論語詳解103公冶長篇第五(11)我人のこれを’

論語公冶長篇(11)要約:子貢は孔子一門でも有力な弟子。従う弟弟子もいました。そんな子貢が、孔子塾の評語の一つをお説教。それを聞きつけた孔子先生は、子貢をぺしゃんこにします。本当にそんなことをしたのでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲無加諸人*。」子曰、「賜也、非爾所及也。」

校訂

武内本

清家本により人の下に也の字を補う。

定州竹簡論語

……欲人之加諸□也,吾亦欲毋a加諸人。子[曰]:「90……「賜b,非壐c所[及也]。」91

  1. 毋、今本作「無」。
  2. 今本「賜」下有「也」字。
  3. 壐、今本作「爾」、以下同。壐也作壐、古璽字、在此通爾。

→子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲毋加諸人。」子曰、「賜、非壐所及也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文江 金文曰 金文 論語 我 金文不 金文谷人 金文之 金文加 金文論語 者 金文論語 我 金文也 金文 吾 金文論語 亦 金文谷論語 母 金文加 金文論語 者 金文人 金文 子 金文曰 金文 論語 賜 金文 論語 非 金文論語 爾 金文所 金文論語 及 金文也 金文

※貢→江・欲→谷。論語の本章は、文末で也の字を断定で用いているなら、少なくとも孔子の発言は、戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

子貢しこういはく、われひとわれくはふることをほつせざるわれまたひとくはふることからむとほつすと。いはく、なんぢおよところあらざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が言った。「私は人にして欲しくないことを、人にしたくない」。先生が言った。「賜よ、お前に出来ることではないなあ。」

意訳

論語 子貢 自慢 論語 孔子 居直り
子貢「人にされたくないことを人にしたくない。」
孔子「子貢よ、それはお前には出過ぎた望みだぞ。」

従来訳

論語 下村湖人
子貢がいった。――
「私は、自分が人からされたくないことは、自分もまた人に対してしたくないと思つています。」
すると先師がいわれた。――
()よ、それはまだまだお前に出来ることではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢說:「我不願被迫做自己不願做的事情,我也不願強迫別人去做。」孔子說:「子貢啊,這不是你能做到的。」

中国哲学書電子化計画

子貢が言った。私は自分が望まないようなことを強制されるのを願わないように、他人にも強制したいと願わない。」孔子が言った。「子貢よ、それはお前に出来ることではない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

論語の本章では”求める”。初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。ただし『字通』に、「金文では谷を欲としてもちいる」とある。『学研漢和大字典』によると、谷は「ハ型に流れ出る形+口(あな)」の会意文字で、穴があいた意を含む。欲は「欠(からだをかがめたさま)+(音符)谷」の会意兼形声文字で、心中に空虚な穴があり、腹がへってからだがかがむことを示す。空虚な不満があり、それをうめたい気持ちのこと、という。詳細は論語語釈「欲」を参照。

論語 満員電車 慎 諸
(金文)

論語の本章では”…に”。多義語で、『大漢和辞典』の第一義は”もろもろ”。藤堂本では「このこと。いやな事がらをさす」という。宮崎本では「これを」と読み、特に解していない。宇野本では「之於シヲの二字のように読む」とある。詳細は論語語釈「諸」を参照。

爾→壐

論語の本章では”お前”。『大漢和辞典』は素っ気なく「璽と同じ」という。「爾」(カールグレン上古音ȵi̯ăr)にすでに”王者の判子”の意があり、初出は甲骨文。音から「汝」ȵi̯oに転用されるようになってからは、はんこは玉を付けて”璽”と書き分けた。詳細は論語語釈「爾」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章も、もし後世の創作とするなら愚劣な話で、おそらくは前半の子貢の発言だけだったのを、恐らくは漢代の儒者が勝手に貶め話に作り替えた。

既存の論語本では吉川本に、「加の字はしのぐと読み、物質的、精神的な暴力、ないしは圧力を人に加えることを意味する」とある。

「己の欲せざるところ…。」は論語顔淵篇2にほぼ同文が孔子の発言として記されており、孔子塾の標語の一つだったと思われる。孔子も繰り返して教えた標語を、子貢が言うと叱られたというのは妙な話で、孔子が子貢に嫉妬する、ケチなじいさんに見えてしまう。

また論語衛霊公篇24とも整合しない。

子貢が訊ねて言った。「一言で言えて、生涯を終えるまで行うべきことはありますか。」
先生が言った。「それは我が身に引き比べて他人を思いやることか。自分が求めないことは、人に施すな。」

教わった言葉をそのまま繰り返して、叱る教師がどこにいるだろう。

孔子は後世や現代言われるほど聖人君子ではないが、そんなケチな人物に、命の危険まであった放浪に弟子が付き合うだろうか。というわけで後半は、論語から削るべき創作だろう。

まさか、と思うかも知れないが、中国のインテリというのはだいたいこんなもので、実利は重視するが事実はどうでもいいというのは、現代に至るまで彼らの通癖。へたくそなラノベも、大勢が言うと事実になってしまう。

だからこそ子貢は、「その場にいないとあること無いこと言われる。君子はそういったゴミためのような所を避けるものだ」と論語子張篇19で言っている。しかし子貢がすでに世に居ないのをいいことに、後世の儒者は子貢をゴミ溜めにぶち込んだ。哀れな話である。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 「己所不欲、勿施於人」は同じ事を子貢が論語公冶長篇11で述べているが、そこでは子貢おとしめ話になっている。 […]

関連記事(一部広告含む)