論語里仁篇第四(原文・読み下し)

語釈や現代語訳、解説はこちらを参照。原文は唐石経を祖本とする現伝通用の文字列、訓み下しは原文校訂後の日本古語変換。よって食い違いがあります。詳細は各章の「→詳細」を参照。

1

子曰、「里仁爲美。擇不處仁、焉得知。」


いはく、や、よきひとたるはり。よきひとるをえらばば、いづくんぞるをむ。
→詳細

2

子曰、「不仁者、不可以久處約、不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。」


いはく、よきひとたらものは、つづまきにるをたもつをもちゐるからゆたけきにるをながらふをもちゐるからよきひとたるものよきひとたるにやすらぎ、さかしきものよきひとたるをぐ。
→詳細

3

子曰、「惟仁者能好人、能惡人。」


いはく、ただよきひとたるもののみ、ひとこのみ、ひとにくむ。
→詳細

4

子曰、「苟志於仁矣、無惡也。」


いはく、まことなさけこころざたらば、しきことかれ
→詳細

5

子曰、「富與貴、是人之所欲也、不以其道得之、不處也。貧與賤、是人之所惡也。不以其道得之、不去也。君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、顚沛必於是。」


いはく、とみたふときとは、ひともとむるところなりみちもちらば、これるともなりまづしきいやしきとは、ひとにくところなりみちもちらば、これるともなり君子もののふなさけりて、いづくさむ。君子もののふじきふるあひだなさけたがく、造次あわたたしきもかならここり、顚沛でみづかならここれ。
→詳細

6

子曰、「我未見好仁者、惡不仁者。好仁者、無以尙之。惡不仁者、其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎。我未見力不足者。蓋有之矣、我未之見也。」


いはく、われいまよきひとたるをこのみ、よきひとたらるをにくものず。よきひとたるをこのこれねがふをもちゐるし。よきひとたらるをにくは、よきひとたるをなりよきひとたらもの使くはへしめひとちからよきひとたるもちゐるなむわれいまちからなるず。けだこれなむも、われいまこれざるなり
→詳細

7

子曰、「人之過也、各於其黨。觀過、斯知仁矣。」


いはく、たみひと)のとがおのおのさとおよばん。とがまもれば、なさけなり
→詳細

8

子曰、「朝聞道、夕死可矣。」


いはく、あしたみちかば、ゆふべすとも、よろしきかな
→詳細

9

子曰、「士志於道、而恥惡衣惡食者、未足與議也。」


いはく、もののふみちこころざし、ししきころもしきじきづるものは、いまともかたるにらざるなり
→詳細

10

子曰、「君子之於天下也、無適也、無莫也、義之與比。」


いはく、君子ていしらあめしたけるかたき(とがめ)もかなはかかなただしきをともならばす。
→詳細

11

子曰、「君子懷德、小人懷土。君子懷刑、小人懷惠。」


いはく、君子よきひととくおもへば、小人よしなきひとところおもふ。君子よきひとつみおもへば、小人よしなきひとめぐみをおもふ。
→詳細

12

子曰、「放於利而行、多怨。」


いはく、するどはなおこなはば、うらみおほし。
→詳細

13

子曰、「能以禮讓爲國乎、何有。不能以禮讓爲國、如禮何。」


いはく、ゐやゆづりもちゐてくにをさめむなにらむ。ゐやゆづりもちゐてくにをさむることあたんば、ゐや如何いかん
→詳細

14

子曰、「不患無位、患所以立。不患莫己知、求爲可知也。」


いはく、くらゐきをうれへず、所以ゆゑんうれへよ。おのれらるるきをうれるは、いまらるきをさざればなり
→詳細

15

子曰、「參乎。吾道一以貫之哉。」曾子曰、「唯。」子出、門人問曰、「何謂也。」曾子曰、「夫子之道、忠恕而已矣。」


いはく、しんみちは一にして、これつらぬけるかな曾子そうしいはく、しかり。づ。門人もんじんうていはく、なんいひ曾子そうしいはく、夫子ふうしみちまめおもひぐまなり
→詳細

16

子曰、「君子喻於義、小人喻於利。」


いはく、君子よきひとただしきえ、小人よしなきひとためゆ。
→詳細

17

子曰、「見賢思齊焉、見不賢而內自省也。」


いはく、さかしきをひとしからむとおもなんさかしからものうちみづかかへりみよ
→詳細

18

子曰、「事父母幾諫。見志不從、又敬而不違、勞而不怨。」


いはく、父母かそいろはつかふるにはいましめながらいさめよ。こころざししたがはれるをば、ゐやたもたがつとうられ。
→詳細

19

子曰、「父母在、不遠遊。遊必有方。」


いはく、父母かそいろはいまさば、とほあそれ。あそばばかならよきところれ。
→詳細

20

子曰、「三年無改於父之道、可謂孝矣。」


いはく、三年さんねんちちみちあらたむるくんば、このゐやし。
→詳細

21

子曰、「父母之年、不可不知也。一則以喜、一則以懼。」


いはく、父母かそいろはとしは、からなり。一はすなはよろこび、一はすなはおそる。
→詳細

22

子曰、「古者言之不出、恥躬之不逮也。」


いはく、いにしものことのはいだざる。およるをぢればなり
→詳細

23

子曰、「以約失之者、鮮矣。」


いはく、つづまやかもつこれゆきすものは、なまぐさし。
→詳細

24

子曰、「君子欲訥於言而敏於行。」


いはく、君子もののふことのはもだし、しおこなひきをもとむ。
→詳細

25

子曰、「德不孤、必有鄰。」


いはく、いきほひひとりならず、かならとなりり。
→詳細

26

子游曰、「事君數、斯辱矣。朋友數、斯疏矣。」


子游しいういはく、きみつかへてしばしばせば、ここはづかしめあるなりともれるにしばしばせば、ここうとんじあるなり
→詳細



広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする