論語公冶長篇第五(原文・読み下し)

1

子謂公冶長、「可妻也。雖在縲絏之中、非其罪也。」以其子妻之。
公冶長こうやちやうふ、めあはきなり、縲絏るゐせつうちりといへども、つみあらざるなりと、もつこれめあはす。

2

子謂南容、「邦有道、不廢。邦無道、免於刑戮。」以其兄之子妻之。
南容なんようふ、くにみちあればてられず、くにみちなければ、刑戮けいりくまぬがれむと、あにもつこれめあはす。

3

子謂子賤、「君子哉若人。魯無君子者、斯焉取斯。」
子賤しせんふ、君子くんしなるかなかくのごとひと君子者くんししやなくば、いづくんぞこれらむ。

4

子貢問曰、「賜也何如。」子曰、「女器也」。曰、「何器也。」曰、「瑚璉也。」
子貢しこううていはく、如何いかんと。いはく、なんぢうつわなり。いはく、なんうつわぞや。いはく、瑚璉これんなりと。

5

或曰、「雍也、仁而不佞。」子曰、「焉用佞。禦人以口給、屢憎於人。不知其仁。焉用佞。」
るひといはく、ようじんにしてねいならずと。いはく、いづくんぞねいもちゐむ。ひとふせぐに口給こうきふもつてし、屢〻しばしばすればひとにくまる。じんらず、いづくんぞねいもちゐむと。

6

子使漆雕開仕。對曰、「吾斯之未能信。」子說。
漆雕開しつてうかいをしてつかへしめむとす。こたへていはく、われこれいましんずることあたはずと。よろこぶ。

7

子曰、「道不行、乘桴浮於海、從我者、其由與。」子路聞之喜。子曰、「由也、好勇過我、無所取材。」
いはく、みちおこなはれず、いかだつてうみうかばむ。われしたがものいうか。子路しろこれいてよろこぶ。いはく、いうゆうこのむことわれぎたるも、ざいところしと。

8

孟武伯問、「子路仁乎。」子曰、「不知也。」又問、子曰、「由也、千乘之國、可使治其賦也。不知其仁也。」「求也何如。」子曰、「求也、千室之邑、百乘之家、可使爲之宰也。不知其仁也。」「赤也何如。」子曰、「赤也、束帶立於朝、可使與賓客言也。不知其仁也。」
孟武伯まうぶはくふ、子路しろじんなるか。いはく、らざるなり。またふ。いはく、いうや、千じようくにをさめしむきなり、じんらざるなり。きう如何いかんいはく、きうや、千しついふ、百じよういへこれさいたらしむべきなり、じんらざるなり。せき如何いかんいはく、せきや、束帶そくたいしててうたつて、賓客ひんかくはしむべきなり、じんらざるなり。

9

子謂子貢曰、「女與回也孰愈。」對曰、「賜也何敢望回。回也聞一以知十、賜也聞一以知二。」子曰、「弗如也。吾與女、弗如也。」
子貢しこうひていはく、なんぢくわいとはいづれかまされる。こたへていはく、なんあへくわいのぞまむ。くわいや一をいてもつて十をる、や一をいてもつて二をる。いはく、かざるなり、われなんぢかざるなり。

10

宰予晝寢。子曰、「朽木不可雕也、糞土之牆、不可杇也。於予與何誅。」子曰、「始吾於人也、聽其言而信其行。今吾於人也、聽其言而觀其行。於予與改是。」
宰予さいよひるぬ。いはく、朽木きうぼくてうすべからず、糞土ふんどしやうるべからず。おいてかなんめむ。いはく、はじめわれひとけるや、こといておこなひしんぜり。いまわれひとけるや、こといておこなひる、おいてかこれあらためたりと。

11

子曰、「吾未見剛者。」或對曰、「申棖。」子曰、「棖也慾。焉得剛。」
いはく、われいま剛者がうしやずと。るひとこたへていはく、申棖しんたうと。いはく、たうよくあり、いづくんぞがうなるをむと。

12

子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲無加諸人。」子曰、「賜也、非爾所及也。」
子貢しこういはく、われひとこれわれくはふることをほつせざるなり。われまたこれひとくはふることからむとほつすと。いはく、や、なんぢおよところあらざるなり。

13

子貢曰、「夫子之文章、可得而聞也。夫子之言性與天道、不可得而聞也。」
子貢しこういはく、夫子ふうし文章ぶんしやうくべきなり、夫子ふうしせい天道てんだうとをふはくべからざるなり。

14

子路有聞、未之能行、唯恐有聞。
子路しろくことありて、いまこれおこなふことあたはざれば、唯〻ただくことらむことをおそる。

15

子貢問曰、「孔文子、何以謂之文也。」子曰、「敏而好學、不恥下問、是以謂之文也。」
子貢しこうふていはく、孔文子こうぶんしなにもつこれぶんふや。いはく、びんにしてがくこのみ、下問かもんぢず、ここもつこれぶんふなり。

16

子謂子產、「有君子之道四焉、其行己也恭、其事上也敬、其養民也惠、其使民也義。」
子產しさんふ、君子くんしみち四あり、おのれおこなふやきようかみつかふるやけいたみやしなふやけいたみ使つかふや

17

子曰、「晏平仲善與人交、久而敬之*。」
いはく、晏平仲あんへいちうひとまじはる、ひさしうしてこれけいす。

*『論語義疏』では「久而人敬之」。

18

子曰、「臧文仲居蔡、山節藻梲。何如其知也。」
いはく、臧文仲ぞうぶんちうかめき、せつやまにしぜいさうす、如何いかんぞならむ。

19

子張問曰、「令尹子文、三仕爲令尹、無喜色。三已之、無慍色。舊令尹之政、必以吿新令尹。何如。」子曰、「忠矣。」曰、「仁矣乎。」曰、「未知、焉得仁。」「崔子弒齊君、陳文子有馬十乘、棄而違之、至於他邦、則曰、『猶吾大夫崔子也。』違之、之一邦、則又曰、『猶吾大夫崔子也。』違之。何如。」子曰、「淸矣。」曰、「仁矣乎。」曰、「未知、焉得仁。」
子張しちやうふていはく、令尹れいいん子文しぶんは、たびつかへて令尹れいいんりしも、よろこいろく、たびこれめられしも、うらいろく、舊令尹きうれいいんまつりごとかならもつ新令尹しんれいいんぐ。如何いかんと。いはく、ちうなり。いはく、じんなるか。いはく、いまならず、いづくんぞじんむ。崔子さいしせいきみしいす。陳文子ちんぶんしうまじようててこれる。他邦たはういたればすなはいはく、大夫たいふ崔子さいしのごときなりと、これる。一はうけばすなはまたいはく、大夫たいふ崔子さいしのごときなりと、これる。如何いかんいはく、せいなり。いはく、じんなるか。いはく、いまならず、いづくんぞじんむと。

20

季文子三思而後行。子聞之曰、「再、斯可矣。」
季文子きぶんしたびおもうてしかしてのちおこなふ。これきていはく、ふたたびせば、これならんと。

21

子曰、「甯武子、邦有道則知。邦無道則愚。其知可及也、其愚不可及也。」
いはく、甯武子ねいぶしは、くにみちあればすなはなり、くにみちければすなはなり。にはおよきなり、にはおよからざるなり。

22

子在陳、曰、「歸與。歸與。吾黨之小子狂簡、斐然成章、不知所以裁之。」
ちんりていはく、かへらむかかへらむか。たう小子せうし狂簡きやうかんなり、斐然ひぜんとしてしやうす、これさいする所以ゆゑんらず。

23

子曰、「伯夷、叔齊、不念舊惡、怨是用希。」
いはく、伯夷はくい叔齊しゆくせい舊惡きうあくおもはず、うらみここもつまれなり。

24

子曰、「孰謂微生高直。或乞醯焉、乞諸其鄰而與之。」
いはく、たれ微生高びせいかうなほしとふや。るひとふ。これとなりうてこれあたふ。

25

子曰、「巧言、令色、足恭、左丘明恥之、丘亦恥之。匿怨而友其人、左丘明恥之、丘亦恥之。」
いはく、巧言こうげん令色れいしよく足恭すうきようするは左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。うらみかくしてひとともとするは、左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。

26

顏淵、季路侍。子曰、「盍各言爾志。」子路曰、「願車馬、衣、輕裘、與朋友共、敝之而無憾。」顏淵曰、「願無伐善、無施勞。」子路曰、「願聞子之志。」子曰、「老者安之、朋友信之、少者懷之。」
顏淵がんえん季路きろす。いはく、なん各〻おのおのなんぢこころざしはざる。子路しろいはく、ねがはくは車馬しやば輕裘けいきう朋友ほういうともにし、これやぶりてうらむことからむ。顏淵がんえんいはく、ねがはくはぜんほこることなく、らうほこることからむ。子路しろいはく、ねがはくはこころざしかむ。いはく、老者らうしやこれやすんじ、朋友ほういうこれしんあり、少者せうしやこれなつけむ。

27

子曰、「已矣乎。吾未見能見其過、而內自訟者也。」
いはく、んぬるかな、われいまあやまちて、うちみづかむるものざるなり。

28

子曰、「十室之邑、必有忠信如丘者、焉不如丘之好學也。」
いはく、十しついふかなら忠信ちうしんきうごとものあらむ、いづくんぞきうがくこのむにかざらむ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)