論語307子路篇第十三(5)詩三百を誦えて

論語子路篇(5)要約:勉強に暗記はつきもの。サイバー空間など望むべくもない春秋時代の中国ではなおさら。しかし暗記ばかりを事とする、本の虫では人を導けません。そうなっちゃった官僚志望の弟子たちに、孔子先生が戒めたお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「誦詩三百、授之以政不達。使於四方、不能專對。雖多亦奚以爲。」

書き下し

いはく、三百をしようして、これさづくるにまつりごともつてするもたつせず、四はう使つかひして、專對せんたいすることあたはずば、おほしといへどおほいなにもつむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「『詩経』の歌詞を三百全て暗誦しても、政治を任せてしくじり、四方に使いに出して独力で交渉できないようでは、多く覚えたと言っても、まったく何の役に立つだろうか。」

意訳

論語 孔子 悩み
『詩経』を全部暗記しました、といっても、政治はしくじる使いは務まらずでは、全くの役立たずだ。

従来訳

先師がいわれた。――
「詩経にある三百篇の詩を暗(そらんず)ることが出来ても、政治をゆだねられて満足にその任務が果せず、諸侯の国に使して自分の責任において応対が出来ないというようでは、何のためにたくさんの詩を暗んじているのかわからない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 誦 金文大篆
論語の本章では”暗誦”。暗記して口に出せる事。

詩三百

論語 詩 金文
(金文)

論語の本章では『詩経』のこと。孔子は従来三千あまりあったと言われる古詩を、約三百にまとめて『詩経』を編集したと言われる。

論語 達 金文
(金文)

論語の本章では”届く・通る・通用する”。

專對(専対)

「対面をもっぱらにする」。一人で決断して交渉する事。

亦(エキ)

”大いに”。否定辞または反語との組み合わせでは、”全然~ない”。

論語:解説・付記

『左伝』など論語時代の史書を読むと、説得や交渉では詩の一節が頻繁に引用されている。実際はどうか知らないが、欧米の責任ある地位の者が会話に聖書やキケロ、シェークスピアを引用すると言われているのと似ている。日本では『平家物語』とかがあたるのだろうか。

孔子塾の門を叩くのは、勉強によって身分差別を乗り越えたい、主に低身分の若者たちだったが、目的が仕官だっただけに、詩経の暗誦に励んだのだろう。しかし暗記力と交渉力・政治力は別物で、こんにちの社会で政治家と官僚は分業している事情がそれを物語る。

知識をいくら詰め込んでも一人前の君子にはなれない、とするのが孔子の教説で、詩の暗記などは徳=人格力を高める一過程に過ぎなかった。それを勘違いした弟子がいたから、このようなお説教になったと想像できる。しかし訳者の思う所、もっとドス黒い意図がありそうだ。

意地悪く考えれば、論語の後半に影響を残した孔子塾の政治派=子貢の派閥が、小人派=曽子などの派閥をくさしていると見る事も出来る。本の虫で口だけは良く回るが、同じ口を回すなら子貢のように、五カ国を一挙にひっくり返すぐらいの事をやってみろ、ということだろう。

論語を全体として眺めると、前半と後半でこのような、問答集のようになっていると気付く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)