論語八佾篇第三(原文・読み下し)

1

孔子謂季氏、「八佾舞於庭。是可忍也、孰不可忍也。」
孔子こうし季氏きしふ。はついつにははす、れをもしのぶべくば、いづれかしのぶべからざらん。

2

三家者、以雍徹。子曰、「『相維辟公、天子穆穆。』奚取於三家之堂。」
三家さんかようもつてつす。いはく、たすくるは辟公へきこう天子てんし穆穆ぼくぼくたり、なんぞ三だうらん。

3

子曰、「人而不仁、如禮何。人而不仁、如樂何。」
いはく、ひとにして不仁ふじんならば、れい如何いかんせん、ひとにして不仁ふじんならば、がく如何いかんせん。

4

林放問禮之本。子曰、「大哉問。禮、與其奢也、寧儉。喪、與其易也、寧戚。」
林放りんはうれいもとふ。いはく、だいなるかなとひれいおごらんよりはむしけんせよ。をさまらんよりはむしいためよ。

5

子曰、「夷狄之有君、不如諸夏之亡也。」
いはく、夷狄いてききみあるは、諸夏しよかきにかず。

6

季氏旅於泰山。子謂冉有曰、「女弗能救與。」對曰、「不能。」子曰、「嗚呼。曾謂泰山不如林放乎。」
季氏きし泰山たいざんりよせんとす。冉有ぜんいうつていはく、なんぢすくふことあたはざるか。こたへていはく、あたはずと。いはく、嗚呼ああかつ泰山たいざん林放りんはうごとからずとひしをと。

7

子曰、「君子無所爭、必也射乎。揖讓而升、下而飮、其爭也君子。」
いはく、君子くんしあらそところし、かならずやしやか、揖讓いうじやうして升下しようかし、しかうしてむ、あらそひ君子くんしなり。

8

子夏問曰、「『巧笑倩兮、美目盼兮、素以爲絢兮。』何謂也。」子曰、「繪事後素。」曰、「禮後乎。」子曰、「起予者商也、始可與言《詩》已矣。」
子夏しかうていはく、巧笑かうせうせんたり、美目びもくへんたり、もつあやすとは、なんいひぞや。いはく、くわいことのちにすと。いはく、れいのちかと。いはく、おこものしやうなり、はじめてともふべきのみと。

9

子曰、「夏禮、吾能言之、杞不足徵也。殷禮、吾能言之、宋不足徵也。文獻不足故也、足、則吾能徵之矣。」
いはく、れいわれこれへども、しるしとするにらざるなり。いんれいわれこれへども、そうしるしとするにらざるなり。文獻ぶんけんらざるがゆゑなり。らばすなはわれこれしるしとせむ。

10

子曰、「禘自既灌而往者、吾不欲觀之矣。」
いはく、ていすでくわんしてより而往のちは、われこれることをほつせず。

11

或問「禘」之說。子曰、「不知也。知其說者之於天下也、其如示諸斯乎。」指其掌。
るひとていせつふ。いはく、らざるなり。せつもの天下てんかけるや、これここしめすがごときかといひて、たなごころゆびさせり。

12

祭如在、祭神如神在。子曰、「吾不與祭、如不祭。」
まつるにいますがごとくし、しんまつるにしんいますがごとくす。いはく、われまつりあづからざるは、まつらざるがごとくなればなり。

13

王孫賈問曰、「『與其媚於奧、寧媚於竈。』何謂也。」子曰、「不然。獲罪於天、無所禱也。」
王孫賈わうそんかうていはく、あうびんよりは、むしかまどびよと、なんいひぞや。いはく、しからず、つみてんればいのところなしと。

14

子曰、「周監於二代、郁郁乎文哉。吾從周。」
いはく、しうは二だいかんがみて、郁郁乎いくいくことしてぶんなるかな。われしうしたがふと。

15

子入太廟、每事問。或曰、「孰謂鄹人之子知禮乎。入太廟、每事問。」子聞之曰、「是禮也。」
太廟たいべうりて事每ことごとふ、るひといはく、たれ鄹人すうひとれいるとふか、太廟たいべうりて事每ことごとふと。これいていはく、れいなりと。

16

子曰、「射不主皮、爲力不同科、古之道也。」
いはく、しやかはあてどとせず、ちからしなおなじうせざるがためなり、いにしへみちなり。

17

子貢欲去吿朔之餼羊。子曰、「賜也。爾愛其羊、我愛其禮。」
子貢しこう吿朔こくさく餼羊きやうらむとほつす。いはく、や、なんぢひつじをしむ、われれいをしむと。

18

子曰、「事君盡禮、人以爲諂也。」
いはく、きみつかふるにれいつくせば、ひともつへつらひとすなり。

19

定公問、「君使臣、臣事君、如之何。」孔子對曰、「君使臣以禮、臣事君以忠。」
定公ていこうふ、きみしん使つかひ、しんきみつかふること、これ如何いかん孔子こうしこたへていはく、きみしん使つかふにれいもつてし、しんきみつかふるにちうもつてす。

20

子曰、「關雎、樂而不淫、哀而不傷。」
いはく、關雎くわんしよたのしんでいんせず、かなしんでやぶらず。

21

哀公問社於宰我。宰我對曰、「夏后氏以松、殷人以柏、周人以栗。曰、『使民戰栗。』子聞之、曰、「成事不說、遂事不諫、既往不咎。」
哀公あいこうしや宰我さいがふ。宰我さいがこたへていはく、夏后氏かこうししようもつてす、殷人いんびとはくもつてす、周人しうひとりつもつてす、いはたみをして戰慄せんりつせしむと。これいていはく、成事せいじかず、遂事すゐじいさめず、既往きわうとがめずと。

22

子曰、「管仲之器小哉。」或曰、「管仲儉乎。」曰、「管氏有三歸、官事不攝、焉得儉。」「然則管仲知禮乎。」曰、「邦君樹塞門、管氏亦樹塞門。邦君爲兩君之好、有反坫、管氏亦有反坫。管氏而知禮、孰不知禮。」
いはく、管仲くわんちううつわせうなるかな。るひといはく、管仲くわんちうけんなるか。いはく、管氏くわんしあり、くわんことねず、いづくんぞけんなるをむと。しからばすなは管仲くわんちうれいるか。いはく、邦君はうくんじゆしてもんふさぐ、菅氏くわんしまたじゆしてもんふさぐ。邦君はうくん兩君りやうくんよしみすに反坫はんてんあり、菅氏くわんしまた反坫はんてんあり。菅氏くわんしにしてれいらば、たれれいらざらむ。

23

子語魯大師樂、曰、「樂其可知也。始作、翕如也。從之、純如也、皦如也、繹如也。以成。」
大師たいしがくげていはく、がくきなり、はじおこすとき翕如きふじよたり、これはなつとき純如じゆんじよたり、皦如けうじよたり、繹如えきじよたり、もつると。

24

儀封人請見、曰、「君子之至於斯也、吾未嘗不得見也。」從者見之。出曰、「二三子、何患於喪乎。天下之無道也久矣、天將以夫子爲木鐸。」
封人はうじんまみえんことをふ。いはく、君子くんしここいたるや、われいまかつることをずんばあらざるなり。從者じゆうしやこれまみえしむ。でていはく、二三なんうしなへるをうれへむや。天下てんかみちなきやひさし、てんまさ夫子ふうしもつ木鐸ぼくたくさんとすと。

25

子謂韶、「盡美矣、又盡善也。」謂武、「盡美矣、未盡善也。」
せうふ、つくせり、またぜんつくせりと。ふ、つくせり、いまぜんつくさざるなりと。

26

子曰、「居上不寬、爲禮不敬、臨喪不哀、吾何以觀之哉。」
いはく、かみくわんならず、れいしてゐやまはず、のぞんでかなしまずんば、われなにもつこれむや。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする