論語爲政篇第二(原文・読み下し)

1

子曰、「爲政以德。譬如北辰、居其所、而衆星共之。」
いはく、まつりごとすにとくもつてす。たとへば北辰ほくしんところて、衆星しうせいこれむかふがごとし。

2

子曰、「詩三百、一言以蔽之、曰思無邪。」
いはく、三百、一げんもつこれさだまば、いはく、おもひよこしまなし。

3

子曰、「道之以政、齊之以刑、民免而無恥。道之以德、齊之以禮、有恥且格。」
いはく、これみちびくにまつりごともつてし、これととのふるにけいもつてすれば、たみまぬかれてしかうしてはぢし。これみちびくにとくもつてし、これととのふるにれいもつてすれば、はぢありてただし。

4

子曰、「吾十有五而志於學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲、不踰矩。」
いはく、われいう五にしてがくこころざす、三十にしてつ、四十にしてまどはず、五十にして天命てんめいる、六十にしてみみしたがふ、七十にしてこころほつするところしたがひて、のりえず。

5

孟懿子問孝。子曰、「無違。」樊遲御、子吿之曰、「孟孫問孝於我、我對曰、『無違。』」樊遲曰、「何謂也。」子曰、「生、事之以禮。死、葬之以禮、祭之以禮。」
孟懿子まういしかうふ。いはく、たがふことかれと。樊遲はんちぎよたり。これげていはく、孟孫まうそんかうわれふ、われこたへていはく、たがふことかれと。樊遲はんちいはく、なんいひぞや。いはく、くるときはこれつかふるにれいもつてし、するときはこれはうむるにれいもつてし、これまつるにれいもつてす。

6

孟武伯問孝。子曰、「父母唯其、疾之憂。」
孟武伯まうぶはくかうふ、いはく、父母ふぼ唯〻ただれ、れがうれひにむ。

7

子游問孝。子曰、「今之孝者、是謂能養。至於犬馬、皆能有養。不敬、何以別乎。」
子游しいうかうふ。いはく、いまかうやしなふをふ、犬馬けんばいたるまで、みなやしなふことらん、けいせずんばなにもつわかたんや。

8

子夏問孝。子曰、「色難。有事、弟子服其勞。有酒食、先生饌。曾是以爲孝乎。」
子夏しかかうふ。いはく、いろかたし。ことあれば弟子ていしらうふくし、酒食しゆしあれば先生せんせいそなふ、これかさぬるももつかうらんか。

9

子曰、「吾與回言終日、不違如愚。退而省其私、亦足以發。回也不愚。」
いはく、われくわいふ、終日しうじつたがはざることなるがごとし。退しりぞいてしかうしてわたくしかへりみ、おほいもつはつするにれり。くわいならず。

10

子曰、「視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉。人焉廋哉。」
いはく、もつてするところところやすんずるところさつすれば、ひといづくんぞかくさんや。ひといづくんぞかくさんや。

11

子曰、「溫故而知新、可以爲師矣。」
いはく、ふるきをあたためてあたらしきをれば、もつし。

12

子曰、「君子不器。」
いはく、君子くんしうつわならず。

13

子貢問君子。子曰、「先行其言、而後從之。」
子貢しこう君子くんしふ。いはく、げんおこなひ、しかのちこれしたがへ。

14

子曰、「君子周而不比、小人比而不周。」
いはく、君子くんししうしてせず、小人せうじんしてしうせず。

15

子曰、「學而不思則罔、思而不學則殆。」
いはく、まなんでおもはざればすなはくらし、おもうてまなばざればすなはあやふし。

16

子曰、「攻乎異端、斯害也已。」
いはく、異端いたんむるは、がいのみ。

17

子曰、「由、誨女知之乎。知之爲知之、不知爲不知、是知也。」
いはく、ゆうなんぢこれることををしへんか。これるをこれるとし、らざるをらずとせよ、れるなり。

18

子張學干祿。子曰、「多聞闕疑、慎言其餘、則寡尤。多見闕殆、慎行其餘、則寡悔。言寡尤、行寡悔、祿在其中矣。」
子張しちやう祿ろくもとむることをまなぶ。いはく、おほきてうたがはしきをき、つつしみてあまりへば、すなはとがめすくなし。おほあやふきをき、つつしみてあまりおこなへば、すなはくいすくなし。こととがめすくなく、おこなひくいすくなければ、祿ろくうちり。

19

哀公問曰、「何爲則民服。」孔子對曰、「舉直錯諸枉、則民服。舉枉錯諸直、則民不服。」
哀公あいこうふていはく、なにせばすなはたみふくせん。孔子こうしこたへていはく、なほきをげてこれまがれるにけば、すなはたみふくす。まがれるをげてこれなほきにけば、すなはたみふくせず。

20

季康子問、「使民敬忠以勸、如之何。」子曰、「臨之以莊、則敬。孝慈、則忠。舉善而敎不能、則勸。」
季康子きかうしふ、たみをして敬忠けいちうにしてもつつとめしめんには、これ如何いかんせん。いはく、これのぞむにさうもつてすればすなはけい孝慈かうじなればすなはちうぜんげて不能ふのうをしふればすなはつとむ。

21

或謂孔子曰、「子奚不爲政。」子曰、「《書》云『孝乎惟孝、友於兄弟。』施於有政、是亦爲政、奚其爲爲政。」
るひと孔子こうしひていはく、なんまつりごとさざると。いはく、しよふ、かうかう兄弟けいていいうに、有政いうせいいたると。れもまたまつりごとすなり、なんまつりごとすことをさん。

22

子曰、「人而無信、不知其可也。大車無輗、小車無軏、其何以行之哉。」
いはく、ひとにしてしかうしてしんくんば、なるをらず。大車たいしやげいなく、小車せうしやげつくんば、なにもつこれらんや。

23

子張問、「十世可知也。」子曰、「殷因於夏禮、所損益可知也。周因於殷禮、所損益可知也。其或繼周者、雖百世可知也。」
子張しちやうふ、十世じつせいきや。いはく、いんれいれり、損益そんえきするところきなり。しういんれいれり、損益そんえきするところきなり。あるひしうものあらば、百せいいへどきなり。

24

子曰、「非其鬼而祭之、諂也。見義不爲、無勇也。」
いはく、あらずしてこれまつるはへつらひなり、ざるはゆうなきなり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)