論語雍也篇第六(原文・読み下し)

子曰、「雍也、可使南面。」
いはく、よう南面なんめんせしむべし。

仲弓問子桑伯子。子曰、「可也、簡。」仲弓曰、「居敬而行簡、以臨其民、不亦可乎。居簡而行簡、無乃大簡乎。」子曰、「雍之言然。」
仲弓ちうきう子桑伯子しさうはくしふ、いはく、なり。かんなればなり。仲弓ちうきういはく、けいりてかんおこなひ、もつたみのぞむ、またならずや。かんおきかんおこなふは、すなは大簡たいかんなるからむか。いはようげんしかり。

哀公問、「弟子孰爲好學。」孔子對曰、「有顏回者、好學。不遷怒、不貳過、不幸短命死矣。今也則亡、未聞好學者也。」
哀公あいこうふ、弟子ていしたれがくこのむとす。孔子こうしこたへていはく、顏回がんくわいといふものあり、がくこのめり。いかりうつさず、あやまちふたたびせざりき、不幸ふかう短命たんめいにしてし、いますなはし。いまがくこのものかざるなり。

子華使於齊、冉子爲其母請粟。子曰、「與之釜。」請益、曰、「與之庾。」冉子與之粟五秉。子曰、「赤之適齊也、乘肥馬、衣輕裘。吾聞之也、君子周急不繼富。」
子華しくわせい使つかひす。冉子ぜんしははためぞくふ。いはく、これあたへよ。えきふ。いはく、これあたへよ。冉子ぜんしこれぞくへいあたふ。いはく、せきせいくや、肥馬ひばり、輕裘けいきうたり。われこれく、君子くんしきふすくうて、めるにがずと。

原思爲之宰、與之粟九百、辭。子曰、「毋。以與爾鄰里鄕黨乎。」
原思げんしこれさいたり、これぞく九百をあたふ。す。いはく、なかれ、もつなんぢ鄰里りんり鄕黨きやうたうあたへよと。

子謂仲弓曰、「犁牛之子、騂且角。雖欲勿用、山川其舍諸。」
仲弓ちうきうつていはく、犁牛りぎうあかうしてつのあらば、もちゐることなからんとほつすといへども、山川さんせんこれかむや。

子曰、「回也、其心三月不違仁、其餘、則日月至焉而已矣。」
いはく、くわいや、こころげつじんたがはず。すなは日月ひつきいたるのみ。

季康子問、「仲由可使從政也與。」子曰、「由也果、於從政乎何有。」曰、「賜也可使從政也與。」曰、「賜也達、於從政乎何有。」曰、「求也可使從政也與。」曰、「求也藝、於從政乎何有。」
季康子きかうしふ、仲由ちういうまつりごとしたがはしむきか。いはく、いうくわなり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。いはく、まつりごとしたがはしむきか。いはく、たつなり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。いはく、きうまつりごとしたがはしむきか。いはく、きうげいあり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。

季氏使閔子騫爲費宰。閔子騫曰、「善爲我辭焉。如有復我者、則吾必在汶上矣。」
季氏きし閔子騫びんしけんをしてさいたらしむ。閔子騫びんしけんいはく、ためせよ。われふたたびすることらば、すなはわれかならぶんほとりらむと。

10

伯牛有疾、子問之、自牖執其手、曰、「亡之、命矣夫。斯人也、而有斯疾也。斯人也、而有斯疾也。」
伯牛はくぎうやまひり。これひ、まどよりる。いはく、これうしなはむ、めいなるかな。ひとにしてやまひあるや、ひとにしてやまひあるやと。

11

子曰、「賢哉回也。一簞食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、回也不改其樂。賢哉回也。」
いはく、けんなるかなくわいや。一たん、一ぺういん陋巷ろうかうり。ひとうれひへず、くわいたのしみあらためず。けんなるかなくわいや。

12

冉求曰、「非不說子之道、力不足也。」子曰、「力不足者、中道而廢。今女畫。」
冉求ぜんきういはく、みちよろこばざるにあらず、ちかららざるなり。いはく、ちかららざるものは、中道ちうだうにしてはいす、いまなんぢかぎれりと。

