論語衞靈公篇第十五(原文・読み下し)

1

衞靈公問陳於孔子。孔子對曰、「俎豆之事、則嘗聞之矣。軍旅之事、未之學也。」明日遂行。在陳絕糧。從者病、莫能興。子路慍見曰、「君子亦有窮乎。」子曰、「君子固窮、小人窮斯濫矣。」
ゑい靈公れいこうぢん孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、俎豆そとうことすなはかつこれけり、軍旅ぐんりよこといまこれまなばずと。明日みやうにちつひる。ちんりてりやうてり、從者じゆうしやみてし。子路しろうらまみえていはく、君子くんしまたきうすることあるか。いはく、君子くんし固窮こきうす、小人せうじんきうすればここらんす。

2

子曰、「賜也、女以予爲多學而識之者與。」對曰、「然、非與。」曰、「非也、予一以貫之。」
いはく、や、なんぢわれもつおほまなびてこれしるものすか。こたへていはく、しかり。なるか。いはく、なり。われもつこれつらぬく。

3

子曰、「由、知德者鮮矣。」
いはく、いうや、とくものすくなし。

4

子曰、「無爲而治者、其舜也與。夫何爲哉。恭己正南面而已矣。」
いはく、無爲むゐにしてをさまれるものは、しゆんなるか。なにをかさむや、おのれうやうやしうしてただしく南面なんめんせるのみ。

5

子張問行。子曰、「言忠信、行篤敬、雖蠻貊之邦行矣。言不忠信、行不篤敬、雖州里行乎哉。立、則見其參於前也。在輿、則見其倚於衡也。夫然後行。」子張書諸紳。
子張しちやうおこなはれむことをふ。いはく、こと忠信ちうしんおこなひ篤敬とくけいならば、蠻貊ばんぱくくにいへどおこなはれむ。こと忠信ちうしんならず、おこなひ篤敬とくけいならざれば、州里しうりいへどおこなはれむや。てばすなはまへまつはるを輿りてはすなはかうるをる、しかのちおこなはる。子張しちやうこれしんしよす。

6

子曰、「直哉史魚。邦有道、如矢。邦無道、如矢。君子哉蘧伯玉。邦有道、則仕。邦無道、則可卷而懷之。」
いはく、ちよくなるかな史魚しぎよくにみちあるもごとく、くにみちなきもごとし。君子くんしなるかな蘧伯玉きよはくぎよくくにみちあればすなはつかへ、くにみちなければすなはいてこれふところにすし。

7

子曰、「可與言、而不與之言、失人。不可與言、而與之言、失言。知者不失人、亦不失言。」
いはく、ともくしてこれはざればひとうしなふ、ともからずしてこれへばことうしなふ。知者ちしやひとうしなはず、またことうしなはず。

8

子曰、「志士仁人、無求生以害仁、有殺身以成仁。」
いはく、志士しし仁人じんじんは、せいもとめてもつじんがいすることし、ころしてもつじんすことり。

9

子貢問爲仁。子曰、「工欲善其事、必先利其器。居是邦也、事其大夫之賢者、友其士之仁者。」
子貢しこうじんすことをふ。いはく、こうことくせむとほつせば、かならくす。くにては大夫たいふ賢者けんしやつかへ、仁者じんしやともとす。

10

顏淵問爲邦。子曰、「行夏之時、乘殷之輅、服周之冕、樂則韶舞。放鄭聲、遠佞人。鄭聲淫、佞人殆。」
顏淵がんえんくにをさむることをふ。いはく、ときおこなひ、いんり、しうべんふくし、がくすなは韶舞せうぶをし、鄭聲ていせいはなち、佞人ねいじんとほざけよ。鄭聲ていせいいんなり、佞人ねいじんあやふし。

11

子曰、「人無遠慮、必有近憂。」
いはく、ひと遠慮ゑんりよなければ、かなら近憂きんいうあり。

12

子曰、「已矣乎。吾未見好德如好色者也。」
いはく、んぬるかな、われいまとくこのむこといろこのむがごとものざるなり。

13

子曰、「臧文仲、其竊位者與。知柳下惠之賢、而不與立也。」
いはく、臧文仲ざうぶんちうくらゐぬすめるものか。柳下惠りうかけいけんりて、ともたざるなり。

14

子曰、「躬自厚、而薄責於人、則遠怨矣。」
いはく、みづかあつうして、うすひとむるときは、すなはうらみとおざかる。

15

子曰、「不曰『如之何、如之何』者、吾末如之何也已矣。」
いはく、これ如何いかにせむ、これ如何いかにせむとはざるものは、われこれ如何いかにともするなきのみ。

16

子曰、「群居終日、言不及義、好行小慧、難矣哉。」
いはく、群居ぐんきよ終日しうじつことおよばず、このんで小慧せうけいおこなふ、かたいかな。

17

子曰、「君子義以爲質、禮以行之、孫以出之、信以成之。君子哉。」
いはく、君子くんしもつしつし、れいもつこれおこなひ、そんもつこれいだし、しんもつこれす。君子くんしなるかな。

18

子曰、「君子病無能焉、不病人之不己知也。」
いはく、君子くんしくすることきをうれふ、ひとおのれらざるをうれへず。

19

子曰、「君子疾沒世而名不稱焉。」
いはく、君子くんしぼつしてしようせられざるをにくむ。

20

子曰、「君子求諸己、小人求諸人。」
いはく、君子くんしこれおのれもとむ、小人せうじんこれひともとむ。

21

子曰、「君子矜而不爭、群而不黨。」
いはく、君子くんしきようにしてあらそはず、ぐんしてたうせず。

22

子曰、「君子不以言舉人、不以人廢言。」
いはく、君子くんしこともつひとげず、ひともつことはいせず。

23

子貢問曰、「有一言而可以終身行之者乎。」子曰、「其恕乎。己所不欲、勿施於人。」
子貢しこうふていはく、一げんにしてもつ終身しゆうしんこれおこなものありや。いはく、じよか。おのれほつせざるところひとほどこなかれ。

24

子曰、「吾之於人也、誰毀誰譽。如有所譽者、其有所試矣。斯民也、三代之所以直道而行也。」
いはく、われひとけるや、たれをかそしたれをかめむ。むるところあるものは、こころみるところあり。たみや三だい直道ちよくだうにしておこな所以ゆゑんなり。

25

子曰、「吾猶及史之闕文也、有馬者、借人乘之。今亡矣夫。」
いはく、われ闕文けつぶんおよべり。うまあるものひとりてこれらしむ。いまきかな。

26

子曰、「巧言亂德、小不忍、則亂大謀。」
いはく、巧言かうげんとくみだる。すこしくしのびざればすなは大謀たいばうみだる。

27

子曰、「衆惡之、必察焉。衆好之、必察焉。」
いはく、しうこれにくむもかならさつし、しうこれよみするもかならさつす。

28

子曰、「人能弘道、非道弘人。」
いはく、ひとみちひろむ。みちひとひろむるにあらず。

29

子曰、「過而不改、是謂過矣。」
いはく、あやまちてあらためざる、これあやまちふ。

30

子曰、「吾嘗終日不食、終夜不寑、以思。無益、不如學也。」
いはく、われかつ終日しうじつくらはず、終夜しうやねずして、もつおもふ。えきなかりき。まなぶにかざるなり。

31

子曰、「君子謀道不謀食。耕也、餒在其中矣。學也、祿在其中矣。君子憂道不憂貧。」
いはく、君子くんしみちはかりて、しよくはからず。たがやすやうゑうちり、まなぶや祿ろくうちり。君子くんしみちうれへて、まづしきをうれへず。

32

子曰、「知及之、仁不能守之、雖得之、必失之。知及之、仁能守之。不莊以蒞之、則民不敬。知及之、仁能守之、莊以蒞之。動之不以禮、未善也。」
いはく、これおよべども、じんこれまもることあたはざれば、これいへどかならこれうしなふ。これおよび、じんこれまもれども、さうもつこれのぞまざれば、すなはたみけいせず。これおよび、じんこれまもり、さうもつこれのぞめども、これうごかすにれいもつてせざれば、いまからざるなり。

33

子曰、「君子不可小知、而可大受也。小人不可大受、而可小知也。」
いはく、君子くんしすこしくるべからずして、おほいくべし、小人せうじんおほいくべからずして、すこしくるべし。

34

子曰、「民之於仁也、甚於水火。水火、吾見蹈而死者矣、未見蹈仁而死者也。」
いはく、たみじんけるや、水火すゐくわよりはなはだし。水火すゐくわわれんでするものる、いまじんんでするものざるなり。

35

子曰、「當仁、不讓於師。」
いはく、じんあたりてはゆずらず。

36

子曰、「君子貞而不諒。」
いはく、君子くんしていにしてりやうならず。

37

子曰、「事君、敬其事而後其食。」
いはく、きみつかふるには、ことけいしてしよくのちにす。

38

子曰、「有敎無類。」
いはく、をしへあり、るゐなし。

39

子曰、「道不同、不相爲謀。」
いはく、みちおなじからざれば、あひためはからず。

40

子曰、「辭、達而已矣。」
いはく、ことばたつするのみ。

41

師冕見。及階、子曰、「階也。」及席、子曰、「席也。」皆坐、子吿之曰、「某在斯、某在斯。」師冕出、子張問曰、「與師言之道與。」子曰、「然、固相師之道也。」
べんまみゆ。かいおよべば、いはく、かいなりと。せきおよべば、いはく、せきなりと。みなせば、これげていはく、それがしここり、それがしここりと。べんづ。子張しちやううていはく、ふのみちか。いはく、しかり、もとよりたすくるのみちなり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)