論語詳解068里仁篇第四(2)不仁者は約に°

論語里仁篇(2)要約:貴族らしく自分を保てない者は、境遇次第ですぐ慌てる。だから順境にも逆境にも耐えられない。貴族らしさを身につけた者は、それに満足して生きられる。それは自分のため、と孔子先生は説いたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不仁者、不可以久處約、不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「不仁a不可以久處約,不可以[長處樂。仁者]62……

  1. 今本「仁」下「者」字。

→子曰、「不仁、不可以久處約、不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 不 金文論語 仁 甲骨文 論語 不 金文論語 可 金文㠯 以 金文旧 金文處 金文論語 要 金文 論語 不 金文論語 可 金文㠯 以 金文論語 長 金文處 金文論語 楽 金文 論語 仁 甲骨文論語 者 金文論語 安 焉 金文論語 仁 甲骨文 智 金文論語 者 金文論語 利 金文論語 仁 甲骨文

※仁→(甲骨文)・久→𦾔・約→要。

書き下し

いはく、不仁ふじんたるは、つづまきにるをたもつをもちゐるからず、らくるをながらふをもちゐるからず。仁者じんしやじんやすんじ、知者ちしやじんぐ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「貴族らしさの無い者は、逆境に居続けることは出来ないし、長期間の順境にも耐えられない。貴族らしさのある者は、貴族らしさに安らぎ、知者はその貴族らしさを、切れ味鋭い刃物のようにする。」

意訳

論語 孔子 水面
高貴な自負の無い者は、運が悪いと不平を言い、運がよくても不満を言う。対してその自負がある者は運がどうあれ安らいでいられるから、それを見た知者は、高貴な自負を切れ味良くなるよう研ぎ澄ます。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「不仁な人間は、長く逆境に身を処すことも出来ないし、また長く順境に身を処することも出来ない。それが出来るのは仁者と知者であるが、仁者はどんな境遇にあっても、仁そのものに安んずるが故にみだれないし、知者は仁の価値を知って努力するが故にみだれない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「品質惡劣的人,忍受不了貧窮,享受不了快樂。仁者安仁,智者利仁。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「人品が劣悪な人は、貧乏に耐えられないし、快楽を享受できない。仁者は仁に安心し、智者は仁を利用する。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 仁 金文大篆 論語 貴族
(金文大篆)

孔子の肉声としての論語では、”貴族(らしさ)”。詳細は論語における「仁」を参照。

論語 久 金文 久 解字
(金文)

論語の本章では”~であり続ける”。原義は人を後ろからつっかい棒で支える姿で、”ひさしい”という伝統的な訓は、「旧」と音が通じて後世に生まれた語義。最古の古典である論語に適用していいかは慎重に検討すべき。

もっとも、結果として現代日本語の訳ではほとんど意味が違わないが、翻訳の手続きは丁寧に行うべきだと思う。詳細は論語語釈「久」を参照。

論語 約 金文大篆 論語 貧乏
(金文大篆)

論語の本章では”生活に余裕のないさま”。この字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯oɡ/ʔi̯ok。同音は要(こし)とそれを部品とする漢字群、夭(わかじに)とそれを部品とする漢字群/葯(よろいぐさ・くすり)。要は論語時代の金文が存在する。詳細は論語語釈「約」を参照。

論語 要 金文
「要」(金文)

『大漢和辞典』の第一義は”むすぶ”。引き絞るように困窮すること。

『学研漢和大字典』によると勺シャク(=勺)は、一部を高くくみあげるさまで、杓(ひしゃく)や酌(くみあげる)の原字。約は「糸+勺(目だつようとりあげる)」の会意文字で、ひもを引きしめて結び、目だつようにした目じるし。要(引きしめる)-腰(細く引きしめたこし)などと同系のことば、という。

不可以久處約(不可以久処約)

漢文で、とある語が影響を及ぼす範囲を「管到」といい、この文ではそれが何重にも重なっている。以下の通り。

管到する語 管到の及ぶ範囲
不可 …出来ない
用いる  
…し続ける    
止まる      
貧窮        

従って訳は、”貧窮に止まり続けることを用いることが出来ない”→”貧窮に長くは耐えられない”。

樂(楽)

論語 楽 金文 論語 チョコレートファウンテン
(金文)

論語の本章では”楽しむ”。『大漢和辞典』の第一義は”音楽”。それが”たのしい”へと転用された理由は明らかではないが、音楽は誰もが楽しむからだろう。詳細は論語語釈「楽」を参照。

論語 安 金文 論語 安心毛布
(金文)

論語の本章では、”その場をよいものとして心を落ち着けて止まること”。『大漢和辞典』の第一義は”安い”。第二義が”やすらか”。詳細は論語語釈「安」を参照。

論語 利 金文 論語 鎌
「利」(金文)

論語の本章では”とぎすます”。

『大漢和辞典』には、「利」の第一義として”するどい・するどくする”を載せ、「会意。和の省体と刀との合字。鸞刀(おおとりの形の鈴をつけた刀。古代中国で、祭祀のいけにえを切るのに用いた)の鈴の声がよく節に当たって後、よく祭肉をたつの意」という。
論語 鸞刀

『学研漢和大字典』では会意文字で、「禾(いね)+刀」。稲束を鋭い刃物でさっと切ることを示す。一説に畑をすいて水はけや通風をよくすることをあらわし、刀はここではすきを示す。すらりと通り、支障がない意を含む。転じて、刃がすらりと通る(よく切れる)、事が都合よく運ぶ意となる。

犂(リ)(=犁。牛にひかせて畑をすくすき)と同系のことば、という。

『字通』では、「+刀。禾(いね)を刈る意。…利は刀を以て禾穀を刈るので鋭利の意があり、収穫を得るので利得の意がある。…本来は𠭰などと同じく、治める意の字である」という。

詳細は論語語釈「利」を参照。

知者利仁

論語 知 金文 論語 知 字解
「知」(金文)

論語の本章では、”知者は貴族らしさを鍛え上げる”。

文の構造的には、「知者」が主語で「利」が動詞、「仁」が「利」の目的語。論語での狭義の「知」は、「仁者」=理想の貴族らしい挙措動作の定義を知ることだった(→論語における「知」)。つまり人は一定の「仁」の定義を知ることによって「知者」たりうるのだが、知者は「仁」をより一層極めようとする、ということ。

「利」は通説的に”利益だと思う”とされるが、「利」の字形は上掲の通り禾=実ったイネ科植物+刂=刃物であり、稲刈りやそれが出来る鋭い刃物を意味する。従って”するどい・するどくする”という派生義が出来るが、”利益”の派生義はそれよりかなり遅れる。論語は最古の古典の一つだから、なるべく原義に近い意味で解するのが理に叶う。

論語:解説・付記

結局論語本章の解釈は、「利」をどう訳すかで決まるようなもので、訳者もずいぶんと迷った。「利益とする」ではわけが分からないし、「喜ぶ」としてしまうと、知者でなくても仁の情けを喜ぶのは同じだからおかしい。さんざん考えた末、上記のように訳した。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)