PRあり

論語泰伯篇第八(原文・読み下し)

語釈や現代語訳、解説はこちらを参照。原文は唐石経を祖本とする現伝通用の文字列、訓み下しは原文校訂後の日本古語変換。よって食い違いがあります。詳細は各章の「→詳細」を参照。

1

子曰、「泰伯、其可謂至德也已矣。三以天下讓、民無得而稱焉。」


子(し)曰(いは)く、泰伯(たいはく)は其(そ)れ德(とく)に至(いた)ると謂(い)ふ可(べ)き也(なる)已矣(のみ)。三(み)たび天下(てんか)以(を)讓(ゆづ)り、民(たみ)得(え)而(て)稱(たた)える無(な)かり焉(ぬ)。
→詳細

2

子曰、「恭而無禮則勞、愼而無禮則葸、勇而無禮則亂、直而無禮則絞。君子篤於親、則民興於仁。故舊不遺、則民不偷。」


子(し)曰(いは)く、恭(ゐや)にし而(て)禮(のり)無(な)くんば則(すなは)ち勞(つか)れる。愼(つつし)み而(て)禮(のり)無(な)くんば則(すなは)ち葸(ふさぎこ)む。勇(いさ)にし而(て)禮(のり)無(な)くんば則(すなは)ち亂(みだ)る。直(なお)きにし而(て)禮(のり)無(な)くんば則(すなは)ち絞(しま)る。君子(よきひと)親(うから)於(に)篤(あつ)からば、則(すなは)ち民(たみ)仁(なさけ)於(に)與(おこ)る。故舊(ゆえある)の遺(わす)れ不(ざ)らば、則(すなは)ち民(たみ)偸(うす)から不(ず)。
→詳細

3

曾子有疾、召門弟子曰、「啟予足。啟予手。詩云、『戰戰兢兢、如臨深淵、如履薄冰。』而今而後、吾知免夫。小子。」


曾子(そうし)疾(やまひ)あり、門弟子(もんていし)を召(め)して曰(いは)く、予(わ)が足(あし)を啟(ひら)け、予(わ)が手(て)を啟(ひら)け。詩(し)に云(いは)く、戰戰(せんせん)兢兢(きようきよう)として、深(ふか)き淵(ふち)に臨(のぞ)むが如(ごと)く、薄(うす)き冰(こほり)を履(ふ)むが如(ごと)しと。今(いま)而(よ)り後(のち)而(よ)り、吾(われ)免(まぬか)るるを知(し)る夫(かな)。小子(なれ)。
→詳細

4

曾子有疾、孟敬子問之。曾子言曰、「鳥之將死、其鳴也哀、人之將死、其言也善。君子所貴乎道者三、動容貌、斯遠暴慢矣。正顏色、斯近信矣。出辭氣、斯遠鄙倍矣。籩豆之事、則有司存。」


曾子(そうし)疾(やまひ)ありて、孟敬子(まうけいし)之(これ)を問(と)ふ。曾子(そうし)言(い)ひて曰(いは)く、鳥(とり)之(の)將(まさ)に死(し)せむとする、其(そ)の鳴(な)く也(や)哀(かな)し、人(ひと)之(の)將(まさ)に死(し)せむとする、其(そ)の言(い)ひ也(や)善(よ)し。君子(よきひと)道(みち)乎(に)貴(たふと)ぶ所(ところ)者(は)三(み)つあり、容貌(かたち)を動(うご)かして、斯(ここ)に暴曼(みだるるおごり)に遠(とほ)ざかる矣(なり)。顏色(いろ)を正(ただ)しうして、斯(ここ)に信(まこと)に近(ちかづ)く矣(なり)。辭氣(ことのは)を出(いだ)して、斯(ここ)に鄙倍(いやしきそむき)に遠(とほ)ざかる矣(なり)。籩豆(さはふ)の事(こと)は、則(すなは)ち有司(つかさびと)存(あ)り。
→詳細

5

曾子曰、「以能問於不能、以多問於寡、有若無、實若虛、犯而不校。昔者吾友、嘗從事於斯矣。」


曾子(そうし)曰(いは)く、能(ちから)を以(もつ)て不能(ちからなき)乎(に)問(と)ひ、多(おほ)きを以(もつ)て寡(すくな)き乎(に)問(と)ひ、有(あ)りて無(な)きが如(ごと)く、實(み)ち而(て)虛(むな)しく、犯(をか)し而(て)校(ませ)ならず。昔者(むかし)吾(わ)が友(とも)、嘗(かつ)て事(こと)の斯(ここ)於(に)從(したが)へる矣(なり)。
→詳細

6

曾子曰、「可以託六尺之孤、可以寄百里之命、臨大節而不可奪也。君子人與。君子人也。」


曾子(そうし)曰(いは)く、六(む)つ尺(せき)之(の)孤(みなしご)を托(あづ)くるを以(もち)ゐる可(べ)き、百(もも)里(さと)之(の)命(いのち)を寄(よ)するを以(もち)ゐる可(べ)き、大(おほ)ひなる節(まつりごと)に臨(のぞ)ん而(で)奪(うば)ふ可(べ)からざる也(や)、君子(よきひと)たる人與(か)、君子(よきひと)たる人也(なり)。
→詳細

7

曾子曰、「士不可以不弘毅、任重而道遠。仁以爲己任、不亦重乎。死而後已、不亦遠乎。」


曾子(そうし)曰(いは)く、士(よきひと)は弘(ひろ)く毅(たけ)からざるを以(もち)ゐる可(べ)から不(ず)、任(つとめ)重(おも)くし而(て)道(みち)遠(とほ)し。仁(なさけ)以(も)て己(おのれ)の任(つとめ)と爲(な)す、亦(おほい)に重(おも)から不(ず)乎(や)。死(し)し而(て)後(のち)に已(や)む、亦(おほい)に遠(とほ)から不(ず)乎(や)。
→詳細

8

子曰、「興於詩、立於禮、成於樂。」


子(し)曰(いは)く、詩(うた)於(に)興(おこ)り、禮(ゐや)於(に)立(た)ち、樂(もののね)於(に)成(な)る。
→詳細

9

子曰、「民可使由之、不可使知之。」


子(し)曰(いは)く、民(たみ)は之(これ)由(よ)ら使(し)む可(べ)きも、之(これ)𣉻(し)ら使(し)む可(べ)から不(ず)。
→詳細

10

子曰、「好勇疾貧、亂也。人而不仁、疾之已甚、亂也。」


子(し)曰(いは)く、勇(いさ)を好(この)みて貧(まづ)しきを疾(にく)まば、亂(みだ)るる也(なり)。人(ひと)にし而(て)仁(なさけ)あら不(ざ)るもの、之(これ)を疾(にく)むこと已甚(はなはだ)しからば、亂(みだ)るる也(なり)。
→詳細

11

子曰、「如有周公之才之美、使驕且吝、其餘不足觀也已。」


子(し)曰(いは)く、如(も)し周公(しうこう)の材(うつはもの)之(の)美(よ)き有(あ)り已(ぬ)とも、使(も)し驕(おご)り且(か)つ鄰(やぶさか)ならば、其(そ)の餘(あま)りは觀(み)る可(べ)き無(な)し。
→詳細

12

子曰、「三年學不至於穀、不易得也。」


子(し)曰(いは)く、三年(ねん)學(まな)びて穀(ふち)於(に)至(いた)ら不(ざ)るは、得(え)易(やす)から不(ざ)り已(ぬ)。
→詳細

13

子曰、「篤信好學、守死善道。危邦不入、亂邦不居。天下有道則見、無道則隱。邦有道、貧且賤焉恥也。邦無道、富且貴焉恥也。」


子(し)曰(いは)く、孰(あつ)く信(しん)じて學(がく)を好(この)み、死(し)を守(ふせ)ぎて道(みち)を善(よ)くす。危(あやふ)き國(くに)には入(い)ら弗(ず)、亂(みだれ)る國(くに)には居(を)ら弗(ず)。天下(てんか)道(みち)有(あ)らば則(すなは)ち見(つか)へ、道(みち)無(な)からば則(すなは)ち隱(かく)る。邦(くに)に道(みち)有(あ)らば、貧(まづ)しく且(か)つ賎(いや)しかり焉(ぬる)は恥(はぢ)也(なり)。邦(くに)道(みち)無(な)からば、富(と)み且(か)つ貴(たつと)かり焉(ぬる)は恥(はぢ)也(なり)。
→詳細

