論語子罕篇第九(原文・読み下し)

1

子罕言利與命與仁。
まれに、めいじんふ。

2

達巷黨人曰、「大哉孔子。博學而無所成名。」子聞之、謂門弟子曰、「吾何執。執御乎。執射乎。吾執御矣。」
達巷たつかうたうひといはく、だいなるかな孔子こうしひろまなびてところしと。これいて、門弟子もんていしひていはく、われなにをからむ。ぎよらむか、しやらむか、われぎよらむと。

3

子曰、「麻冕、禮也。今也純、儉、吾從衆。拜下、禮也。今拜乎上、泰也。雖違衆、吾從下。」
いはく、麻冕まべんれいなり、いまじゆんをするはけんなり、われしうしたがはむ。しもはいするはれいなり、いまかみはいするはたいなり、しうたがふといへども、われしもしたがはむ。

4

子絕四、「毋意、毋必、毋固、毋我。」
四をつ。く、ひつく、く、し。

5

子畏於匡。曰、「文王既沒、文不在茲乎。天之將喪斯文也、後死者、不得與於斯文也。天之未喪斯文也、匡人其如予何。」
きやうす。いはく、文王ぶんわうすでぼつして、ぶんここらずや。てんまさぶんほろぼさむとするや、のちするものぶんあづかることをざらむ。てんいまぶんほろぼさざるや、匡人きやうひとわれ如何いかん

6

大宰問於子貢曰、「夫子聖者與。何其多能也。」子貢曰、「固天縱之將聖、又多能也。」子聞之曰、「大宰知我乎。吾少也賤、故多能鄙事。君子多乎哉。不多也。」
大宰たいさい子貢しこうふていはく、夫子ふうし聖者せいしやか、なん多能たのうなるや。子貢しこういはく、もとよりてんこれ將聖しやうせいゆるす、また多能たのうなりと。これいていはく、大宰たいさいわれらむや。われわかきやいやしかりき、ゆゑ鄙事ひじ多能たのうなりき。君子くんしならむや、ならざるなり。

*將聖:まさに聖人の域に達せんとする。一説に、大聖の意。(諸橋『大漢和辞典』)

7

牢曰、「子云、『吾不試、故藝。』」
らういはく、いはく、われもちゐられず、ゆゑげいありと。

8

子曰、「吾有知乎哉、無知也。有鄙夫問於我、空空如也、我扣其兩端而竭焉。」
いはく、われることあらむや、ることきなり。鄙夫ひふありわれふ、空空如くうくうじよたり、われ兩端りやうたんたたいてしかうしてつくす。

9

子曰、「鳳鳥不至、河不出圖、吾已矣夫。」
いはく、鳳鳥ほうてういたらず、いださず、われんぬるかな。

10

子見齊衰者、冕衣裳者、與瞽者、見之、雖少必作、過之必趨。
齊衰しさいもの冕衣裳べんいしやうものと、瞽者こしやとをれば、これるにわかしといへどかならつ。これぐるにかならはしる。

11

顏淵喟然歎曰、「仰之彌高、鑽之彌堅、瞻之在前、忽焉在後。夫子循循然善誘人、博我以文、約我以禮。欲罷不能、既竭吾才、如有所立卓爾、雖欲從之、末由也已。」
顏淵がんえん喟然きぜんとしてたんじていはく、これあふげば彌〻いよいよたかく、これれば彌〻いよいよかたし、これればまへり、忽焉こつえんとしてしりへり。夫子ふうし循循然じゆんじゆんぜんとしてひとみちびく。われひろむるにぶんもつてし、われやくするにれいもつてす。めむとほつしてあたはず、すでさいつくす。ところありて卓爾たくじたるがごとし、これしたがはんとほつすといへどよしきのみ。

12

子疾病、子路使門人爲臣。病間、曰、「久矣哉、由之行詐也。無臣而爲有臣、吾誰欺、欺天乎。且予與其死於臣之手也、無寧死於二三子之手乎。且予縱不得大葬、予死於道路乎。」
やまひへいなり。子路しろ門人もんじんをしてしんたらしむ。病間へいかんにしていはく、ひさしいかないういつはりおこなふことや。しんくしてしんりとす、われたれをかあざむかむ、てんあざむかむや。われしんせむよりは、無寧むしろ二三せむかな、われたと大葬たいさうずとも、われ道路だうろせむや。

13

子貢曰、「有美玉於斯、韞櫝而藏諸。求善賈而沽諸。」子曰、「沽之哉。沽之哉。我待賈者也。」
子貢しこういはく、ここ美玉びぎよくあらむに、とくをさめてこれかくさむか、善賈ぜんこもとめてこれらむか。いはく、これらんかな、これらんかな、われものなり。

14

子欲居九夷。或曰、「陋、如之何。」子曰、「君子居之、何陋之有。」
九夷きういらむとほつす。るひといはく、いやし。これ如何いかんいはく、君子くんしこれる。なんいやしきことからむ。

15

子曰、「吾自衞反魯、然後樂正、雅頌各得其所。」
いはく、われゑいよりかへりて、しかのちがくただし、雅頌がしよう各〻おのおのところたり。

16

子曰、「出則事公卿、入則事父兄、喪事不敢不勉、不爲酒困、何有於我哉。」
いはく、でてはすなは公卿こうけいつかうまつり、りてはすなは父兄ふけいつかうまつり、喪事さうじあへつとめずんばあらず、さけこんさざること、んぞわれらむや。

17

子在川上曰、「逝者如斯夫。不舍晝夜。」
かはほとりりていはく、ものかくごときか。晝夜ちうやかず。

18

子曰、「吾未見好德如好色者也。」
いはく、われいまとくこのむこといろこのむがごとものず。

19

子曰、「譬如爲山、未成一簣、止、吾止也。譬如平地、雖覆一簣、進、吾往也。」
いはく、たとへばやまつくるがごとし。いまらざること一なるに、むはむなり。たとへばたひらかにするがごとし、一こぼすといへども、すすむはくなり。

20

子曰、「語之而不惰者、其回也與。」
いはく、これげてものうからざるものは、くわいなるか。

21

子謂顏淵、曰、「惜乎。吾見其進也、未見其止也。」
顏淵がんえんひていはく、をしいかな。われすすむをたり。いまむをざりき。

22

子曰、「苗而不秀者、有矣夫。秀而不實者、有矣夫。」
いはく、なへにしてひいでざるものるかな。ひいでてみのらざるものあるかな。

23

子曰、「後生可畏、焉知來者之不如今也。四十五十而無聞焉、斯亦不足畏也已。」
いはく、後世こうせいおそるべし、いづくんぞ來者らいしやいまかざるをらむや。四十五十にしてきこゆることくんば、おほいおそるるにらざるのみ。

24

子曰、「法語之言、能無從乎。改之爲貴。巽與之言、能無說乎。繹之爲貴。說而不繹、從而不改、吾末如之何也已矣。」
いはく、法語はふごげんしたがふことからむや、あらたむるをたふとしとす、巽與そんよげんよろこぶことからむや、たづぬるをたふとしとす。よろこびてたづねず、したがつてあらためざるは、われこれ如何いかんともするきのみ。

25

子曰、「主忠信、毋友不如己者。過則勿憚改。」
いはく、忠信ちうしんしゆとし、ともおのれかざるものなからしめよ。あやまつてはすなはあらたむるにはゞかなかれ。

26

子曰、「三軍可奪帥也、匹夫不可奪志也。」
いはく、三ぐんすゐうばふべし、匹夫ひつぷこころざしうばふべからざるなり。

27

子曰、「衣敝縕袍、與衣狐貉者立而不恥者、其由也與。
いはく、やぶれたる縕袍をんぱうて、狐貉こかくたるものちてぢざるものは、いうか。

28

「不忮不求、何用不臧。」子路終身誦之。子曰、「是道也、何足以臧。」
そこなはずむさぼらず、なにつてかからざらむ。子路しろ終身しゆうしんこれしようす。いはく、みちなんもつしとするにらむ。

29

子曰、「歲寒、然後知松柏之後彫也。」
いはく、としさむうして、しかのち松柏しようはくしぼむにおくるることをる。

30

子曰、「智者不惑、仁者不憂、勇者不懼。」
いはく、智者ちしやまどはず、仁者じんしやうれへず、勇者ゆうしやおそれず。

31

子曰、「可與共學、未可與適道。可與適道、未可與立。可與立、未可與權。」
いはく、ともともまなし、いまともみちからず。ともみちし、いまともからず。ともし、いまともはかからず。

32

「唐棣之華、偏其反而。豈不爾思。室是遠而」。子曰、「未之思也、夫何遠之有。」
唐棣たうていはなは、へんとしてひるがへれり。あになんぢおもはざらむや、しつとほければなりと。いはく、いまこれおもはざるなり、なんとほきことからむ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)