13

子謂子夏曰、「女爲君子儒、無爲小人儒。」
子夏しかひていはく、なんぢ君子くんしじゆれ、小人せうじんじゆることかれ。

14

子游爲武城宰。子曰、「女得人焉耳乎。」曰、「有澹臺滅明者、行不由徑。非公事、未嘗至於偃之室也。」
子游しいう武城ぶじやうさいたり。いはく、なんぢひとたるか。いはく、澹臺たんたいあるもめいっすくにたてみちらざればなり。公事こうじあらすと。いまかつえんしついたらざるなり。

15

子曰、「孟之反不伐、奔而殿、將入門、策其馬、曰、『非敢後也、馬不進也。』」
いはく、孟之反まうしはんほこらず。はしつて殿でんせり。まさもんらむとするとき、うまむちうちていはく、あへおくれたるにあらざるなり、うますすまざればなりと。

16

子曰、「不有祝鮀之佞、而有宋朝之美、難乎免於今之世矣。」
いはく、祝鮀しゆくだねいあらずして、宋朝そうてうあらば、かたいかないままぬかれむこと。

17

子曰、「誰能出不由戶。何莫由斯道也。」
いはく、たれづるにらざらむ。たれみちることからむ。

18

子曰、「質勝文則野、文勝質則史。文質彬彬、然後君子。」
いはく、しつぶんてばすなはなり、ぶんしつてばすなはなり、文質ぶんしつ彬彬ひんぴんとして、しかのち君子くんしなり。

19

子曰、「人之生也直、罔之生也幸而免。」
いはく、ひときるはなほければなり。くらきにきるは、さいはひにしてまぬかるるなり。

20

子曰、「知之者、不如好之者、好之者、不如樂之者。」
いはく、これものは、これこのものかず。これこのものは、これたのしものかず。

21

子曰、「中人以上、可以語上也。中人以下、不可以語上也。」
いはく、中人ちうじん以上いじやうには、もつかみかたきなり。中人ちうじん以下いかには、もつかみかたからざるなり。

22

樊遲問知。子曰、「務民之義、敬鬼神而遠之、可謂知矣。」問仁。曰、「仁者先難而後獲、可謂仁矣。」
樊遲ほんちふ。いはく、たみつとめ、鬼神きしんけいしてこれとほざくるを、し。じんふ。いはく、仁者じんしやかたきをさきにしてるをのちにす、じんしと。

23

子曰、「知者樂水、仁者樂山。知者動、仁者靜。知者樂、仁者壽。」
いはく、知者ちしやみづねがひ、仁者じんしややまねがふ、知者ちしやうごき、仁者じんしやしづかなり。知者ちしやたのしみ、仁者じんしやいのちながし。

24

子曰、「齊一變、至於魯。魯一變、至於道。」
いはく、せいぺんせばいたらむ、ぺんせばみちいたらむ。

25

子曰、「觚不觚、觚哉。觚哉。」
いはく、ならず、ならむや、ならむや。

26

宰我問曰、「仁者雖吿之曰、『井有仁焉。』其從之也。」子曰、「何爲其然也。君子可逝也、不可陷也。可欺也、不可罔也。」
宰我さいがうていはく、仁者じんしやこれげてせいじんりとはむも、これしたがはむか。いはく、なんすれぞしからむ。君子くんしかしむきなり、おとしいからざるなり。あざむきなり、からざるなり。

27

子曰、「君子博學於文、約之以禮、亦可以弗畔矣夫。」
いはく、君子くんしひろぶんまなんで、これやくするにれいもつてせば、またもつむかざるきかな。

28

子見南子、子路不說。夫子矢之曰、「予所否者、天厭之。天厭之。」
南子なんしたり。子路しろよろこばず。夫子ふうしこれちかうていはく、われなるところものは、てんこれあつせん、てんこれあつせん。

29

子曰、「中庸之爲德也、其至矣乎。民鮮久矣。」
いはく、中庸ちうようとくたるや、いたれるかな、たみすくなきことひさし。

30

子貢曰、「如有博施於民、而能濟衆、何如。可謂仁乎。」子曰、「何事於仁、必也聖乎。堯舜其猶病諸。夫仁者、己欲立而立人、己欲達而達人。能近取譬、可謂仁之方也已。」
子貢しこういはく、ひろたみほどこして、しうすくふことあらば如何いかんじんきか。いはく、なんじんこととせむ、かならずやせいか。堯舜げうしゆんこれめり。仁者じんしやは、おのれたむとほつしてひとて、おのれたつせむとほつしてひとたつす。ちかたとへるは、じんみちふべきのみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)