論語詳解105公冶長篇第五(13)子路聞くこと’

論語公冶長篇(13)要約:子路は孔子先生の最初の弟子で、武芸自慢でもありましした。時には先生をたしなめるほどの関係でしたが、学問やお作法については腰が引けていたようです。そんな子路を先生が評した一節。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路有聞、未之*能行、唯恐有聞。

校訂

武内本

未下唐石経之の字あり。


→子路有聞、未能行、唯恐有聞。

復元白文

子 金文論語 路 金文有 金文論語 聞 金文 未 金文能 金文行 金文 唯 金文鞏 金文有 金文論語 聞 金文

※恐→鞏。論語の本章は、「聴」と「聞」を混同しているとするなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

子路しろりて、いまこれおこなあたはざらば、ただくことるをおそる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路
子路は聞いた話で、まだ自分に出来ない事があると、ひたすら話を聞くことを恐れた。

意訳

論語 子路 あきれ
子路は教えを実践できないうちは、新しい教えを聞きたがらなかった。

従来訳

論語 下村湖人
 子路は、一つの善言をきいて、まだそれを実現することが出来ない間は、更に新しい善言を聞くことを恐れた。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子路聽到一件該做的事,沒有做完時,就怕又會聽到另一件。

中国哲学書電子化計画

子路は学ぶべき一つのことを聞くと、出来るようになるまで、別の学ぶべき事を聞くのを極度に恐れた。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子路

論語 子 金文 論語 路 金文
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:仲由子路を参照。

論語 聞 金文 論語 孔子 授業
(金文)

論語の本章では、”教え”。論語の時代、直接聞く事は「聴」を用い、間接的に聞く・耳で教えを受けることは「聞」を用いた。詳細は論語語釈「聞」を参照。

論語 恐 金文
(金文)

論語の本章では”恐れる”。この字の初出は戦国時代末期の金文であり、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯uŋ。同音は存在しない。部品の巩(カ音不明)”いだく・かかえる”の派生字である鞏(=𢀜、カ音ki̯uŋ)に、”おそれる”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。詳細は論語語釈「恐」を参照。

論語:解説・付記

論語冒頭の、「学びて時にこれを習う」を「学んだことの復習」ととらえるのが、いかにおかしいかの証拠の一つ。孔子塾での教育はこれ全て実践演習で、聞いて覚えただけでよしとしていると、曽子のように「ウスノロ」と師から言われることになる。
論語 曽子 ウスノロ

孔子はこうも言っている。六芸の中の楽・射・御はもちろんそうだが、書についても「修辞に役立てるための詩なのに、暗記ばかりで政治もできず、使いに出してもしくじるようでは、何の役にも立たない」(論語子路篇5)。

しかし本章をそのような、孔子の教育の何たるかを示すものとして歴代の儒者が受け取らなかったのは、やはり主人公が子路だからだろう。ガサツで乱暴で間抜けで愚物だというレッテルを、三国志の張飛同様にべったりと貼り付けてそれでよしとしているようでは、論語を自分で読んだことにはならない、「論語読みの論語知らず」の別種になってしまう。

このように、内乱で主君を助けるために命を投げ出した子路にまで、貶めるための孟子の魔の手は伸びた。まさかと思うかも知れないが、中国の青白きインテリは、人の命を何とも思っていない。

論語 孔子家語 王粛 孔子家語
一例が『孔子家語』の致思篇で、元の話には政治の都合で無意味な戦死者が出た話は書かれていないのに、家語では平気で、人の命を将棋のコマのように扱っている。加えて根本に、武人に対する身体的劣等感から来る蔑視が抜きがたくあり、子路や張飛の扱いはその一例。

中国は国土も広く、歴史も長く、ものごとの規模が日本人の想像を超える所がある。論語に描かれた権謀術数の世界が、同時代の日本では縄文時代だったことを想起されたい。それが中国の魅力でもあるが、どうしようもない人間の下劣さも、また日本人の想像を超えている。

論語 宮崎市定
アア、と鳴くカラスの声、人の骨をついばみて…。

宮崎市定博士が引用した、中国南北朝時代の詩の一節だが、かつて文明の花開いた地でも、戦乱となれば皆殺しで、前年は巣をかける家があったのに、今年はなくなって燕が右往左往していた、という。王朝交代期に人口が半分以下になるのは普通で、それは戸籍の問題ではない。

論語 毛沢東
実際に信じられぬほど多くの人命が、簡単に失われたのは、現代でも大躍進政策の失敗や、文化大革命が示す通り。そんな中を生きる青白いインテリも、途方もなく図々しくないと生き残れない。儒者の悪口は、ただの暇つぶしではなく、殺すか殺されるかの闘争だったのだ。

だからといって儒者が免罪されるわけではないが、中国社会の規模の大きさを踏まえていないと、日本人は簡単に幻想に飛びついてしまう。なにせ世界の古代文明の中で、今なお命脈を保っているのは中国だけなのだ。なぜ生き残れたかは、以上語ったことで十分だろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)