論語012学而篇第一(12)礼の和をもって

論語学而篇(12)要約:ボンクラ有若が、若い弟弟子を前にお説教。ああすればいいかな、こうすればいいかな、と言葉をのたくったあげく、答えはなし。大したことは言っていません。読み飛ばしても構わないお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

有子曰、「禮之用和爲貴、先王之道、斯爲美。小大由之、有所不行、知和而和、不以禮節之、亦不可行也。」

書き下し

有子いうしいはく、れいもつたふとしとすは、先王せんわうみちにして、れをよしす。小大せうだいこれるも、おこなはれざるところり。すれども、れいもつこれたださざらば、おほいおこなはるからざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 有若
有先生が言った。礼法が調和を重んじるのは、昔の王の定めた道で、それはよい原則である。何事もその原則に従うが、それでは礼法が成り立たない場合がある。調和を知って調和を図っても、礼法で区切りを付けなければ、かえって礼法が盛んにならないのである。

意訳

論語 有若 説教
有若「礼法が調和を重んじるのは、いにしえの聖王のさだめで、喜ばしいことである。何事も調和を重んじて行え。ただし、調和ばかり気にすると、行き詰まることがある。その時は礼法でけじめを付けろ。でないと礼法がダメになる。」
弟弟子「でも礼法は調和を重んじるんですよね、いったいどうすればいいんですか?」

論語 有若
有若「…。」
弟弟子「有先生。その座を降りなさい。そこはあなたの座っていい場所ではありません。」

従来訳

 ゆう先生がいわれた。――
「礼は、元来、人間の共同生活に節度を与えるもので、本質的には厳しい性質のものである。しかし、そのはたらきの貴さは、結局のところ、のびのびとした自然的な調和を実現するところにある。古聖の道も、やはりそうした調和を実現したればこそ美しかったのだ。だが、事の大小を問わず、何もかも調和一点張りで行こうとすると、うまく行かないことがある。調和は大切であり、それを忘れてはならないが、礼を以てそれに節度を加えないと、生活にしまりがなくなるのである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

有子

論語 有 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の弟子とされる有若ユウジャクのこと。人物についての情報がごく少ない割に、有子=有先生と尊称されている謎の弟子。孔子没後、顔が似ているという理由で一旦後継者に据えられたが、ボンクラがばれて降ろされた。詳細は論語の人物:有若子有を参照。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 礼
(甲骨文・金文)

論語に言う「礼」とは三つある。

  1. 作法。
  2. 社会規範。
  3. 仁者のスペック。

礼は孔子塾の必須科目(六芸リクゲイ)の一つでありながら、論語の時代では教科書が作れなかったらしく、それらしきものが姿を整えるのは、孔子没後500年ほど過ぎた漢代から。もっとも、それ以前から教科書はあったが、始皇帝の焚書にあって焼かれたと儒者は言っている。

現在では『儀礼』『礼記』『周礼』の三書が伝わっている。すなわちどれも論語時代の「礼」ではない。

論語に言う礼とは、ただのお作法ではない。それは孔子があこがれるようにして夢想し、創造した理想的人物像、仁の詳細なスペックだった。言い換えるなら、ただの孔子の趣味だった。従って関係者以外からは珍妙に見られ、または罵倒されている。

当時の常識からあまりに懸け離れて、もったいぶった作法だったからだ。

詳細は論語における「礼」を参照。

論語 用 金文 論語 用 解字
(金文)

論語の本章では”以”と同義。”…を使って”。

『学研漢和大字典』によると、会意文字で、「長方形の板+ト印(棒)」で、板に棒で穴をあけ通すことで、つらぬき通すはたらきをいう。転じて、通用の意となり、力や道具の働きを他の面にまで通し使うこと。

庸(ヨウ、つき通す、ならす)・通と同系のことば。甬(ヨウ)(つらぬきとおす)とも縁が近い、という。

先王(センノウ)

論語 先 金文 論語 王 金文2
(金文)

昔の王。とりわけ聖天子とされるギョウシュンインの湯王や周の文王・武王を指す。

論語 堯 論語 舜
「堯」「舜」

文王・武王・湯王はともかく、それ以前の聖天子は歴史学で存在が否定され、後世の創作と確定している。『史記』の記述もこれら神話上の人物については、極めて回りくどく言葉も難解で、いずれラノベを書くのなら、もう少しましな書きようが無かったのかと言いたくなる。

論語 禹 論語 殷湯王
夏禹王・殷湯王

もちろんそうした聖王を創作したのは、『史記』の編者である司馬遷ではないが、聖王を讃える要素の一つである孝行が、文字から見て西周中期よりさかのぼれない事を考えると、周王朝になってから、盛んに聖王伝説を作る必要があったのだろう。要するにハッタリだ。

論語 周文王 論語 周武王
周文王・周武王

孔子でさえそうした神話を読んで、一体何をやったんだろうといぶかしんでいる(論語泰伯篇18など)。そうした妄想に疑問を投げかけたのは、弟子の中では何かと評判が悪いが、頭がよく古代人らしからぬ合理主義を持った宰我だけで、有若には及びも付かない思考力だった。
論語 宰我 宰予
宰我

つまり有若は弟弟子を前に、批判や検証のしようがない神話の人物を持ち出して、自分の話にもったいをつけ、話の内容や論理で諭すのではなく、ハッタリで脅しつけて従わせようとしている。これは後世の儒者もよくやった手で、漢文で「先王の道」と出たら警戒した方がいい。

論語 道 金文 論語 レール 義
(金文)

論語では多様な意味を持たせており、全てに道徳的・思想的意味が含まれてはいない。多くの場合は”やり方・方法”であって、”人の道”とかいった説教くさい意味ではない。

ただし本章はボンクラで知られた有若の発言であり、ボンクラならではのハッタリで、道徳的にいかめしく言っている可能性がある。

なお「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

論語:解説・付記

論語には孔子の言葉ではない章が少なからずあるが、とりわけ有若と曽子の言葉にはハッタリが多く、現代的な価値がほとんど無い。礼が和をもたらすと言っておきながら、和も行きすぎるとダメという。それはいいとして、その矯正はまた礼にもどれというのでは、循環論理だ。
論語 有若 アホ

古代中国文明を、他の文明圏と比較すると、論理的思考がはなはだ苦手であることに気付く。第一に言葉の定義が曖昧で、第二に逆・裏・対偶の区別が無く、似たような話ならそれは同じ、とごちゃ混ぜにして済ませている。弟子の中でも特に頭の悪い有若ではなおさらだろう。

これは有若だけの話ではなく、孔子にも多分にその傾向があり、後世の儒者たちも同じだった。それどころか現代の漢学者も同様で、学界の重鎮と言われ東大の主任教授を務めたある学者の代表作を読んで、数Ⅰ程度の論理も吹き飛ばしているのを読んで仰天したことがある。
論語 教授

また従来の論語本では、孔子の言葉も有若のような弟子の言葉も、区別せずに尊重している。しかし誰が言おうとハッタリはハッタリで、聖人の弟子だろうとボンクラはボンクラ。論語が特に政治的権威を持っていない現代では、有若などの話は外して読んでかまわないだろう。

そうでないと言いたがる理由は分かるが、少なくとも一読者の立場に立てば、わけの分からない話を読まされるのは苦痛でしかない。訳者のように論語の全文を独自訳しようとたくらまない限り、どんな権威が言おうと論語を読み通したいなら、合理的になってもいいだろう。

なお論語に言う聖人は能力ある者のことで、神聖な人間を意味しない。
論語 聖 金文 論語 人 金文
「聖人」(金文)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)