論語學而篇第一(原文・読み下し)

1

子曰、「學而時習之、不亦說乎。有朋自遠方來、不亦樂乎。人不知而不慍、不亦君子乎。」
いはく、まなときこれならふ、おほいよろこばしからずとも遠方えんぱうよりきたる、おほいたのしからずひとらずしいからず、おほい君子くんしならず

2

有子曰、「其爲人也孝弟、而好犯上者、鮮矣。不好犯上、而好作亂者、未之有也。君子務本、本立而道生。孝弟也者、其爲仁之本歟。」
有子いうしいはく、ひと孝弟かうてい、しかみおかすことをこのものすくななりかみをかすをこのまず、しらんすことをこのものは、いまらざる也。君子くんしもとつとむ。もとみちうまる。孝弟かうていなる者は、じんもと

3

子曰、「巧言令色、鮮矣仁。」
いはく、巧言令色かうげんれいしよくすくなかなじん

4

曾子曰、「吾日三省吾身。爲人謀、而不忠乎。與朋友交、而不信乎。傳、不習乎。」
曾子そうしいはく、に三たびかへりみる。ひとためはかちうならざる朋友ほういうまじはしんならざるならはざるをつたふる

5

子曰、「道千乘之國、敬事而信、節用而愛人、使民以時。」
いはく、千じようくにをさむるには、ことつつしみまことあり、つひえをしひとあいし、たみ使つかふにときもつてす。

6

子曰、「弟子入則孝、出則弟。謹而信、汎愛衆。而親仁、行有餘力、則以學文。」
いはく、弟子ていしりてはすなはかうでてはすなはていつつしまことあり、ひろひとびとあいしてじんちかづき、おこなひてあまれるちから有らば、すなはぶんまなぶをもつてせよ。

7

子夏曰、「賢賢易色。事父母能竭其力、事君能致其身、與朋友交、言而有信、雖曰未學、吾必謂之學矣。」
子夏しかいはく、けんたふとびていろへ、父母ふぼつかへてちからつくし、きみつかへていたし、朋友ほういうまじはるにしんあらば、いままなばずとふといへども、われかならこれまなたりふ。

8

子曰、「君子不重則不威、學則不固。主忠信、無友不如己者、過則勿憚改。」
いはく、君子くんしおもからざらばすなはおごそかならざれ。まなばばすなはかたくなならざれ。忠信ちうしんまもり、ともおのれかざるものからしめよ。あやまちてはすなはあらたむるにはばかなかれ。

9

曾子曰、「愼終追遠、民德歸厚矣。」
曾子そうしいはく、をはりつつしとほきをはば、たみとくあつきにん。

10

子禽問於子貢曰、「夫子至於是邦也、必聞其政、求之與。抑與之與。」子貢曰、「夫子溫、良、恭、儉、讓以得之。夫子之求之也、其諸異乎人之求之與。」
子禽しきん子貢しこうふていはく、夫子ふうしくにいたかならまつりごとく。これもとむる抑〻そもそもこれしたが子貢しこういはく、夫子ふうしをんりやうきようけんじやうもつこれたり。夫子ふうしこれもとむるこれひとこれもとむることなる

11

子曰、「父在觀其志、父沒觀其行。三年無改於父之道、可謂孝矣。」
いはく、ちちいまさばこころざしちちみまからばおこなひる。三ねんちちみちあらたむるからば、かうし。

12

有子曰、「禮之用、和爲貴。先王之道、斯爲美。小大由之。有所不行、知和而和、不以禮節之、亦不可行也。」
有子いうしいはく、れいもつたふとしとすは、先王せんわうみちにして、れをす。小大せうだいこれるも、おこなはれざるところり。すれども、れいもつこれたださざらば、おほいおこなはるからざるなり

13

有子曰、「信近於義、言可復也。恭近於禮、遠恥辱也。因不失其親、亦可宗也。」
有子いうしいはく、しんちかからば、ことのはなりきようれいちかからば、恥辱はづかしめとほざかるなりるにしんうしなはざらば、おほいあつまるべきなり

14

子曰、「君子食無求飽、居無求安、敏於事而愼於言、就有道而正焉可謂好學也已。」
いはく、君子くんししよくくをもとむるく、きよやすきをもとむるく、ことくしことつつしみ、みちるものにただす。いづくんぞがくこのむとなるのみや。

15

子貢曰、「貧而無諂、富而無驕、何如。」子曰、「可也。未若貧而樂、富而好禮者也」。子貢曰、「詩云『如切如磋、如琢如磨。』其斯之謂與。」子曰、「賜也、始可與言詩已矣。吿諸往而知來者。」
子貢しこういはく、まづしくしへつらく、おごる無きは、如何いかんいはく、なるも、いままづしくしたのしむにごとかざり、れいこのものなり子貢しこういはく、いはく、せつするがごとするがごとく、たくするがごとするがごとしとは、これくのいひいはく、はじめてとも已矣のみこれわうらいものなり。

16

子曰、「不患人之不己知、患不知人也。」
いはく、ひとおのれらざるをうれへず、ひとらざるをうれふるなり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)