論語陽貨篇第十七(原文・読み下し)

1

陽貨欲見孔子、孔子不見、歸孔子豚。孔子時其亡也、而往拜之、遇諸塗。謂孔子曰、「來、予與爾言。」曰、「懷其寶而迷其邦、可謂仁乎。」曰、「不可。」「好從事而亟失時、可謂知乎。」曰、「不可。」「日月逝矣、歲不我與。」孔子曰、「諾、吾將仕矣。」
陽貨やうくわ孔子こうしんとほつすれども、孔子こうしず。孔子こうしぶたおくる。孔子こうしきをときとして、きてこれはいす。これみちへり。孔子こうしつていはく、きたれ、われなんぢはむ。いはく、たからいだいてくにまよはすは、じんきか。いはく、不可ふかなり。ことしたがふをこのんで亟〻しばしばときうしなふは、きか。いはく、不可ふかなり。日月じつげつく、としわれともにせずと。孔子こうしいはく、だくわれまさつかへむとすと。

2

子曰、「性相近也、習相遠也。」
いはく、せいあひちかし、ならひあひとほし。

3

子曰、「唯上知與下愚、不移也。」
いはく、唯〻ただ上知じやうち下愚かぐとはうつらず。

4

子之武城、聞弦歌之聲、夫子莞爾而笑、曰、「割雞焉用牛刀。」子游對曰、「昔者、偃也聞諸夫子曰、君子學道則愛人、小人學道則易使也。」子曰、「二三子。偃之言是也、前言戲之耳。」
武城ぶじやういて弦歌げんかこゑく。夫子ふうし莞爾くわんじとしてわらうていはく、にはとりくにいづくんぞ牛刀ぎうとうもちゐむ。子游しいうこたへていはく、昔者むかしえんこれ夫子ふうしけり、いはく、君子くんしみちまなべばすなはひとあいす、小人せうじんみちまなべばすなは使つかやすしと。いはく、二三えんことなり、前言ぜんげんこれたはむるるのみ。

5

公山弗擾以費畔、召、子欲往。子路不說、曰、「末之也已、何必公山氏之之也。」子曰、「夫召我者、而豈徒哉。如有用我者、吾其爲東周乎。」
公山弗擾こうざんふつぜうもつそむき、ぶ。かむとほつす。子路しろよろこばずしていはく、くこときのみ、なんかならずしも公山氏こうざんしかむ。いはく、われものあにならむや。われもちゐるものあらば、われ東周とうしうさむか。

6

子張問「仁」於孔子。孔子曰、「能行五者於天下、爲仁矣。」「請問之。」曰、「恭、寬、信、敏、惠。恭則不侮、寬則得衆、信則人任焉、敏則有功、惠則足以使人。」
子張しちやうじん孔子こうしふ。孔子こうしいはく、いつつのもの天下てんかおこなふをじんす。これふ。いはく、きようくわんしんびんけいきようなればすなはあなどらず、くわんなればすなはしうしんなればすなはひとにんず、びんなればすなはこうあり、けいなればすなはもつひと使つかふにれり。

7

佛肸召、子欲往。子路曰、「昔者由也聞諸夫子曰、『親於其身爲不善者、君子不入也。』佛肸以中牟畔、子之往也、如之何。」子曰、「然、有是言也。不曰堅乎。磨而不磷。不曰白乎。涅而不緇。吾豈匏瓜也哉。焉能繫而不食。」
佛肸ふつきつぶ。かむとほつす。子路しろいはく、昔者むかしいうや、これ夫子ふうしけり、いはく、みづかおい不善ふぜんものには、君子くんしらずと。佛肸ふつきつ中牟ちうぼうもつそむく、くはこれ如何いかんいはく、しかり、ことあり。かたきをはずや、してうすろがず、しろきをはずや、でつしてくろまず。われあに匏瓜はうくわならむや、いづくんぞかかりてくらはれざらむ。

8

子曰、「由也、女聞六言六蔽矣乎。」對曰、「未也。」「居。吾語女、好仁不好學、其蔽也愚。好知不好學、其蔽也蕩。好信不好學、其蔽也賊。好直不好學、其蔽也絞。好勇不好學、其蔽也亂。好剛不好學、其蔽也狂。」
いはく、いうや、なんぢげんへいけりや。こたへていはく、いまだし。れ、われなんぢかたらむ。じんこのみてがくこのまざれば、へいなり、このみてがくこのまざれば、へいたうなり、しんこのみてがくこのまざれば、へいぞくなり、ちよくこのみてがくこのまざれば、へいかうなり、ゆうこのみてがくこのまざれば、へいらんなり、がうこのみてがくこのまざれば、へいきやうなり。

9

子曰、「小子。何莫學夫詩。詩可以興、可以觀、可以群、可以怨。邇之事父、遠之事君。多識於鳥獸草木之名。」
いはく、小子せうしなんまなぶことなき。もつきようすべく、もつるべく、もつぐんく、もつうらく、これちかくしてはちちつかへ、これとほくしてはきみつかへ、おほ鳥獸てうじう草木さうもくる。

10

子謂伯魚曰、「女爲周南召南矣乎。人而不爲周南召南、其猶正牆面而立也與。」
伯魚はくぎよつていはく、なんぢ周南しうなん召南せうなんまなびたるか。ひとにして周南しうなん召南せうなんまなばざれば、ただしくしやうめんしてつがごときか。

11

子曰、「禮云禮云、玉帛云乎哉。樂云樂云。鐘鼓云乎哉。」
いはく、れいひ、れいふ、玉帛ぎよくはくはむや、がくひ、がくと云ふ、鐘鼓しようこはむや。

12

子曰、「色厲而內荏、譬諸小人、其猶穿窬之盜也與。」
いはく、いろれいにしてうちやはらかなるは、これ小人せうじんたとふれば、穿窬せんゆたうのごときか。

13

子曰、「鄕原、德之賊也。」
いはく、鄕原きやうげんとくぞくなり。

14

子曰、「道聽而塗說、德之棄也。」
いはく、みちいてみちくは、とくつるなり。

15

子曰、「鄙夫。可與事君也與哉。其未得之也、患得之。既得之、患失之。苟患失之、無所不至矣。」
いはく、鄙夫ひふともきみつかけむや。いまこれざるや、これむことをうれへ、すでこれればこれうしなはむことをうれふ。いやしくこれうしなはむことをうれへば、いたらざるところなし。

16

子曰、「古者民有三疾、今也或是之亡也。古之狂也肆、今之狂也蕩。古之矜也廉、今之矜也忿戾。古之愚也直、今之愚也詐而已矣。」
いはく、いにしへたみしつあり、いまあるひこれし。いにしへきやうなり、いまきやうたうなり、いにしへきようれんなり、いまきよう忿戾ふんれいなり、いにしへちよくなり、いまいつはりのみ。

17

子曰、「巧言令色、鮮矣仁。」
いは巧言令色かうげんれいしよくすくなじん

18

子曰、「惡紫之奪朱也、惡鄭聲之亂雅樂也、惡利口之覆邦家者。」
いはく、しゆうばふをにくむ、鄭聲ていせい雅樂ががくみだるをにくむ、利口りこう邦家はうかくつがへものにくむ。

19

子曰、「予欲無言。」子貢曰、「子如不言、則小子何述焉。」子曰、「天何言哉。四時行焉、百物生焉、天何言哉。」
いはく、われふことからむとほつす。子貢しこういはく、はずんば、すなは小子せうしなにをかべむ。いはく、てんなにをかふ、四時しじめぐり、百ぶつしやうず。てんなにをかふ。

20

孺悲欲見孔子、孔子辭以疾。將命者出戶、取瑟而歌、使之聞之。
孺悲じゆひ孔子こうしまみえむとほつす。孔子こうしすまふにやまひもつてす。とりつぎおこなものづるとき、しつりてうたひ、これをしてこれかしむ。

21

宰我問、「三年之喪、期已久矣。君子三年不爲禮、禮必壞。三年不爲樂、樂必崩。舊穀既沒、新穀既升、鑽燧改火、期可已矣。」子曰、「食夫稻、衣夫錦、於女安乎。」曰、「安。」「女安、則爲之。夫君子之居喪、食旨不甘、聞樂不樂、居處不安、故不爲也。今女安、則爲之。」宰我出。子曰、「予之不仁也。子生三年、然後免於父母之懷。夫三年之喪、天下之通喪也。予也、有三年之愛於其父母乎。」
宰我さいがふ、三ねんは、すでひさし。君子くんしねんれいさずんば、れいかならやぶれむ、三ねんがくさずんば、がくかならくづれむ。舊穀きうこくすでき、新穀しんこくすでみのり、すゐりてあらたむ。にしてし。いはく、いねくらひ、にしきること、なんぢおいやすきか。いはく、やすし。なんぢやすくばすなはこれせ。君子くんしる、うまきをくらうてあまからず、がくいてたのしからず、居處きよしよやすからず、ゆゑさざるなり。いまなんぢやすくばすなはこれせ。宰我さいがづ。いはく、不仁ふじんなるや。うまれて三ねんしかのち父母ふぼふところまぬかる。れ三ねんは、天下てんか通喪つうさうなり。や三ねんあい父母ふぼるか。

22

子曰、「飽食終日、無所用心、難矣哉。不有博弈者乎。爲之、猶賢乎已。」
いはく、飽食ほうしよく終日しゆうじつこころもちゐるところなきは、かたいかな。博弈ばくえきなるものあらずや、これすはむにまされり。

23

子路曰、「君子尙勇乎。」子曰、「君子義以爲上。君子有勇而無義爲亂、小人有勇而無義爲盜。」
子路しろいはく、君子くんしゆうたつとぶか。いはく、君子くんしもつかみす。君子くんしゆうありてなければらんす、小人せうじんゆうありてなければたうす。

24

子貢曰、「君子亦有惡乎。」子曰、「有惡、惡稱人之惡者、惡居下流而訕上者、惡勇而無禮者、惡果敢而窒者。」曰、「賜也亦有惡乎。」「惡徼以爲知者、惡不孫以爲勇者、惡訐以爲直者。」
子貢しこういはく、君子くんしまたにくむことありや。いはく、にくむことあり。ひとあくしようするものにくむ、しも〔流〕にかみそしものにくむ、ゆうにしてれいなきものにくむ、果敢くわかんにしてふさものにくむ。いはく、またにくむことありや。りてもつものにくむ、不孫ふそんにしてもつゆうものにくむ、あばいてもつなほしとものにくむ。

25

子曰、「唯女子與小人爲難養也。近之則不逊、遠之則怨。」
いはく、唯〻ただ女子ぢよし小人せうじんとは、やしながたしとす。これちかづくればすなは不孫ふそんなり。これとほざくればすなはうらむ。

26

子曰、「年四十而見惡焉、其終也已。」
いはく、とし四十にしてにくまるれば、をはらむのみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)