり。

書き下し

いはく、われ小子履せうしりあへくろをうしもちゐて、あへあきらか皇皇くわうくわうたる后帝こうていぐ。つみるはあへゆるさず、かみしもべかくさず、えらぶことかみこころり。つみらば、よろかたもつてすることかれ。よろかたつみらば、つみれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

(殷の湯王が)言った。「わたくしめ、小せがれの履は、あえて黒い牛を犠牲に捧げて、おそれながらも明らかに、輝かしい天地の神に申し上げる。罪ある者は意図的に許さず、神のしもべは隠さず、(善悪の)選択は天の神の心のままになさいませ。わたくしに罪があるなら、天下万民に罰を与えることの無いように。天下万民に罪があるなら、その罪をわたくしの身に引き受けるように。」

意訳

書経図説 昭告上天図
湯王「私めは、かしこみかしこみ、あえて黒牛をお供えに捧げて、輝かしき天地の神々に、思うところを隠さずに申し上げます。こんなにひどいことをした暴君ケツ王は、決して許しませぬ。しかしその臣民は、みな天の神のしもべでありますから、そのうち善なる者は、そのよい行いを隠さず顕彰致します。されども何がいいか悪いかは、天の神のみ心次第です。私めの判断が裏目に出ても、怨み申し上げは致しませぬ。ゆえに私めに罪があれば、私めを罰して民に罰が下りませぬように。民に罪があっても、私めを罰して民に罰が下りませぬように。」

従来訳

論語 下村湖人

夏は桀王にいたって無道であったため、殷の湯王がこれを伐ち、天命をうけて天子となったが、その時、湯王は天帝に告げていわれた。
「小さき者、履り、つつしんで黒き牡牛をいけにえにして、敢て至高至大なる天帝にことあげいたします。私はみ旨を奉じ万民の苦悩を救わんがために、天帝に罪を得た者を誅しました。天帝のみ心に叶う臣下はすべてその徳が蔽われないよう致したいと思います。私は天帝のみ心のまにまに私の進むべき道を選ぶのみであります。」
更に諸侯に告げていわれた。――
「もしわが身に罪あらば、それはわれひとりの罪であって、万民の罪ではない。もし万民に罪あらば、それは万民の罪でなくて、われひとりの罪である。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 曰 金文
(金文)

論語のこの部分は、主語が記されていないが、「予小子履」から殷の湯王だとされる。

初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯o。同音に、野などで、「余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がない」と『学研漢和大字典』はいう。「豫」は本来別の字。詳細は論語語釈「予」を参照。

予小子履

論語 履 金文 論語 殷湯王
「履」(金文)

論語の本章では、”わたくし小せがれの履め”という、天の神に対する殷の湯王のへりくだった自称。湯王は殷の開祖とされる。しかし甲骨文などの出土資料では、殷の開祖は唐・成・大乙などと呼ばれており、「履」は後世になってからの呼び名。

『史記』などによる伝説では、夏王朝の王である桀王が酒池肉林にふけり、暴政を行ったため、湯王がこれを討伐して殷(またの名は商)王朝を立てたとされる。桀王も暴政も革命も、言うまでも無く史実ではないが、論語の編者は、もちろんそれを史実として扱っている。

敢用玄牡

論語 玄 金文 論語 牡 金文
「玄牡」(金文)

論語の本章では”わざわざ黒いオス牛を犠牲獣に用いて”。「玄」は黒色のことで、『学研漢和大字典』によると「幻」と同じく、暗くてよく見えないことが語源。

ここでの「敢」の解釈は、「はばかりながら~」「おそれながら~」と訳し、丁寧・表敬の意を示すと考える事も出来る。しかしその説を取らないのは、珍しく伝統的な注釈が、役立つ?情報を提供しているからだ。

古注
 註孔安國曰履殷湯名也此伐桀告天文也殷家尚白未變夏禮故用𤣥牡也

論語 古注 孔安国
注釈。孔安国いわく…殷王朝は白色を尊んだのだが、この時は夏王朝の作法を変えずに従った。だから黒い牡牛を用いたのだ。

夏尚黑爾時湯猶未改夏色故猶用黑牡以告天故云果敢用於𤣥牡也

論語 古注 何晏
夏王朝は黒色を尊び、この時湯王はまだ夏王朝の色を改めなかった。だから黒い雄牛を用いて天を祀った。だから「あえて雄牛を用いて」と言ったのだ。
『論語集解義疏』

新注
用玄牡,夏尚黑,未變其禮也。
論語 朱子 新注
黒い雄牛を用いたのは、夏王朝が黒色を尊び、まだその作法を変えなかったからである。
『論語集注』

ここから何が分かるかと言えば、儒者のでっち上げである。
論語 丁稚 論語 揚げ

古注新注はこぞって、中華文明における自然科学のようなもの=五行思想が、まだ文字もない夏殷交代期にあったと言っている。王朝ごとに尊ぶ色があるとするのも五行思想の一端で、それが史実としてはっきり確認できるのは、始皇帝の統一前後で、1500年ほど時代が下る。

『徒然草』に、小野道風が筆写した『和漢朗詠集』を持っている人に、時代の前後が合わないからニセモノですよと、遠回しに教えたところ、だからこそ珍しいのだ、とますます珍重したという話がある。論語のこの部分も同様で、論語にもったいをつけた漢代儒者のしわざだ。

漢代儒者はその歴史オンチから、我からでっち上げを白状しているのだ。ならば作文者の意図通り、”わざわざ”と解釈してあげる﹅﹅﹅のが、正確な読みというものだろう。「黒い牡牛を」とわざわざ言挙げしたことからも、ここでの「敢」は”わざわざ”と解するのが妥当になる。

皇皇后帝

論語 皇 金文 論語 帝 金文
「皇」「帝」(金文)

論語の本章では、”輝かしい天地の神”。

『学研漢和大字典』によると、「皇」は会意兼形声文字で、王とは偉大な者のこと。皇は「自(はな→はじめ)+(音符)王」で、鼻祖(いちばんはじめの王)のこと。人類開祖の王者というのがその原義。上部の白印は白ではなく自(鼻の原字)である。広(コウ)(大きくひろがる)・光(四方に広がるひかり)などと同系のことば、という。

「后」は会意文字で、上部は人の字の変形で、下は囗(あな)。人体の後ろにあるしりの穴(后穴)を示す。後と同系で、後ろの意を示す。転じて、後宮に住むきさき。また、厚(重く大きい意を含む)に当て、重々しい大王をさすのに用いる。「后土(コウド)」とは、地公と同じで、大地の神。土地神、という。

「帝」は象形文字で、三本のたれた線を━印でひとまとめに締めたさまを描いたもので、締(テイ)(しめまとめる)にその原義を残している。宇宙の万物をまとめて総括する最高神のこと。金文上部の二印は、「上」の字の原形であり、もと「上帝」という字を一字で書いたもの。

殷(イン)代の末、地上の支配者の権力が強くなり、上帝への信仰が衰えると、帝乙(イツ)・帝辛のように、王の名となった。周代に帝と名のった者はないが、始皇帝以後は、皇帝はすべて帝と称するようになった、という。

論語の本章では”つみ”。この文字は楚・秦の戦国文字、戦国末期の中山王壺が初出で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰwədで、同音は存在しない。論語の時代の置換候補は「非」。詳細は論語語釈「罪」を参照。

論語 赦 金文
(金文)

論語の本章では”(罪を)ゆるす”。

『学研漢和大字典』によると「攴(動詞の記号)+(音符)赤」の形声文字で、赤(あか)には関係がない。ゆるむ、のびるの意味を含む。舒(ゆるくのびる)・捨(手を放して放置する)と同系のことば、という。

帝臣不蔽

論語 蔽 古文
「蔽」(古文)

論語の本章では”神の僕(のうち、善き者)を隠さない”。暴君紂王の臣下に当たる者でも、善良な者は取り上げて顕彰し、その善行を隠さない、と古来解する。「蔽」は”覆う・隠す”の意であり、文字は楚系戦国文字から見られる。

簡在帝心

論語 簡 金文
「簡」(金文)

論語の本章では、”選ぶのは神の心次第”。”善し悪しを決めるのは神の御心のままに”と古来解する。

『学研漢和大字典』によると「簡」は会意兼形声文字で、間は、門のすきまがあいて、月(日)がそのあいだから見えることを示す会意文字。簡は「竹+(音符)間(カン)」で、一枚ずつ間をあけてとじる竹の札。音が揀(カン)に通じるので、”選ぶ”の意があるという。

論語 朕 金文 論語 朕 字解
(金文)

論語の本章では一人称の”わたし”。

この文字は始皇帝以降、皇帝専用の一人称となったが、それ以前にはそのような限定がなかった。このことから、論語のこの部分が秦漢帝国以降の創作であることを、現代の論語本の多くが指摘するが、専用でないだけであって、君主が使うことに矛盾があるわけでは無い。

誰でも使っていい「朕」ならば、君主が自称に使ってもよい道理だからだ。必要条件と十分条件は区別しないと論理が成り立たない。残念ながら漢学者をふくむ人文系の専門家は、例え旧帝大教授であろうと、高一なみの数学すら理解していないことがある。用心用心。

『学研漢和大字典』によると、もと「舟+両手で物を持ちあげる姿」の会意文字で、舟を上に持ちあげる浮力のこと。上にあらわれ出る意を含む。転じて、尊大な気持ちで自分を持ちあげて称する自称詞となった。徴(持ち上げる)・騰(あがる)・称(持ちあげる、ほめる)などと同系のことば、という。

萬(万)方

論語 萬 万 金文 論語 方 金文
(金文)

論語の本章では”天下の万民”。「方」には領域としてのくに、国土の意があり、「邦」と音が通じる。従って「萬方」は”万国”の意だが、ここではそこに住む人々を指す。

論語:解説・付記

従来訳では、「朕躬有罪」以降を、付き従う諸侯に対する誓いの言葉としているが、そう解釈も出来るし、しなくてもよい。いずれにせよ儒教と論語の権威付けのために、漢代の儒者がでっち上げた作文だから、深く詮索することに意味は無いと訳者は思う。

なお上掲『徒然草』は以下の通り。

第八十八段

あるもの小野道風の書ける和漢朗詠集とて持ちたりけるを、ある人、「御相傳浮けることには侍らじなれども、四條大納言撰ばれたるものを、道風書かむこと、時代や違ひはべらむ、覺束なくこそ。」といひければ、「さ候へばこそ、世に有り難きものには侍りけれ。」とていよ〱秘藏しけり。

論語 徒然草
ある人が、小野道風(894-967。能書家)の書いた『和漢朗詠集』(1013ごろ成立)だとして持っていたのを、別のある人が「お家代々の言われ、根拠の無いことではごさいませんでしょうが、四条大納言(藤原公任きんとう。966-1041、歌人)が編集なさった本を、道風が書いたと言うような話は、時代が違わないでしょうか。変だと思いますが」と言ったのだが、「そうでございますからこそ、世にも珍しいのでございます」と言って、一層大切に仕舞い込んだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)