論語詳解103公冶長篇第五(11)我人のこれを’

論語公冶長篇(11)要約:子貢は孔子一門でも有力な弟子。従う弟弟子もいました。そんな子貢が、孔子塾の評語の一つをお説教。それを聞きつけた孔子先生は、子貢をぺしゃんこにします。本当にそんなことをしたのでしょうか。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲無加諸人*。」子曰、「賜也、非爾所及也。」

校訂

武内本

清家本により人の下に也の字を補う。

定州竹簡論語

……欲人之加諸□也,吾亦欲毋a加諸人。子[曰]:「90……「賜b,非壐c所[及也]。」91

  1. 毋、今本作「無」。
  2. 今本「賜」下有「也」字。
  3. 壐、今本作「爾」、以下同。壐也作壐、古璽字、在此通爾。

→子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲毋加諸人。」子曰、「賜、非壐所及也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文江 金文曰 金文 我 金文不 金文谷人 金文之 金文加 金文者 金文我 金文也 金文 吾 金文亦 金文谷母 金文加 金文者 金文人 金文 子 金文曰 金文 賜 金文 非 金文爾 金文所 金文及 金文也 金文

※貢→江・欲→谷。論語の本章は、「之」「諸」「也」の用法に疑問がある。

書き下し

子貢しこういはく、われひとこれわれくはふることをほつわれまたこれひとくはふることからむとほつすと。いはく、や、なんぢおよところあらざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子貢 孔子
子貢が言った。「私は人にして欲しくないことを、人にしたくない」。先生が言った。「賜よ、お前に出来ることではないぞ。」

意訳

子貢 自慢 孔子 居直り
子貢「人にされたくないことを人にしたくない。」
孔子「子貢よ、それはお前には出過ぎた望みだぞ。」

従来訳

下村湖人
子貢がいった。――
「私は、自分が人からされたくないことは、自分もまた人に対してしたくないと思つています。」
すると先師がいわれた。――
()よ、それはまだまだお前に出来ることではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢說:「我不願被迫做自己不願做的事情,我也不願強迫別人去做。」孔子說:「子貢啊,這不是你能做到的。」

中国哲学書電子化計画

子貢が言った。私は自分が望まないようなことを強制されるのを願わないように、他人にも強制したいと願わない。」孔子が言った。「子貢よ、それはお前に出来ることではない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 ( 。」 、「 ( 。」


子貢

子 金文 貢 金文
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

曰(エツ)

曰 甲骨文 曰 字解
(甲骨文)

論語で最も多用される、”言う”を意味する言葉。初出は甲骨文。原義は「𠙵」=「口」から声が出て来るさま。詳細は論語語釈「曰」を参照。

我(ガ)

我 甲骨文 我 字解
(甲骨文)

論語の本章では”わたし(に)”。初出は甲骨文。字形はノコギリ型のかねが付いた長柄武器。甲骨文では占い師の名、一人称複数に用いた。金文では一人称単数に用いられた。戦国の竹簡でも一人称単数に用いられ、また「義」”ただしい”の用例がある。詳細は論語語釈「我」を参照。

古くは中国語にも格変化があった名残で、一人称では「」ŋo(平)を主格と所有格に用い、「我」ŋɑ(上)を所有格と目的格に用いた。しかし論語でその文法が崩れ、「我」と「吾」が区別されなくなっているのは、後世の創作が多数含まれているため。

不(フウ)

不 甲骨文 不 字解
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。「フ」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)、「ブ」は慣用音。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義だが、甲骨文から否定辞”…ない”の意に用いた。詳細は論語語釈「不」を参照。

欲(ヨク)

欲 楚系戦国文字 欲 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”求める”。初出は楚系戦国文字。新字体は「欲」。同音は存在しない。字形は「谷」+「欠」”口を膨らませた人”。部品で近音の「谷」に”求める”の語義がある。詳細は論語語釈「欲」を参照。

人(ジン)

人 甲骨文 人 字解
(甲骨文)

論語の本章では”他人”。初出は甲骨文。原義は人の横姿。「ニン」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。甲骨文・金文では、人一般を意味するほかに、”奴隷”を意味しうる。対して「大」「夫」などの人間の正面形には、下級の意味を含む用例は見られない。詳細は論語語釈「人」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では「の」と読んで”…の”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”。足を止めたところ。原義は”これ”。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。詳細は論語語釈「之」を参照。

加(カ)

加 金文 加 字解
(金文)

論語の本章では”…に対して行う”。初出は西周早期の金文。字形は「又」”右手”+「𠙵」”くち”。人が手を加えること。原義は”働きかける”。金文では人名のほか、「嘉」”誉める”の意に用いた。詳細は論語語釈「加」を参照。

諸(ショ)

諸 秦系戦国文字 諸 字解
(秦系戦国文字)

論語の本章では”これ”。この語義は春秋時代では確認できない。論語の時代では、まだ「者」と「諸」は分化していない。「者」の初出は西周末期の金文。現行字体の初出は秦系戦国文字。

「之於」(シヲ)と音が通じるので一字で代用した言葉とされる。金文の字形は「言」+「者」で、”さまざまな”の意。詳細は論語語釈「諸」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「加諸我也」では「や」と読んで主格の強調の意に用いている。「所及也」では断定。詠歎と解してもよいが、この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

吾(ゴ)

吾 甲骨文 吾
(甲骨文)

論語の本章では”わたし”。初出は甲骨文。字形は「五」+「口」で、原義は『学研漢和大字典』によると「語の原字」というがはっきりしない。一人称代名詞に使うのは音を借りた仮借だとされる。詳細は論語語釈「吾」を参照。

古くは中国語にも格変化があり、一人称では「吾」(藤堂上古音ŋag)を主格と所有格に用い、「我」(同ŋar)を所有格と目的格に用いた。しかし論語で「我」と「吾」が区別されなくなっているのは、後世の創作が多数含まれているため。

亦(エキ)

亦 甲骨文 学而 亦 エキ
(甲骨文)

論語の本章では”…もまた”。初出は甲骨文。原義は”人間の両脇”。春秋末期までに”…もまた”の語義を獲得した。”おおいに”の語義は、早くて戦国早期の金文で「そう読み得る」だけで、論語時代の語義ではない。詳細は論語語釈「亦」を参照。

無(ブ)→毋(ブ)

無 甲骨文 無 字解
(甲骨文)

論語の本章では”やらない”。日本語では「ない」は形容詞か助動詞だが、漢語では動詞。英語の”deny”に相当する。初出は甲骨文。「ム」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。甲骨文の字形は、ほうきのような飾りを両手に持って舞う姿で、「舞」の原字。その飾を「某」と呼び、「某」の語義が”…でない”だったので、「無」は”ない”を意味するようになった。論語の時代までに、”雨乞い”・”ない”の語義が確認されている。戦国時代以降は、”ない”は多く”毋”と書かれた。詳細は論語語釈「無」を参照。

毋 金文 毋 字解
「毋」(金文)

定州竹簡論語の「毋」の初出は西周中期の金文。「母」と書き分けられていない。現伝書体の初出は戦国文字。論語の時代も、「母」と書き分けられていない。同訓に「無」。甲骨文・金文では「母」の字で「毋」を示したとし、西周末期の「善夫山鼎」にもその用例が見られる。詳細は論語語釈「毋」を参照。

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

賜(シ)

賜 金文 子貢 問い
(金文)

孔子の弟子、子貢の本名。論語の人物:端木賜子貢参照。文字的には、論語語釈「賜」を参照。

非(ヒ)

非 甲骨文 非 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…でない”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は互いに背を向けた二人の「人」で、原義は”…でない”。「人」の上に「一」が書き足されているのは、「北」との混同を避けるためと思われる。甲骨文では否定辞に、金文では”過失”、春秋の玉石文では「彼」”あの”、戦国時代の金文では”非難する”、戦国の竹簡では否定辞に用いられた。詳細は論語語釈「非」を参照。

爾(ジ)→壐(ジ)

爾 甲骨文 爾 字解
(甲骨文)

論語の本章では”お前”。初出は甲骨文。字形は剣山状の封泥の型の象形で、原義は”判(を押す)”。のち音を借りて二人称を表すようになって以降は、「土」「玉」を付して派生字の「壐」「璽」が現れた。甲骨文では人名・国名に用い、金文では二人称を意味した。詳細は論語語釈「爾」を参照。

壐 秦系戦国文字 壐 字解

定州竹簡論語の「壐」は「璽」の異体字で、「爾」の担っていた語義のうち”はんこ”を分担する語として派生した。初出は楚系戦国文字。同音無し。詳細は論語語釈「壐」を参照。

あえて派生した「壐」の字を用いたのは、昭和の珍走団が「夜露死苦」「仏恥義理」と書いたり、今世紀以降、如何わしい世間師が横文字を使っているのと同じハッタリで、つまりは筆記者の精神的幼稚を示している。

所(ソ)

所 金文 所 字解
(金文)

論語の本章では”事柄”。初出は春秋末期の金文。「ショ」は呉音。字形は「戸」+「斤」”おの”。「斤」は家父長権の象徴で、原義は”一家(の居所)”。論語の時代までの金文では”ところ”の意がある。詳細は論語語釈「所」を参照。

及(キュウ)

及 甲骨文 及 字解
(甲骨文)

論語の本章では”手が届く”。初出は甲骨文。字形は「人」+「又」”手”で、手で人を捕まえるさま。原義は”手が届く”。甲骨文では”捕らえる”、”の時期に至る”の意で用い、金文では”至る”、”…と”の意に、戦国の金文では”…に”の意に用いた。詳細は論語語釈「及」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大


論語の本章は、先秦両漢の誰も引用していないし、再録もしていない。定州竹簡論語にあるからには、前漢前半までには出来ていたのだろうが、おそらくは子貢をおとしめるため、前漢の儒者がこしらえたでっち上げ。

ただし前半で「我」と「吾」をきちんと春秋の文法通りに用いる点は、あるいは史実の子貢の発言の可能性があるが、後半の孔子の発言により、まるで印象が反対の章として出来上がっている。

「己の欲せざるところ…。」は論語顔淵篇2にほぼ同文が孔子の発言として記されており、孔子塾の標語の一つだったと思われる。孔子も繰り返して教えた標語を、子貢が言うと叱られたというのは妙な話で、孔子が子貢に嫉妬する、ケチなじいさんに見えてしまう。

また論語衛霊公篇24とも整合しない。

子貢が訊ねて言った。「一言で言えて、生涯を終えるまで行うべきことはありますか。」
先生が言った。「それは我が身に引き比べて他人を思いやることか。自分が求めないことは、人に施すな。」

教わった言葉をそのまま繰り返して、叱る教師がどこにいるだろう。

孔子は後世や現代言われるほど聖人君子ではないが、そんなケチな人物に、命の危険まであった放浪に弟子が付き合うだろうか。というわけで後半は、論語から削るべき創作だろう。

まさか、と思うかも知れないが、中国のインテリというのはだいたいこんなもので、実利は重視するが事実はどうでもいいというのは、現代に至るまで彼らの通癖。へたくそなラノベも、大勢が言うと事実になってしまう。

だからこそ子貢は、「その場にいないとあること無いこと言われる。君子はそういったゴミためのような所を避けるものだ」と論語子張篇19で言っている。しかし子貢がすでに世に居ないのをいいことに、漢儒は子貢をゴミ溜めにぶち込んだ。哀れな話である。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする