論語読み下し(全篇)

こちらの書き下しは、訳者九去堂によるものではありません。このためこのサイトの他ページとは、必ずしも一致しません。

底本: 國譯漢文大成經子史部第一卷『四書・孝經』國民文庫刊行會(大正11年刊)。via https://ja.wikisource.org

學而がくじだい
一之一
子曰、「學而時習之、不亦說乎。有朋自遠方來、不亦樂乎。人不知而不慍、不亦君子乎。」
いはく、まなびてときこれならふ、またよろこばしからずや。ともあり遠方えんぱうよりきたる、またたのしからずや。ひとらずしてうらまず、また君子くんしならずや。

一之二
有子曰、「其爲人也孝弟、而好犯上者、鮮矣。不好犯上、而好作亂者、未之有也。君子務本、本立而道生。孝弟也者、其爲仁之本歟。」
有子いうしいはく、ひとりや孝弟かうていにして、かみおかすことをこのものすくなし。かみをかすをこのまずして、らんすことをこのものは、いまらざるなり。君子くんしもとつとむ、もとつてみちしやうず、孝弟かうていは、じんもとたるか。

一之三
子曰、「巧言令色、鮮矣仁。」
いはく、巧言令色かうげんれいしよくすくなじん

一之四
曾子曰、「吾日三省吾身、爲人謀、而不忠乎。與朋友交、而不信乎。傳、不習乎。」
曾子そうしいはく、を三せいす、ひとためはかつてちうならざるか、朋友ほういうまじはりてしんならざるか、ならはざるをつたふるか。

一之五
子曰、「道千乘之國、敬事而信、節用而愛人、使民以時。」
いはく、千じようくにをさむるには、ことけいしてしんようせつしてしかうしてひとあいし、たみ使つかふにときもつてす。

一之六
子曰、「弟子入則孝、出則弟。謹而信、汎愛衆。而親仁、行有餘力、則以學文。」
いはく、弟子ていしつてはすなはかうでてはすなはていつつしんでしかうしてしんあり、ひろしうあいしてじんちかづき、おこなひて餘力よりよくあれば、すなはもつぶんまなぶ。

一之七
子夏曰、「賢賢易色。事父母能竭其力、事君能致其身、與朋友交、言而有信、雖曰未學、吾必謂之學矣。」
子夏しかいはく、けんけんとしていろかろんじ、父母ふぼつかへてちからつくし、きみつかへていたし、朋友ほういうまじはり、つてしかうしてしんあらば、いままなばずとふといへども、われかならこれまなびたりとはん。

一之八
子曰、「君子不重則不威、學則不固。主忠信、無友不如己者、過則勿憚改。」
いはく、君子くんしおもからざればすなはあらず、まなべばすなはならず。忠信ちうしんしゆとし、おのれかざるものともとすることかれ。あやまちてはすなはあらたむるにはばかることなかれ。

一之九
曾子曰、「愼終追遠、民德歸厚矣。」
曾子そうしいはく、をはりつつしとほきをへば、たみとくあつきにす。

一之十
子禽問於子貢曰、「夫子至於是邦也、必聞其政、求之與。抑與之與。」子貢曰、「夫子溫、良、恭、儉、讓以得之。夫子之求之也、其諸異乎人之求之與。」
子禽しきん子貢しこううていはく、夫子ふうしくにいたるや、かならまつりごとく。これもとむるか、抑〻そもそもこれあたふるか。子貢しこういはく、夫子ふうしをんりやうきようけんじやうもつこれたり。夫子ふうしこれもとむるや、ひとこれもとむるにことなる

一之十一
子曰、「父在觀其志、父沒觀其行。三年無改於父之道、可謂孝矣。」
いはく、ちちいませばこころざしちちぼつすればおこなひる。三ねんちちみちあらたむることなきは、かうし。

一之十二
有子曰、「禮之用、和爲貴。先王之道、斯爲美。小大由之。有所不行、知和而和、不以禮節之、亦不可行也。」
有子いうしいはく、れいようたつとしとす、先王せんわうみちれをとなす、小大せうだいこれるもおこなはれざるところあり。つてすれども、れいもつこれせつせざれば、またおこなはるべからざるなり。

一之十三
有子曰、「信近於義、言可復也。恭近於禮、遠恥辱也。因不失其親、亦可宗也。」
有子いうしいはく、しんちかきときは、げんきなり、きようれいちかきときは、恥辱ちじよくとほざかるなり、いんしんうしなはざれば、またそうとすべきなり。

一之十四
子曰、「君子食無求飽、居無求安、敏於事而愼於言、就有道而正焉、可謂好學也已。」
いはく、君子くんししよくかんことをもとむるなく、きよやすからんことをもとむるなく、ことくしてことつつしみ、有道いうだういてただす、がくこのむとひつべきのみ。

一之十五
子貢曰、「貧而無諂、富而無驕、何如。」子曰、「可也。未若貧而樂、富而好禮者也」。子貢曰、「詩云『如切如磋、如琢如磨。』其斯之謂與。」子曰、「賜也、始可與言詩已矣。吿諸往而知來者。」
子貢しこういはく、まづしうしてへつらふことなく、みておごることなきは、如何いかんいはく、なり、いままづしうしてたのしみ、みてれいこのものかざるなり。子貢しこういはく、いはく、せつするがごとするがごとく、たくするがごとするがごとしとは、れのいひか。いはく、や、はじめてともふべきのみ、これわうげてらいものなり。

一之十六
子曰、「不患人之不己知、患不知人也。」
いはく、ひとおのれらざるをうれへず、ひとらざるをうれふ。
爲政ゐせいだい

二之一
子曰、「爲政以德、譬如北辰、居其所、而衆星共之。」
いはく、まつりごとすにとくもつてするは、たとへば北辰ほくしんところて、衆星しうせいこれむかふがごとし。

二之二
子曰、「詩三百、一言以蔽之、曰思無邪。」
いはく、三百、一げんもつこれさだむ、いはく、おもひよこしまなし。

二之三
子曰、「道之以政、齊之以刑、民免而無恥。道之以德、齊之以禮、有恥且格。」
いはく、これみちびくにまつりごともつてし、これひとしうするにけいもつてすればたみまぬかれてしかうしてはぢし。これみちびくにとくもつてし、これひとしうするにれいもつてすれば、はぢありてただす。

二之四
子曰、「吾十有五而志於學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲、不踰矩。」
いはく、われいう五にしてがくこころざす、三十にしてつ、四十にしてまどはず、五十にして天命てんめいる、六十にしてみみしたがふ、七十にしてこころほつするところしたがひ、のりえず。

二之五
孟懿子問孝。子曰、「無違。」樊遲御、子吿之曰、「孟孫問孝於我、我對曰、『無違。』」樊遲曰、「何謂也。」子曰、「生、事之以禮。死、葬之以禮、祭之以禮。」
孟懿子まういしかうふ。いはく、たがふことかれと。樊遲はんちぎよたり。これげていはく、孟孫まうそんかうわれふ、われこたへていはたがふことかれと。樊遲はんちいはく、なんいひぞや。いはく、くるときはこれつかふるにれいもつてし、するときはこれはうむるにれいもつてし、これまつるにれいもつてす。

二之六
孟武伯問孝。子曰、「父母、唯其疾之憂。」
孟武伯まうぶはくかうふ、いはく、父母ふぼ唯〻ただやまひうれへしむ。

二之七
子游問孝。子曰、「今之孝者、是謂能養。至於犬馬、皆能有養。不敬、何以別乎。」
子游しいうかうふ。いはく、いまかうやしなふをふ、犬馬けんばいたるまで、みなやしなふことり、けいせずんばなにもつわかたんや。

二之八
子夏問孝。子曰、「色難。有事、弟子服其勞。有酒食、先生饌。曾是以爲孝乎。」
子夏しかかうふ。いはく、いろかたし。ことあれば弟子ていしらうふくし、酒食しゆしあれば先生せんせいせんす、すなはこれもつかうすか。

二之九
子曰、「吾與回言終日、不違如愚。退而省其私、亦足以發。回也不愚。」
いはく、われくわいふ、終日しうじつたがはざることなるがごとし。退しりぞいてしかうしてわたくしかへりみるに、またもつはつするにれり。くわいならず。

二之十
子曰、「視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉。人焉廋哉。」
いはく、もつてするところところやすんずるところさつすれば、ひといづくんぞかくさんや。ひといづくんぞかくさんや。

二之十一
子曰、「溫故而知新、可以爲師矣。」
いはく、ふるきをあたためてあたらしきをれば、もつし。

二之十二
子曰、「君子不器。」
いはく、君子くんしならず。

二之十三
子貢問君子。子曰、「先行其言、而後從之。」
子貢しこう君子くんしふ。いはく、おこなひ、げんしかのちこれしたがふ。

二之十四
子曰、「君子周而不比、小人比而不周。」
いはく、君子くんししうしてせず、小人せうじんしてしうせず。

二之十五
子曰、「學而不思則罔、思而不學則殆。」
いはく、まなんでおもはざればすなはくらし、おもうてまなばざればすなはあやふし。

二之十六
子曰、「攻乎異端、斯害也已。」
いはく、異端いたんをさむるは、がいのみ。

二之十七
子曰、「由、誨女知之乎。知之爲知之、不知爲不知、是知也。」
いはく、ゆうなんぢこれることををしへんか。これるをこれるとし、らざるをらずとせよ、れるなり。

二之十八
子張學干祿。子曰、「多聞闕疑、慎言其餘、則寡尤。多見闕殆、慎行其餘、則寡悔。言寡尤、行寡悔、祿在其中矣。」
子張しちやう祿ろくもとむることをまなぶ。いはく、おほきてうたがはしきをき、つつしみてあまりへば、すなはとがめすくなし。おほあやふきをき、つつしみてあまりおこなへば、すなはくいすくなし。こととがめすくなく、おこなひくいすくなければ、祿ろくうちり。

二之十九
哀公問曰、「何爲則民服。」孔子對曰、「舉直錯諸枉、則民服。舉枉錯諸直、則民不服。」
哀公あいこううていはく、なにせばすなはたみふくせん。孔子こうしこたへていはく、なほきをげてこれまがれるにけば、すなはたみふくす。まがれるをげてこれなほきにけば、すなはたみふくせず。

二之二十
季康子問、「使民敬忠以勸、如之何。」子曰、「臨之以莊、則敬。孝慈、則忠。舉善而敎不能、則勸。」
季康子きかうしふ、たみをして敬忠けいちうにしてもつつとめしめんには、これ如何いかんせん。いはく、これのぞむにさうもつてすればすなはけい孝慈かうじなればすなはちうぜんげて不能ふのうをしふればすなはつとむ。

二之二一
或謂孔子曰、「子奚不爲政。」子曰、「《書》云『孝乎惟孝、友於兄弟。』施於有政、是亦爲政、奚其爲爲政。」
るひと孔子こうしつていはく、なんまつりごとさざると。いはく、しよふ、かうかう兄弟けいていいうに、有政いうせいほどこすと。れもまたまつりごとすなり、なんまつりごとすことをさん。

二之二二
子曰、「人而無信、不知其可也。大車無輗、小車無軏、其何以行之哉。」
いはく、ひとにしてしかうしてしんくんば、なるをらず。大車たいしやげいなく、小車せうしやげつくんば、なにもつこれらんや。

二之二三
子張問、「十世可知也。」子曰、「殷因於夏禮、所損益可知也。周因於殷禮、所損益可知也。其或繼周者、雖百世可知也。」
子張しちやうふ、十世じつせいきや。いはく、いんれいれり、損益そんえきするところきなり。しういんれいれり、損益そんえきするところきなり。あるひしうものあらば、百せいいへどきなり。

二之二四
子曰、「非其鬼而祭之、諂也。見義不爲、無勇也。」
いはく、あらずしてこれまつるはへつらふなり、ざるはゆうなきなり。

八佾はついつだい

三之一
孔子謂季氏、「八佾舞於庭。是可忍也、孰不可忍也。」
孔子こうし季氏きしふ。はついつていす、れをもしのぶべくば、いづれかしのぶべからざらん。

三之二
三家者、以雍徹。子曰、「『相維辟公、天子穆穆。』奚取於三家之堂。」
家者かしやようもつてつす。いはく、たすくるは辟公へきこう天子てんし穆穆ぼくぼくたり、なんぞ三だうらん。

三之三
子曰、「人而不仁、如禮何。人而不仁、如樂何。」
いはく、ひとにして不仁ふじんならば、れい如何いかんせん、ひとにして不仁ふじんならば、がく如何いかんせん。

三之四
林放問禮之本。子曰、「大哉問。禮、與其奢也、寧儉。喪、與其易也、寧戚。」
林放りんはうれいもとふ。いはく、だいなるかなとひれいおごらんよりはむしけんせよ。をさまらんよりはむしいためよ。

三之五
子曰、「夷狄之有君、不如諸夏之亡也。」
いはく、夷狄いてきだもきみあらば、諸夏しよかきがごとくならじ。

三之六
季氏旅於泰山。子謂冉有曰、「女弗能救與。」對曰、「不能。」子曰、「嗚呼。曾謂泰山不如林放乎。」
季氏きし泰山たいざんりよせんとす。冉有ぜんいうつていはく、なんぢすくふことあたはざるか。こたへていはく、あたはずと。いはく、嗚呼ああかつ泰山たいざん林放りんはうかずとふかと。

三之七
子曰、「君子無所爭、必也射乎。揖讓而升、下而飮、其爭也君子。」
いはく、君子くんしあらそところし、かならずやしやか、揖讓いうじやうして升下しようかし、しかうしてむ、あらそひ君子くんしなり。

三之八
子夏問曰、「『巧笑倩兮、美目盼兮、素以爲絢兮。』何謂也。」子曰、「繪事後素。」曰、「禮後乎。」子曰、「起予者商也、始可與言《詩》已矣。」
子夏しかうていはく、巧笑かうせうせんたり、美目びもくへんたり、もつあやすとは、なんいひぞや。いはく、くわいことのちにすと。いはく、れいのちかと。いはく、おこものしやうなり、はじめてともふべきのみと。

三之九
子曰、「夏禮、吾能言之、杞不足徵也。殷禮、吾能言之、宋不足徵也。文獻不足故也、足、則吾能徵之矣。」
いはく、れいわれこれへども、しるしとするにらざるなり。いんれいわれこれへども、そうしるしとするにらざるなり。文獻ぶんけんらざるがゆゑなり。らばすなはわれこれしるしとせむ。

三之十
子曰、「禘自既灌而往者、吾不欲觀之矣。」
いはく、ていすでくわんしてより而往のちは、われこれることをほつせず。

三之十一
或問「禘」之說。子曰、「不知也。知其說者之於天下也、其如示諸斯乎。」指其掌。
るひとていせつふ。いはく、らざるなり。せつもの天下てんかけるや、これここしめすがごときかといひて、たなごころゆびさせり。

三之十二
祭如在、祭神如神在。子曰、「吾不與祭、如不祭。」
まつることいますがごとく、しんまつることしんいますがごとし。いはく、われまつりあづからざればまつらざるがごとし。

三之十三
王孫賈問曰、「『與其媚於奧、寧媚於竈。』何謂也。」子曰、「不然。獲罪於天、無所禱也。」
王孫賈わうそんかうていはく、あうびんよりは、むしかまどびよと、なんいひぞや。いはく、しからず、つみてんればいのところなしと。

三之十四
子曰、「周監於二代、郁郁乎文哉。吾從周。」
いはく、しうは二だいかんがみて、郁郁乎いくいくことしてぶんなるかな。われしうしたがふと。

三之十五
子入太廟、每事問。或曰、「孰謂鄹人之子知禮乎。入太廟、每事問。」子聞之曰、「是禮也。」
太廟たいべうりて事每ことごとふ、るひといはく、たれ鄹人すうひとれいるとふか、太廟たいべうりて事每ことごとふと。これいていはく、れいなりと。

三之十六
子曰、「射不主皮、爲力不同科、古之道也。」
いはく、しや主皮しゆひせず、ちからしなおなじうせざるがためなり、いにしへみちなり。

三之十七
子貢欲去吿朔之餼羊。子曰、「賜也。爾愛其羊、我愛其禮。」
子貢しこう吿朔こくさく餼羊きやうらむとほつす。いはく、や、なんぢひつじをしむ、われれいをしむと。

三之十八
子曰、「事君盡禮、人以爲諂也。」
いはく、きみつかふるにれいつくせば、ひともつへつらふとすなり。

三之十九
定公問、「君使臣、臣事君、如之何。」孔子對曰、「君使臣以禮、臣事君以忠。」
定公ていこうふ、きみしん使つかひ、しんきみつかふること、これ如何いかん孔子こうしこたへていはく、きみしん使つかふにれいもつてし、しんきみつかふるにちうもつてす。

三之二十
子曰、「《關雎》、樂而不淫、哀而不傷。」
いはく、關雎くわんしよたのしんでいんせず、かなしんでやぶらず。

三之二一
哀公問社於宰我。宰我對曰、「夏后氏以松、殷人以柏、周人以栗。曰、『使民戰栗。』子聞之、曰、「成事不說、遂事不諫、既往不咎。」
哀公あいこうしや宰我さいがふ。宰我さいがこたへていはく、夏后氏かこうししようもつてす、殷人いんびとはくもつてす、周人しうひとりつもつてす、いはたみをして戰慄せんりつせしむと。これいていはく、成事せいじかず、遂事すゐじいさめず、既往きわうとがめずと。

三之二二
子曰、「管仲之器小哉。」或曰、「管仲儉乎。」曰、「管氏有三歸、官事不攝、焉得儉。」「然則管仲知禮乎。」曰、「邦君樹塞門、管氏亦樹塞門。邦君爲兩君之好、有反坫、管氏亦有反坫。管氏而知禮、孰不知禮。」
いはく、管仲くわんちうせうなるかな。るひといはく、管仲くわんちうけんなるか。いはく、管氏くわんしあり、くわんことねず、いづくんぞけんなるをむと、しからばすなは管仲くわんちうれいるか。いはく、邦君はうくんじゆしてもんふさぐ、菅氏くわんしまたじゆしてもんふさぐ。邦君はうくん兩君りやうくんよしみすに反坫はんてんあり、菅氏くわんしまた反坫はんてんあり。菅氏くわんしにしてれいらば、たれれいらざらむ。

三之二三
子語魯大師樂、曰、「樂其可知也。始作、翕如也。從之、純如也、皦如也、繹如也。以成。」
大師たいしがくげていはく、がくきなり、はじおこすとき翕如きふじよたり、これはなつとき純如じゆんじよたり、皦如けうじよたり、繹如えきじよたり、もつると。

三之二四
儀封人請見、曰、「君子之至於斯也、吾未嘗不得見也。」從者見之。出曰、「二三子、何患於喪乎。天下之無道也久矣、天將以夫子爲木鐸。」
封人はうじんまみえんことをふ。いはく、君子くんしここいたるや、われいまかつることをずんばあらざるなり。從者じゆうしやこれまみえしむ。でていはく、二三なんうしなへるをうれへむや。天下てんかみちなきやひさし、てんまさ夫子ふうしもつ木鐸ぼくたくさんとすと。

三之二五
子謂韶、「盡美矣、又盡善也。」謂武、「盡美矣、未盡善也。」
せうふ、つくせり、またぜんつくせりと。ふ、つくせり、いまぜんつくさざるなりと。

三之二六
子曰、「居上不寬、爲禮不敬、臨喪不哀、吾何以觀之哉。」
いはく、かみくわんならず、れいしてうやまはず、のぞんでかなしまずんば、われなにもつこれむや。

里仁りじんだい

四之一
子曰、「里仁爲美。擇不處仁、焉得知。」
いはく、じんるをす。えらんでじんらずんば、いづくんぞむ。

四之二
子曰、「不仁者、不可以久處約、不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。」
いはく、不仁者ふじんしやは、もつひさしくやくからず、もつながらくからず。仁者じんしやじんやすんず、知者ちしやじんとす。

四之三
子曰、「惟仁者能好人、能惡人。」
いはく、惟〻ただ仁者じんしやのみ、ひとよみし、ひとにくむ。

四之四
子曰、「苟志於仁矣、無惡也。」
いはく、いやしくじんこころざせば、しきことし。

四之五
子曰、「富與貴、是人之所欲也、不以其道得之、不處也。貧與賤、是人之所惡也。不以其道得之、不去也。君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、顚沛必於是。」
いはく、とみたつときとは、ひとほつするところなり、みちもつてせざれば、これるともらざるなり。まづしきといやしきとは、ひとにくところなり、みちもつてせざれば、これるともらざるなり。君子くんしじんつていづくんぞさむ。君子くんし終食しうしよくあひだじんることし、造次ざうじかならここおいてし、顚沛てんぱいかならここおいてす。

四之六
子曰、「我未見好仁者、惡不仁者。好仁者、無以尙之。惡不仁者、其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎。我未見力不足者。蓋有之矣、我未之見也。」
いはく、われいまじんこのもの不仁ふじんにくものず。じんこのものは、もつこれくはふることし。不仁ふじんにくものは、じんす。不仁者ふじんしやをしてくはへしめず。一日いちじつちからじんもちゐるらむか、われいまちかららざるものず。けだこれあらむ、われいまこれざるなり。

四之七
子曰、「人之過也、各於其黨。觀過、斯知仁矣。」
いはく、ひとあやまちや、各〻おのおのたうおいてす、あやまちここじんる。

四之八
子曰、「朝聞道、夕死可矣。」
いはく、あしたみちいて、ゆふべすともなり。

四之九
子曰、「士志於道、而恥惡衣惡食者、未足與議也。」
いはく、みちこころざして、惡衣あくい惡食あくしよくづるものは、いまともかたるにらざるなり。

四之十
子曰、「君子之於天下也、無適也、無莫也、義之與比。」
いはく、君子くんし天下てんかけるや、てきく、ばくもなく、ともす。

四之十一
子曰、「君子懷德、小人懷土。君子懷刑、小人懷惠。」
いはく、君子くんしとくおもへば、小人せうじんおもふ、君子くんしけいおもへば、小人せうじんけいおもふ。

四之十二
子曰、「放於利而行、多怨。」
いはく、りておこなへばうらみおほし。

四之十三
子曰、「能以禮讓爲國乎、何有。不能以禮讓爲國、如禮何。」
いはく、禮讓れいじやうもつくにをさめむか、なにらむ。禮讓れいじやうもつくにをさむることあたはずんば、れい如何いかん

四之十四
子曰、「不患無位、患所以立。不患莫己知、求爲可知也。」
いはく、くらゐきをうれへず、所以ゆゑんうれへよ。おのれることきをうれへず、らるべきをすをもとめよ。

四之十五
子曰、「參乎。吾道一以貫之。」曾子曰、「唯。」子出、門人問曰、「何謂也。」曾子曰、「夫子之道、忠恕而已矣。」
いはく、しんや、みちもつこれつらぬけりと。曾子そうしいはく、づ。門人もんじんうていはく、なんいひぞや。曾子そうしいはく、夫子ふうしみち忠恕ちうじよのみ。

四之十六
子曰、「君子喻於義、小人喻於利。」
いはく、君子くんしさとる、小人せうじんさとる。

四之十七
子曰、「見賢思齊焉、見不賢而內自省也。」
いはく、けんては、ひとしからむことをおもひ、不賢ふけんては、うちみづかかへりみる。

四之十八
子曰、「事父母幾諫。見志不從、又敬而不違、勞而不怨。」
いはく、父母ふぼつかふるには幾諫きかんす。こころざししたがはざるをれば、またけいしてたがはず、ろうしてうらまず。

四之十九
子曰、「父母在、不遠遊。遊必有方。」
いはく、父母ふぼいませばとほあそばず、あそぶことかならはうあり。

四之二十
子曰、「三年無改於父之道、可謂孝矣。」
いはく、三年さんねんちちみちあらたむるし。かういつつべし。

四之二一
子曰、「父母之年、不可不知也。一則以喜、一則以懼。」
父母ふぼとしらざるべからざるなり、一はすなはもつよろこび、一はすなはもつおそる。

四之二二
子曰、「古者言之不出、恥躬之不逮也。」
いはく、いにしへはげんいださざるは、およばざることをぢてなり。

四之二三
子曰、「以約失之者、鮮矣。」
いはく、やくもつこれうしなものすくなし。

四之二四
子曰、「君子欲訥於言而敏於行。」
いはく、君子くんしげんとつにしておこなひびんならんことをほつす。

四之二五
子曰、「德不孤、必有鄰。」
いはく、とくならず、かならとなりあり。

四之二六
子游曰、「事君數、斯辱矣。朋友數、斯疏矣。」
子游しいういはく、きみつかへて數〻しばしばすればここはづかしめらる、朋友ほういう數〻しばしばすればここうとんぜらる。

公冶長こうやちやうだい

五之一
子謂公冶長、「可妻也。雖在縲絏之中、非其罪也。」以其子妻之。
公冶長こうやちやうふ、めあはきなり、縲絏るゐせつうちりといへども、つみあらざるなりと、もつこれめあはす。

五之二
子謂南容、「邦有道、不廢。邦無道、免於刑戮。」以其兄之子妻之。
南容なんようふ、くにみちあればてられず、くにみちなければ、刑戮けいりくまぬがれむと、あにもつこれめあはす。

五之三
子謂子賤、「君子哉若人。魯無君子者、斯焉取斯。」
子賤しせんふ、君子くんしなるかなかくのごとひと君子者くんししやなくば、いづくんぞこれらむ。

五之四
子貢問曰、「賜也何如。」子曰、「女器也」。曰、「何器也。」曰、「瑚璉也。」
子貢しこううていはく、如何いかんと。いはく、なんぢなり。いはく、なんぞや。いはく、瑚璉これんなりと。

五之五
或曰、「雍也、仁而不佞。」子曰、「焉用佞。禦人以口給、屢憎於人。不知其仁。焉用佞。」
るひといはく、ようじんにしてねいならずと。いはく、いづくんぞねいもちゐむ。ひとふせぐに口給こうきふもつてし、屢〻しばしばすればひとにくまる。じんらず、いづくんぞねいもちゐむと。

五之六
子使漆雕開仕。對曰、「吾斯之未能信。」子說。
漆雕開しつてうかいをしてつかへしめむとす。こたへていはく、われこれいましんずることあたはずと。よろこぶ。

五之七
子曰、「道不行、乘桴浮於海、從我者、其由與。」子路聞之喜。子曰、「由也、好勇過我、無所取材。」
いはく、みちおこなはれず、いかだつてうみうかばむ。われしたがものいうか。子路しろこれいてよろこぶ。いはく、いうゆうこのむことわれぎたり。ざいところしと。

五之八
孟武伯問、「子路仁乎。」子曰、「不知也。」又問、子曰、「由也、千乘之國、可使治其賦也。不知其仁也。」「求也何如。」子曰、「求也、千室之邑、百乘之家、可使爲之宰也。不知其仁也。」「赤也何如。」子曰、「赤也、束帶立於朝、可使與賓客言也。不知其仁也。」
孟武伯まうぶはくふ、子路しろじんなるか。いはく、らざるなり。またふ。いはく、いうや、千じようくにをさめしむきなり、じんらざるなり。きう如何いかんいはく、きうや、千しついふ、百じよういへこれさいたらしむべきなり、じんらざるなり。せき如何いかんいはく、せきや、束帶そくたいしててうたつて、賓客ひんかくはしむべきなり、じんらざるなり。

五之九
子謂子貢曰、「女與回也孰愈。」對曰、「賜也何敢望回。回也聞一以知十、賜也聞一以知二。」子曰、「弗如也。吾與女、弗如也。」
子貢しこうつていはく、なんぢくわいとはいづれかまされる。こたへていはく、なんあへくわいのぞまむ。くわいや一をいてもつて十をる、や一をいてもつて二をる。いはく、かざるなり、われなんぢかざるをゆるさむ。

五之十
宰予晝寢。子曰、「朽木不可雕也、糞土之牆、不可杇也。於予與何誅。」子曰、「始吾於人也、聽其言而信其行。今吾於人也、聽其言而觀其行。於予與改是。」
宰予さいよひるぬ。いはく、朽木きうぼくてうすべからず、糞土ふんどしやうすべからず。おいてかなんめむ。いはく、はじめわれひとけるや、こといておこなひしんぜり。いまわれひとけるや、こといておこなひる、おいてかこれあらためたりと。

五之十一
子曰、「吾未見剛者。」或對曰、「申棖。」子曰、「棖也慾。焉得剛。」
いはく、われいま剛者がうしやずと。るひとこたへていはく、申棖しんたうと。いはく、たうよくあり、いづくんぞがうなるをむと。

五之十二
子貢曰、「我不欲人之加諸我也、吾亦欲無加諸人。」子曰、「賜也、非爾所及也。」
子貢しこういはく、われひとこれわれくはふることをほつせざるなり。われまたこれひとくはふることからむとほつすと。いはく、や、なんぢおよところあらざるなり。

五之十三
子貢曰、「夫子之文章、可得而聞也。夫子之言性與天道、不可得而聞也。」
子貢しこういはく、夫子ふうし文章ぶんしやうくべきなり、夫子ふうしせい天道てんだうとをふはくべからざるなり。

五之十四
子路有聞、未之能行、唯恐有聞。
子路しろくことありて、いまこれおこなふことあたはざれば、唯〻ただくことらむことをおそる。

五之十五
子貢問曰、「孔文子、何以謂之文也。」子曰、「敏而好學、不恥下問、是以謂之文也。」
子貢しこううていはく、孔文子こうぶんしなにもつこれぶんふや。いはく、びんにしてがくこのみ、下問かもんぢず、ここもつこれぶんふなり。

五之十六
子謂子產、「有君子之道四焉、其行己也恭、其事上也敬、其養民也惠、其使民也義。」
子產しさんふ、君子くんしみち四あり、おのれおこなふやきようかみつかふるやけいたみやしなふやけいたみ使つかふや

五之十七
子曰、「晏平仲善與人交、久而敬之。」
いはく、晏平仲あんへいちうひとまじはる、ひさしうしてこれけいす。

五之十八
子曰、「臧文仲居蔡、山節藻梲。何如其知也。」
いはく、臧文仲ぞうぶんちうかめき、せつやまにしぜいさうす、如何いかんぞならむ。

五之十九
子張問曰、「令尹子文、三仕爲令尹、無喜色。三已之、無慍色。舊令尹之政、必以吿新令尹。何如。」子曰、「忠矣。」曰、「仁矣乎。」曰、「未知、焉得仁。」「崔子弒齊君、陳文子有馬十乘、棄而違之、至於他邦、則曰、『猶吾大夫崔子也。』違之、之一邦、則又曰、『猶吾大夫崔子也。』違之。何如。」子曰、「淸矣。」曰、「仁矣乎。」曰、「未知、焉得仁。」
子張しちやううていはく、令尹れいいん子文しぶんは、たびつかへて令尹れいいんりしも、よろこいろく、たびこれめられしも、うらいろく、舊令尹きうれいいんまつりごとかならもつ新令尹しんれいいんぐ。如何いかんと。いはく、ちうなり。いはく、じんなるか。いはく、いまらず、いづくんぞじんむ。崔子さいしせいきみしいす。陳文子ちんぶんしうまじようててこれる。他邦たはういたればすなはいはく、大夫たいふ崔子さいしのごときなりと、これる。一はうけばすなはまたいはく、大夫たいふ崔子さいしのごときなりと、これる。如何いかんいはく、せいなり。いはく、じんなるか。いはく、いまらず、いづくんぞじんむと。

五之二十
季文子三思而後行。子聞之曰、「再、斯可矣。」
季文子きぶんしたびおもうてしかしてのちおこなふ。これいてふたたびすとへば、ここなりと。

五之二一
子曰、「甯武子、邦有道則知。邦無道則愚。其知可及也、其愚不可及也。」
いはく、甯武子ねいぶしは、くにみちあればすなはなり、くにみちければすなはなり。にはおよきなり、にはおよからざるなり。

五之二二
子在陳、曰、「歸與。歸與。吾黨之小子狂簡、斐然成章、不知所以裁之。」
ちんりていはく、かへらむかかへらむか。たう小子せうし狂簡きやうかんなり、斐然ひぜんとしてしやうす、これさいする所以ゆゑんらず。

五之二三
子曰、「伯夷、叔齊、不念舊惡、怨是用希。」
いはく、伯夷はくい叔齊しゆくせい舊惡きうあくおもはず、うらみここもつまれなり。

五之二四
子曰、「孰謂微生高直。或乞醯焉、乞諸其鄰而與之。」
いはく、たれ微生高びせいかうなほしとふや。るひとふ。これとなりうてこれあたふ。

五之二五
子曰、「巧言、令色、足恭、左丘明恥之、丘亦恥之。匿怨而友其人、左丘明恥之、丘亦恥之。」
いはく、巧言こうげん令色れいしよく足恭すうきようするは左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。うらみかくしてひとともとするは、左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。

五之二六
顏淵、季路侍。子曰、「盍各言爾志。」子路曰、「願車馬、衣、輕裘、與朋友共、敝之而無憾。」顏淵曰、「願無伐善、無施勞。」子路曰、「願聞子之志。」子曰、「老者安之、朋友信之、少者懷之。」
顏淵がんえん季路きろす。いはく、なん各〻おのおのなんぢこころざしはざる。子路しろいはく、ねがはくは車馬しやば輕裘けいきう朋友ほういうともにし、これやぶりてうらむことからむ。顏淵がんえんいはく、ねがはくはぜんほこることなく、らうほこることからむ。子路しろいはく、ねがはくはこころざしかむ。いはく、老者らうしやにはやすんぜられ、朋友ほういうにはしんぜられ、少者せうしやにはなつかれむ。

五之二七
子曰、「已矣乎。吾未見能見其過、而內自訟者也。」
いはく、んぬるかな、われいまあやまちて、うちみづかむるものざるなり。

五之二八
子曰、「十室之邑、必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也。」
いはく、十しついふかなら忠信ちうしんきうごとものあらむ、いづくんぞきうがくこのむにかざらむ。
雍也ようやだい

六之一
子曰、「雍也、可使南面。」仲弓問子桑伯子。子曰、「可也、簡。」仲弓曰、「居敬而行簡、以臨其民、不亦可乎。居簡而行簡、無乃大簡乎。」子曰、「雍之言然。」
いはく、よう南面なんめんせしむべし。仲弓ちうきう子桑伯子しさうはくしふ、いはく、なり。かんなればなり。仲弓ちうきういはく、けいおきかんおこなひ、もつたみのぞむ、またならずや。かんおきかんおこなふは、すなは大簡たいかんなるからむか。いはようげんしかり。

六之二
哀公問、「弟子孰爲好學。」孔子對曰、「有顏回者、好學。不遷怒、不貳過、不幸短命死矣。今也則亡、未聞好學者也。」
哀公あいこうふ、弟子ていしたれがくこのむとす。孔子こうしこたへていはく、顏回がんくわいといふものありがくこのめり、いかりうつさず、あやまちふたたびせざりき、不幸ふかう短命たんめいにしてし、いますなはし。いまがくこのものかざるなり。

六之三
子華使於齊、冉子爲其母請粟。子曰、「與之釜。」請益、曰、「與之庾。」冉子與之粟五秉。子曰、「赤之適齊也、乘肥馬、衣輕裘。吾聞之也、君子周急不繼富。」原思爲之宰、與之粟九百、辭。子曰、「毋。以與爾鄰里鄕黨乎。」
子華しくわせい使つかひす。冉子ぜんしははためぞくふ。いはく、これあたへよ。えきふ。いはく、これあたへよ。冉子ぜんしこれぞくへいあたふ。いはく、せきせいくや、肥馬ひばり、輕裘けいきうたり。われこれく、君子くんしきふすくうて、めるにがずと。原思げんしこれさいたり、これぞく九百をあたふ。す。いはく、なかれ、もつなんぢ鄰里りんり鄕黨きやうたうあたへよと。

六之四
子謂仲弓曰、「犁牛之子、騂且角。雖欲勿用、山川其舍諸。」
仲弓ちうきうつていはく、犁牛りぎうあかうしてつのあらば、もちゐることなからんとほつすといへども、山川さんせんこれかむや。

六之五
子曰、「回也、其心三月不違仁、其餘、則日月至焉而已矣。」
いはく、くわいや、こころげつじんたがはず。すなは日月ひつきいたるのみ。

六之六
季康子問、「仲由可使從政也與。」子曰、「由也果、於從政乎何有。」曰、「賜也可使從政也與。」曰、「賜也達、於從政乎何有。」曰、「求也可使從政也與。」曰、「求也藝、於從政乎何有。」
季康子きかうしふ、仲由ちういうまつりごとしたがはしむきか。いはく、いうくわなり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。いはく、まつりごとしたがはしむきか。いはく、たつなり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。いはく、きうまつりごとしたがはしむきか。いはく、きうげいあり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。

六之七
季氏使閔子騫爲費宰。閔子騫曰、「善爲我辭焉。如有復我者、則吾必在汶上矣。」
季氏きし閔子騫びんしけんをしてさいたらしむ。閔子騫びんしけんいはく、ためせよ。われふたたびすることらば、すなはわれかならぶんほとりらむと。

六之八
伯牛有疾、子問之、自牖執其手、曰、「亡之、命矣夫。斯人也、而有斯疾也。斯人也、而有斯疾也。」
伯牛はくぎうやまひり。これひ、まどよりる。いはく、これうしなはむ、めいなるかな。ひとにしてやまひあるや、ひとにしてやまひあるやと。

六之九
子曰、「賢哉回也。一簞食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、回也不改其樂。賢哉回也。」
いはく、けんなるかなくわいや。一たん、一ぺういん陋巷ろうかうり。ひとうれひへず、くわいたのしみあらためず。けんなるかなくわいや。

六之十
冉求曰、「非不說子之道、力不足也。」子曰、「力不足者、中道而廢。今女畫。」
冉求ぜんきういはく、みちよろこばざるにあらず、ちかららざるなり。いはく、ちかららざるものは、中道ちうだうにしてはいす、いまなんぢかぎれりと。

六之十一
子謂子夏曰、「女爲君子儒、無爲小人儒。」
子夏しかつていはく、なんぢ君子くんしじゆれ、小人せうじんじゆることかれ。

六之十二
子游爲武城宰。子曰、「女得人焉耳乎。」曰、「有澹臺滅明者、行不由徑。非公事、未嘗至於偃之室也。」
子游しいう武城ぶじやうさいたり。いはく、なんぢひとたるか。いはく、澹臺たんたい滅明めつめいといふものあり、くにこみちらず。公事こうじあらざれば、いまかつえんしついたらざるなり。

六之十三
子曰、「孟之反不伐、奔而殿、將入門、策其馬、曰、『非敢後也、馬不進也。』」
いはく、孟之反まうしはんほこらず。はしつて殿でんせり。まさもんらむとするとき、うまむちうちていはく、あへおくれたるにあらざるなり、うますすまざればなりと。

六之十四
子曰、「不有祝鮀之佞、而有宋朝之美、難乎免於今之世矣。」
いはく、祝鮀しゆくだねいあらずして、宋朝そうてうあらば、かたいかないままぬかれむこと。

六之十五
子曰、「誰能出不由戶。何莫由斯道也。」
いはく、たれづるにらざらむ。たれみちることからむ。

六之十六
子曰、「質勝文則野、文勝質則史。文質彬彬、然後君子。」
いはく、しつぶんてばすなはなり、ぶんしつてばすなはなり、文質ぶんしつ彬彬ひんぴんとして、しかのち君子くんしなり。

六之十七
子曰、「人之生也直、罔之生也幸而免。」
いはく、ひときるはなほければなり。まうきるは、さいはひにしてまぬかるるなり。

六之十八
子曰、「知之者、不如好之者、好之者、不如樂之者。」
いはく、これものは、これこのものかず。これこのものは、これたのしものかず。

六之十九
子曰、「中人以上、可以語上也。中人以下、不可以語上也。」
いはく、中人ちうじん以上いじやうには、もつかみかたきなり。中人ちうじん以下いかには、もつかみかたからざるなり。

六之二十
樊遲問知。子曰、「務民之義、敬鬼神而遠之、可謂知矣。」問仁。曰、「仁者先難而後獲、可謂仁矣。」
樊遲ほんちふ。いはく、たみつとめ、鬼神きしんけいしてこれとほざくるを、し。じんふ。いはく、仁者じんしやかたきをさきにしてるをのちにす、じんしと。

六之二一
子曰、「知者樂水、仁者樂山。知者動、仁者靜。知者樂、仁者壽。」
いはく、知者ちしやみづねがひ、仁者じんしややまねがふ、知者ちしやうごき、仁者じんしやしづかなり。知者ちしやたのしみ、仁者じんしやいのちながし。

六之二二
子曰、「齊一變、至於魯。魯一變、至於道。」
いはく、せいぺんせばいたらむ、ぺんせばみちいたらむ。

六之二三
子曰、「觚不觚、觚哉。觚哉。」
いはく、ならず、ならむや、ならむや。

六之二四
宰我問曰、「仁者雖吿之曰、『井有仁焉。』其從之也。」子曰、「何爲其然也。君子可逝也、不可陷也。可欺也、不可罔也。」
宰我さいがうていはく、仁者じんしやこれげてせいじんりとはむも、これしたがはむか。いはく、なんすれぞしからむ。君子くんしかしむきなり、おとしいからざるなり。あざむきなり、からざるなり。

六之二五
子曰、「君子博學於文、約之以禮、亦可以弗畔矣夫。」
いはく、君子くんしひろぶんまなんで、これやくするにれいもつてせば、またもつむかざるきかな。

六之二六
子見南子、子路不說。夫子矢之曰、「予所否者、天厭之。天厭之。」
南子なんしむとす。子路しろよろこばず。夫子ふうしこれちかうていはく、われなるところものは、てんこれあつせん、てんこれあつせん。

六之二七
子曰、「中庸之爲德也、其至矣乎。民鮮久矣。」
いはく、中庸ちうようとくたるや、いたれるかな、たみすくなきことひさし。

六之二八
子貢曰、「如有博施於民、而能濟衆、何如。可謂仁乎。」子曰、「何事於仁、必也聖乎。堯舜其猶病諸。夫仁者、己欲立而立人、己欲達而達人。能近取譬、可謂仁之方也已。」
子貢しこういはく、ひろたみほどこして、しうすくふことあらば如何いかんじんきか。いはく、なんじんこととせむかならずやせいか。堯舜げうしゆんこれめり。仁者じんしやは、おのれたむとほつしてひとて、おのれたつせむとほつしてひとたつす。ちかたとへるは、じんみちふべきのみ。
述而じゆつじだい

七之一
子曰、「述而不作、信而好古、竊比於我老彭。」
いはく、べてつくらず、しんじていにしへこのむ、ひそか老彭らうはうす。

七之二
子曰、「默而識之、學而不厭、誨人不倦、何有於我哉。」
いはく、もくしてしかうしてこれり、まなんでしかうしていとはず、ひとをしへてまざること、なんわれらむや。

七之三
子曰、「德之不修、學之不講、聞義不能徙、不善不能改、是吾憂也。」
いはく、とくをさまらざる、がくかうぜざる、いてうつることあたはざる、不善ふぜんをばあらたむることあたはざる、うれひなり。

七之四
子之燕居、申申如也、夭夭如也。
燕居えんきよには申申如しんしんじよたり、夭夭如えうえうじよたり。

七之五
子曰、「甚矣吾衰也。久矣、吾不復夢見周公。」
いはく、はなはだしいかなおとろへたること、ひさしいかなゆめ周公しうこうざりしこと。

七之六
子曰、「志於道、據於德、依於仁、游於藝。」
いはく、みちこころざし、とくり、じんり、げいあそぶ。

七之七
子曰、「自行束脩以上、吾未嘗無誨焉。」
いはく、束脩そくしうおこなふより以上いじやうは、われいまかつをしふることくんばあらず。

七之八
子曰、「不憤不啟。不悱不發。舉一隅不以三隅反、則不復也。」
いはく、ふんせざればけいせず、せざればはつせず、一ぐうぐるに三ぐうもつはんせざれば、すなはふたたびせざるなり。

七之九
子食於有喪者之側、未嘗飽也。子於是日哭、則不歌。
あるものかたはらしよくすれば、いまかつかざるなり。おいこくするときは、うたはず。

七之十
子謂顏淵曰、「用之則行、舍之則藏。惟我與爾有是夫。」子路曰、「子行三軍、則誰與。」子曰、「暴虎馮河、死而無悔者、吾不與也。必也臨事而懼、好謀而成者也。」
顏淵がんえんつていはく、これもちゐるときはすなはおこなひ、これくときはすなはかくす、唯〻ただわれなんぢこれあるかな。子路しろいはく、ぐんらば、すなはたれともにせむ。いはく、暴虎ばうこ馮河ひようかしてくいなきものは、われくみせざるなり、かならずやことのぞんでおそれ、はかりごとこのんでさむものなりと。

七之十一
子曰、「富而可求也、雖執鞭之士、吾亦爲之。如不可求、從吾所好。」
いはく、とみもとくんば、執鞭しつべんいへども、われまたこれさむ、もとからずんば、このところしたがはむ。

七之十二
子之所愼、齊、戰、疾。
つつしところ齊戰疾さいせんしつなり。

七之十三
子在齊聞韶、三月不知肉味、曰、「不圖爲樂之至於斯也。」
せいりて、せうくこと三げつにくあぢはひらず。いはく、はからざりき、がくまなぶことここいたらむとは。

七之十四
冉有曰、「夫子爲衞君乎。」子貢曰、「諾、吾將問之」。入曰、「伯夷叔齊、何人也。」曰、「古之賢人也。」曰、「怨乎。」曰、「求仁而得仁、又何怨。」出、曰、「夫子不爲也。」
冉有ぜんいういはく、夫子ふうし衞君ゑいくんたすけむか。子貢しこういはく、だくわれまさこれはむとすと。つていはく、伯夷はくい叔齊しゆくせい何人なんびとぞや。いはく、いにしへ賢人けんじんなり。いはく、うらみたりや。いはく、じんもとめてじんたり、またなんうらみむと。でていはく、夫子ふうしたすけざるなり。

七之十五
子曰、「飯疏食、飮水、曲肱而枕之、樂亦在其中矣。不義而富且貴、於我如浮雲。」
いはく、疏食そしくらひ、みづみ、ひぢげてこれまくらとす、たのしみまたうちり。不義ふぎにしてたつときは、われおい浮雲ふうんごとし。

七之十六
子曰、「加我數年、五十以學易、可以無大過矣。」
いはく、われ數年すうねんくはへて、五十もつえきまなばば、もつ大過たいくわかるべし。

七之十七
子所雅言、「詩、書、執禮、皆雅言也。」
雅言がげんするところは、しよ執禮しつれいみな雅言がげんなり。

七之十八
葉公問孔子於子路、子路不對。子曰、「女奚不曰、『其爲人也、發憤忘食、樂以忘憂、不知老之將至云爾。』」
葉公せふこう孔子こうし子路しろふ。子路しろこたへず。いはく、なんぢなんはざる、ひとりや、いきどほりはつしてしよくわすれ、たのしんでもつうれひわすれ、らうまさいたらむとするをらずと云爾しかりと。

七之十九
子曰、「我非生而知之者、好古、敏以求之者也。」
いはく、われうまれながらにしてこれものあらず、いにしへこのんでくしてもつこれもとむるものなり。

七之二十
子不語、怪、力、亂、神。
くわいりよくらんしんかたらず。

七之二一
子曰、「三人行、必有我師焉。擇其善者而從之。其不善者而改之。」
いはく、三にんくときはかならあり。ものえらんでこれしたがひ、不善ふぜんなるものこれあらたむ。

七之二二
子曰、「天生德於予、桓魋其如予何。」
いはく、てんとくわれせり、桓魋くわんたいわれ如何いかんせん。

七之二三
子曰、「二三子、以我爲隱乎。吾無隱乎爾。吾無行而不與二三子者、是丘也。」
いはく、二三われもつかくせりとすか。われかくすことし。われおこなふとして二三しめさざるものなし。きうなり。

七之二四
子以四敎、文、行、忠、信。
四をもつをしふ、ぶんかうちうしん

七之二五
子曰、「聖人、吾不得而見之矣。得見君子者、斯可矣。」子曰、「善人、吾不得而見之矣。得見有恆者、斯可矣。亡而爲有、虛而爲盈、約而爲泰、難乎有恆矣。」
いはく、聖人せいじんわれこれず、君子者くんししやるをなり。いはく、善人ぜんにんわれこれず、つねあるものることをなり。けれどもりとし、むなしけれどもてりとし、やくなれどもたいなりとす、かたいかなつねあらむこと。

七之二六
子釣而不綱、弋而不射宿。
つりすれどもかうせず、よくすれども宿しゆくず。

七之二七
子曰、「蓋有不知而作之者、我無是也。多聞、擇其善者而從之、多見而識之、知之次也。」
いはく、けだらずしてこれものらむ。われこれなし。おほいてものえらんでこれしたがひ、おほこれしるすは、るのつぎなり。

七之二八
互鄕難與言。童子見、門人惑。子曰、「與其進也、不與其退也。唯何甚。人潔己以進、與其潔也、不保其往也。」
互鄕ごきやうともがたし。童子どうじまみゆ。門人もんじんまどふ。いはく、すすむにくみせん、退しりぞくにくみせず、唯〻ただなんはなはだしき。ひとおのれいさぎよくしてもつすすまば、いさぎよきをくみせん、わうたもたず。

七之二九
子曰、「仁遠乎哉。我欲仁、斯仁至矣。」
いはく、じんとほからむや。われじんほつすればここじんいたる。

七之三十
陳司敗問、「昭公知禮乎。」孔子對曰、「知禮。」孔子退、揖巫馬期而進之、曰、「吾聞君子不黨、君子亦黨乎。君取於吳爲同姓、謂之吳孟子。君而知禮、孰不知禮。」巫馬期以吿。子曰、「丘也幸、苟有過、人必知之。」
ちん司敗しはいふ、昭公せうこうれいるか。孔子こうしいはく、れいれりと。孔子こうし退しりぞく。巫馬期ふばきいつしてこれすすめていはく、われく、君子くんしたうせずと。君子くんしまたたうするか。きみめとり、同姓どうせいたり、これ吳孟子ごまうしふ。きみにしてれいらば、たれれいらざらむ。巫馬期ふばきもつぐ。いはく、きうさいはひなり、いやしくあやまちあれば、ひとかならこれらすと。

七之三一
子與人歌而善、必使反之、而後和之。
ひとうたうてしとすれば、かならこれはんせしめて、しかうしてのちこれせり。

七之三二
子曰、「文、莫吾猶人也。躬行君子、則吾未之有得。」
いはく、ぶんばくわれひとのごとし。君子くんしおこなふことは、すなはわれいまこれることらず。

七之三三
子曰、「若聖與仁、則吾豈敢。抑爲之不厭、誨人不倦、則可謂云爾已矣。」公西華曰、「正唯弟子不能學也。」
いはく、せいじんとのごときは、すなはわれあにあへてせむや。抑〻そもそもこれまなびていとはず、ひとをしへてまざるは、すなはふべきのみ。公西華こうせいくわいはく、まさ弟子ていしまなぶことあたはざるなり。

七之三四
子疾病、子路請禱。子曰、「有諸。」子路對曰、「有之。誄曰、『禱爾于上下神祇。』子曰、「丘之禱久矣。」
やまひへいなり。子路しろいのらむとふ。いはく、これありや。子路しろこたへていはく、り、るゐいはく、なんぢ上下しやうか神祇しんぎいのると。いはく、きういのることひさし。

七之三五
子曰、「奢則不孫、儉則固。與其不孫也、甯固。」
いはく、おごるときはすなは不孫ふそんなり、けんなるときはすなはなり。不孫ふそんならんよりは、むしなれと。

七之三六
子曰、「君子坦蕩蕩、小人長戚戚。」
いはく、君子くんしたひらかにして蕩蕩たうたうたり、小人せうじんとこしへに戚戚せきせきたり。

七之三七
子溫而厲、威而不猛、恭而安。
をんにしてれいに、ありてたけからず、きようにしてやすし。
泰伯たいはくだい

八之一
子曰、「泰伯、其可謂至德也已矣。三以天下讓、民無得而稱焉。」
いはく、泰伯たいはく至德しとくふべきのみ。たび天下てんかもつゆづる、たみしかうしてしようするし。

八之二
子曰、「恭而無禮則勞、愼而無禮則葸、勇而無禮則亂、直而無禮則絞。君子篤於親、則民興於仁。故舊不遺、則民不偷。」
いはく、きようにしてれいければすなはらうす、つつしみてれいければすなはす、ゆうにしてれいければすなはみだる、ちよくにしてれいければすなはかうす。君子くんししんあつければ、すなはたみじんおこる、故舊こきうわすれざれば、すなはたみうすからず。

八之三
曾子有疾、召門弟子曰、「啟予足。啟予手。詩云、『戰戰兢兢、如臨深淵、如履薄冰。』而今而後、吾知免夫。小子。」
曾子そうしやまひあり、門弟子もんていししていはく、あしひらけ、ひらけ。いはく、戰戰せんせん兢兢きようきようとして、深淵しんゑんのぞむがごとく、薄冰はくひようむがごとしと。而今いまにしてのちわれまぬかるるをるかな。小子せうし

八之四
曾子有疾、孟敬子問之。曾子言曰、「鳥之將死、其鳴也哀、人之將死、其言也善。君子所貴乎道者三、動容貌、斯遠暴慢矣。正顏色、斯近信矣。出辭氣、斯遠鄙倍矣。籩豆之事、則有司存。」
曾子そうしやまひあり、孟敬子まうけいしこれふ。曾子そうしつていはく、とりまさせむとするや、くやかなし、ひとまさせむとするや、ふやし。君子くんしみちたつとところもの三あり、容貌ようばううごかしてここ暴慢ばうまんとほざかり、顏色がんしよくただしうしてここしんちかく、辭氣じきいだしてここ鄙倍ひばいとほざかる。籩豆へんとうことすなは有司いうしそんせり。

八之五
曾子曰、「以能問於不能、以多問於寡、有若無、實若虛、犯而不校。昔者吾友、嘗從事於斯矣。」
曾子そうしいはく、のうもつ不能ふのうひ、おほきをもつすくなきにひ、れどもきがごとく、つれどもむなしきがごとく、をかせどもかうせず。昔者せきしやともかつここ從事したがへり。

八之六
曾子曰、「可以託六尺之孤、可以寄百里之命、臨大節而不可奪也。君子人與。君子人也。」
曾子そうしいはく、もつて六せきたくく、もつて百めいく、大節たいせつのぞんでうばからざるなり。君子人くんしじんか、君子人くんしじんなり。

八之七
曾子曰、「士不可以不弘毅、任重而道遠。仁以爲己任、不亦重乎。死而後已、不亦遠乎。」
曾子そうしいはく、もつ弘毅こうきならざるからず、にんおもくしてみちとほし。じんもつおのれにんす、またおもからずや、してしかうしてのちむ、またとほからずや。

八之八
子曰、「興於詩、立於禮、成於樂。」
いはく、おこり、れいち、がくる。

八之九
子曰、「民可使由之、不可使知之。」
いはく、たみこれらしむし、これらしむからず。

八之十
子曰、「好勇疾貧、亂也。人而不仁、疾之已甚、亂也。」
いはく、ゆうこのみてまづしきをにくめばみだる、ひとにして不仁ふじんなる、これにくむこと已甚はなはだしければみだる。

八之十一
子曰、「如有周公之才之美、使驕且吝、其餘不足觀也已。」
いはく、周公しうこうさいりとも、おごやぶさかならしめば、るにらざるのみ。

八之十二
子曰、「三年學、不至於穀、不易得也。」
いはく、三ねんまなびてこくこころざさざるは、やすからざるなり。

八之十三
子曰、「篤信好學、守死善道。危邦不入、亂邦不居。天下有道則見、無道則隱。邦有道、貧且賤焉、恥也。邦無道、富且貴焉、恥也。」
いはく、あつしんじてがくこのみ、まもりてみちくす。危邦きはうにはらず、亂邦らんはうにはらず、天下てんかみちあればすなはあらはし、天下てんかみちなければすなはかくす。くにみちあるとき、まづしくいやしきははぢなり、くにみちなきとき、たつときははぢなり。

八之十四
子曰、「不在其位、不謀其政。」
いはく、くらゐらざれば、まつりごとはからず。

八之十五
子曰、「師摯之始、關雎之亂、洋洋乎、盈耳哉。」
いはく、師摯ししはじめ關雎くわんしよらん洋洋乎やうやうことしてみみてるかな。

八之十六
子曰、「狂而不直、侗而不愿、悾悾而不信、吾不知之矣。」
いはく、きやうにしてちよくならず、とうにしてげんならず、悾悾こうこうとしてしんならざるは、われこれらず。

八之十七
子曰、「學如不及、猶恐失之。」
いはく、がくおよばざるがごとく、これうしなはむことをおそる。

八之十八
子曰、「巍巍乎、舜、禹之有天下也、而不與焉。」
いはく、巍巍乎ぎぎこたり、舜禹しゆんう天下てんかたもちてしかうしてあづからざるは。

八之十九
子曰、「大哉、堯之爲君也。巍巍乎、唯天爲大、唯堯則之。蕩蕩乎、民無能名焉。巍巍乎、其有成功也。煥乎、其有文章。」
いはく、だいなるかなげうきみとなる。巍巍乎ぎぎこたり。ただてんだいなりとす、ただげうこれのつとる。蕩蕩乎たうたうこたり。たみづくるし。巍巍乎ぎぎことして成功せいこうあるなり、煥乎くわんことして文章ぶんしやうあり。

八之二十
舜有臣五人、而天下治。武王曰、「予有亂臣十人。」孔子曰、「『才難』、不其然乎。唐虞之際、於斯爲盛、有婦人焉、九人而已。三分天下有其二、以服事殷、周之德、其可謂至德也已矣。」
舜臣しゆんしんにんありて天下てんかをさまる。武王ぶわういはく、われ亂臣らんしんにんありと。孔子こうしいはく、さいかたしと、しからずや。唐虞たうぐさいこれさかんなりとす、婦人ふじんあり、九にんのみ、天下てんかを三ぶんしての二をたもち、もついん服事ふくじす。しうとく至德しとくきのみ。

八之二一
子曰、「禹、吾無間然矣。菲飮食、而致孝乎鬼神。惡衣服、而致美乎黻冕。卑宮室、而盡力乎溝洫。禹、吾無間然矣。」
いはく、われ間然かんぜんすることし。飮食いんしよくうすくして、かう鬼神きしんいたし、衣服いふくしくして、黻冕ふつべんいたし、宮室きうしついやしくして、ちから溝洫こうきよくつくす。われ間然かんぜんすることし。
子罕しかんだい

九之一
子罕言利、與命與仁。
まれふ、めいともにし、じんともにす。

九之二
達巷黨人曰、「大哉孔子。博學而無所成名。」子聞之、謂門弟子曰、「吾何執。執御乎。執射乎。吾執御矣。」
達巷たつかうたうひといはく、だいなるかな孔子こうしひろまなびてところしと。これいて、門弟子もんていしつていはく、われなにをからむ。ぎよらむか、しやらむか、われぎよらむと。

九之三
子曰、「麻冕、禮也。今也純、儉、吾從衆。拜下、禮也。今拜乎上、泰也。雖違衆、吾從下。」
いはく、麻冕まべんれいなり、いまじゆんをするはけんなり、われしうしたがはむ。しもはいするはれいなり、いまかみはいするはたいなり、しうたがふといへども、われしもしたがはむ。

九之四
子絕四、「毋意、毋必、毋固、毋我。」
四をつ。く、ひつく、く、し。

九之五
子畏於匡。曰、「文王既沒、文不在茲乎。天之將喪斯文也、後死者、不得與於斯文也。天之未喪斯文也、匡人其如予何。」
きやうす。いはく、文王ぶんわうすでぼつして、ぶんここらずや。てんまさぶんほろぼさむとするや、のちするものぶんあづかることをざらむ。てんいまぶんほろぼささるや、匡人きやうひとわれ如何いかん

九之六
大宰問於子貢曰、「夫子聖者與。何其多能也。」子貢曰、「固天縱之將聖、又多能也。」子聞之曰、「大宰知我乎。吾少也賤、故多能鄙事。君子多乎哉。不多也。」
大宰たいさい子貢しこううていはく、夫子ふうし聖者せいしやか、なん多能たのうなるや。子貢しこういはく、もとよりてんこれ將聖しやうせいゆるす、また多能たのうなりと。これいていはく、大宰たいさいわれらむや。われわかきやいやしかりき、ゆゑ鄙事ひじ多能たのうなりき。君子くんしならむや、ならざるなり。

九之七
牢曰、「子云、『吾不試、故藝。』」
らういはく、いはく、われもちゐられず、ゆゑげいありと。

九之八
子曰、「吾有知乎哉。無知也。有鄙夫問於我、空空如也、我扣其兩端而竭焉。」
いはく、われることあらむや、ることきなり。鄙夫ひふありわれふ、空空如くうくうじよたり、われ兩端りやうたんたたいてしかうしてつくす。

九之九
子曰、「鳳鳥不至、河不出圖、吾已矣夫。」
いはく、鳳鳥ほうてういたらず、いださず、われんぬるかな。

九之十
子見齊衰者、冕衣裳者、與瞽者、見之、雖少必作、過之必趨。
齊衰しさいもの冕衣裳べんいしやうものと、瞽者こしやとをれば、これるにわかしといへどかならつ。これぐればかならはしる。

九之十一
顏淵喟然歎曰、「仰之彌高、鑽之彌堅、瞻之在前、忽焉在後。夫子循循然善誘人、博我以文、約我以禮。欲罷不能、既竭吾才、如有所立卓爾、雖欲從之、末由也已。」
顏淵がんえん喟然きぜんとしてたんじていはく、これあふげば彌〻いよいよたかく、これれば彌〻いよいよかたし、これればまへり、忽焉こつえんとしてしりへり。夫子ふうし循循然じゆんじゆんぜんとしてひとみちびく。われひろむるにぶんもつてし、われやくするにれいもつてす。めむとほつしてあたはず、すでさいつくす。ところありて卓爾たくじたるがごとし、これしたがはんとほつすといへどよしきのみ。

九之十二
子疾病、子路使門人爲臣。病間、曰、「久矣哉、由之行詐也。無臣而爲有臣、吾誰欺。欺天乎。且予與其死於臣之手也、無寧死於二三子之手乎。且予縱不得大葬、予死於道路乎。」
やまひへいなり。子路しろ門人もんじんをしてしんたらしむ。病間へいかんにしていはく、ひさしいかないういつはりおこなふことや、しんくしてしんりとす。われたれをかあざむかむ、てんあざむかむや。われしんせむよりは、無寧むしろ二三せむかな、われたと大葬たいさうずとも、われ道路だうろせむかな。

九之十三
子貢曰、「有美玉於斯、韞櫝而藏諸。求善賈而沽諸。」子曰、「沽之哉。沽之哉。我待賈者也。」
子貢しこういはく、ここ美玉びぎよくあらむに、とくをさめてこれかくさむか、善賈ぜんこもとめてこれらむか。いはく、これらむや、これらむや、われものなり。

九之十四
子欲居九夷。或曰、「陋、如之何。」子曰、「君子居之、何陋之有。」
九夷きういらむとほつす。るひといはく、いやし。これ如何いかんいはく、君子くんしこれる。なんいやしきことからむ。

九之十五
子曰、「吾自衞反魯、然後樂正、雅頌各得其所。」
いはく、われゑいよりかへりて、しかのちがくただし、雅頌がしよう各〻おのおのところたり。

九之十六
子曰、「出則事公卿、入則事父兄、喪事不敢不勉、不爲酒困、何有於我哉。」
いはく、でてはすなは公卿こうけいつかうまつり、りてはすなは父兄ふけいつかうまつり、喪事さうじあへつとめずんばあらず、さけこんさざること、んぞわれらむや。

九之十七
子在川上曰、「逝者如斯夫。不舍晝夜。」
かはほとりりていはく、ものかくごときか。晝夜ちうやかず。

九之十八
子曰、「吾未見好德如好色者也。」
いはく、われいまとくこのむこといろこのむがごとものず。

九之十九
子曰、「譬如爲山、未成一簣、止、吾止也。譬如平地、雖覆一簣、進、吾往也。」
いはく、たとへばやまつくるがごとし。いまらざること一なるに、むはむなり。たとへばたひらかにするがごとし、一こぼすといへども、すすむはくなり。

九之二十
子曰、「語之而不惰者、其回也與。」
いはく、これげておこたらざるものは、くわいなるか。

九之二一
子謂顏淵、曰、「惜乎。吾見其進也、未見其止也。」
顏淵がんえんつていはく、をしいかな。われすすむをたり。いまむをざりき。

九之二二
子曰、「苗而不秀者、有矣夫。秀而不實者、有矣夫。」
いはく、なへにしてひいでざるものるかな。ひいでてみのらざるものあるかな。

九之二三
子曰、「後生可畏、焉知來者之不如今也。四十五十而無聞焉、斯亦不足畏也已。」
いはく、後世こうせいおそるべし、いづくんぞ來者らいしやいまかざるをらむや。四十五十にしてきこゆることくんば、またおそるるにらざるのみ。

九之二四
子曰、「法語之言、能無從乎。改之爲貴。巽與之言、能無說乎。繹之爲貴。說而不繹、從而不改、吾末如之何也已矣。」
いはく、法語はふごげんしたがふことからむや、あらたむるをたつとしとす、巽與そんよげんよろこぶことからむや、たづぬるをたつとしとす。よろこびてたづねず、したがつてあらためざるは、われこれ如何いかんともするきのみ。

九之二五
子曰、「主忠信、毋友不如己者、過則勿憚改。」
いはく、忠信ちうしんしゆとし、おのれかざるものともとするなかれ、あやまつてはすなはあらたむるにはゞかなかれ。

九之二六
子曰、「三軍可奪帥也、匹夫不可奪志也。」
いはく、三ぐんすゐうばふべし、匹夫ひつぷこころざしうばふべからざるなり。

九之二七
子曰、「衣敝縕袍、與衣狐貉者立、而不恥者、其由也與。『不忮不求、何用不臧。』子路終身誦之。子曰、「是道也、何足以臧。」
いはく、やぶれたる縕袍をんぱうて、狐貉こかくたるものちてぢざるものは、いうか。そこなはずむさぼらず、なにつてかからざらむ。子路しろ終身しゆうしんこれしようす。いはく、みちなんもつしとするにらむ。

九之二八
子曰、「歲寒、然後知松柏之後彫也。」
いはく、としさむうして、しかのち松柏しようはくしぼむにおくるることをる。

九之二九
子曰、「智者不惑、仁者不憂、勇者不懼。」
いはく、智者ちしやまどはず、仁者じんしやうれへず、勇者ゆうしやおそれず。

九之三十
子曰、「可與共學、未可與適道。可與適道、未可與立。可與立、未可與權。」
いはく、ともともまなし、いまともみちからず。ともみちし、いまともからず。ともし、いまともはかからず。

九之三一
「唐棣之華、偏其反而。豈不爾思。室是遠而」。子曰、「未之思也、夫何遠之有。」
唐棣たうていはなは、へんとしてひるがへれり。あになんぢおもはざらむや、しつとほければなりと。いはく、いまこれおもはざるなり、なんとほきことからむ。
鄕黨きやうたうだい

十之一
孔子於鄕黨、恂恂如也、似不能言者。其在宗廟朝廷、便便言、唯謹爾。
孔子こうし鄕黨きやうたうおいては恂恂如じゆんじゆんじよたり、あたはざるものたり。宗廟そうべう朝廷てうていりては、便便べんべんとしてふ、唯〻ただつつしめるのみ。

十之二
朝與下大夫言、侃侃如也。與上大夫言、誾誾如也。君在、踧踖如也、與與如也。
てうにして下大夫かたいふへば、侃侃如かんかんじよたり、上大夫じやうたいふへば、誾誾如ぎんぎんじよたり。きみいますときは、踧踖如しゆくせきじよたり、與與如よよじよたり。

十之三
君召使擯、色勃如也、足躩如也。揖所與立、左右手、衣前後、襜如也。趨進、翼如也。賓退、必復命、曰、「賓不顧矣。」
きみしてひんせしむれば、いろ勃如ぼつじよたり、あし躩如きやくじよたり。ともところいつするには左右さいうにす、ころも前後ぜんご襜如せんじよたり。はしすすむときは翼如よくじよたり。ひん退しりぞくときはかなら復命ふくめいしていはく、ひんかへりみずと。

十之四
入公門、鞠躬如也、如不容。立不中門、行不履閾。過位、色勃如也、足躩如也、其言似不足者。攝齊升堂、鞠躬如也、屛氣似不息者。出、降一等、逞顏色、怡怡如也。沒階趨進、翼如也。復其位、踧踖如也。
公門こうもんるときは鞠躬如きくきうじよたり、れられざるがごとし。つにもんちうせず、くにしきゐまず。くらゐぐれば色勃如いろぼつじよたり、足躩如あしきやくじよたり、ふことらざるものたり。かかげてだうのぼれば、鞠躬如きくきうじよたり、をさめていきせざるものたり。いでて一とうくだれば、顏色がんしよくはなつて怡怡如いいじよたり。かいぼつしてはしれば翼如よくじよたり、くらゐかへれば踧踖如しゆくせきじよたり。

十之五
執圭、鞠躬如也、如不勝。上如揖、下如授、勃如戰色、足蹜蹜如有循。享禮、有容色。私覿、愉愉如也。
けいるときは鞠躬如きくきうじよたり、へざるがごとし。ぐるにはいつするがごとく、ぐるにはさづくるがごとく、勃如ぼつじよとして戰色せんしよくあり。足蹜蹜あししゆくしゆくとしてしたがふあるがごとし。享禮きやうれいには容色ようしよくあり、私覿してきには愉愉如ゆゆじよたり。

十之六
君子不以紺緅飾、紅紫不以爲褻服。當暑、袗絺綌、必表而出之。緇衣羔裘、素衣麑裘、黃衣狐裘。褻裘長、短右袂。(必有寢衣、長一身有半。)狐貉之厚以居。去喪、無所不佩。非帷裳、必殺之。羔裘玄冠、不以弔。吉月、必朝服而朝。
君子くんし紺緅かんすうもつかざりとせず、紅紫こうしもつつねふくさず。しよあたりてひとへ絺綌ちげきは、かならへうしてしかうしてづ。緇衣しいには羔裘かうきう素衣そいには麑裘げいきう黃衣くわういには狐裘こきうせつきうながくし、右袂いうべいみじかくす。かなら寢衣しんいあり、たけ身有半しんいうはん狐貉こかくあつもつる。のぞいてはびざるところなし。帷裳ゐしやうあらざればかならこれぐ。羔裘玄冠かうきうげんくわんしてはもつてうせず。吉月きつげつにはかなら朝服てうふくしててうす。

十之七
齊、必有明衣、布。齊必變食、居必遷坐。
さいにはかなら明衣めいいあり、ぬのにてす。かなら寢衣しんいあり、たけ身有半しんいうはんさいにはかならしよくへんず、きよかならうつす。

十之八
食不厭精、膾不厭細。食饐而餲、魚餒而肉敗、不食。色惡不食、臭惡不食。失飪不食、不時不食。割不正不食、不得其醬不食。肉雖多、不使勝食氣。唯酒無量、不及亂。沽酒市脯不食。不撤薑食、不多食。祭于公、不宿肉。祭肉不出三日、出三日、不食之矣。食不語、寢不言。雖疏食菜羹瓜祭、必齊如也。
せいいとはず、くわいさいいとはず。してしかうしてあいし、うをたいしてしかうしてにくやぶれたるはくらはず、いろしきはくらはず、にほひしきはくらはず、じんうしなへるはくらはず、ときならざるはくらはず。きりめただしからざればくらはず、しやうざればくらはず。にくおほしといへども、たしめず、唯〻たださけりやうし、らんおよばず。沽酒こしゆ市脯しほくらはず。きやうてつせずしてくらふ、おほくらはず。おほやけまつればにく宿しゆくせず、祭肉さいにく三日みつかいださず、三日みつかづるときはこれくらわず。くらふにかたらず、ぬるにはず。疏食そし菜羹さいかういへどかならまつる、かなら齊如さいじよたり。

十之九
席不正不坐。
せきただしからざればせず。

十之十
鄕人飮酒、杖者出、斯出矣。鄕人儺、朝服而立於阼階。
鄕人きやうじん飮酒いんしゆに、杖者ぢやうしやづればここづ、鄕人きやうじんするとき、朝服てうふくして阼階そかいつ。

十之十一
問人於他邦、再拜而送之。康子饋藥、拜而受之、曰、「丘未達、不敢嘗。」
ひと他邦たはうへば、再拜さいはいしてこれおくる。康子かうしくすりおくる。はいしてこれけていはく、きういまたつせず、あへめずと。

十之十二
廄焚、子退朝、曰、「傷人乎。」不問馬。
うまやけたり。てうより退しりぞきていはく、ひとそこなへりやいなやと。うまふ。

十之十三
君賜食、必正席先嘗之。君賜腥、必熟而薦之。君賜生、必畜之。侍食於君、君祭、先飯。疾、君視之、東首、加朝服拖紳。君命召、不俟駕行矣。
きみしよくたまふときは、かならせきただしうしてこれむ。きみせいたまふときは、かならじゆくしてこれすすむ。きみせいたまへば、かならこれふ。きみ侍食じしよくするとき、きみまつればはんす。やまひあるに、きみこれれば、東首とうしゆして朝服てうふくくはへ、しんく。きみめいじてせば、たずしてく。

十之十四
入太廟、每事問。(此章重出、見八佾第十五章)
太廟たいべうつて事每ことごとふ。

十之十五
朋友死、無所歸、曰、「於我殯。」朋友之饋、雖車馬、非祭肉、不拜。
朋友ほういうして、するところなきときは、いはく、われおいひんせよと。朋友ほういうおくりものは、車馬しやばいへども、祭肉さいにくあらざればはいせず。

十之十六
寢不尸、居不容。見齊衰者、雖狎必變。見冕者與瞽者、雖褻必以貌。凶服者式之。式負版者。有盛饌、必變色而作。迅雷、風烈、必變。
ぬるにしかばねのごとくせず、るにかたちせず。齊衰しさいものれば、れたりといへどかならへんず、冕者べんしや瞽者こしやとをれば、せつなりといへどかならかたちもつてす。凶服きようふくものにはこれしよくす、負版ふばんものしよくす。盛饌せいせんあれば、かならいろへんじてしかうしてつ。迅雷じんらい風烈ふうれつにはかならへんず。

十之十七
升車、必正立、執綏。車中不內顧、不疾言、不親指。
くるまのぼるときは、かならただしくちてすゐる。車中しやちうには內顧ないこせず、疾言しつげんせず、みづかゆびささず。

十之十八
色斯舉矣、翔而後集。曰、「山梁雌雉、時哉時哉。」子路共之、三嗅而作。
しきみてあがり、かけりてのちあつまる。いはく、山梁さんりやう雌雉しちときなるかな、ときなるかな。子路しろこれきようす。たびいでつ。

先進せんしんだい十一

十一之一
子曰、「先進於禮樂、野人也。後進於禮樂、君子也。如用之、則吾從先進。」
いはく、禮樂れいがくすすむは野人やじんなり、のち禮樂れいがくすすむは君子くんしなり。これもちゐば、すなはわれ先進せんしんしたがはむ。

十一之二
子曰、「從我於陳蔡者、皆不及門也。」德行、顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語、宰我、子貢。政事、冉有、季路。文學、子游、子夏。
いはく、われ陳蔡ちんさいしたがひしものは、みなもんおよばざりき。德行とくかうには顏淵がんえん閔子騫びんしけん冉伯牛ぜんはくぎう仲弓ちうきう言語げんごには宰我さいが子貢しこう政事せいじには冉有ぜんいう季路きろ文學ぶんがくには子游しいう子夏しか

十一之三
子曰、「回也、非助我者也。於吾言、無所不說。」
いはく、くわいわれたすくるものあらざるなり、げんおいよろこばざるところなし。

十一之四
子曰、「孝哉閔子騫。人不間於其父母昆弟之言。」
いはく、かうなるかな閔子騫びんしけんひと父母ふぼ昆弟こんていかんすることばなし。

十一之五
南容三復白圭、孔子以其兄之子妻之。
南容なんよう白圭はくけいを三ぷくす。孔子こうしあにもつこれめあはす。

十一之六
季康子問、「弟子孰爲好學。」孔子對曰、「有顏回者好學、不幸短命死矣。今也則亡。」
季康子きかうしふ、弟子ていしたれがくこのむとす。孔子こうしこたへていはく、顏回がんくわいといふものあり、がくこのめり、不幸ふかう短命たんめいにしてす。いますなはしと。

十一之七
顏淵死、顏路請子之車以爲之槨。子曰、「才不才、亦各言其子也。鯉也死、有棺而無槨。吾不徒行以爲之槨、以吾從大夫之後、不可徒行也。」
顏淵がんえんす。顏路がんろくるまひてもつこれくわくつくらむとす。いはく、さい不才ふさいも、また各〻おのおのふなり。せるとき、くわんありてくわくなかりき。われ徒行とかうしてもつこれくわくつくらざりしは、大夫たいふしりへしたがふをもつて、徒行とかうすべからざればなりと。

十一之八
顏淵死、子曰、「噫。天喪予。天喪予。」
顏淵がんえんす。いはく、ああてんわれほろぼせり、てんわれほろぼせりと。

十一之九
顏淵死、子哭之慟。從者曰、「子慟矣。」曰、「有慟乎。非夫人之爲慟而誰爲。」
顏淵がんえんす。これこくしてどうす。從者じうしやいはく、どうせり。いはく、どうすることらむか、ひとためどうするにあらずしてたれためにせむと。

十一之十
顏淵死、門人欲厚葬之、子曰、「不可。」門人厚葬之。子曰、「回也、視予猶父也、予不得視猶子也、非我也、夫二三子也。」
顏淵がんえんす。門人もんじんあつこれほうむらむとほつす。いはく、不可ふかなり。門人もんじんあつこれほうむる。いはく、くわいわれることちちごとくせり、われのごとくることをざりき。われにあらず、の二三なり。

十一之十一
季路問事鬼神、子曰、「未能事人、焉能事鬼。」「敢問死。」曰、「未知生、焉知死。」
季路きろ鬼神きしんつかへむことをふ。いはく、いまひとつかふることあたはず、いづくんぞつかへむ。あへふ。いはく、いませいらず、いづくんぞらむ。

十一之十二
閔子侍側、誾誾如也。子路、行行如也。冉有、子貢、侃侃如也。子樂。「若由也、不得其死然。」
閔子びんしかたはらはべる、誾誾如ぎんぎんじよたり、子路しろ行行如かうかうじよたり、冉有ぜんいう子貢しこう侃侃如かんかんじよたり、たのしむ。いうごときは死然しぜんざらむ。

十一之十三
魯人爲長府。閔子騫曰、「仍舊貫、如之何。何必改作。」子曰、「夫人不言、言必有中。」
魯人ろひと長府ちやうふつくる。閔子騫びんしけんいはく、舊貫きうくわんらばこれ如何いかんなんかならずしもあらたつくらむ。いはく、ひとはず、へばかならあたることありと。

十一之十四
子曰、「由之鼓瑟、奚爲於丘之門。」門人不敬子路。子曰、「由也升堂矣、未入於室也。」
いはく、いうしつ奚爲なんすれぞきうもんおいてせむ。門人もんじん子路しろけいせず。いはく、いうだうのぼれり。いましつらざるなり。

十一之十五
子貢問、「師與商也孰賢。」子曰、「師也過、商也不及。」曰、「然則師愈與。」子曰、「過猶不及。」
子貢しこうふ、しやうとはいづれかまされる。いはく、ぎたり、しやうおよばずと。いはく、しからばすなはまされるか。いはく、ぎたるはおよばざるがごとし。

十一之十六
季氏富於周公、而求也爲之聚斂而附益之。子曰、「非吾徒也。小子鳴鼓而攻之、可也。」
季氏きし周公しうこうよりめり、しかうしてきうこれため聚斂しうれんしてこれ附益ふえきす。いはく、あらざるなり、小子せうしつづみならしてこれめてなり。

十一之十七
柴也愚、參也魯、師也辟、由也喭。
さいなり、しんなり、へきなり、いうがんなり。

十一之十八
子曰、「回也其庶乎、屢空。賜不受命、而貨殖焉。億則屢中。」
いはく、くわいちかいかな、屢〻しばしばむなし、めいけずして貨殖くわしよくす、おもんばかればすなは屢〻しばしばあたる。

十一之十九
子張問「善人」之道。子曰、「不踐跡、亦不入於室。」
子張しちやう善人ぜんにんみちふ。いはく、あとまず、またしつらずと。

十一之二十
子曰、「論篤是與、君子者乎。色莊者乎。」
いはく、ろんとくゆるせば、君子者くんししやか、色莊者しよくさうしやか。

十一之二一
子路問、「聞斯行諸。」子曰、「有父兄在、如之何其聞斯行之。」冉有問、「聞斯行諸。」子曰、「聞斯行之。」公西華曰、「由也問、『聞斯行諸。』子曰、『有父兄在。』求也問、『聞斯行諸。』子曰、『聞斯行之。』赤也惑、敢問。」子曰、「求也退、故進之。由也兼人、故退之。」
子路しろふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、父兄ふけいいますあり、これ如何いかんくままにこここれおこなはむ。冉有ぜんいうふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、くままにこここれおこなへと。公西華こうせいくわいはく、いうふ、くままにこここれおこなはんや。いはく、父兄ふけいいまりと。きうふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、くままにこここれおこなへと。せきまどふ。あへふと。いはく、きう退しりぞく、ゆゑこれすすむ。いうひとぬ、ゆゑこれ退しりぞく。

十一之二二
子畏於匡、顏淵後。子曰、「吾以女爲死矣。」曰、「子在、回何敢死。」
きやうす。顏淵がんえんおくれたり。いはく、われなんぢもつせりとす。いはく、います、くわいなんあへせむ。

十一之二三
季子然問、「仲由冉求可謂大臣與。」子曰、「吾以子爲異之問、曾由與求之問。所謂大臣者、以道事君、不可則止。今由與求也、可謂具臣矣。」曰、「然則從之者與。」子曰、「弒父與君、亦不從也。」
季子然きしぜんふ、仲由ちういう冉求ぜんきう大臣たいしんきか。いはく、われもつふとせり、すなはいうきうとをふか。所謂いはゆる大臣たいしんとは、みちもつきみつかへ、不可ふかなればすなはむ。いまいうきうとは、具臣ぐしんし。いはく、しからばすなはこれしたがはむものか。いはく、ちちきみとをしいせむには、またしたがはざるなり。

十一之二四
子路使子羔爲費宰。子曰、「賊夫人之子。」子路曰、「有民人焉、有社稷焉、何必讀書、然後爲學。」子曰、「是故惡夫佞者。」
子路しろ子羔しかうをしてさいたらしむ。いはく、ひとそこなはむ。子路しろいはく、民人みんじんあり、社稷しやしよくあり、なんかならずしもしよみてしかのちまなぶとさむ。いはく、ゆゑ佞者ねいしやにくむと。

十一之二五
子路、曾皙、冉有、公西華侍坐。子曰、「以吾一日長乎爾、毋吾以也。居則曰、『不吾知也。』如或知爾、則何以哉。」子路率爾而對、曰、「千乘之國、攝乎大國之閒、加之以師旅、因之以饑饉、由也爲之、比及三年、可使有勇、且知方也。」夫子哂之。「求、爾何如。」對曰、「方六七十、如五六十、求也爲之、比及三年、可使足民。如其禮樂、以俟君子。」「赤、爾何如。」對曰、「非曰能之、願學焉。宗廟之事、如會同、端章甫、願爲小相焉。」「點、爾何如。」鼓瑟希、鏗爾、舍瑟而作。對曰、「異乎三子者之撰。」子曰、「何傷乎。亦各言其志也。」曰、「莫春者、春服既成。冠者五六人、童子六七人。浴乎沂、風乎舞雩、詠而歸。」夫子喟然歎曰、「吾與點也。」三子者出、曾皙後。曾皙曰、「夫三子者之言何如。」子曰、「亦各言其志也已矣。」曰、「夫子何哂由也。」曰、「爲國以禮、其言不讓、是故哂之。」「唯求則非邦也與。」「安見方六七十、如五六十、而非邦也者。」「唯赤則非邦也與。」「宗廟會同、非諸侯而何。赤也爲之小、孰能爲之大。」
子路しろ曾皙そうせき冉有ぜんいう公西華こうせいくわ侍坐じざす。いはく、われじつなんぢちやうぜるをもつて、われもつてすることなかれ。るときはすなはいはく、われらずと。なんぢることらば、すなはなにもつてせむか。子路しろ率爾そつじとしてこたへていはく、千じようくに大國たいこくあひだはさまり、これくはふるに師旅しりよもつてし、これるに饑饉ききんもつてするも、いうこれをさめば、三ねんおよころほひゆうありてはうらしむべしと。夫子ふうしこれわらふ。きうなんぢ何如いかんこたへていはく、はう六七十、しくは五六十、きうこれをさめば、三ねんおよころほひたみらしむべし。禮樂れいがくごときは、もつ君子くんしたむ。せきなんぢ何如いかんこたへていはく、これくすとふにあらず、ねがはくはまなばむ。宗廟そうべうことしくは會同くわいどうに、端章甫たんしやうほして、ねがはくは小相せうしやうたらむ。てんなんぢ何如いかんしつすることなり。鏗爾かうじとしてしついてち、こたへていはく、三子者ししやせんことなり。いはく、なんいたまむ、また各〻おのおのこころざしへるなり。いはく、莫春ぼしゆんには春服しゆんぷくすでり、冠者くわんじや五六にん童子どうし六七にんよくし、舞雩ぶうふうし、えいじてかへらむ。夫子ふうし喟然きぜんとしてたんじていはく、われてんゆるさむ。三子者ししやづ、曾皙そうせきおくれたり。曾皙そうせきいはく、の三子者ししやこと何如いかんいはく、また各〻おのおのこころざしへるのみ。いはく、夫子ふうしなんいうわらふや。いはく、くにをさむるにはれいもつてす、ことゆづらず。ゆゑこれわらふと。唯〻ただきうすなはくにあらざるか。いづくんぞはう六七十、しくは五六十にして、くにあらざるものむ。唯〻ただせきすなはくにあらざるか。宗廟そうべう會同くわいどうは、諸侯しよこうあらずしてなんぞ。せきこれせうたらば、たれれがだいたらむ。
顏淵がんえんだい十二

十二之一
顏淵問「仁」。子曰、「克己復禮爲仁。一日克己復禮、天下歸仁焉、爲仁由己、而由人乎哉。」顏淵曰、「請問其目。」子曰、「非禮勿視、非禮勿聽、非禮勿言、非禮勿動。」顏淵曰、「回雖不敏、請事斯語矣。」
顏淵がんえんじんふ。いはく、おのれちてれいむをじんす。一じつおのれちてれいめば、天下てんかじんす。じんすはおのれる、ひとらむや。顏淵がんえんいはく、もくふ。いはく、れいあらざればることなかれ、れいあらざればくことなかれ、れいあらざればふことなかれ、れいあらざればうごくことなかれ。顏淵がんえんいはく、くわい不敏ふびんいへども、こととせむ。

十二之二
仲弓問「仁」。子曰、「出門如見大賓、使民如承大祭、己所不欲、勿施於人。在邦無怨、在家無怨。」仲弓曰、「雍雖不敏、請事斯語矣。」
仲弓ちうきうじんふ。いはく、もんでては大賓たいひんるがごとく、たみ使つかふには大祭たいさいつかうまつるがごとく、おのれほつせざるところひとほどこすことなかれ。くにつてもうらみく、いへつてもうらみし。仲弓ちうきういはく、よう不敏ふびんいへども、こととせむ。

十二之三
司馬牛問「仁」。子曰、「仁者、其言也訒。」曰、「其言也訒、斯謂之『仁』已夫。」子曰、「爲之難、言之得無訒乎。」
司馬牛しばぎうじんふ。いはく、じんとはことしのぶ。いはく、ことしのぶ、こここれじんふか。いはく、これすことかたし、これふことしのぶこときをむや。

十二之四
司馬牛問「君子」。子曰、「君子不憂不懼。」曰、「不憂不懼、斯謂之『君子』矣夫。」子曰、「內省不疚、夫何憂何懼。」
司馬牛しばぎう君子くんしふ。いはく、君子くんしうれへずおそれずと。いはく、うれへずおそれざる、こここれ君子くんしふか。いはく、うちかへりみてやましからずんば、なにをかうれへ、なにをかおそれむ。

十二之五
司馬牛憂曰、「人皆有兄弟、我獨亡。」子夏曰、「商聞之矣、『死生有命、富貴在天』君子敬而無失、與人恭而有禮、四海之內、皆兄弟也、君子何患乎無兄弟也。」
司馬牛しばぎううれへていはく、ひとみな兄弟けいていあり、われひとしと。子夏しかいはく、せうこれけり、死生しせいめいあり、富貴ふうきてんりと。君子くんしけいしてうしなふことなく、ひとくみするにきようにしてれいあらば、四かいうちみな兄弟けいていなり。君子くんしなん兄弟けいていきことをうれへむや。

十二之六
子張問「明」。子曰、「浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂明也已矣。浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂遠也已矣。」
子張しちやうめいふ。いはく、浸潤しんじゆんそしり膚受ふじゆうつたへおこなはれざる、めいきのみ。浸潤しんじゆんそしり膚受ふじゆうつたへおこなはれざる、とほしときのみ。

十二之七
子貢問「政」。子曰、「足食、足兵、民信之矣。」子貢曰、「必不得已而去、於斯三者何先。」曰、「去兵。」子貢曰、「必不得已而去、於斯二者何先。」曰、「去食。自古皆有死、民無信不立。」
子貢しこうまつりごとふ。いはく、しよくし、へいし、たみこれしんにす。子貢しこういはく、かならむをずしててば、つのものおいなにをかさきにせむ。いはく、へいてむ。子貢しこういはく、かならむをずしててば、ふたつのものおいなにをかさきにせむ。いはく、しよくてむ。いにしへよりみなあり、たみしんなくんばたず。

十二之八
棘子成曰、「君子質而已矣、何以文爲。」子貢曰、「惜乎、夫子之說、君子也、駟不及舌。文猶質也、質猶文也。虎豹之鞹、猶犬羊之鞹。」
棘子成きよくしせいいはく、君子くんししつのみ、なんぶんもつさむ。子貢しこういはく、をしいかな、夫子ふうし君子くんしくや、したおよばず、ぶんしつのごときなり、しつぶんのごときなり、虎豹こへうくわく犬羊けんやうくわくのごとし。

十二之九
哀公問於有若曰、「年饑、用不足、如之何。」有若對曰、「盍徹乎。」曰、「二、吾猶不足、如之何其徹也。」對曰、「百姓足、君孰與不足。百姓不足、君孰與足。」
哀公あいこう有若いうじやくうていはく、としゑてようらず、これ如何いかにせむ。有若いうじやくこたへていはく、なんてつせざるや。いはく、二もわれらず、これ如何いかんぞてつせむ。こたへていはく、百せいらば、きみたれともにからざらむ、百せいらずば、きみたれともにからむ。

十二之十
子張問「崇德、辨惑。」子曰、「主忠信、徙義、崇德也。愛之欲其生、惡之欲其死。既欲其生、又欲其死、是惑也。」(誠不以富、亦祇以異。)
子張しちやうとくたかくしまどひべんぜむことをふ。いはく、忠信ちうしんしゆとしうつるはとくたかくするなり。これあいしてはそのきむことをほつし、これにくみてはそのせむことをほつす。すでせいほつし、またほつするは、まどひなり。まこともつまず、またまさもつあやしまる。

十二之十一
齊景公問「政」於孔子。孔子對曰、「君君、臣臣、父父、子子。」公曰、「善哉。信如君不君、臣不臣、父不父、子不子、雖有粟、吾得而食諸。」
せい景公けいこうまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、きみきみたり、しんしんたり、ちちちちたり、たり。こういはく、いかな。まこときみきみたらず、しんしんたらず、ちちちちたらず、たらずんば、ぞくありといへども、われこれくらはむや。

十二之十二
子曰、「片言可以折獄者、其由也與。」子路無宿諾。
いはく、片言へんげんもつうつたへさだものは、いうか。子路しろだく宿とどむることし。

十二之十三
子曰、「聽訟、吾猶人也。必也使無訟乎。」
いはく、うつたへくこと、われひとのごとし。かならずやうつたへからしめむか。

十二之十四
子張問「政」。子曰、「居之無倦、行之以忠。」
子張しちやうまつりごとふ。いはく、これるにむことなく、これおこなふにちうもつてす。

十二之十五
子曰、「博學以文、約之以禮。亦可以弗畔矣夫。」(重出、見雍也篇)
いはく、ひろぶんまなび、これやくするにれいもつてす、またそむかざるべし。

十二之十六
子曰、「君子成人之美、不成人之惡。小人反是。」
いはく、君子くんしひとし、ひとあくさず、小人せうじんこれはんす。

十二之十七
季康子問「政」於孔子。孔子對曰、「『政』者、正也。子帥以正、孰敢不正。」
季康子きかうしまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、せいせいなり、ひきゐるにせいもつてせば、たれあへただしからざらむ。

十二之十八
季康子患盜、問於孔子。孔子對曰、「苟子之不欲、雖賞之不竊。」
季康子きかうしたううれへて、孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、いやしくにして不欲ふよくならば、これしやうすといへどぬすまず。

十二之十九
季康子問政於孔子曰、「如殺無道、以就有道、何如。」孔子對曰、「子爲政、焉用殺。子欲善、而民善矣。君子之德、風。小人之德、草。草上之風、必偃。」
季康子きかうしまつりごと孔子こうしうていはく、無道ぶだうころしてもつ有道いうだうさば如何いかん孔子こうしこたへていはく、まつりごとすに、いづくんぞころすことをもちゐむ、ぜんほつしてたみぜんならむ。君子くんしとくかぜ小人せうじんとくくさなり、くさこれかぜくはふればかならす。

十二之二一
子張問、「士何如斯可謂之『達』矣。」子曰、「何哉、爾所謂『達』者。」子張對曰、「在邦必聞、在家必聞。」子曰、「是『聞』也、非『達』也。夫『達』也者、質直而好義、察言而觀色、慮以下人、在邦必達、在家必達。夫『聞』也者、色取仁而行違、居之不疑。在邦必聞、在家必聞。」
子張しちやうふ、如何いかなるこここれたつき。いはく、なんぞやなんぢ所謂いはゆるたつとは。子張しちやうこたへていはく、くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。いはく、ぶんなり、たつあらざるなり。たつとは、質直しつちよくにしてこのみ、ことさつしていろおもんばかりてもつひとくだる。くにつてもかならたつし、いへりつもかならたつす。ぶんとは、いろじんりておこなひたがひ、これうたがはず。くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。

十二之二二
樊遲從遊於舞雩之下曰、「敢問崇德、修慝、辨惑。」子曰、「善哉問。先事後得、非『崇德』與。攻其惡、無攻人之惡、非『修慝』與。一朝之忿、忘其身以及其親、非『惑』與。」
樊遲はんちしたがつて舞雩ぶうもとあそぶ。いはく、あへとくたかくし、とくをさめ、まどひべんぜむことをふ。いはく、いかなとひや。ことさきにしるをのちにするは、とくたかくするにあらずや。あくめてひとあくむることきは、とくをさむるにあらずや。一てう忿いかりわすれて、もつそのおやおよぼすは、まどひあらずや。

十二之二三
樊遲問「仁」。子曰、「愛人。」問「知」。子曰、「知人。」樊遲未達、子曰、「舉直錯諸枉、能使枉者直。」樊遲退、見子夏曰、「鄕也吾見於夫子而問『知』、子曰、『舉直錯諸枉、能使枉者直』、何謂也。」子夏曰、「富哉言乎。舜有天下、選於衆、舉皋陶、不仁者遠矣。湯有天下、選於衆、舉伊尹、不仁者遠矣。」
樊遲はんちじんふ。いはく、ひとあいす。ふ。いはく、ひとる。樊遲はんちいまたつせず。いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。樊遲はんち退しりぞき、子夏しかいはく、さきわれ夫子ふうしまみえてふ、いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんいひぞや。子夏しかいはく、めるかなことや。しゆん天下てんかたもち、しうえらんで皋陶かうえうげて、不仁者ふじんしやとほざかれり。たう天下てんかたもち、しうえらんで伊尹いいんげて、不仁者ふじんしやとほざかれり。

十二之二四
子貢問「友」。子曰、「忠吿而善道之、不可則止、毋自辱焉。」
子貢しこうともふ。いはく、忠吿ちうこくしてこれみちびき、不可きかざればすなはむ、みづかはづかしめらるることし。

十二之二五
曾子曰、「君子以文會友、以友輔仁。」
曾子そうしいはく、君子くんしぶんもつともくわいし、とももつじんたすく。
子路しろだい十三

十三之一
子路問「政」。子曰、「先之、勞之。」請益、曰、「無倦。」
子路しろまつりごとふ。いはく、これさきんじ、これらうす。えきふ。いはく、むことし。

十三之二
仲弓爲季氏宰、問「政」。子曰、「先有司。赦小過。舉賢才。」曰、「焉知賢才而舉之。」曰、「舉爾所知。爾所不知、人其舍諸。」
仲弓ちうきう季氏きしさいり、まつりごとふ。いはく、有司いうしさきにし、小過せうくわゆるし、賢才けんさいげよ。いはく、いづくんぞ賢才けんさいりてこれげむ。いはく、なんぢところげよ。なんぢらざるところは、ひとこれかむや。

十三之三
子路曰、「衞君待子而爲政、子將奚先。」子曰、「必也正名乎。」子路曰、「有是哉。子之迂也。奚其正。」子曰、「野哉、由也。君子於其所不知、蓋闕如也。名不正、則言不順。言不順、則事不成。事不成、則禮樂不興。禮樂不興、則刑罰不中。刑罰不中、則民無所措手足。故君子名之必可言也、言之必可行也。君子於其言、無所苟而已矣。」
子路しろいはく、衞君ゑいくんとどめてまつりごとさば、まさなにをかさきにせむとする。いはく、かならずやたださむか。子路しろいはく、れあるかな、なるや。なんただしうせむ。いはく、なるかないうや。君子くんしらざるところおいて、けだ闕如けつじよたり。ただしからざれば、すなはことじゆんならず、ことじゆんならざれば、すなはことらず、ことらざれば、すなは禮樂れいがくおこらず、禮樂れいがくおこらざれば、すなは刑罰けいばつあたらず、刑罰けいばつあたらざれば、すなはたみ手足しゆそくところなし。ゆゑ君子くんしは、これづくることかならきなり、これふことかならおこなきなり、君子くんしそのことおいて、いやしくもするところなきのみ。

十三之四
樊遲請學稼、子曰、「吾不如老農。」請學爲圃、曰、「吾不如老圃。」樊遲出、子曰、「小人哉、樊須也。上好禮、則民莫敢不敬。上好義、則民莫敢不服。上好信、則民莫敢不用情、夫如是、則四方之民、襁負其子而至矣、焉用稼。」
樊遲はんちまなばむとふ。いはく、われ老農らうのうかず。つくるをまなばむとふ。いはく、われ老圃らうほかず。樊遲はんちづ。いはく、小人せうじんなるかな樊須はんしゆや。かみれいこのめば、すなはたみあへけいせざることなし。かみこのめば、すなはたみあへふくせざることなし。かみしんこのめば、すなはたみあへじやうもちひざることなし。かくごとくならば、すなはち四はうたみ襁負きやうふしていたらむ。いづくんぞもちゐむ。

十三之五
子曰、「誦詩三百、授之以政、不達。使於四方、不能專對。雖多、亦奚以爲。」
いはく、三百をしようして、これさづくるにまつりごともつてしてたつせず、四はう使つかひして、專對せんたいすることあたはずば、おほしといへどまたなにもつむ。

十三之六
子曰、「其身正、不令而行。其身不正、雖令不從。」
いはく、ただしければ、れいせずしておこなはる、ただしからざれば、れいすといへどしたがはず。

十三之七
子曰、「魯衞之政、兄弟也。」
いはく、魯衞ろゑいまつりごと兄弟けいていなり。

十三之八
子謂衞公子荊、「善居室、始有、曰、『苟合矣。』少有、曰、『苟完矣。』富有、曰、『苟美矣。』」
ゑい公子こうしけいふ、しつれり、はじめてるに、いはく、まことあつまれり、すこしくるにいはく、まことまつたし、ゆたかるにいはく、まことしと。

十三之九
子適衞、冉有僕。子曰、「庶矣哉。」冉有曰、「既庶矣、又何加焉。」曰、「富之。」曰、「既富矣、又何加焉。」曰、「敎之。」
ゑいく、冉有ぜんいうぼくたり。いはく、おほいかな。冉有ぜんいういはく、すでおほし、またなにをかくはへむ。いはく、これまさむ。いはく、すでめり、またなにをかくはへむ。いはく、これをしへむ。

十三之十
子曰、「苟有用我者、期月而已可也、三年有成。」
いはく、いやしくわれもちゐるものあらば、期月きげつにしてすでならむ、三ねんにしてることあらむ。

十三之十一
子曰、「『善人爲邦百年、亦可以勝殘去殺矣。』誠哉是言也。」
いはく、善人ぜんにんくにをさむること百ねんまたもつざんさつるべしと、まことなるかなことや。

十三之十二
子曰、「如有王者、必世而後仁。」
いはく、王者わうじやあらば、かならにしてしかうしてのちじんならむ。

十三之十三
子曰、「苟正其身矣、於從政乎何有。不能正其身、如正人何。」
いはく、いやしくただしうせば、まつりごとしたがふにおいなにらむ。ただしうすることあたはずんば、ひとただすを如何いかん

十三之十四
冉子退朝、子曰、「何晏也。」對曰、「有政。」子曰、「其事也。如有政、雖不吾以、吾其與聞之。」
冉子ぜんしてうより退しりぞく。いはく、なんおそきや。こたへていはく、まつりごとり。いはく、ことならむ。まつりごとあらば、われもちゐずといへども、われこれあづかかむ。

十三之十五
定公問、「一言而可以興邦、有諸。」孔子對曰、「言不可以若是其幾也。人之言曰、『爲君難、爲臣不易』。如知爲君之難也、不幾乎一言而興邦乎。」曰、「一言而喪邦、有諸。」孔子對曰、「言不可以若是其幾也。人之言曰、『予無樂乎爲君、唯其言而莫予違也。』如其善而莫之違也、不亦善乎。如不善而莫之違也、不幾乎一言而喪邦乎。」
定公ていこうふ。一げんにしてもつくにおこすべしと、これありや。孔子こうしこたへていはく、こともつかくごとからざるなり。ひとこといはく、きみたることかたしんたることやすからずと。きみたるのかたきをらば、一げんにしてくにおこすをせざらむや。いはく、一げんにしてくにほろぼすと、これありや。孔子こうしこたへていはく、こともつかくごとからざるなり。ひとこといはく、われきみたるをたのしむことし、ただうてわれたがふこときなりと。ぜんにしてこれたがふことくば、またからずや。不善ふぜんにしてこれたがふことくば、一げんにしてくにほろぼすことをせざらむや。

十三之十六
葉公問「政」。子曰、「近者說、遠者來。」
葉公せふこうまつりごとふ。いはく、ちかものよころばし、とほものきたす。

十三之十七
子夏爲莒父宰、問「政」。子曰、「無欲速、無見小利。欲速、則不達。見小利、則大事不成。」
子夏しか莒父きよほさいり、まつりごとふ。いはく、すみやかならむことをほつすることかれ、小利せうりることなかれ。すみやかならむことをほつすればすなはたつせず、小利せうりればすなは大事だいじらず。

十三之十八
葉公語孔子曰、「吾黨有直躬者、其父攘羊、而子證之。」孔子曰、「吾黨之直者異於是、父爲子隱、子爲父隱、直在其中矣。」
葉公せふこう孔子こうしげていはく、たう直躬ちよくきうといふものあり、ちちひつじぬすみ、しかうしてこれしようす。孔子こうしいはく、たう直者ちよくしやこれことなり、ちちためかくし、ちちためかくす、なほきことうちり。

十三之十九
樊遲問「仁」。子曰、「居處恭、執事敬、與人忠。雖之夷狄、不可棄也。」
樊遲はんちじんふ。いはく、居處きよしよきようことることけいひとちうなるは、夷狄いてきくといへどからざるなり。

十三之二十
子貢問曰、「何如斯可謂之『士』矣。」子曰、「行己有恥、使於四方、不辱君命。可謂『士』矣。」曰、「敢問其次。」曰、「宗族稱孝焉、鄕黨稱弟焉。」曰、「敢問其次。」曰、「言必信、行必果、硜硜然、小人哉、抑亦可以爲次矣。」曰、「今之從政者何如。」子曰、「噫。斗筲之人、何足算也。」
子貢しこううていはく、如何いかなるかこれき。いはく、おのれおこなふにはぢあり、四ほう使つかひして君命くんめいはづかしめざるを、し。いはく、あへつぎふ。いはく、宗族そうぞくかうしようし、鄕黨きやうたうていしようす。いはく、あへつぎふ。いはく、ことかならしんおこなひかならくわ硜硜然かうかうぜんとして小人せうじんなるかな、抑〻そもそもまたもつつぎきか。いはく、いままつりごとしたがもの如何いかんいはく、ああ斗筲とさうひとなんかぞふるにらむや。

十三之二一
子曰、「不得中行而與之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有所不爲也。」
いはく、中行ちうかうこれくみせずんば、かなら狂狷きやうけんか。狂者きやうしやすすんでる、狷者けんしやさざるところあるなり。

十三之二二
子曰、「南人有言曰、『人而無恆、不可以作巫醫』。「善夫。『不恆其德、或承之羞』」子曰、「不占而已矣。」
いはく、南人なんじんへることあり、いはく、ひとにしてつねなきは、もつ巫醫ふいすべからずと、いかな。とくつねにせず、あるひこれはぢすすむと。いはく、うらなはざるのみ。

十三之二三
子曰、「君子和而不同、小人同而不和。」
いはく、君子くんししてどうせず、小人せうじんどうしてせず。

十三之二四
子貢問曰、「鄕人皆好之、何如。」子曰、「未可也。」「鄕人皆惡之、何如。」子曰、「未可也。不如鄕人之善者好之、其不善者惡之。」
子貢しこううていはく、鄕人きやうじんみなこれよみせば如何いかんいはく、いまならず。鄕人きやうじんみなこれにくまば如何いかんいはく、いまならず。鄕人きやうじんものこれよみし、からざるものこれにくむにかず。

十三之二五
子曰、「君子易事而難說也。說之不以道、不說也。及其使人也、器之。小人難事而易說也。說之雖不以道、說也。及其使人也、求備焉。」
いはく、君子くんしつかやすくしてよろこばしめがたし、これよろこばしむるにみちもつてせざればよろこばざればなり。ひと使つかふにおよんではこれにす。小人せうじんつかがたくしてよろこばしめやすし、これよろこばしむるにみちもつてせずといへどよろこべばなり、ひと使つかふにおよんではそなはらむことをもとむ。

十三之二六
子曰、「君子泰而不驕。小人驕而不泰。」
いはく、君子くんしたいにしてけうならず、小人せうじんけうにしてたいならず。

十三之二七
子曰、「剛毅木訥、近仁。」
いはく、剛毅木訥がうきぼくとつじんちかし。

十三之二八
子路問曰、「何如斯可謂之『士』矣。」子曰、「切切偲偲、怡怡如也、可謂『士』矣。朋友切切偲偲、兄弟怡怡。」
子路しろうていはく、如何いかなるかこれき。いはく、切切せつせつ偲偲しし怡怡如いいじよたるを、し。朋友ほういうには切切せつせつ偲偲しし兄弟けいていには怡怡いい

十三之二九
子曰、「善人敎民七年、亦可以卽戎矣。」
いはく、善人ぜんにんたみをしふること七ねんまたもつじうかしむし。

十三之三十
子曰、「以不敎民戰、是謂棄之。」
いはく、をしへざるたみもつたたかふ、これつるとふ。
憲問けんもんだい十四

十四之一
憲問「恥」。子曰、「邦有道、穀。邦無道、穀、恥也。」
けんはぢふ。いはく、くにみちあればこくす。くにみちなきにこくするははぢなり。

十四之二
「克、伐、怨、欲、不行焉、可以爲仁矣。」子曰、「可以爲難矣、仁則吾不知也。」
こくばつゑんよくおこなはれざる、もつじんきや。いはく、もつかたしとし。じんすなはわれらざるなり。

十四之三
子曰、「士而懷居、不足以爲士矣。」
いはく、にしてきよおもふは、もつたるにらず。

十四之四
子曰、「邦有道、危言危行。邦無道、危行言孫。」
いはく、くにみちあれば、ことただしくし、おこなひただしくす、くにみちなければ、おこなひただしくしことしたがふ。

十四之五
子曰、「有德者必有言、有言者不必有德。仁者必有勇、勇者不必有仁。」
いはく、とくあるものかならげんあり、げんあるものは、かならずしもとくあらず。仁者じんしやかならゆうあり、勇者ゆうしやかならずしもじんあらず。

十四之六
南宮适問於孔子曰、「羿善射、奡盪舟、俱不得其死然。禹稷躬稼而有天下。」夫子不答。南宮适出、子曰、「君子哉若人。尙德哉若人。」
南宮适なんきうかつ孔子こうしうていはく、羿げいがうふねうごかす、ともず。禹稷うしよくみづかたがやして天下てんかたもつと。夫子ふうしこたへず、南宮适なんきうかつづ。いはく、君子くんしなるかなかくのごとひととくたつとぶかなかくのごとひと

十四之七
子曰、「君子而不仁者有矣夫。未有小人而仁者也。」
いはく、君子くんしにしてじんならざるものらむ。いま小人せうじんにしてじんなるものあらず。

十四之八
子曰、「愛之、能勿勞乎。忠焉、能勿誨乎。」
いはく、これあいしてはらうすることなからむか、ちうならばをしふることなからむか。

十四之九
子曰、「爲命、裨諶草創之、世叔討論之、行人子羽修飾之、東里子產潤色之。」
いはく、めいつくるに、裨諶ひじんこれ草創さうさうし、世叔せいしゆくこれ討論たうろんし、行人かうじん子羽しうこれ修飾しうしよくし、東里とうり子產しさんこれ潤色じゆんしよくせり。

十四之十
或問子產、子曰、「惠人也。」問子西。曰、「彼哉彼哉。」問管仲。曰、「人也、奪伯氏騈邑三百、飯疏食、沒齒、無怨言。」
あるひと子產しさんふ。いはく、惠人けいじんなり。子西しせいふ。いはく、かれなるかなやかれなるかなや。管仲くわんちうふ。いはく、ひとなり。伯氏はくし騈邑べんいう三百をうばぶ。疏食そしくらひ、よはひぼつするまで怨言ゑんげんかりき。

十四之十一
子曰、「貧而無怨、難。富而無驕、易。」
いはく、まづしうしてうらむことからしむるはかたし、みておごることからしむるはやすし。

十四之十二
子曰、「孟公綽、爲趙、魏老則優、不可以爲滕、薛大夫。」
いはく、孟公綽まうこうしやくは、趙魏てうぎらうたらばすなはいうなれども、もつ滕薛とうせつ大夫たいふたるべからず。

十四之十三
子路問成人。子曰、「若臧武仲之知、公綽之不欲、卞莊子之勇、冉求之藝、文之以禮樂、亦可以爲成人矣。」曰、「今之成人者、何必然。見利思義、見危授命、久要不忘平生之言、亦可以爲成人矣。」
子路しろ成人せいじんふ。いはく、臧武仲ざうぶちう公綽こうしやく不欲ふよく卞莊子べんさうしゆう冉求ぜんきうげいごとくにして、これかざるに禮樂れいがくもつてせば、またもつ成人せいじんし。いはく、いま成人せいじんは、なんかならずしもしからむ。おもひ、あやふきをめいさづけ、久要きうえう平生へいぜいことわすれざれば、またもつ成人せいじんし。

十四之十四
子問公叔文子於公明賈、曰、「信乎。夫子不言不笑不取乎。」公明賈對曰、「以吿者過也。夫子時然後言、人不厭其言。樂然後笑、人不厭其笑。義然後取、人不厭其取。」子曰、「其然。豈其然乎。」
公叔文子こうしゆくぶんし公明賈こうめいかうていはく、まことなるか、夫子ふうしはず、わらはず、らずとは。公明賈こうめいかこたへていはく、もつぐるものあやまてり。夫子ふうしときにしてしかのちふ、ひとふことをいとはず、たのしくしてしかのちわらふ、ひとわらふことをいとはず、にしてしかのちる、ひとることをいとはずと。いはく、しからむ、あにしからむや。

十四之十五
子曰、「臧武仲以防、求爲後於魯、雖曰不要君、吾不信也。」
いはく、臧武仲ざうぶちうばうもつのちてむことをもとむ。きみえうせずとふといへども、われしんぜざるなり。

十四之十六
子曰、「晉文公譎而不正、齊桓公正而不譎。」
いはく、しん文公ぶんこういつはつてただしからず、せい桓公くわんこうただしうしていつはらず。

十四之十七
子路曰、「桓公殺公子糾、召忽死之、管仲不死。」曰、「未仁乎。」子曰、「桓公九合諸侯、不以兵車、管仲之力也。如其仁。如其仁。」
子路しろいはく、桓公くわんこう公子糾こうしきうころす、召忽せうこつこれし、管仲くわんちうせず。いはく、いまじんならざるか。いはく、桓公くわんこう諸侯しよこう九合きうがふするに、兵車へいしやもつてせざるは、管仲くわんちうちからなり。じんかむや、じんかむや。

十四之十八
子貢曰、「管仲非仁者與。桓公殺公子糾、不能死、又相之。」子曰、「管仲相桓公、霸諸侯、一匡天下、民到于今受其賜。微管仲、吾其被髮左衽矣。豈若匹夫匹婦之爲諒也、自經於溝瀆、而莫之知也。」
子貢しこういはく、管仲くわんちう仁者じんしやあらざるか、桓公くわんこう公子糾こうしきうころすとき、することあたはず、またこれたすけたり。いはく、管仲くわんちう桓公くわんこうたすけて諸侯しよこうたらしめ、天下てんかを一きやうし、たみいまいたるまでたまものく。管仲くわんちうなかつせば、われかみかうむじんひだりにせむ。匹夫ひつぷ匹婦ひつぷまことすや、みづか溝瀆こうとくくびれてこれるものきがごとくならむや。

十四之十九
公叔文子之臣大夫僎、與文子同升諸公。子聞之曰、「可以爲文矣。」
公叔文子こうしゆくぶんししん大夫僎たいふせん文子ぶんしおなじくこうのぼる。これいていはく、もつぶんすべし。

十四之二十
子言衞靈公之無道也。康子曰、「夫如是、奚而不喪。」孔子曰、「仲叔圉治賓客、祝鮀治宗廟、王孫賈治軍旅。夫如是、奚其喪。」
ゑい靈公れいこう無道ぶだうふ。康子かうしいはく、かくごとくば、いかにしてかうしなはざる。孔子こうしいはく、仲叔圉ちうしゆくぎよ賓客ひんかくをさめ、祝鮀しゆくだ宗廟そうべうをさめ、王孫賈わうそんか軍旅ぐんりよをさむ。かくごとくば、なんうしなはむ。

十四之二一
子曰、「其言之不怍、則爲之也難。」
いはく、ことぢざるは、すなはこれすやかたし。

十四之二二
陳成子弒簡公。孔子沐浴而朝、吿於哀公曰、「陳恆弒其君、請討之。」公曰、「吿夫三子。」孔子曰、「以吾從大夫之後、不敢不吿也。君曰、『吿夫三子』者。」之三子吿、不可。孔子曰、「以吾從大夫之後、不敢不吿也。」
陳成子ちんせいし簡公かんこうしいす。孔子こうし沐浴もくよくしててうし、哀公あいこうげていはく、陳恆ちんこうきみしいす、これたむ。こういはく、の三げよと。孔子こうしいはく、大夫たいふしりへしたがへるをもつて、あへげずんばあらざるなり。きみいはく、の三げよとは。三いてぐ、かず。孔子こうしいはく、大夫たいふしりへしたがへるをもつて、あへげずんばあらざるなり。

十四之二三
子路問事君、子曰、「勿欺也、而犯之。」
子路しろきみつかふることをふ。いはく、あざむくことなかれ、しかうしてこれおかせ。

十四之二四
子曰、「君子上達、小人下達。」
いはく、君子くんし上達じやうたつす、小人せうじん下達かたつす。

十四之二五
子曰、「古之學者爲己、今之學者爲人。」
いはく、いにしへ學者がくしやおのれためにす、いま學者がくしやひとためにす。

十四之二六
蘧伯玉使人於孔子、孔子與之坐而問焉。曰、「夫子何爲。」對曰、「夫子欲寡其過而未能也。」使者出。子曰、「使乎。使乎。」
蘧伯玉きよはくぎよくひと孔子こうし使つかひす。孔子こうしこれあたへてうていはく、夫子ふうしなにをかす。こたへていはく、夫子ふうしあやまちすくなうせむとほつしていまあたはざるなり。使者ししやづ。いはく、使つかひなるかな、使つかひなるかな。

十四之二七
子曰、「不在其位、不謀其政。」〔重出、見泰伯篇第十四章。〕
いはく、くらゐらざれば、まつりごとはからず。

十四之二八
曾子曰、「君子思不出其位。」
曾子そうしいはく、君子くんしおもふことくらゐでず。

十四之二九
子曰、「君子恥其言而過其行。」
いはく、君子くんしことおこなひぐるをづ。

十四之三十
子曰、「君子道者三、我無能焉、仁者不憂、知者不惑、勇者不懼。」子貢曰、「夫子自道也。」
いはく、君子くんしみちは三、われくすることし。仁者じんしやうれへず、知者ちしやまどはず、勇者ゆうしやおそれず。子貢しこういはく、夫子ふうしみづかふなり。

十四之三一
子貢方人。子曰、「賜也、賢乎哉。夫我則不暇。」
子貢しこうひとたくらぶ。いはく、けんなるかな。われすなはいとまあらず。

十四之三二
子曰、「不患人之不己知、患其不能也。」
いはく、ひとおのれらざるをうれへず、不能ふのうなるをうれふ。

十四之三三
子曰、「不逆詐、不億不信、抑亦先覺者、是賢乎。」
いはく、あらかじいつはりとせず、おもんばかりてしんあらずとせず、抑〻そもそもまた先覺者せんかくしやは、けんなるか。

十四之三四
微生畝謂孔子曰、「丘、何爲是栖栖者與。無乃爲佞也乎。」孔子曰、「非敢爲佞也、疾固也。」
微生畝びせいほ孔子こうしつていはく、きうなん栖栖せいせいたるものをすか無乃むしろねいすか。孔子こうしいはく、あへねいすにあらざるなり、めばなり。

十四之三五
子曰、「驥不稱其力、稱其德也。」
いはく、はそのちからしようせず、とくしようす。

十四之三六
或曰、「以德報怨、何如。」子曰、「何以報德。以直報怨、以德報德。」
るひといはく、とくもつうらみむくいば如何いかんいはく、なにもつとくむくいむ。ちよくもつうらみむくい、とくもつとくむくゆ。

十四之三七
子曰、「莫我知也夫。」子貢曰、「何爲其莫知子也。」子曰、「不怨天、不尤人、下學而上達、知我者、其天乎。」
いはく、われることきかな、子貢しこういはく、なんすれぞることきや。いはく、てんうらまず、ひととがめず。下學かがくして上達じようたつす。われものてんか。

十四之三八
公伯寮愬子路於季孫、子服景伯以吿、曰、「夫子固有惑志於公伯寮、吾力猶能肆諸市朝。」子曰、「道之將行也與、命也。道之將廢也與、命也。公伯寮其如命何。」
公伯寮こうはくれう子路しろ季孫きそんうつたふ。子服景伯しふくけいはくもつげていはく、夫子ふうしもとより公伯寮こうはくれう惑志わくしあり、ちからこれ市朝してうさらさむと。いはく、みちまさおこなはれむとするや、めいなり。みちまさすたれむとするや、めいなり。公伯寮こうはくれうめい何如いかん

十四之三九
子曰、「賢者辟世、其次辟地、其次辟色、其次辟言。」
いはく、賢者けんじやく、つぎく、つぎいろく、つぎことく。

十四之四十
子曰、「作者七人矣。」
いはく、作者さくしやにん

十四之四一
子路宿於石門。晨門曰、「奚自。」子路曰、「自孔氏。」曰、「是知其不可而爲之者與。」
子路しろ石門せきもん宿やどる。晨門しんもんいはく、いづれよりすと。子路しろいはく、孔氏こうしよりす。いはく、不可ふかりてこれものならむや。

十四之四二
子擊磬於衞。有荷蕢者而過孔氏之門者、曰、「有心哉。擊磬乎。」既而曰、「鄙哉、硜硜乎。莫己知也、斯已而已矣。『深則厲、淺則揭。』」子曰、「果哉。末之難矣。」
けいゑいつ。になうて孔氏こうしもんぐるものあり、いはく、こころあるかなけいつや。すでにしていはく、なるかな硜硜乎かうかうこたり。おのれるなくばおのれのみ。ふかければすなはれいし、あさければすなはけいすと。いはく、くわなるかな、これかたしとすることなしと。

十四之四三
子張曰、「書云、『高宗諒陰、三年不言。』何謂也。」子曰、「何必高宗、古之人皆然。君薨、百官總己以聽於冢宰、三年。」
子張しちやういはく、しよいはく、高宗かうそう諒陰りやうあんねんものいはずと、なんいひぞや。いはく、なんかならずしも高宗かうそうのみならむ、いにしへひとみなしかり。きみこうずれば、百くわんおのれべてもつ冢宰ちようさいくこと三ねん

十四之四四
子曰、「上好禮、則民易使也。」
いはく、かみれいこのめば、すなはたみ使つかやすし。

十四之四五
子路問君子。子曰、「修己以敬。」曰、「如斯而已乎。」曰、「修己以安人。」曰、「如斯而已乎。」曰、「修己以安百姓。修己以安百姓、堯舜其猶病諸。」
子路しろ君子くんしふ。いはく、おのれをさめてもつけいいはく、かくごときのみか。いはく、おのれをさめてもつひとやすんず、いはく、かくごときのみか。いはく、おのれをさめてもつて百せいやすんず。おのれをさめてもつて百せいやすんずるは、堯舜げうしゆんめり。

十四之四六
原壤夷俟。子曰、「幼而不孫弟、長而無述焉、老而不死、是爲賊。」以杖叩其脛。
原壤げんじやうしてつ。いはく、えうにして孫弟そんていならず、ちやうじてぶることく、いてせざる、これぞくすと。つゑもつはぎたたく。

十四之四七
闕黨童子將命。或問之曰、「益者與。」子曰、「吾見其居於位也、見其與先生竝行也、非求益者也、欲速成者也。」
闕黨けつたう童子どうじめいおこなふ。るひとこれうていはく、益者えきしやか。いはく、われくらゐるをるなり、先生せんせいならくをるなり。えきもとむるものあらざるなり、すみやからむとほつするものなり。
衞靈公ゑいれいこうだい十五

十五之一
衞靈公問陳於孔子。孔子對曰、「俎豆之事、則嘗聞之矣。軍旅之事、未之學也。」明日遂行。在陳絕糧。從者病、莫能興。子路慍見曰、「君子亦有窮乎。」子曰、「君子固窮、小人窮斯濫矣。」
ゑい靈公れいこうちん孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、俎豆そとうことすなはかつこれけり、軍旅ぐんりよこといまこれまなばずと。明日みやうにちつひる。ちんりてりやうてり、從者じゆうしやみてし。子路しろうらまみえていはく、君子くんしまたきうすることあるか。いはく、君子くんし固窮こきうす、小人せうじんきうすればここらんす。

十五之二
子曰、「賜也、女以予爲多學而識之者與。」對曰、「然、非與。」曰、「非也、予一以貫之。」
いはく、や、なんぢわれもつおほまなびてこれしるものすか。こたへていはく、しかり。なるか。いはく、なり。われもつこれつらぬく。

十五之三
子曰、「由、知德者鮮矣。」
いはく、いうとくものすくなし。

十五之四
子曰、「無爲而治者、其舜也與。夫何爲哉。恭己正南面而已矣。」
いはく、無爲むゐにしてをさまれるものは、しゆんなるか。なにをかさむや、おのれうやうやしうしてただしく南面なんめんせるのみ。

十五之五
子張問行。子曰、「言忠信、行篤敬、雖蠻貊之邦行矣。言不忠信、行不篤敬、雖州里行乎哉。立、則見其參於前也。在輿、則見其倚於衡也。夫然後行。」子張書諸紳。
子張しちやうおこなはれむことをふ。いはく、こと忠信ちうしんおこなひ篤敬とくけいならば、蠻貊ばんぱくくにいへどおこなはれむ。こと忠信ちうしんならず、おこなひ篤敬とくけいならざれば、州里しうりいへどおこなはれむや。てばすなはまへまつはるを輿りてはすなはかうるをる、しかのちおこなはる。子張しちやうこれしんしよす。

十五之六
子曰、「直哉史魚。邦有道、如矢。邦無道、如矢。君子哉蘧伯玉。邦有道、則仕。邦無道、則可卷而懷之。」
いはく、ちよくなるかな史魚しぎよくにみちあるもごとく、くにみちなきもごとし。君子くんしなるかな蘧伯玉きよはくぎよくくにみちあればすなはつかへ、くにみちなければすなはいてこれふところにすし。

十五之七
子曰、「可與言、而不與之言、失人。不可與言、而與之言、失言。知者不失人、亦不失言。」
いはく、ともくしてこれはざればひとうしなふ、ともからずしてこれへばことうしなふ。知者ちしやひとうしなはず、またことうしなはず。

十五之八
子曰、「志士仁人、無求生以害仁、有殺身以成仁。」
いはく、志士しし仁人じんじんは、せいもとめてもつじんがいすることし、ころしてもつじんすことり。

十五之九
子貢問爲仁。子曰、「工欲善其事、必先利其器。居是邦也、事其大夫之賢者、友其士之仁者。」
子貢しこうじんすことをふ。いはく、こうことくせむとほつせば、かならくす。くにては大夫たいふ賢者けんしやつかへ、仁者じんしやともとす。

十五之十
顏淵問爲邦。子曰、「行夏之時、乘殷之輅、服周之冕、樂則韶舞。放鄭聲、遠佞人。鄭聲淫、佞人殆。」
顏淵がんえんくにをさむることをふ。いはく、ときおこなひ、いんり、しうべんふくし、がくすなは韶舞せうぶをし、鄭聲ていせいはなち、佞人ねいじんとほざけよ。鄭聲ていせいいんなり、佞人ねいじんあやふし。

十五之十一
子曰、「人無遠慮、必有近憂。」
いはく、ひと遠慮ゑんりよなければ、かなら近憂きんいうあり。

十五之十二
子曰、「已矣乎。吾未見好德如好色者也。」
いはく、んぬるかな、われいまとくこのむこといろこのむがごとものざるなり。

十五之十三
子曰、「臧文仲、其竊位者與。知柳下惠之賢、而不與立也。」
いはく、臧文仲ざうぶんちうくらゐぬすめるものか。柳下惠りうかけいけんりて、ともたざるなり。

十五之十四
子曰、「躬自厚、而薄責於人、則遠怨矣。」
いはく、みづかあつうして、うすひとむるときは、すなはうらみとおざかる。

十五之十五
子曰、「不曰『如之何、如之何』者、吾末如之何也已矣。」
いはく、これ如何いかにせむ、これ如何いかにせむとはざるものは、われこれ如何いかにともするなきのみ。

十五之十六
子曰、「群居終日、言不及義、好行小慧、難矣哉。」
いはく、群居ぐんきよ終日しうじつことおよばず、このんで小慧せうけいおこなふ、かたいかな。

十五之十七
子曰、「君子義以爲質、禮以行之、孫以出之、信以成之。君子哉。」
いはく、君子くんしもつしつし、れいもつこれおこなひ、そんもつこれいだし、しんもつこれす。君子くんしなるかな。

十五之十八
子曰、「君子病無能焉、不病人之不己知也。」
いはく、君子くんしくすることきをうれふ、ひとおのれらざるをうれへず。

十五之十九
子曰、「君子疾沒世而名不稱焉。」
いはく、君子くんしぼつしてしようせられざるをにくむ。

十五之二十
子曰、「君子求諸己、小人求諸人。」
いはく、君子くんしこれおのれもとむ、小人せうじんこれひともとむ。

十五之二一
子曰、「君子矜而不爭、群而不黨。」
いはく、君子くんしきようにしてあらそはず、ぐんしてたうせず。

十五之二二
子曰、「君子不以言舉人、不以人廢言。」
いはく、君子くんしこともつひとげず、ひともつことはいせず。

十五之二三
子貢問曰、「有一言而可以終身行之者乎。」子曰、「其恕乎。己所不欲、勿施於人。」
子貢しこううていはく、一げんにしてもつ終身しゆうしんこれおこなものありや。いはく、じよか。おのれほつせざるところひとほどこなかれ。

十五之二四
子曰、「吾之於人也、誰毀誰譽。如有所譽者、其有所試矣。斯民也、三代之所以直道而行也。」
いはく、われひとけるや、たれをかそしたれをかめむ。むるところあるものは、こころみるところあり。たみや三だい直道ちよくだうにしておこな所以ゆゑんなり。

十五之二五
子曰、「吾猶及史之闕文也、有馬者、借人乘之。今亡矣夫。」
いはく、われ闕文けつぶんおよべり。うまあるものひとりてこれらしむ。いまきかな。

十五之二六
子曰、「巧言亂德、小不忍、則亂大謀。」
いはく、巧言かうげんとくみだる。すこしくしのびざればすなは大謀たいばうみだる。

十五之二七
子曰、「衆惡之、必察焉。衆好之、必察焉。」
いはく、しうこれにくむもかならさつし、しうこれよみするもかならさつす。

十五之二八
子曰、「人能弘道、非道弘人。」
いはく、ひとみちひろむ。みちひとひろむるにあらず。

十五之二九
子曰、「過而不改、是謂過矣。」
いはく、あやまちてあらためざる、これあやまちふ。

十五之三十
子曰、「吾嘗終日不食、終夜不寑、以思。無益、不如學也。」
いはく、われかつ終日しうじつくらはず、終夜しうやねずして、もつおもふ。えきなかりき。まなぶにかざるなり。

十五之三一
子曰、「君子謀道不謀食。耕也、餒在其中矣。學也、祿在其中矣。君子憂道不憂貧。」
いはく、君子くんしみちはかりて、しよくはからず。たがやすやうゑうちり、まなぶや祿ろくうちり。君子くんしみちうれへて、まづしきをうれへず。

十五之三二
子曰、「知及之、仁不能守之、雖得之、必失之。知及之、仁能守之。不莊以蒞之、則民不敬。知及之、仁能守之、莊以蒞之。動之不以禮、未善也。」
いはく、これおよべども、じんこれまもることあたはざれば、これいへどかならこれうしなふ。これおよび、じんこれまもれども、さうもつこれのぞまざれば、すなはたみけいせず。これおよび、じんこれまもり、さうもつこれのぞめども、これうごかすにれいもつてせざれば、いまからざるなり。

十五之三三
子曰、「君子不可小知、而可大受也。小人不可大受、而可小知也。」
いはく、君子くんしすこしくるべからずして、おほいくべし、小人せうじんおほいくべからずして、すこしくるべし。

十五之三四
子曰、「民之於仁也、甚於水火。水火、吾見蹈而死者矣、未見蹈仁而死者也。」
いはく、たみじんけるや、水火すゐくわよりはなはだし。水火すゐくわわれんでするものる、いまじんんでするものざるなり。

十五之三五
子曰、「當仁、不讓於師。」
いはく、じんあたりてはゆずらず。

十五之三六
子曰、「君子貞而不諒。」
いはく、君子くんしていにしてりやうならず。

十五之三七
子曰、「事君、敬其事而後其食。」
いはく、きみつかふるには、ことけいしてしよくのちにす。

十五之三八
子曰、「有敎無類。」
いはく、をしへあり、るゐなし。

十五之三九
子曰、「道不同、不相爲謀。」
いはく、みちおなじからざれば、あひためはからず。

十五之四十
子曰、「辭、達而已矣。」
いはく、ことばたつするのみ。

十五之四一
師冕見。及階、子曰、「階也。」及席、子曰、「席也。」皆坐、子吿之曰、「某在斯、某在斯。」師冕出、子張問曰、「與師言之道與。」子曰、「然、固相師之道也。」
べんまみゆ。かいおよべば、いはく、かいなりと。せきおよべば、いはく、せきなりと。みなせば、これげていはく、それがしここり、それがしここりと。べんづ。子張しちやううていはく、ふのみちか。いはく、しかり、もとよりたすくるのみちなり。
季氏きしだい十六

十六之一
季氏將伐顓臾。冉有季路見於孔子曰、「季氏將有事於顓臾。」孔子曰、「求。無乃爾是過與。夫顓臾、昔者先王以爲東蒙主、且在邦域之中矣、是社稷之臣也。何以伐爲。」冉有曰、「夫子欲之、吾二臣者、皆不欲也。」孔子曰、「求。周任有言曰、『陳力就列、不能者止。』危而不持、顚而不扶、則將焉用彼相矣。且爾言過矣。虎兕出於柙、龜玉毀於櫝中、是誰之過與。」冉有曰、「今夫顓臾、固而近於費。今不取、後世必爲子孫憂。」孔子曰、「求。君子疾夫舍曰欲之、而必爲之辭。丘也、聞有國有家者、不患寡而患不均、不患貧而患不安。蓋均無貧、和無寡、安無傾。夫如是、故遠人不服、則修文德以來之。既來之、則安之。今由與求也、相夫子、遠人不服而不能來也。邦分崩離析而不能守也、而謀動干戈於邦內。吾恐季孫之憂、不在顓臾、而在蕭牆之內也。」
季氏きしまさ顓臾せんゆたむとす。冉有ぜんいう季路きろ孔子こうしまみえていはく、季氏きしまさ顓臾せんゆことあらむとす。孔子こうしいはく、きうむしなんぢまことあやまつなきか。顓臾せんゆは、昔者むかし先王せんわうもつ東蒙とうまうしゆし、邦域はうゐきうちり、社稷しやしよくしんなり、なにもつたむ。冉有ぜんいういはく、夫子ふうしこれほつす、われしんみなほつせざるなり。孔子こうしいはく、きう周任しうにんへるあり、いはく、ちからはかりてれつき、あたはざるはむと。あやふけれどもせず、たふるれどもたすけざるときはすなはいづくんぞしやうもちゐむや。なんぢことあやまてり。虎兕こじかふよりで、龜玉きぎよく櫝中とくちうやぶるるときは、たれあやまちぞや。冉有ぜんいういはく、いま顓臾せんゆは、にしてちかし。いまらずんば、後世こうせいかなら子孫しそんうれひさむ。孔子こうしいはく、きう君子くんしは、これほつすとふをいて、かならこれことばつくるをにくむ。きうく、くにたもいへたもものは、すくなきをうれへずして、ひとしからざるをうれふ、まづしきをうれへずして、やすからざるをうれふと。けだひとしきときはまづしきことく、するときはすくなきことく、やすきときはかたむくことし。かくごとし。ゆゑ遠人ゑんじんふくせざれば、すなは文德ぶんとくをさめてもつこれきたし、すでこれきたせば、すなはこれやすんず。いまいうきうとは、夫子ふうしたすけて、遠人ゑんじんふくせずしてしかうしてきたすことあたはず。くに分崩ぶんほう離析りせきしてしかうしてまもあたはず、しかうして干戈かんくわ邦內はうないうごかさむことをはかる。われおそらくは、季孫きそんうれへ顓臾せんゆらずして、蕭牆せうしやううちらむことを。

十六之二
孔子曰、「天下有道、則禮樂征伐自天子出。天下無道、則禮樂征伐自諸侯出。自諸侯出、蓋十世希不失矣。自大夫出、五世希不失矣。陪臣執國命、三世希不失矣。天下有道、則政不在大夫。天下有道、則庶人不議。」
孔子こうしいはく、天下てんかみちあるときは、すなは禮樂れいがく征伐せいばつ天子てんしよりづ、天下てんかみちなきときは、すなは禮樂れいがく征伐せいばつ諸侯しよこうよりづ、諸侯しよこうよりづるときは、けだし十せいうしなはざるまれなり。大夫たいふよりづるときは、五せいうしなはざるまれなり。陪臣ばいしん國命こくめいれば、三せいうしなはざるまれなり。天下てんかみちあるときはすなはまつりごと大夫たいふらず、天下てんかみちあるときは、すなは庶人しよじんせず。

十六之三
孔子曰、「祿之去公室、五世矣。政逮於大夫、四世矣。故夫三桓之子孫、微矣。」
孔子こうしいはく、祿ろく公室こうしつること五せいまつりごと大夫たいふおよぶこと四せいなり、ゆゑの三くわん子孫しそんなり。

十六之四
孔子曰、「益者三友、損者三友、友直、友諒、友多聞、益矣。友便辟、友善柔、友便佞、損矣。」
孔子こうしいはく、益者えきしやいう損者そんしやいうちよくともとし、りやうともとし、多聞たぶんともとするはえきなり。便辟べんべきともとし、善柔ぜんじうともとし、便佞べんねいともとするはそんなり。

十六之五
孔子曰、「益者三樂、損者三樂、樂節禮樂、樂道人之善、樂多賢友、益矣。樂驕樂、樂佚遊、樂宴樂、損矣。」
孔子こうしいはく、益者えきしやらく損者そんしやらく禮樂れいがくせつすることをねがひ、ひとぜんふことをねがひ、賢友けんいうおほきをねがふはえきなり。驕樂けうらくねがひ、佚遊いついうねがひ、宴樂えんらくねがふはそんなり。

十六之六
孔子曰、「侍於君子有三愆、言未及之而言、謂之躁。言及之而不言、謂之隱。未見顏色而言、謂之瞽。」
孔子こうしいはく、君子くんしするに三げんあり。こといまこれおよばずしてふ、これさうふ、ことこれおよんではざる、これいんふ、いま顏色がんしよくずしてふ、これふ。

十六之七
孔子曰、「君子有三戒、少之時、血氣未定、戒之在色。及其壯也、血氣方剛、戒之在鬭。及其老也、血氣既衰、戒之在得。」
孔子こうしいはく、君子くんしに三かいあり。わかとき血氣けつきいまさだまらず、これいましむることいろり、さうなるにおよんでは、血氣けつきまさがうなり、これいましむることたたかひり、らうおよんでは、血氣けつきすでおとろふ、これいましむることるにり。

十六之八
孔子曰、「君子有三畏、畏天命、畏大人、畏聖人之言。小人不知天命而不畏也、狎大人、侮聖人之言。」
孔子こうしいはく、君子くんしに三あり。天命てんめいおそれ、大人たいじんおそれ、聖人せいじんことおそる。小人せうじん天命てんめいらずしておそれず、大人たいじんれ、聖人せいじんことあなどる。

十六之九
孔子曰、「生而知之者、上也。學而知之者、次也。困而學之、又其次也。困而不學、民斯爲下矣。」
孔子こうしいはく、うまれながらにしてこれものじやうなり、まなんでこれものは、つぎなり、くるしんでこれまなぶはまたつぎなり、くるしんでまなばず、たみこれす。

十六之十
孔子曰、「君子有九思、視思明、聽思聰、色思溫、貌思恭、言思忠、事思敬、疑思問、忿思難、見得思義。」
孔子こうしいはく、君子くんし九思きうしあり。るにめいおもひ、くにそうおもひ、いろをんおもひ、かたちきようおもひ、ことちうおもひ、ことけいおもひ、うたがはしきははむことをおもひ、忿いかりなんおもひ、るをてはおもふ。

十六之十一
孔子曰、「『見善如不及、見不善如探湯。』吾見其人矣、吾聞其語矣。『隱居以求其志、行義以達其道。』吾聞其語矣、未見其人也。」
孔子こうしいはく、ぜんてはおよばざるがごとくし、不善ふぜんてはさぐるがごとくす、われひとたり、われけり。隱居いんきよしてもつこころざしもとめ、おこなひてもつみちたつする、われけり、いまひとざるなり。

十六之十二
(『誠不以富、亦祇以異。』)齊景公有馬千駟、死之日、民無德而稱焉。伯夷叔齊餓於首陽之下、民到于今稱之。其斯之謂與。
せい景公けいこううまあり、するのたみとくとしてしようするし。伯夷はくい叔齊しゆくせい首陽しゆやうもとうるも、たみいまいたるまでこれしようす。〔まこととみもつてせず、またまさことなるをもつてすと〕れのいひか。

十六之十三
陳亢問於伯魚曰、「子亦有異聞乎。」對曰、「未也。嘗獨立、鯉趨而過庭。曰、『學《詩》乎。』對曰、『未也。』『不學《詩》、無以言。』鯉退而學《詩》。他日、又獨立、鯉趨而過庭。曰、『學禮乎。』對曰、『未也。』『不學禮、無以立。』鯉退而學禮。聞斯二者。」陳亢退而喜曰、「問一得三、聞《詩》、聞禮、又聞君子之遠其子也。」
陳亢ちんかう伯魚はくぎようていはく、また異聞いぶんあるか。こたへていはく、いまだし。かつひとてり、はしりてていぐ。いはく、まなびたるか。こたへていはく、いまだし。まなばざればもつふことしと。退しりぞいてまなべり。他日たじつまたひとてり。はしりてていぐ。いはく、れいまなびたるか。こたへていはく、いまだし。れいまなばざればもつつことしと。退しりぞいてれいまなべり。の二しやけりと。陳亢ちんかう退しりぞいてよろこんでいはく、一をうて三をたり。れいき、また君子くんしとほざくることをけりと。

十六之十四
邦君之妻、君稱之曰「夫人」、夫人自稱曰「小童」。邦人稱之曰「君夫人」、稱諸異邦曰「寡小君」。異邦人稱之、亦曰「君夫人」。
邦君はうくんつまは、きみこれしようして夫人ふじんふ、夫人ふじんみづかしようして小童せうどうふ、邦人はうじんこれしようして君夫人くんぷじんふ、これ異邦いはうしようして寡小君くわせうくんふ、異邦いはうひとこれしようして、また君夫人くんぷじんふ。
陽貨やうくわだい十七

十七之一
陽貨欲見孔子、孔子不見、歸孔子豚。孔子時其亡也、而往拜之、遇諸塗。謂孔子曰、「來、予與爾言。」曰、「懷其寶而迷其邦、可謂仁乎。」曰、「不可。」「好從事而亟失時、可謂知乎。」曰、「不可。」「日月逝矣、歲不我與。」孔子曰、「諾、吾將仕矣。」
陽貨やうくわ孔子こうしんとほつすれども、孔子こうしず。孔子こうしぶたおくる。孔子こうしきをときとして、きてこれはいす。これみちへり。孔子こうしつていはく、きたれ、われなんぢはむ。いはく、たからいだいてくにまよはすは、じんきか。いはく、不可ふかなり。ことしたがふをこのんで亟〻しばしばときうしなふは、きか。いはく、不可ふかなり。日月じつげつく、としわれともにせずと。孔子こうしいはく、だくわれまさつかへむとすと。

十七之二
子曰、「性相近也、習相遠也。」
いはく、せいあひちかし、ならひあひとほし。

十七之三
子曰、「唯上知與下愚、不移也。」
いはく、唯〻ただ上知じやうち下愚かぐとはうつらず。

十七之四
子之武城、聞弦歌之聲、夫子莞爾而笑、曰、「割雞焉用牛刀。」子游對曰、「昔者、偃也聞諸夫子曰、『君子學道則愛人、小人學道則易使也。』」子曰、「二三子。偃之言是也、前言戲之耳。」
武城ぶじやういて弦歌げんかこゑく。夫子ふうし莞爾くわんじとしてわらうていはく、にはとりくにいづくんぞ牛刀ぎうとうもちゐむ。子游しいうこたへていはく、昔者むかしえんこれ夫子ふうしけり、いはく、君子くんしみちまなべばすなはひとあいす、小人せうじんみちまなべばすなは使つかやすしと。いはく、二三えんことなり、前言ぜんげんこれたはむるるのみ。

十七之五
公山弗擾以費畔、召、子欲往。子路不說、曰、「末之也已、何必公山氏之之也。」子曰、「夫召我者、而豈徒哉。如有用我者、吾其爲東周乎。」
公山弗擾こうざんふつぜうもつそむき、ぶ。かむとほつす。子路しろよろこばずしていはく、くこときのみ、なんかならずしも公山氏こうざんしかむ。いはく、われものあにならむや。われもちゐるものあらば、われ東周とうしうさむか。

十七之六
子張問「仁」於孔子。孔子曰、「能行五者於天下、爲仁矣。」「請問之。」曰、「恭、寬、信、敏、惠。恭則不侮、寬則得衆、信則人任焉、敏則有功、惠則足以使人。」
子張しちやうじん孔子こうしふ。孔子こうしいはく、いつつのもの天下てんかおこなふをじんす。これふ。いはく、きようくわんしんびんけいきようなればすなはあなどらず、くわんなればすなはしうしんなればすなはひとにんず、びんなればすなはこうあり、けいなればすなはもつひと使つかふにれり。

十七之七
佛肸召、子欲往。子路曰、「昔者由也聞諸夫子曰、『親於其身爲不善者、君子不入也。』佛肸以中牟畔、子之往也、如之何。」子曰、「然、有是言也。不曰堅乎。磨而不磷。不曰白乎。涅而不緇。吾豈匏瓜也哉。焉能繫而不食。」
佛肸ふつきつぶ。かむとほつす。子路しろいはく、昔者むかしいうや、これ夫子ふうしけり、いはく、みづかおい不善ふぜんものには、君子くんしらずと。佛肸ふつきつ中牟ちうぼうもつそむく、くはこれ如何いかんいはく、しかり、ことあり。かたきをはずや、してうすろがず、しろきをはずや、でつしてくろまず。われあに匏瓜はうくわならむや、いづくんぞかかりてくらはれざらむ。

十七之八
子曰、「由也、女聞『六言六蔽』矣乎。」對曰、「未也。」「居。吾語女、好仁不好學、其蔽也愚。好知不好學、其蔽也蕩。好信不好學、其蔽也賊。好直不好學、其蔽也絞。好勇不好學、其蔽也亂。好剛不好學、其蔽也狂。」
いはく、いうや、なんぢげんへいけりや。こたへていはく、いまだし。れ、われなんぢかたらむ。じんこのみてがくこのまざれば、へいなり、このみてがくこのまざれば、へいたうなり、しんこのみてがくこのまざれば、へいぞくなり、ちよくこのみてがくこのまざれば、へいかうなり、ゆうこのみてがくこのまざれば、へいらんなり、がうこのみてがくこのまざれば、へいきやうなり。

十七之九
子曰、「小子。何莫學夫《詩》。《詩》可以興、可以觀、可以群、可以怨。邇之事父、遠之事君。多識於鳥獸草木之名。」
いはく、小子せうしなんまなぶことなき。もつきようすべく、もつるべく、もつぐんく、もつうらく、これちかくしてはちちつかへ、これとほくしてはきみつかへ、おほ鳥獸てうじう草木さうもくる。

十七之十
子謂伯魚曰、「女爲周南召南矣乎。人而不爲周南召南、其猶正牆面而立也與。」
伯魚はくぎよつていはく、なんぢ周南しうなん召南せうなんまなびたるか。ひとにして周南しうなん召南せうなんまなばざれば、ただしくしやうめんしてつがごときか。

十七之十一
子曰、「禮云禮云、玉帛云乎哉。樂云樂云。鐘鼓云乎哉。」
いはく、れいひ、れいふ、玉帛ぎよくはくはむや、がくひ、がくと云ふ、鐘鼓しようこはむや。

十七之十二
子曰、「色厲而內荏、譬諸小人、其猶穿窬之盜也與。」
いはく、いろれいにしてうちやはらかなるは、これ小人せうじんたとふれば、穿窬せんゆたうのごときか。

十七之十三
子曰、「鄕原、德之賊也。」
いはく、鄕原きやうげんとくぞくなり。

十七之十四
子曰、「道聽而塗說、德之棄也。」
いはく、みちいてみちくは、とくつるなり。

十七之十五
子曰、「鄙夫。可與事君也與哉。其未得之也、患得之。既得之、患失之。苟患失之、無所不至矣。」
いはく、鄙夫ひふともきみつかけむや。いまこれざるや、これむことをうれへ、すでこれればこれうしなはむことをうれふ。いやしくこれうしなはむことをうれへば、いたらざるところなし。

十七之十六
子曰、「古者民有三疾、今也或是之亡也。古之狂也肆、今之狂也蕩。古之矜也廉、今之矜也忿戾。古之愚也直、今之愚也詐而已矣。」
いはく、いにしへたみしつあり、いまあるひこれし。いにしへきやうなり、いまきやうたうなり、いにしへきようれんなり、いまきよう忿戾ふんれいなり、いにしへちよくなり、いまいつはりのみ。

十七之十七
子曰、「巧言令色、鮮矣仁。」
いは巧言令色かうげんれいしよくすくなじん

十七之十八
子曰、「惡紫之奪朱也、惡鄭聲之亂雅樂也、惡利口之覆邦家者。」
いはく、しゆうばふをにくむ、鄭聲ていせい雅樂ががくみだるをにくむ、利口りこう邦家はうかくつがへものにくむ。

十七之十九
子曰、「予欲無言。」子貢曰、「子如不言、則小子何述焉。」子曰、「天何言哉。四時行焉、百物生焉、天何言哉。」
いはく、われふことからむとほつす。子貢しこういはく、はずんば、すなは小子せうしなにをかべむ。いはく、てんなにをかふ、四時しじめぐり、百ぶつしやうず。てんなにをかふ。

十七之二十
孺悲欲見孔子、孔子辭以疾。將命者出戶、取瑟而歌、使之聞之。
孺悲じゆひ孔子こうしまみえむとほつす。孔子こうしするにやまひもつてす。めいおこなものづるとき、しつりてうたひ、これをしてこれかしむ。

十七之二一
宰我問、「三年之喪、期已久矣。君子三年不爲禮、禮必壞。三年不爲樂、樂必崩。舊穀既沒、新穀既升、鑽燧改火、期可已矣。」子曰、「食夫稻、衣夫錦、於女安乎。」曰、「安。」「女安、則爲之。夫君子之居喪、食旨不甘、聞樂不樂、居處不安、故不爲也。今女安、則爲之。」宰我出。子曰、「予之不仁也。子生三年、然後免於父母之懷。夫三年之喪、天下之通喪也。予也、有三年之愛於其父母乎。」
宰我さいがふ、三ねんは、すでひさし。君子くんしねんれいさずんば、れいかならやぶれむ、三ねんがくさずんば、がくかならくづれむ。舊穀きうこくすでき、新穀しんこくすでみのり、すゐりてあらたむ。にしてし。いはく、いねくらひ、にしきること、なんぢおいやすきか。いはく、やすし。なんぢやすくばすなはこれせ。君子くんしる、うまきをくらうてあまからず、がくいてたのしからず、居處きよしよやすからず、ゆゑさざるなり。いまなんぢやすくばすなはこれせ。宰我さいがづ。いはく、不仁ふじんなるや。うまれて三ねんしかのち父母ふぼふところまぬかる。れ三ねんは、天下てんか通喪つうさうなり。や三ねんあい父母ふぼるか。

十七之二二
子曰、「飽食終日、無所用心、難矣哉。不有博弈者乎。爲之、猶賢乎已。」
いはく、飽食ほうしよく終日しゆうじつこころもちゐるところなきは、かたいかな。博弈ばくえきなるものあらずや、これすはむにまされり。

十七之二三
子路曰、「君子尙勇乎。」子曰、「君子義以爲上。君子有勇而無義爲亂、小人有勇而無義爲盜。」
子路しろいはく、君子くんしゆうたつとぶか。いはく、君子くんしもつかみす。君子くんしゆうありてなければらんす、小人せうじんゆうありてなければたうす。

十七之二四
子貢曰、「君子亦有惡乎。」子曰、「有惡、惡稱人之惡者、惡居下流而訕上者、惡勇而無禮者、惡果敢而窒者。」曰、「賜也亦有惡乎。」「惡徼以爲知者、惡不孫以爲勇者、惡訐以爲直者。」
子貢しこういはく、君子くんしまたにくむことありや。いはく、にくむことあり。ひとあくしようするものにくむ、しも〔流〕にかみそしものにくむ、ゆうにしてれいなきものにくむ、果敢くわかんにしてふさものにくむ。いはく、またにくむことありや。りてもつものにくむ、不孫ふそんにしてもつゆうものにくむ、あばいてもつなほしとものにくむ。

十七之二五
子曰、「唯女子與小人爲難養也。近之則不逊、遠之則怨。」
いはく、唯〻ただ女子ぢよし小人せうじんとは、やしながたしとす。これちかづくればすなは不孫ふそんなり。これとほざくればすなはうらむ。

十七之二六
子曰、「年四十而見惡焉、其終也已。」
いはく、とし四十にしてにくまるれば、をはらむのみ。
微子びしだい十八

十八之一
微子去之、箕子爲之奴、比干諫而死。孔子曰、「殷有三仁焉。」
微子びしこれり、箕子きしこれり、比干ひかんいさめてしかうしてす。孔子こうしいはく、いんに三じんあり。

十八之二
柳下惠爲士師、三黜。人曰、「子未可以去乎。」曰、「直道而事人、焉往而不三黜。枉道而事人、何必去父母之邦。」
柳下惠りうかけい士師ししり、たびしりぞけらる。ひといはく、いまもつからざるか。いはく、みちなほくしてひとつかへば、いづくにくとしてたびしりぞけられざらむ。みちげてひとつかへば、なんかならずしも父母ふぼくにらむ。

十八之三
齊景公待孔子、曰、「若季氏則吾不能、以季、孟之閒待之。」曰、「吾老矣、不能用也。」孔子行。
せい景公けいこう孔子こうしたむとして、いはく、季氏きしごときは、すなはわれあたはず、季孟きまうあひだもつこれたむ。いはく、われいたり、もちゐることあたはずと。孔子こうしりぬ。

十八之四
齊人歸女樂、季桓子受之、三日不朝。孔子行。
齊人せいひと女樂じよがくおくれり。季桓子きくわんしこれけ、三じつてうせず。孔子こうしりぬ。

十八之五
楚狂接輿、歌而過孔子、曰、「鳳兮。鳳兮。何德之衰。往者不可諫、來者猶可追。已而。已而。今之從政者殆而。」孔子下、欲與之言。趨而辟之、不得與之言。
きやう接輿せつようたうて孔子こうしよぎりていはく、ほうほうや、なんとくおとろへたる。ものいさからず、きたものふべし。みなむみなむ、いままつりごとしたがものあやふしと。孔子こうしくだりて、これはむとほつす。はしりてこれけ、これふことをざりき。

十八之六
長沮、桀溺耦而耕。孔子過之、使子路問津焉。長沮曰、「夫執輿者爲誰。」子路曰、「爲孔丘。」曰、「是魯孔丘與。」曰、「是也。」曰、「是知津矣。」問於桀溺、桀溺曰、「子爲誰。」曰、「爲仲由。」曰、「是魯孔丘之徒與。」對曰、「然。」曰、「滔滔者、天下皆是也、而誰以易之。且而與其從辟人之士也、豈若從辟世之士哉。」耰而不輟。子路行以吿、夫子憮然曰、「鳥獸不可與同群。吾非斯人之徒與而誰與。天下有道、丘不與易也。」
長沮ちやうそ桀溺けつできぐうしてたがやす。孔子こうしこれぐ、子路しろをしてしんはしむ。長沮ちやうそいはく、輿ものたれとかす。子路しろいはく、孔丘こうきうす。いはく、孔丘こうきうか。いはく、これなり。いはく、れならばしんらむ。桀溺けつできふ。桀溺けつできいはく、たれす。いはく、仲由ちういうす。いはく、孔丘こうきうか。こたへていはく、しかり。いはく、滔滔たうたうたるもの天下てんかみなこれなり、しかうしてたれとかともこれをさめむ。なんぢひとくるのしたがはむより、あにくるのしたがふにかむやと。いうしてまず。子路しろいてもつぐ。夫子ふうし憮然ぶぜんとしていはく、鳥獸てうじうともぐんおなじうすからず。われひとともにするにあらずして、たれとかともにせむ。天下てんかみちあらば、きうともをさめざるなり。

十八之七
子路從而後、遇丈人、以杖荷蓧。子路問曰、「子見夫子乎。」丈人曰、「四體不勤、五穀不分、孰爲夫子。」植其杖而芸。子路拱而立。止子路宿、殺雞爲黍而食之、見其二子焉。明日、子路行以吿。子曰、「隱者也。」使子路反見之。至則行矣。子路曰、「不仕無義。長幼之節、不可廢也。君臣之義、如之何其廢之。欲潔其身、而亂大倫。君子之仕也、行其義也。道之不行、已知之矣。」
子路しろしたがつておくれたり、丈人じやうじんつゑもつでうになふにへり。子路しろうていはく、夫子ふうしたるか。丈人じやうじんいはく、四たいつとめ、五こくわかつ、たれをか夫子ふうしさむ。つゑててくさぎる。子路しろきようしてつ。子路しろとどめて宿しゆくせしめ、けいころしよつくりてこれくらはしめ、の二まみえしむ。明日めいじつ子路しろきてもつぐ。いはく、隱者いんじやなりと。子路しろをしてかへりてこれしむ。いたればすなはきぬ。子路しろいはく、つかへざればなし。長幼ちやうえうせつはいからざるなり、君臣くんしんこれ如何いかんこれはいせむ。いさぎようせむとほつして大倫たいりんみだる。君子くんしつかふるや、おこなふなり。みちおこなはれざるは、すでこれれり。

十八之八
逸民、伯夷、叔齊、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。子曰、「不降其志、不辱其身、伯夷叔齊與。」謂柳下惠、少連、「降志辱身矣。言中倫、行中慮、其斯而已矣。」謂虞仲、夷逸、「隱居放言、身中淸、廢中權。」我則異於是、無可無不可。」
逸民いつみんは、伯夷はくい叔齊しゆくせい虞仲ぐちう夷逸いいつ朱張しゆちやう柳下惠りうかけい少連せうれんなり。いはく、こころざしくださず、はづかしめざるは、伯夷はくい叔齊しゆくせいか。柳下惠りうかけい少連せうれんふ、こころざしくだはづかしめたり。ことりんあたり、おこなひおもんばかりあたる、これのみ。虞仲ぐちう夷逸いいつふ、隱居いんきよしてことほしいままにするも、せいあたり、はいすることけんあたれり。われすなはこれことなり、不可ふかし。

十八之九
大師摯適齊、亞飯干適楚、三飯繚適蔡、四飯缺適秦。鼓方叔入於河、播鼗武入於漢、少師陽、擊磬襄入於海。
大師たいしせいき、亞飯あはんかんき、三ぱんれうさいき、四はんけつしんき、方叔ほうしゆくり、播鼗はたうかんり、少師せうしやう擊磬げきけいじやううみる。

十八之十
周公謂魯公曰、「君子不施其親、不使大臣怨乎不以。故舊無大故、則不棄也、無求備於一人。」
周公しうこう魯公ろこうつていはく、君子くんししんてず、大臣たいしんをしてもちゐられざることをうらましめず、故舊こきう大故たいこなければすなはてず、そなはるを一にんもとむることなし。

十八之十一
周有八士、伯達、伯适、仲突、仲忽、叔夜、叔夏、季隨、季騧。
しうに八あり、伯達はくたつ伯适はくくわつ仲突ちうとつ仲忽ちうこつ叔夜しゆくや叔夏しゆくか季隨きずゐ季騧きくわ
子張しちやうだい十九

十九之一
子張曰、「士見危致命、見得思義、祭思敬、喪思哀、其可已矣。」
子張しちやういはく、あやふきをめいいたし、るをおもひ、まつりけいおもひ、あいおもふ、ならむのみ。

十九之二
子張曰、「執德不弘、信道不篤、焉能爲有。焉能爲亡。」
子張しちやういはく、とくることひろからず、みちしんずることあつからずんば、いづくんぞりとし、いづくんぞしとさむ。

十九之三
子夏之門人、問「交」於子張。子張曰、「子夏云何。」對曰、「子夏曰、『可者與之、其不可者拒之。』」子張曰、「異乎吾所聞。『君子尊賢而容衆、嘉善而矜不能。』我之大賢與、於人何所不容。我之不賢與、人將拒我、如之何其拒人也。」
子夏しか門人もんじんまじはり子張しちやうふ。子張しちやういはく、子夏しかなにとかへる。こたへていはく、子夏しかいはく、なるものこれくみし、不可ふかなるものこれこばめと。子張しちやういはく、ところことなり、君子くんしけんたつとんでしうれ、ぜんよみして不能ふのうあはれむ。われ大賢たいけんなるか、ひとおいなんれざるところあらむ、われ不賢ふけんなるか、ひとまさわれこばまむとす、これ如何いかんひとこばまむ。

十九之四
子夏曰、「雖小道、必有可觀者焉、致遠恐泥、是以君子不爲也。」
子夏しかいはく、小道せうだういへども、かならものあり、とほきをいたすときはおそらくなづまむ、ここもつ君子くんしさざるなり。

十九之五
子夏曰、「日知其所亡、月無忘其所能、可謂好學也已矣。」
子夏しかいはく、ところり、つきくするところわするることなきを、がくこのむとふべきのみ。

十九之六
子夏曰、「博學而篤志、切問而近思、仁在其中矣。」
子夏しかいはく、ひろまなんであつこころざし、せつうてちかおもふ、じんうちり。

十九之七
子夏曰、「百工居肆以成其事、君子學以致其道。」
子夏しかいはく、百こうもつことす、君子くんしまなんでもつみちいたす。

十九之八
子夏曰、「小人之過也必文。」
子夏しかいはく、小人せうじんあやまちかならかざる。

十九之九
子夏曰、「君子有三變、望之儼然、卽之也溫、聽其言也厲。」
子夏しかいはく、君子くんしに三ぺんあり。これのぞめば儼然げんぜんたり、これくやをんなり、ことくやはげし。

十九之十
子夏曰、「君子信而後勞其民、未信則以爲厲己也。信而後諫、未信則以爲謗己也。」
子夏しかいはく、君子くんししんぜられてのちたみらうす。いましんぜられざれば、すなはもつおのれやましむとす。しんぜられてのちいさむ。いましんぜられざれば、すなはもつおのれそしるとす。

十九之十一
子夏曰、「大德不踰閑、小德出入可也。」
子夏しかいはく、大德たいとくのりえざれば、小德せうとく出入しゆつにふすともなり。

十九之十二
子游曰、「子夏之門人小子、當洒掃應對進退則可矣、抑末也。本之則無、如之何。」子夏聞之曰、「噫。言游過矣。君子之道、孰先傳焉。孰後倦焉。譬諸草木、區以別矣。君子之道、焉可誣也。有始有卒者、其惟聖人乎。」
子游しいういはく、子夏しか門人もんじん小子せうし洒掃さいさう應對おうたい進退しんたいあたりてはすなはなるも、抑〻そもそもすゑなり。これもとづければすなはし、これ如何いかにせむと。子夏しかこれいていはく、ああ言游げんいうあやまてり。君子くんしみちいづれをかつたへ、いづれをかのちまむ。これ草木さうもくにしてもつべつあるにたとふ。君子くんしみちいづくんぞけむや。はじめありをはりあるものは、ただ聖人せいじんか。

十九之十三
子夏曰、「仕而優則學、學而優則仕。」
子夏しかいはく、つかへていうなればすなはまなぶ、まなびていうなればすなはつかふ。

十九之十四
子游曰、「喪致乎哀而止。」
子游しいういはく、あいいたしてむ。

十九之十五
子游曰、「吾友張也、爲難能也、然而未仁。」
子游しいういはく、ともちやうや、くしがたきをす、しかれどもいまじんならず。

十九之十六
曾子曰、「堂堂乎張也、難與並爲仁矣。」
曾子そうしいはく、堂堂乎だうだうこたりちやうや、ともならんでじんがたし。

十九之十七
曾子曰、「吾聞諸夫子、『人未有自致者也、必也親喪乎。』」
曾子そうしいはく、われこれ夫子ふうしけり、ひといまみづかいたものあらざるなり、かならずやおやか。

十九之十八
曾子曰、「吾聞諸夫子、『孟莊子之孝也、其他可能也、其不改父之臣、與父之政、是難能也。』」
曾子そうしいはく、われこれ夫子ふうしけり、孟莊子まうさうしかうや、くすべきなり、ちちしんちちまつりごととをあらためざるは、くしがたきなり。

十九之十九
孟氏使陽膚爲士師、問於曾子。曾子曰、「上失其道、民散久矣。如得其情、則哀矜而勿喜。」
孟氏まうし陽膚やうふをして士師ししたらしむ。曾子そうしふ。曾子そうしいはく、かみみちうしなひ、たみさんずることひさし。じやうば、すなは哀矜あいきようしてよろこぶことなかれ。

十九之二十
子貢曰、「紂之不善、不如是之甚也。是以君子惡居下流、天下之惡皆歸焉。」
子貢しこういはく、ちう不善ふぜんかくごとはなはだしからず、ここもつ君子くんし下流かりうることをにくむ、天下てんかあくみなこれにす。

十九之二一
子貢曰、「君子之過也、如日月之食焉。過也、人皆見之。更也、人皆仰之。」
子貢しこういはく、君子くんしあやまちや、日月じつげつしよくごとし。あやまつや、ひとみなこれる、あらたむるや、ひとみなこれあふぐ。

十九之二二
衛公孫朝問於子貢曰、「仲尼焉學。」子貢曰、「文、武之道、未墜於地、在人。賢者識其大者、不賢者識其小者、莫不有文、武之道焉。夫子焉不學。而亦何常師之有。」
ゑい公孫朝こうそんてう子貢しこううていはく、仲尼ちうぢいづくにかまなべる。子貢しこういはく、文武ぶんぶみちいまちずしてひとり。賢者けんしやだいなるものしるし、不賢者ふけんしやせうなるものしるす、文武ぶんぶみちらざることなし。夫子ふうしいづくんぞまなばざらむ、しかうしてまたなん常師じやうしこれあらむ。

十九之二三
叔孫武叔語大夫於朝、曰、「子貢賢於仲尼。」子服景伯以吿子貢。子貢曰、「譬之宮牆、賜之牆也及肩、闚見室家之好。夫子之牆數仞、不得其門而入、不見宗廟之美、百官之富。得其門者或寡矣。夫子之云、不亦宜乎。」
叔孫武叔しゆくそんぶしゆく大夫たいふてうげていはく、子貢しこう仲尼ちうぢよりもまされりと。子服景伯しふくけいはくもつ子貢しこうぐ。子貢しこういはく、これ宮牆きうしやうたとふるにしやうかたおよべり、室家しつかきをうかがるべし。夫子ふうししやう數仞すうじんなり、もんらざれば、宗廟そうべう、百くわんめるをず。もんものあるひすくなからむ。夫子ふうしへること、またむべならずや。

十九之二四
叔孫武叔毀仲尼。子貢曰、「無以爲也、仲尼不可毀也。他人之賢者、丘陵也、猶可踰也。仲尼、日月也、無得而踰焉。人雖欲自絕、其何傷於日月乎。多見其不知量也。」
叔孫武叔しゆくそんぶしゆく仲尼ちうぢそしる。子貢しこういはく、もつすことかれ、仲尼ちうぢそしからず。他人たにん賢者けんしや丘陵きうりようなり、ゆべし、仲尼ちうぢ日月じつげつなり、ゆるなし。ひとみづかたむとほつすといへども、なん日月じつげつやぶらむや。おほりやうらざるをる。

十九之二五
陳子禽謂子貢曰、「子爲恭也、仲尼豈賢於子乎。」子貢曰、「君子一言以爲知、一言以爲不知、言不可不愼也。夫子之不可及也、猶天之不可階而升也。夫子之得邦家者、所謂『立之斯立、道之斯行、綏之斯來、動之斯和。其生也榮、其死也哀』。如之何其可及也。」
陳子禽ちんしきん子貢しこうつていはく、きようす、仲尼ちうぢあによりけんならむや。子貢しこういはく、君子くんしは一げんもつし、一げんもつ不知ふちす、ことつつしまざるからざるなり。夫子ふうしおよからざるや、てんかいしてのぼからざるがごとし。夫子ふうし邦家はうかるときははゆるこれつればここち、これみちびけばここき、これやすんずればここきたり、これうごかせばここやはらぎ、くるやえいとし、するやかなしむ。これ如何いかんおよけむや。
堯曰げうゑつだい二十

二十之一
堯曰、「咨。爾舜。天之曆數在爾躬、允執其中。四海困窮、天祿永終。」舜亦以命禹。曰、「予小子履、敢用玄牡、敢昭吿于皇皇後帝、有罪不敢赦。帝臣不蔽、簡在帝心。朕躬有罪、無以萬方。萬方有罪、罪在朕躬。」「周有大賚、善人是富。」「雖有周親、不如仁人。百姓有過、在予一人。」謹權量、審法度、修廢官、四方之政行焉。興滅國、繼絕世、舉逸民、天下之民歸心焉。所重、民、食、喪、祭。寬則得衆、信則民任焉、敏則有功、公則說。
げういはく、ああなんぢしゆんてん曆數れきすうなんぢり。まことちうれ。四かい困窮こんきうせば、天祿てんろくながをはらむ。しゆんまたもつめいず。いはく、われ小子履せうしりあへ玄牡げんぼもちゐて、あへあきらか皇皇くわうくわうたる后帝こうていぐ。つみるをあへゆるさず、帝臣ていしんかくさず、えらぶことていこころり。つみあらば、萬方ばんはうもつてすることけむ。萬方ばんはうつみあらば、つみらむ。しう大賚たいらいり、善人ぜんにんむ。周親しうしんりといへども、仁人じんにんかず。百せいあやまちあるは、われにんり。權量けんりやうつつしみ、法度はふどつまびらかにし、廢官はいくわんをさめて、四はうまつりごとおこなはれむ。滅國めつこくおこし、絕世ぜつせいぎ、逸民いつみんげて、天下てんかたみこころす。おもんずるところ民食みんしよく喪祭さうさいなり。〔寬なれば則ち衆を得、信なれば則ち民任ず、敏なれば則ち功あり、公なれば則ち說ぶ。〕

二十之二
子張問於孔子曰、「何如斯可以從政矣。」子曰、「尊五美、屛四惡、斯可以從政矣。」子張曰、「何謂五美。」子曰、「君子惠而不費、勞而不怨、欲而不貪、泰而不驕、威而不猛。」子張曰、「何謂惠而不費。」子曰、「因民之所利而利之、斯不亦惠而不費乎。擇可勞而勞之、又誰怨。欲仁而得仁、又焉貪。君子無衆寡、無小大、無敢慢、斯不亦泰而不驕乎。君子正其衣冠、尊其瞻視、儼然人望而畏之、斯不亦威而不猛乎。」子張曰、「何謂四惡。」子曰、「不敎而殺謂之虐。不戒視成謂之暴。慢令致期謂之賊。猶之與人也、出納之吝、謂之有司。」
子張しちやう孔子こうしうていはく、何如いかなるここもつまつりごとしたがき。いはく、五たつとび、四あくしりぞけば、ここもつまつりごとしたがし。子張しちやういはく、なにをか五ふ。いはく、君子くんしけいしてつひえず、らうしてうらみず、ほつしてむさぼらず、ゆたかにしておごらず、ありてたけからず。子張しちやういはく、なにをかけいしてつひえずとふ。いはく、たみするところりてこれす、またけいしてつひえざるにあらずや。らうすべきをえらんでこれらうす、またたれうらまむ。じんほつしてじんまたいづくんぞむさぼらむ。君子くんし衆寡しうくわとなく、小大せうだいとなく、あへあなどることなし、またゆたかにしておごらざるにあらずや。君子くんし衣冠いくわんただしうし、瞻視せんしたつとうし、儼然げんぜんとしてひとのぞんでこれおそる、またありてたけからざるにあらずや。子張しちやういはく、なにをか四あくふ。いはく、をしへずしてころす、これぎやくふ、いましめずしてるをる、こればうふ、れいまんにしていたす、これぞくふ、ひとしくひとあたふるに、出納すゐたふやぶさかなる、これ有司いうしふ。

二十之三
子曰、「不知命、無以爲君子也。不知禮、無以立也。不知言、無以知人也。」
いはく、めいらざれば、もつ君子くんしし、れいらざれば、もつつことし、ことらざれば、もつひとることし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)