14

子曰、「不在其位、不謀其政。」


子(し)曰(いは)く、其(そ)の位(くらゐ)に在(あ)ら不(ざ)らば、其(そ)の正(まつりごと)を謀(はか)ら不(ず)。
→詳細

15

子曰、「師摯之始、關雎之亂、洋洋乎、盈耳哉。」


子(し)曰(いは)く、師摯(しし)之(の)始(はじめ)、關雎(くわんしよ)之(の)亂(はじめ)、洋洋乎(やうやうこ)として、耳(みみ)に盈(み)てる哉(かな)。
→詳細

16

子曰、「狂而不直、侗而不愿、悾悾而不信、吾不知之矣。」


子(し)曰(いは)く、狂(かたく)なにし而(て)直(なほ)から不(ず)、俑(おろか)にし而(て)願(まこと)なら不(ず)、空空(いたづら)にし而(て)信(まこと)なら不(ざ)るは、吾(われ)之(これ)を智(し)ら不(ざ)る矣(なり)。
→詳細

17

子曰、「學如不及、猶恐失之。」


子(し)曰(いは)く、學(まな)びは及(およ)ば弗(ざ)るが如(ごと)し、猶(な)ほ之(これ)を失(うしな)ふを恐(おそ)る。
→詳細

18

子曰、「巍巍乎、舜、禹之有天下也、而不與焉。」


子(し)曰(いは)く、魏魏乎(たかだか)し。舜(しゆん)禹(う)天下(てんか)を有(たも)ち、而(しかう)して與(あづか)ら不(ざ)り焉(ぬ)。
→詳細

19

子曰、「大哉堯之爲君也。巍巍乎、唯天爲大、唯堯則之。蕩蕩乎、民無能名焉。巍巍乎、其有成功也、煥乎、其有文章。」


子(し)曰(いは)く、大(おほ)いなる哉(かな)堯(げう)之(の)君(きみ)爲(た)る也(や)。巍巍乎(たかだか)し、唯(ただ)天(てん)を大(おほ)いなりと爲(な)す、唯(ただ)堯(げう)之(これ)に則(のつと)る。蕩蕩乎(ひろら)かなり、民(たみ)能(よ)く名(な)づくる無(な)かり焉(ぬ)。巍巍乎(たかだか)しくして、其(そ)れ功(いさお)の成(な)せる有(あ)る也(なり)、煥乎(きらぎら)として、其(そ)れ文章(ふみ)有(あ)り。
→詳細

20

舜有臣五人而天下治。武王曰、「予有亂臣十人。」孔子曰、「『才難』、不其然乎。唐虞之際、於斯爲盛、有婦人焉、九人而已。三分天下有其二、以服事殷。周之德、其可謂至德也已矣。」


舜(しゅん)に臣(おみ)五(いつ)人(たり)有(あ)り而(て)天(あめ)が下(した)治(をさ)まる。武王(ぶわう)曰(いは)く、予(われ)亂(よ)き臣(おみ)十(とお)人(たり)有(あ)りと。孔子(こうし)曰(いは)く、才(さい)難(かた)しと、其(そ)れ然(しか)らず乎(や)。唐吴(たうぐ)之(の)際(きは)、斯(これ)於(を)盛(さかん)なりと爲(な)す。婦人(をんな)有(あ)り焉(ぬ)、九(ここの)人(たり)にし而(て)已(や)む。天(あめ)が下(した)を三(み)つに分(わか)ちて其(そ)の二(ふた)つを有(たも)ち、以(もつ)て殷(いん)に服(したが)い事(つか)ふ。周(しう)の德(ちから)は、其(そ)れ德(ちから)の至(いた)りと謂(い)ふ可(べ)き也(な)る已(のみ)矣(なり)。
→詳細

21

子曰、「禹吾無間然矣。菲飮食、而致孝乎鬼神、惡衣服、而致美乎黻冕、卑宮室、而盡力乎溝洫。禹、吾無間然矣。」


子(し)曰(いは)く、禹(う)は吾(われ)間然(ことあぐ)ること無(な)き矣(なり)。飮(のみ)食(いひ)を菲(うす)く、し而(て)孝(このゐや)を鬼(なきみたま)神(かみ)乎(に)致(いた)し、衣服(ころも)を惡(あ)しく、し而(て)美(かざり)を黻(にしきのころも)冕(かぶり)乎(に)致(いた)し、宮(みや)の室(ゐ)を卑(いや)しく、し而(て)力(ちから)を溝(ほり)洫(みぞ)乎(に)盡(つく)す。禹(う)は吾(われ)間然(ことあぐ)ること無(な)き矣(なり)。
→詳細

論語原文・書き下し
スポンサーリンク
九去堂をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました