論語詳解096公冶長篇第五(4)雍や仁にして*

論語公冶長篇(4)要約:弟子の冉雍は、君主にしてもいいほどだ、と孔子先生に評価された人格者。でも口が回らないとある人が言います。自身が極端におしゃべり好きの先生は、口など回らない方がいいと冉雍をかばうのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

或曰、「雍也、仁而不佞。」子曰、「焉用佞*。禦人以口給*、屢憎於人*。不知其仁*。焉用佞*。」

校訂

武内本

清家本により、佞の下、仁の下、文末佞の下に也の字を補う。唐石経給を口給に作り、民を於人に作り、其仁を其人に作り、三也字なし。

定州竹簡論語

曰:「雍也仁而不侫。」子曰:「焉用侫a?御b人以口給,屢[憎]78……不𣉻其79……

  1. 高麗本「佞」下有「也」字。
  2. 御、近本作「禦」。御借為禦。

→或曰、「雍也、仁而不佞。」子曰、「焉用佞。御人以口給、屢憎民。不𣉻其仁。焉用佞。」

復元白文(論語時代での表記)

論語 或 惑 金文曰 金文 論語 雍 金文也 金文 仁 甲骨文而 金文不 金文 子 金文曰 金文 安 焉 金文論語 用 金文 論語 御 金文人 金文㠯 以 金文論語 器 口 サイ 金文彶 金文 婁 金文民 金文 不 金文智 金文其 金文仁 甲骨文 安 焉 金文論語 用 金文

※仁→(甲骨文)・給→彶・屢→婁。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

るひといはく、ようじんねいならずと。いはく、いづくんぞねいさむ。ひとふせぐに口給はやくちもちゐば、屢〻しばしば民をにくむ。じん𣉻らず、いづくんぞねいさむと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 ある人1
ある人が言った。「ヨウは情けを知り、口下手だ」。先生が言った。「なぜ口車を回す必要があるのか。人を黙らせるのに早口を回す者は、たいてい民を憎悪している。雍の情けなど知らないが、それでもどうして口車を回すのか。」

意訳

論語 孔子 人形
ある人「お弟子の冉雍は情け深いが口が回らない。」
孔子「口下手で結構だ。口を回す奴はたいてい民が嫌いだ。冉雍の情けがどうかは知らないが、口下手で結構じゃないか。」

従来訳

論語 下村湖人
 ある人がいった。――
(よう)は仁者ではありますが、惜しいことに口下手で、人を説きふせる力がありません。」
 すると先師がいわれた。
「口下手など、どうでもいいことではないかね。人に接して口先だけうまいことをいう人は、たいていおしまいには、あいそをつかされるものだよ。私は(よう)が仁者であるかどうかは知らないが、とにかく、口下手は問題ではないね。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

有人說:「仲弓有仁德但沒口才。」孔子說:「要口才幹什麽?善於辯駁的人讓人討厭。我不知道他是否稱得上有仁德,要口才幹什麽?」

中国哲学書電子化計画

ある人が言った。「仲弓は仁徳があるが弁が立たない。」孔子が言った。「弁説の才が必要かね? 言いくるめるのに長けた者は、人に嫌われる。彼の仁徳が立派かは知らないが、弁舌の才が必要かね?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「 憎 。」


雍(ヨウ)

論語 雍 金文
(金文)

生没年未詳。孔子の弟子で、姓はゼン、名は雍、字は仲弓。徳行にすぐれると孔子に評価され、孔門十哲の一人。「南面すべし」=君主に据えてもいいほどだ、と孔子は評した(論語雍也篇1)。『孔子家語』によれば冉伯牛の一族で、父親は出来の悪い人だったという。詳細は論語の人物:冉雍仲弓を参照。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文大篆)

論語の本章では”なさけ・あわれみ”。本章が創作ゆえの語釈で、孔子の生前では”貴族(らしさ)”。詳細は論語における「仁」を参照。

佞(ネイ)

論語 佞 金文大篆 論語 佞
(金文)

論語の本章では”口上手”。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はnieŋで、同音に寧、寍(寧の古字)、濘(ぬかるみ、清い)。寧は丁寧の寧で、”ねんごろ”の意がある。つまり置換候補になりうるものの、本章では不可。

というのは、本章での佞は”口車”としか訳しようが無く、決して”ねんごろ”ではないため。加地伸行によると、もともと仁は、まだ民間の拝み屋だった頃の儒者が、客の気に入るようなことを言ったことを指し、女性の儒者=巫女がそのようなことを言うのを、仁に女を足して佞といったという。

だが加地は根拠を言っておらず、これは口からの出任せに過ぎない。論語の時代に、佞という言葉は無かったのだ。本章が後世の作文であることからも、佞”口上手”は、漢帝国以降の官僚儒者がでっち上げた概念である。

『大漢和辞典』の第一義は”はたらき。才能。かしこいこと”。一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「女+〔音符〕仁(ニン)」。仁と佞は同系のことばだが、仁は、人ずきがよく親切なの意に傾いたのに反して、佞は、口先だけが巧みで、人あたりはよいが、心中は知れないの意味に傾いた、という。詳細は論語語釈「佞」を参照。

禦(ギョ)→御

 論語 禦
「御」(金文)

論語の本章では人の意志や要求をくじくこと。『大漢和辞典』の第一義は”まつる”。第二義が”ふせぐ”。既存の論語本では吉川本に、「便宜的一時的に人をごまかし」という。

『学研漢和大字典』によると「禦」は「示(祭壇)+〔音符〕御」で、手ごわいものの進入をおさえとめる祭礼を示す。牾(ゴ)(さからってとめる)・御(手向かう者をおさえる)・逆(手向かう者をおさえる)などと同系のことば、という。

『字通』禦条

[形声]声符は御(ぎよ)。御は禦の初文。〔説文〕一上に「祀るなり」とし、御声とする。卜文・金文に字を■(午+卩)・御に作り、また禦に作るものもあり、みな同字である。午は杵形。これを拝して神を降し「御(むか)え」、災禍を「御(ふせ)ぐ」儀礼を意味する。それで御は多く神事的な儀礼や神聖のことに関して用いる。ゆえにまた神示の意で示を加えるが、字義は守禦・防禦を主とする限定的な用法となった。

「御」のカールグレン上古音はŋi̯oで、禦・魚・漁・衙・語・馭などと同音。現代日本語でも「防御」などと代用する。『大漢和辞典』も「とめる・ふせぐ」の語釈を載せる。詳細は論語語釈「御」を参照。

論語 給 金文大篆
(金文大篆)

『大漢和辞典』に”早くものを言う”の語釈がある。論語では本章のみに登場。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯əpで、同音に及を部品とする漢字群、急(初出は戦国文字)、彶。彶に”あわただしい”の語釈があり、甲骨文より存在する。

『学研漢和大字典』によると会意。「糸+合(欠けめをふさぐ)」で、織り糸の欠けた所をすぐつぎあわすことを示す。欠けめや、すきを入れずに、くっつくの意を含む。吸(すきまを入れず息ですいあげる)・及(あき間をつめて逃げる者においつく)などと同系。類義語の与(與)は、いっしょに持てるように、わけあたえること。予(ヨ)は、自分の物を相手の前に押しやってあたえること、という。

『字通』給条

[形声]声符は合(ごう)。合に翕・歙(きゆう)の声がある。合を金文に答の義に用いる例があり、対(こた)えて給付する意がある。〔説文〕十三上に「相ひ足すなり」とあり、足らざるところを充足するをいう。〔荀子、非十二子〕に「齊給便利にして、禮義に順(したが)はず」とは便速にしてなりふりかまわぬ意。また〔荘子、天地〕「給數(きふさく)にして以て敏なり」とは、すみやかにすることをいう。

口給

論語 器 口 サイ 金文
「口」(金文)

論語の本章では、”言葉達者なこと”。給は捷給(応対が素早い)と『大漢和辞典』にある。

この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsəŋ。同音に曾(曽)とそれを部品とする漢字群。論語では本章のみに登場。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声。曾(ソウ)は、こしきの形で、層を成してなん段も上にふかし器を載せたさま。鑽は「心+(音符)曾」で、いやな感じが層を成してつのり、簡単に除けぬほどいやなこと。類義語の悪は、押さえられて発散せず、胸に詰まる感じのこと、という。

『字通』憎条

[形声]声符は曾(そう)。〔説文〕十下に「惡(にく)むなり」とあり、憎悪の意。〔礼記、曲礼上〕「愛して其の惡を知り、憎みて其の善を知る」の語がある。

屢憎於人→屢憎民

武内本に言う通り、唐が太宗李世民の名をはばかって、もと「屢憎民」だったのを書き換えたとすると意味が違ってくる。「しばしば民を憎む」=”しょっちゅう民にいらだっている・たいてい民が嫌いだ”となり、どう読んでも”人に憎まれる”ではない。「口給→給」を含め、全体として以下の通り。

甲:孔子「なぜ冉雍が、口車を回さにゃならんのかね。人々が何か言えばぴしゃりと早口で黙らせてしまい、しょちゅう分からず屋の民にいら立つことになる。冉雍の情け深さがどうだか知らぬが、口車を回す必要はさっぱり無い。」
乙:孔子「なぜ冉雍が、口車を回さにゃならんのかね。早口で人を黙らせる奴は、たいてい分からず屋の民が大嫌いだ。冉雍の情け深さがどうだか知らぬが、口車を回す必要はさっぱり無い。」(上掲訳)

それともあれだろうか、もとは「屢憎民」だったのを、日本の清家本が「於」の字を落としたのだろうか。定州漢墓竹簡論語も、丁度この部分が欠損しており、真相は全く古代の闇の中である。

論語:解説・付記

論語の本章は、「憎」の字がどうひっくり返しても論語の時代に遡れないので、後世の創作と判断するしかないが、「憎」の同音に矰”いぐるみの矢”があり、「贈」と同じ、と『大漢和辞典』が言い、「贈」に”追い払う”の語釈を『大漢和辞典』が載せている。

金文でままあるように、基本部品の「曾」がこれらの語をみな表していたとするなら、本章の「佞」も「寧」と解して、こう解釈出来る。

或曰、「雍也、仁而不寧。」子曰、「焉用寧。御人以口給、屢曾民。不𣉻其仁。焉用佞。」

或るひと曰く、「雍也、仁にし而寧ならず」と。子曰く、「焉んぞ寧を用いん。人を御するに口給を以いば、屢ば民をう。其の仁を𣉻らず、焉んぞ寧を用いん。」


ある人が言った。「冉雍は、まことに貴族らしいが、ぶっきらぼうだ。」先生が言った。「なぜ、くどくどと人に話す必要があるのかね。人をとりまとめるのに口数を使えば、うんざりされてたいていは民を追い払うことになる。冉雍が貴族らしいかどうか知ったことではないが、くどくど話す必要などありゃしない。」

以上は、論語雍也篇の冒頭で、「冉雍は君主に据えてもいい」と孔子が評したほど、貴族らしい風采に富んでいたこと、本章がさほど長くないことから、孔子の肉声だと思いたがる、訳者の未練である。残念ながら論語の本章には、本章にしか出てこない「給」「憎」の字があり、他章に使われない漢字を用いた論語の章は、ニセモノであることが多い。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)