論語008学而篇第一(8)君子重からざらば

論語学而篇(8)要約:クラスメートに偉そうに振る舞え? バカとは付き合うな? そんなこと孔子先生は言いません。「及ばない者は、助けておやり。」そう諭したのです。長い間、ゑすM風味に誤読されてきた気の毒な一節。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子不重則不威。學則不固。主忠信、無友不如己者。過則勿憚改。」

書き下し

いはく、君子くんしおもからざらばすなはおごそかならざれ。まなばばすなはかたくなならざれ。忠信ちうしんまもり、ともおのれかざるものからしめよ。あやまちてはすなはあらたむるにはばかなかれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「諸君が他人から重く見られないなら〔なおさら〕厳かな態度をつくろうな。学んでも頭が固くならないようにせよ。自分と他人を偽らないようにせよ。勉強の遅れている仲間がいないようにせよ。間違えたら改めるのを恥ずかしいと思うな。」

意訳

論語 孔子 水面キラキラ
塾生活心得五箇条。

  1. 好かれたければ威張るな。
  2. 学をひけらかすな。
  3. 自他共にウソ付くな。
  4. つっかえている学友は教えてやれ。
  5. 間違いを素直に認めろ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「道に志す人は、常に言語動作を慎重にしなければならない。でないと、外見が軽っぽく見えるだけでなく、学ぶこともしっかり身につかない。むろん、忠実と信義とを第一義として一切の言動を貫くべきだ。安易に自分より知徳の劣った人と交っていい気になるのは禁物である。人間だから過失はあるだろうが、大事なのは、その過失を即座に勇敢に改めることだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”諸君”。孔子の弟子に対する呼びかけ。

論語 不 金文 論語 虫払い 不
(金文)

論語の本章では、”~するな”・”~でない”。漢文での否定辞として代表的な語だが、『学研漢和大字典』によると「弗(フツ)(払いのけ拒否する)とも通じる」とあり、『大漢和辞典』の第二義に「なかれ。禁止の辞」とある。

論語 威 金文 論語 威 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”おごそか”・”おどす”。

論語 女 金文 論語 戊 鉞
「女」(金文)

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「女+戊(エツ)(ほこ)」で、か弱い女性を武器でおどすさまを示す。力で上から押さえる意を含む。畏(イ)(こわさに押されおののく)・熨(イ)(ひのしで押しつける)・鬱(ウツ)(押さえこめる)と同系のことばという。

君子不重則不威、學則不固

論語の本章での「君子」は”諸君”。弟子に対する呼びかけ。
論語 君子 諸君

従来の論語解釈では、この句を「君子重からざれば則ち威あらず、学べば則ちかたくなならず」と平叙文に読む。”君子は重々しくないと威厳がない。学んでも偏屈にならない”の意で、つまり従来の解釈では、「君子」とは弟子が目指すべき立派な為政者、貴族のことだ。

しかし主語の「君子」を”諸君”と解した場合にはちぐはぐになる。この場合は孔子がするお説教で、平叙文ではなく”こうしなさい”という命令文。そこでもし弟子が威厳も学問も柔軟さも持ち合わせているなら、孔子が説教することなど無いだろう。

”貴族”か”諸君”かの選択は、本章は孔子の説教だから”諸君”だろう。すると”諸君は重々しくないと威厳がない”は命令文にしようがなく、”重んじられないなら威張るな”と解釈するしかない。孔子が塾内での差別やいじめを誘発するようなことを、言うはずがないからだ。

また論語陽貨篇11では、おごそかな態度をつくろう者を、泥棒同然だと孔子は言っている。

いろきびしくしうちやはらかなるは、これせうじんたとふれば、穿うがうがつ之ぬすびとのごとき

論語 孔子 ぼんやり
表情が険しいのに、内心おびえている者は、これをつまらない人間にたとえるなら、塀に穴を開けて入る泥棒のようなものだろうか。

ハッタリをかますことなく、人前で穏やかに、かつ堂々としていることを孔子は教えた。それが徳=経験や技能によってつちかわれた人の機能であり、徳は道徳や人徳では全くない。詳細は論語における「徳」を参照。

論語 主 金文 論語 主 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”まもる”。『大漢和辞典』の第一義は”あるじ”。

論語 主 解字
『学研漢和大字典』によると象形文字で、﹅は、じっと燃えたつ灯火を描いた象形文字。主は、灯火が燭台の上でじっと燃えるさまを描いたもので、じっとひと所にとまるの意を含む。

住(ひと所にじっとすむ)・駐(とまる)・柱(じっとたつはしら)・注(じっとひと所に水をそそぐ)などに音符として含まれ、同系。また逗留(トウリュウ)の逗(とどまる)と縁が近い、という。

論語 如 甲骨文 論語 如 字解
(甲骨文)

論語の本章では”~のようにすること”。『大漢和辞典』の第一義は”ごとくす”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「口+〔音符〕女」。もと、しなやかにいう、柔和に従うの意。ただし、一般には、若とともに、近くもなく遠くもない物をさす指示詞に当てる。

「A是B」とは、AはとりもなおさずBだの意で、近称の是を用い、「A如B(AはほぼBに同じ、似ている)」という不即不離の意を示すには中称の如を用いる。仮定の条件を指示する「如(モシ)」も、現場にないものをさす働きの一用法である、という。

一方『字通』によると「女+口」は同じだが、口は祝詞を収めた口さい器。巫女がトウ文を前にして祈る形で、手をかざして舞った場合は「若」(ごとし、と読む)という。巫女によって示された神意の「ごとく」に従うこと。卜辞に「王は其れはからんか」とあるのがその一例。

無友不如己者

論語 友 金文 論語 友 解字
「友」(金文)

論語の本章では、”自分に及ばない者を無くせ”。

伝統的な論語解釈では、「己にしかざる者を友とするなかれ」と読み、”自分より出来の悪い者は友人にするな”と解釈する。文法的には誤りではないが、これも差別やいじめを助長するから、孔子の意図した意味とは異なっているだろう。

不如己者。己にしかざる者を友とするなかれ。
友不如己者。友の己にしかざる者なからしめよ

要するに、伝統的論語解釈では「友」を動詞の”友とする”と読み、訳者は「無」を動詞の”無くす”と読むかの違いだが、「友」を動詞に読むのは原義ではなく、派生義。『大漢和辞典』にも”友とする”の語義は載っているが、典拠は論語の本章のみ。

確かに論語公冶長篇24うらみをかくの人を友とす」のように、動詞と解するしかない場合はある。しかし本章では必ずしもその必要は無い。さらに『学研漢和大字典』によると、日本語の「なし」は形容詞であるが、漢語では「無」は動詞である、という。

さらに『学研漢和大字典』によると、「友」の原義は、腕を差し出して互いにかばい合う仲間だという。かばい合う仲間にも入会審査を厳しくしろということだろうか? それより、仲間だから手助けしてやれ、と解した方がいいだろう。

勿(ブツ)

論語 勿 甲骨文 論語 勿 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”~するな”。『大漢和辞典』の第一義は”旗”。

論語 勿 解字
『学研漢和大字典』によると象形文字で、さまざまな色の吹き流しの旗を描いたもの。色が乱れてよくわからない意を示す。転じて、広く「ない」という否定詞となり、「そういう事がないように」という禁止のことばとなった。

昒(コツ)(暗くて見えない)・忽(コツ)(心がぼんやりして、よくわからない)と同系のことばという。

憚(タン)

論語 憚 金文 論語 憚 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”いやがり、苦しむこと”。『大漢和辞典』の第一義は”はばかる”。

論語 単 解字
『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、單(タン)(=単)は、薄く平らなはたきを描いた象形文字で、撣(タン)(ぱたぱたたたく)の原字。憚は「忄(=心)+〔音符〕單」で、心が薄く平らで、上下に震えること。

戦栗(センリツ)の戦(=戰。ふるえる)・顫(セン)(ふるえる)と同系のことばという。

論語:解説・付記

従来訳の通り、「君子はもっともらしい態度を作れ」と解するのは古注(『論語義疏』)からで、朱子の新注(『論語集注』)も同様。「劣りと付き合うな」は、古注は前句と結びつけて「信用できないから付き合うな」、新注は「仁の養成に役立たないから付き合うな」という。

従って現在も大半の解釈は従来訳の通りだが、「態度を作れ」は「巧言令色」(論語学而篇3)と矛盾し、「付き合うな」は「有朋遠方来」(論語学而篇1)と矛盾する。孔子が年齢も身分も出身国も違う弟子をまとめるに当たって、差別を奨励しては学級崩壊が起こるだろう。

だから従来の論語解釈には賛成できない。まして孔子一門は単なる本の虫の集まりではなく革命政党でもあり、戦時の出陣に備え武芸も必須科目に入っているから、一度仲間割れが起こればただ事では済まない。それに孔子存命中、一門の結束がゆるんだ記録は見あたらない。

さらに、孔子が教えたのは一説に三千人という。中国らしい「白髪三千丈」式のハッタリとしても、孔子一人で塾生全部の面倒が見られるわけがない。従って弟子から助教を取らざるを得ないわけで、「つっかえている学友は教えてや」るしかないだろう。

孔子が塾内の雰囲気をよく保つために、いかに心を砕いたかは、例えば下記論語先進篇14にも見える。劣っているからといってからかいたがるのは若者の常だが、孔子は事の発端が自分であっても、塾内にいじめの兆しを見ると、すぐさま火消しにかかる教師だった。

論語 子路
子路「♪ジャジャジャーン!」
孔子「子路や、お前の琴にはうんざりするな。いっそよそで弾いてくれんか。ウチで弾かれると恥になる。」
弟弟子「子路さんってボンクラだよね-。」「ねー。」
孔子「こりゃお前達。子路は基礎は出来ておるんだ。奥義を知らないだけだぞ。」

また顔回を弟子でありながら畏敬した理由の一つは、顔回が入門してから、塾内の雰囲気を和ませたことにあるだろう(「われ回をえてより後、門人ますます親しむ」『史記』仲尼弟子列伝)。これはいかに弟子同士の悪感情を取り除くかに、孔子が腐心したかの表れでもある。

さて既存の論語本では吉川本に、論語では矛盾を「惑」と呼ぶと言う。また「態度を作るな」と荻生徂徠も読んだと言う。しかし「付き合うな」は徂徠も同様という。その他、誰それがこう解釈したと諸説を載せる。吉川博士自身は朱子に賛成のように読める。
論語 朱子 論語 吉川幸次郎

さらに吉川本によれば、伊藤仁斎も荻生徂徠も「君子」を”諸君”という呼びかけに解しておらず、それゆえ本章の塾生心得五箇条が、ぶつ切りのように思えるのだそうだ。仁斎はこれにつき、「異なった時間に孔子が言ったことを、一つにまとめたのだ」と書いているらしい。

しかしぶつ切りで相互に矛盾するように見えるのは、孔子が仁を説きながら差別を助長したように読むからで、ここからも古注新注江戸儒者教授先生方ともに、誤訳をしていると言っていい。何か変だと思ったら、学んだことにこだわらず考え直せばいいと本章にあるのだが。

これは確信犯の朱子を除き、儒者の頭が固いと言うよりも、多分政治経済的事情で、言い出せなかったと想像する。孔子の時代は、その教説は儒学だったが、漢代に国教化されると儒教になった。儒者はその儒教の司祭だから、宗教的狂熱から自由ではいられなかったのだ。

なお訳者が「君子」を固定した意味ではなく、時に”諸君”という呼びかけに解しているのは、宮崎本による。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)