論語公冶長篇第五(原文・読み下し)

語釈や現代語訳、解説はこちらを参照。原文は唐石経を祖本とする現伝通用の文字列、訓み下しは原文校訂後の日本古語変換。よって食い違いがあります。詳細は各章の「→詳細」を参照。

1

子謂公冶長、「可妻也。雖在縲絏之中、非其罪也。」以其子妻之。子謂南容、「邦有道、不廢。邦無道、免於刑戮。」


公冶長こうやちやうふ、めあはなり縲紲ひとやうちりといへども、つみあらざるなりと、もつこれめあはす。南容なんようふ、くにみちあらばてられず、くにみちからば、つみころしまぬがれむと。あにもつこれめあはす。
→詳細

2

子謂子賤、「君子哉若人。魯無君子者、斯焉取斯。」


子賤しせんふ、君子もののふなるかなかくのごとひと君子もののふこれいづくにかこれらむ。
→詳細

3

子貢問曰、「賜也何如。」子曰、「女器也」。曰、「何器也。」曰、「瑚璉也。」


子貢しこううていはく、如何いかんと。いはく、なんぢうつはなりいはく、なんうつはいはく、瑚璉たまのうつはなりと。
→詳細

4

或曰、「雍也、仁而不佞。」子曰、「焉用佞。禦人以口給、屢憎於人。不知其仁。焉用佞。」


あるひといはく、ようなさけあくちうまからと。いはく、いづくんぞうまくちさむ。ひとふせぐに口給くちかずもちゐば、屢〻しばしばたみにくまる。なさけ𣉻いづくんぞうまくちさむと。
→詳細

5

子使漆雕開仕。對曰、「吾斯之未能信。」子說。


漆彫啟しつてうけい使つかへしめむとす。こたへていはく、われこれきていましんずるあたはずと。よろこぶ。
→詳細

6

子曰、「道不行、乘桴浮於海、從我者、其由與。」子路聞之喜。子曰、「由也、好勇過我、無所取材。」


いはく、みちいかだつてうみうかばむ。われしたがものいう子路しろこれいてよろこぶ。いはく、いういさこのむことわれぐるも、あらきところしと。
→詳細

7

孟武伯問、「子路仁乎。」子曰、「不知也。」又問、子曰、「由也、千乘之國、可使治其賦也。不知其仁也。」「求也何如。」子曰、「求也、千室之邑、百乘之家、可使爲之宰也。不知其仁也。」「赤也何如。」子曰、「赤也、束帶立於朝、可使與賓客言也。不知其仁也。」


武伯ぶはくふ、子路しろよきひとなるいはく、かなまたふ。いはく、いうのりくにえだちをさ使よきひとかなきういへさともものりいへこれつかさたら使むべきよきひとかなせき如何いかんいはく、せきおびめておほやけちて、賓客まらうと使むべきよきひとかな
→詳細

8

子謂子貢曰、「女與回也孰愈。」對曰、「賜也何敢望回。回也聞一以知十、賜也聞一以知二。」子曰、「弗如也。吾與女、弗如也。」


子貢しこうひていはく、なんぢくわいいづれかまされる。こたへていはく、なんあへくわいのぞまむ。くわいひといてもつとをる、ひといてもつふたる。いはく、かなわれなんぢかな
→詳細

9

宰予晝寢。子曰、「朽木不可雕也、糞土之牆、不可杇也。於予與何誅。」子曰、「始吾於人也、聽其言而信其行。今吾於人也、聽其言而觀其行。於予與改是。」


宰予さいよひるぬ。いはく、からかなくさつちかべからかなおいなんめむ。いはく、はじめわれひとけることのはおこなひまこととせり。いまわれひとけることのはおこなひる。おいこれあらためたりと。
→詳細

10

子曰、「吾未見剛者。」或對曰、「申棖。」子曰、「棖也慾。焉得剛。」


いはく、われいまたけものず。あるひとこたへていはく、申棖しんたうと。いはく、たうよくあり、いづくんぞたけきむ。
→詳細

11

子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲無加諸人。」子曰、「賜也、非爾所及也。」


子貢しこういはく、われひとこれわれくはふることをほつわれまたこれひとくはふることからむともとむと。いはく、や、なんぢおよところあらざるなり
→詳細

12

子貢曰、「夫子之文章、可得而聞也。夫子之言性與天道、不可得而聞也。」


子貢しこういはく、夫子ふうしふみつたへなり夫子ふうしさがあまはたらきとをふは、からなるのみ
→詳細

13

子路有聞、未之能行、唯恐有聞。


子路しろりて、いまおこなあたはざらば、ただるをおそる。
→詳細

14

子貢問曰、「孔文子、何以謂之文也。」子曰、「敏而好學、不恥下問、是以謂之文也。」


子貢しこうふていはく、孔文子こうぶんしなにもつこれぶんいはく、くしがくこのみ、ひをくだすをこれこれぶんなり
→詳細

15

子謂子產、「有君子之道四焉、其行己也恭、其事上也敬、其養民也惠、其使民也義。」


いはく、子產しさん君子もののふみちつをたもおのれおこなうやうやし、かみつかふるゐやあり、たみやしなめぐみあり、たみ使つかただし。
→詳細

16

子曰、「晏平仲善與人交、久而敬之*。」


いはく、晏平中あんへいちうひとまじはる。たもこれゐやまふ。
→詳細

17

子曰、「臧文仲居蔡、山節藻梲。何如其知也。」


いはく、臧文仲ぞうぶんちうかめき、ふしやまきりうだつかく、何如いかんさかしかる
→詳細

18

子張問曰、「令尹子文、三仕爲令尹、無喜色。三已之、無慍色。舊令尹之政、必以吿新令尹。何如。」子曰、「忠矣。」曰、「仁矣乎。」曰、「未知、焉得仁。」「崔子弒齊君、陳文子有馬十乘、棄而違之、至於他邦、則曰、『猶吾大夫崔子也。』違之、之一邦、則又曰、『猶吾大夫崔子也。』違之。何如。」子曰、「淸矣。」曰、「仁矣乎。」曰、「未知、焉得仁。」


子張しちやうふていはく、令尹おほおみ子文しぶんは、たびつかへて令尹おほおみりしも、よろこいろく、たびこれめしも、うらいろく、さき令尹おほおみまつりごとは、かならもつあらたなる令尹おほおみぐ。何如いかんぞと。いはく、まめなりいはく、なさけありたるいはく、いまさかしからず、いづくんぞなさけあるをむ。崔子さいしせいきみしいす。陳文子ちんぶんしうまとをのりるも、これる。ほかなるくにいたればすなはいはく、大夫おとど崔子さいしのごときなりと、これる。またなるくにけばすなはまたいはく、大夫おとど崔子さいしのごときなりと、これる。何如いかんぞと。いはく、きよなりいはく、なさけありたるいはく、いまさかしからず、いづくんぞなさけあるをむと。
→詳細

19

季文子三思而後行。子聞之曰、「再、斯可矣。」


季文子きぶんしたびおものちおこなふ。これきていはく、ふたたびせば、これよろしきなり
→詳細

20

子曰、「甯武子、邦有道則知。邦無道則愚。其知可及也、其愚不可及也。」


いはく、甯武子ねいぶしは、くにみちらばすなはさかし、くにみちからばすなはおろかなり。さかきにはおよおろかにはおよからかな
→詳細

21

子在陳、曰、「歸與。歸與。吾黨之小子簡、斐然成章、不知所以裁之。」


ちんりていはく、かへらむかへらむさと小子わかうど𥳑ふだみづからとりて、斐然いたづらふみつくる、これ所以ゆゑんかな
→詳細

22

子曰、「伯夷、叔齊、不念舊惡、怨是用希。」


いはく、伯夷はくい叔齊しゆくせいふるにくみをおもれば、うらみまれなり。
→詳細

23

子曰、「孰謂微生高直。或乞醯焉、乞諸其鄰而與之。」


いはく、たれ杘生高ちせいかうなほしとふ。るひとるに、これとなりこれあたふと。
→詳細

24

子曰、「巧言、令色、足恭、左丘明恥之、丘亦恥之。匿怨而友其人、左丘明恥之、丘亦恥之。」


いはく、たくみのことのはうるはしのかんばせすぎたるゐやは、左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。𤇘うらみかくひとともとするは、左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。
→詳細

25

顏淵、季路侍。子曰、「盍各言爾志。」子路曰、「願車馬、衣、輕裘、與朋友共、敝之而無憾。」顏淵曰、「願無伐善、無施勞。」子路曰、「願聞子之志。」子曰、「老者安之、朋友信之、少者懷之。」


顏淵がんえん季路きろはべる。いはく、なんおのおのなんぢこころざしはざる。子路しろいはく、ねがはくはくるまうまきぬかるかはごろも朋 外字ともがきともにし、これやぶうらむことからむ。顏淵がんえんいはく、ねがはくはきにほこることく、いたつきおよぼすことからむ。子路しろいはく、ねがはくはこころざしかむ。いはく、おいひとこれやすんじ、朋 外字ともがきこれまことあり、少者わかうどこれなつけむ。
→詳細

26

子曰、「已矣乎。吾未見能見其過、而內自訟者也。」


いはく、ぬるかなわれいまあやまちうちみづかむるものざるかな
→詳細

27

子曰、「十室之邑、必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也。」


いはく、十しつさとかならまめまこときうごとものるも、きうまなびこのもののみ
→詳細



広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする