論語鄕黨篇第十(原文・読み下し)

1

孔子於鄕黨、恂恂如也、似不能言者。其在宗廟朝廷、便便言、唯謹爾。
孔子こうし鄕黨きやうたうおいては恂恂如じゆんじゆんじよたり、あたはざるものたり。宗廟そうべう朝廷てうていりては、便便べんべんとしてふ、唯〻ただつつしめるのみ。

2

朝與下大夫言、侃侃如也。與上大夫言、誾誾如也。君在、踧踖如也、與與如也。
てうにして下大夫かたいふへば、侃侃如かんかんじよたり、上大夫じやうたいふへば、誾誾如ぎんぎんじよたり。きみいますときは、踧踖如しゆくせきじよたり、與與如よよじよたり。

3

君召使擯、色勃如也、足躩如也。揖所與立、左右手、衣前後、襜如也。趨進、翼如也。賓退、必復命曰、「賓不顧矣。」
きみしてひんせしむれば、いろ勃如ぼつじよたり、あし躩如きやくじよたり。ともところいうするには左右さいうにす、ころも前後ぜんご襜如せんじよたり。はしすすむときは翼如よくじよたり。ひん退しりぞくときはかなら復命ふくめいしていはく、ひんかへりみずと。

4

入公門、鞠躬如也、如不容。立不中門、行不履閾。過位、色勃如也、足躩如也、其言似不足者。攝齊升堂、鞠躬如也、屛氣似不息者。出、降一等、逞顏色、怡怡如也。沒階趨進、翼如也。復其位、踧踖如也。
公門こうもんるときは鞠躬如きくきうじよたり、れられざるがごとし。つにもんちうせず、くにしきゐまず。くらゐぐれば色勃如いろぼつじよたり、足躩如あしきやくじよたり、ふことらざるものたり。かかげてだうのぼれば、鞠躬如きくきうじよたり、をさめていきせざるものたり。いでて一とうくだれば、顏色がんしよくはなつて怡怡如いいじよたり。かいぼつしてはしれば翼如よくじよたり、くらゐかへれば踧踖如しゆくせきじよたり。

5

執圭、鞠躬如也、如不勝。上如揖、下如授、勃如戰色、足蹜蹜如有循。享禮、有容色。私覿、愉愉如也。
けいるときは鞠躬如きくきうじよたり、へざるがごとし。ぐるにはいうするがごとく、ぐるにはさづくるがごとく、勃如ぼつじよとして戰色せんしよくあり。足蹜蹜あししゆくしゆくとしてしたがふあるがごとし。享禮きやうれいには容色ようしよくあり、私覿してきには愉愉如ゆゆじよたり。

6

君子不以紺緅飾、紅紫不以爲褻服。當暑、袗絺綌、必表而出之。緇衣羔裘、素衣麑裘、黃衣狐裘。褻裘長、短右袂。(必有寢衣、長一身有半。)狐貉之厚以居。去喪、無所不佩。非帷裳、必殺之。羔裘玄冠、不以弔。吉月、必朝服而朝。
君子くんし紺緅かんすうもつかざりとせず、紅紫こうしもつつねふくさず。しよあたりてひとへ絺綌ちげきは、かならへうしてしかうしてだす。緇衣しいには羔裘かうきう素衣そいには麑裘げいきう黃衣くわういには狐裘こきうせつきうながくし、右袂いうべいみじかくす。かなら寢衣しんいあり、たけ身有半しんいうはん狐貉こかくあつもつる。のぞいてはびざるところなし。帷裳ゐしやうあらざればかならこれぐ。羔裘玄冠かうきうげんくわんしてはもつてうせず。吉月きつげつにはかなら朝服てうふくしててうす。

7

齊、必有明衣、布。齊必變食、居必遷坐。
さいにはかなら明衣めいいあり、ぬのにてす。かなら寢衣しんいあり、たけ身有半しんいうはんさいにはかならしよくへんず、きよかならうつす。

8

食不厭精、膾不厭細。食饐而餲、魚餒而肉敗、不食。色惡不食、臭惡不食。失飪不食、不時不食。割不正不食、不得其醬不食。肉雖多、不使勝食氣。唯酒無量、不及亂。沽酒市脯不食。不撤薑食、不多食。祭于公、不宿肉。祭肉不出三日、出三日、不食之矣。食不語、寢不言。雖疏食菜羹瓜祭、必齊如也。
せいいとはず、くわいさいいとはず。してしかうしてあいし、うをたいしてしかうしてにくやぶれたるはくらはず、いろしきはくらはず、にほひしきはくらはず、じんうしなへるはくらはず、ときならざるはくらはず。きりめただしからざればくらはず、しやうざればくらはず。にくおほしといへども、たしめず、唯〻たださけりやうし、らんおよばず。沽酒こしゆ市脯しほくらはず。きやうてつせずしてくらふ、おほくらはず。おほやけまつればにく宿しゆくせず、祭肉さいにく三日みつかいださず、三日みつかづるときはこれくらわず。くらふにかたらず、ぬるにはず。疏食そし菜羹さいかういへどかならまつる、かなら齊如さいじよたり。

9

席不正不坐。
せきただしからざればせず。

10

鄕人飮酒、杖者出、斯出矣。鄕人儺、朝服而立於阼階。
鄕人きやうじん飮酒いんしゆに、杖者ぢやうしやづればここづ、鄕人きやうじんするとき、朝服てうふくして阼階そかいつ。

11

問人於他邦、再拜而送之。康子饋藥、拜而受之、曰、「丘未達、不敢嘗。」
ひと他邦たはうへば、再拜さいはいしてこれおくる。康子かうしくすりおくる。はいしてこれけていはく、きういまたつせず、あへめずと。

12

廄焚。子退朝曰、「傷人乎。」不問馬。
うまやけたり。てうより退しりぞきていはく、ひとそこなへるかと。うまはず。

13

君賜食、必正席先嘗之。君賜腥、必熟而薦之。君賜生、必畜之。侍食於君、君祭、先飯。疾、君視之、東首、加朝服拖紳。君命召、不俟駕行矣。
きみしよくたまふときは、かならせきただしうしてこれむ。きみせいたまふときは、かならじゆくしてこれすすむ。きみせいたまへば、かならこれふ。きみ侍食じしよくするとき、きみまつればはんす。やまひあるに、きみこれれば、東首とうしゆして朝服てうふくくはへ、しんく。きみめいじてせば、たずしてく。

14

入太廟、每事問。(此章重出、見八佾第十五章)
太廟たいべうらば事每ことごとふ。

15

朋友死、無所歸、曰、「於我殯。」朋友之饋、雖車馬、非祭肉、不拜。
朋友ほういうして、するところなきときは、いはく、われおいひんせよと。朋友ほういうおくりものは、車馬しやばいへども、祭肉さいにくあらざればはいせず。

16

寢不尸、居不容。見齊衰者、雖狎必變。見冕者與瞽者、雖褻必以貌。凶服者式之。式負版者。有盛饌、必變色而作。迅雷、風烈、必變。
ぬるにしかばねのごとくせず、るにかたちせず。齊衰しさいものれば、れたりといへどかならへんず、冕者べんしや瞽者こしやとをれば、せつなりといへどかならかたちもつてす。凶服きようふくものにはこれしよくす、負版ふばんものしよくす。盛饌せいせんあれば、かならいろへんじてしかうしてつ。迅雷じんらい風烈ふうれつにはかならへんず。

17

升車、必正立、執綏。車中不內顧、不疾言、不親指。
くるまのぼるときは、かならただしくちてすゐる。車中しやちうには內顧ないこせず、疾言しつげんせず、みづかゆびささず。

18

色斯舉矣、翔而後集。曰、「山梁雌雉、時哉時哉。」子路共之、三嗅而作。
しきみてあがり、かけりてのちあつまる。いはく、山梁さんりやう雌雉しちときなるかな、ときなるかな。子路しろこれきようす。たびいでつ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)