論語憲問篇第十四(原文・読み下し)

1

憲問恥。子曰、「邦有道、穀。邦無道、穀、恥也。」
けんはぢふ。いはく、くにみちあればこくす。くにみちなきにこくするははぢなり。

2

「克、伐、怨、欲、不行焉、可以爲仁矣。」子曰、「可以爲難矣、仁則吾不知也。」
こくばつゑんよくおこなはれざる、もつよきひときや。いはく、もつかたしとし。よきひとすなはわれらざるなり。

3

子曰、「士而懷居、不足以爲士矣。」
いはく、もののふにしてきよおもふは、もつもののふたるにらず。

4

子曰、「邦有道、危言危行。邦無道、危行言孫。」
いはく、くにみちあれば、ことただしくし、おこなひただしくす、くにみちなければ、おこなひただしくしことしたがふ。

5

子曰、「有德者必有言、有言者不必有德。仁者必有勇、勇者不必有仁。」
いはく、とくあるものかならげんあり、げんあるものは、かならずしもとくあらず。仁者じんしやかならゆうあり、勇者ゆうしやかならずしもよきひとあらず。

6

南宮适問於孔子曰、「羿善射、奡盪舟、俱不得其死然。禹稷躬稼而有天下。」夫子不答。南宮适出、子曰、「君子哉若人。尙德哉若人。」
南宮适なんきうかつ孔子こうしふていはく、羿げいがうふねうごかす、ともず。禹稷うしよくみづかたがやして天下てんかたもつと。夫子ふうしこたへず、南宮适なんきうかつづ。いはく、君子もののふなるかなかくのごとひととくたつとぶかなかくのごとひと

7

子曰、「君子而不仁者有矣夫。未有小人而仁者也。」
いはく、君子もののふにしてよきひとならざるものらむ。いま小人ただびとにしてよきひとなるものあらず。

8

子曰、「愛之、能勿勞乎。忠焉、能勿誨乎。」
いはく、これあいしてはらうすることなからむか、ちうならばをしふることなからむか。

9

子曰、「爲命、裨諶草創之、世叔討論之、行人子羽修飾之、東里子產潤色之。」
いはく、めいつくるに、裨諶ひじんこれ草創さうさうし、世叔せいしゆくこれ討論たうろんし、行人かうじん子羽しうこれ修飾しうしよくし、東里とうり子產しさんこれ潤色じゆんしよくせり。

10

或問子產、子曰、「惠人也。」問子西。曰、「彼哉彼哉。」問管仲。曰、「人也、奪伯氏騈邑三百、飯疏食、沒齒、無怨言。」
あるひと子產しさんふ。いはく、惠人けいじんなり。子西しせいふ。いはく、かれなるかなやかれなるかなや。管仲くわんちうふ。いはく、ひとなり。伯氏はくし騈邑べんいう三百をうばふ。疏食そしくらひ、よはひぼつするまで怨言ゑんげんかりき。

11

子曰、「貧而無怨、難。富而無驕、易。」
いはく、まづしうしてうらむことからしむるはかたし、みておごることからしむるはやすし。

12

子曰、「孟公綽、爲趙、魏老則優、不可以爲滕、薛大夫。」
いはく、孟公綽まうこうしやくは、趙魏てうぎらうたらばすなはいうなれども、もつ滕薛とうせつ大夫たいふたるべからず。

13

子路問成人。子曰、「若臧武仲之知、公綽之不欲、卞莊子之勇、冉求之藝、文之以禮樂、亦可以爲成人矣。」曰、「今之成人者、何必然。見利思義、見危授命、久要不忘平生之言、亦可以爲成人矣。」
子路しろ成人せいじんふ。いはく、臧武仲ざうぶちう公綽こうしやく不欲ふよく卞莊子べんさうしゆう冉求ぜんきうげいごとくにして、これかざるに禮樂れいがくもつてせば、またもつ成人せいじんし。いはく、いま成人せいじんは、なんかならずしもしからむ。ためおもひ、あやふきをめいさづけ、久要きうえう平生へいぜいことわすれざれば、またもつ成人せいじんし。

14

子問公叔文子於公明賈、曰、「信乎。夫子不言不笑不取乎。」公明賈對曰、「以吿者過也。夫子時然後言、人不厭其言。樂然後笑、人不厭其笑。義然後取、人不厭其取。」子曰、「其然。豈其然乎。」
公叔文子こうしゆくぶんし公明賈こうめいかふていはく、まことなるか、夫子ふうしはず、わらはず、らずとは。公明賈こうめいかこたへていはく、もつぐるものあやまてり。夫子ふうしときにしてしかのちふ、ひとふことをいとはず、たのしくしてしかのちわらふ、ひとわらふことをいとはず、にしてしかのちる、ひとることをいとはずと。いはく、しからむ、あにしからむや。

15

子曰、「臧武仲以防、求爲後於魯、雖曰不要君、吾不信也。」
いはく、臧武仲ざうぶちうばうもつのちてむことをもとむ。きみえうせずとふといへども、われしんぜざるなり。

16

子曰、「晉文公譎而不正、齊桓公正而不譎。」
いはく、しん文公ぶんこういつはつてただしからず、せい桓公くわんこうただしうしていつはらず。

17

子路曰、「桓公公子糾、召忽死之、管仲不死。」曰、「未仁乎。」子曰、「桓公九合諸侯、不以兵車、管仲之力也。如其仁。如其仁。」
子路しろいはく、桓公くわんこう公子糾こうしきうころす、召忽せうこつこれし、管仲くわんちうせず。いはく、いまよきひとならざるか。いはく、桓公くわんこう諸侯しよこう九合きうがふするに、兵車へいしやもつてせざるは、管仲くわんちうちからなり。よきひとかむや、よきひとかむや。

18

子貢曰、「管仲非仁者與。桓公公子糾、不能死、又相之。」子曰、「管仲相桓公、霸諸侯、一匡天下、民到于今受其賜。微管仲、吾其被髮左衽矣。豈若匹夫匹婦之爲諒也、自經於溝瀆、而莫之知也。」
子貢しこういはく、管仲くわんちう仁者じんしやあらざるか、桓公くわんこう公子糾こうしきうころすとき、することあたはず、またこれたすけたり。いはく、管仲くわんちう桓公くわんこうたすけて諸侯しよこうたらしめ、天下てんかを一きやうし、たみいまいたるまでたまものく。管仲くわんちうなかりせば、われかみかうむじんひだりにせむ。匹夫ひつぷ匹婦ひつぷまことすや、みづか溝瀆こうとくくびれてこれるものきがごとくならむや。

19

公叔文子之臣大夫僎、與文子同升諸公。子聞之曰、「可以爲文矣。」
公叔文子こうしゆくぶんししん大夫僎たいふせん文子ぶんしおなじくこうのぼる。これいていはく、もつぶんすべし。

20

子言衞靈公之無道也。康子曰、「夫如是、奚而不喪。」孔子曰、「仲叔圉治賓客、祝鮀治宗廟、王孫賈治軍旅。夫如是、奚其喪。」
ゑい靈公れいこう無道ぶだうふ。康子かうしいはく、かくごとくば、いかにしてかうしなはざる。孔子こうしいはく、仲叔圉ちうしゆくぎよ賓客ひんかくをさめ、祝鮀しゆくだ宗廟そうべうをさめ、王孫賈わうそんか軍旅ぐんりよをさむ。かくごとくば、なんうしなはむ。

21

子曰、「其言之不怍、則爲之也難。」
いはく、ことぢざるは、すなはこれすやかたし。

22

陳成子弒簡公。孔子沐浴而朝、吿於哀公曰、「陳恆弒其君、請討之。」公曰、「吿夫三子。」孔子曰、「以吾從大夫之後、不敢不吿也。君曰、『吿夫三子』者。」之三子吿、不可。孔子曰、「以吾從大夫之後、不敢不吿也。」
陳成子ちんせいし簡公かんこうしいす。孔子こうし沐浴もくよくしててうし、哀公あいこうげていはく、陳恆ちんこうきみしいす、これたむ。こういはく、の三げよと。孔子こうしいはく、大夫たいふしりへしたがへるをもつて、あへげずんばあらざるなり。きみいはく、の三げよとは。三いてぐ、かず。孔子こうしいはく、大夫たいふしりへしたがへるをもつて、あへげずんばあらざるなり。

23

子路問事君、子曰、「勿欺也、而犯之。」
子路しろきみつかふることをふ。いはく、あざむくことなかれ、しかうしてこれおかせ。

24

子曰、「君子上達、小人下達。」
いはく、君子もののふ上達じやうたつす、小人ただびと下達かたつす。

25

子曰、「古之學者爲己、今之學者爲人。」
いはく、いにしへ學者がくしやおのれためにす、いま學者がくしやひとためにす。

26

蘧伯玉使人於孔子、孔子與之坐而問焉。曰、「夫子何爲。」對曰、「夫子欲寡其過而未能也。」使者出。子曰、「使乎。使乎。」
蘧伯玉きよはくぎよくひと孔子こうし使つかひす。孔子こうしこれあたへてうていはく、夫子ふうしなにをかす。こたへていはく、夫子ふうしあやまちすくなうせむとほつしていまあたはざるなり。使者ししやづ。いはく、使つかひなるかな、使つかひなるかな。

27

子曰、「不在其位、不謀其政。」〔重出、見泰伯篇第十四章。〕
いはく、くらゐらざれば、まつりごとはからず。

28

曾子曰、「君子思不出其位。」
曾子そうしいはく、君子もののふおもふことくらゐでず。

29

子曰、「君子恥其言而過其行。」
いはく、君子もののふことおこなひぐるをづ。

30

子曰、「君子道者三、我無能焉、仁者不憂、知者不惑、勇者不懼。」子貢曰、「夫子自道也。」
いはく、君子もののふみちは三、われくすることし。仁者じんしやうれへず、知者ちしやまどはず、勇者ゆうしやおそれず。子貢しこういはく、夫子ふうしみづかふなり。

31

子貢方人。子曰、「賜也、賢乎哉。夫我則不暇。」
子貢しこうひとたくらぶ。いはく、けんなるかな。われすなはいとまあらず。

32

子曰、「不患人之不己知、患其不能也。」
いはく、ひとをさめざるをうれへず、不能ふのうなるをうれふ也。

33

子曰、「不逆詐、不億不信、抑亦先覺者、是賢乎。」
いはく、いつはりむかへず、しんならざるをおもはず、抑〻そもそもたやすさきさとものは、けんなるか。

34

微生畝謂孔子曰、「丘、何爲是栖栖者與。無乃爲佞也乎。」孔子曰、「非敢爲佞也、疾固也。」
微生畝びせいほ孔子こうしひていはく、きうなん栖栖せいせいたるものをすか無乃むしろねいすか。孔子こうしいはく、あへねいすにあらざるなり、めばなり。

35

子曰、「驥不稱其力、稱其德也。」
いはく、はそのちからたたへず、とくたたふ。

36

或曰、「以德報怨、何如。」子曰、「何以報德。以直報怨、以德報德。」
るひといはく、とくもつうらみむくいば如何いかんいはく、なにもつとくむくいむ。ちよくもつうらみむくい、とくもつとくむくゆ。

37

子曰、「莫我知也夫。」子貢曰、「何爲其莫知子也。」子曰、「不怨天、不尤人、下學而上達、知我者、其天乎。」
いはく、われることきかな、子貢しこういはく、なんすれぞることきや。いはく、てんうらまず、ひととがめず。下學かがくして上達じようたつす。われものてんか。

38

公伯寮愬子路於季孫、子服景伯以吿、曰、「夫子固有惑志於公伯寮、吾力猶能肆諸市朝。」子曰、「道之將行也與、命也。道之將廢也與、命也。公伯寮其如命何。」
公伯寮こうはくれう子路しろ季孫きそんうつたふ。子服景伯しふくけいはくもつげていはく、夫子ふうしもとより公伯寮こうはくれう惑志わくしあり、ちからこれ市朝してうさらさむと。いはく、みちまさおこなはれむとするや、めいなり。みちまさすたれむとするや、めいなり。公伯寮こうはくれうめい何如いかん

39

子曰、「賢者辟世、其次辟地、其次辟色、其次辟言。」
いはく、賢者けんじやく、つぎく、つぎいろく、つぎことく。

40

子曰、「作者七人矣。」
いはく、作者さくしやにん

41

子路宿於石門。晨門曰、「奚自。」子路曰、「自孔氏。」曰、「是知其不可而爲之者與。」
子路しろ石門せきもん宿やどる。晨門しんもんいはく、いづれよりすと。子路しろいはく、孔氏こうしよりす。いはく、不可ふかりてこれものならむや。

42

子擊磬於衞。有荷蕢者而過孔氏之門者、曰、「有心哉。擊磬乎。」既而曰、「鄙哉、硜硜乎。莫己知也、斯已而已矣。『深則厲、淺則揭。』」子曰、「果哉。末之難矣。」
けいゑいつ。になうて孔氏こうしもんぐるものあり、いはく、こころあるかなけいつや。すでにしていはく、なるかな硜硜乎かうかうこたり。おのれるなくばおのれのみ。ふかければすなはれいし、あさければすなはけいすと。いはく、くわなるかな、これかたしとすることなしと。

43

子張曰、「書云、高宗諒陰、三年不言。何謂也。」子曰、「何必高宗、古之人皆然。君薨、百官總己以聽於冢宰、三年。」
子張しちやういはく、しよいはく、高宗かうそう諒陰りやうあんねんものいはずと、なんいひぞや。いはく、なんかならずしも高宗かうそうのみならむ、いにしへひとみなしかり。きみこうずれば、百くわんおのれべてもつ冢宰ちようさいくこと三ねん

44

子曰、「上好禮、則民易使也。」
いはく、かみゐやこのめば、すなはたみ使つかやすし。

45

子路問君子。子曰、「修己以敬。」曰、「如斯而已乎。」曰、「修己以安人。」曰、「如斯而已乎。」曰、「修己以安百姓。修己以安百姓、堯舜其猶病諸。」
子路しろ君子もののふふ。いはく、おのれをさめてもつけいいはく、かくごときのみか。いはく、おのれをさめてもつひとやすんず、いはく、かくごときのみか。いはく、おのれをさめてもつて百せいやすんず。おのれをさめてもつて百せいやすんずるは、堯舜げうしゆんめり。

46

原壤夷俟。子曰、「幼而不孫弟、長而無述焉、老而不死、是爲賊。」以杖叩其脛。
原壤げんじやうしてつ。いはく、えうにして孫弟そんていならず、ちやうじてぶることく、いてせざる、これぞくすと。つゑもつはぎたたく。

47

闕黨童子將命。或問之曰、「益者與。」子曰、「吾見其居於位也、見其與先生竝行也、非求益者也、欲速成者也。」
闕黨けつたう童子どうじめいおこなふ。るひとこれうていはく、益者えきしやか。いはく、われくらゐるをるなり、先生せんせいならくをるなり。えきもとむるものあらざるなり、すみやからむともとむるものなり。



広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする