論語095公冶長篇第五(3)賜や何如

論語公冶長篇(3)要約:子貢は弟子で最も弁舌と商売の才に恵まれた優れもの。しかし孔子先生にどう評価されているか気になる性格でもあったようで、たびたび自分をどう思うか先生に尋ねています。本章はその一つ。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問曰、「賜也何如。」子曰、「女器也」。曰、「何器也。」曰、「瑚璉也。」

書き下し

子貢しこううていはく、如何いかんと。いはく、なんぢうつわなりいはく、なんうつわいはく、瑚璉これんなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が問うた。「自分、は何者ですか」。先生が言った。「お前は器だ」。「どういう器ですか」。「瑚璉コレンだ」。

意訳

論語 子貢 遊説 論語 孔子 ぼんやり
子貢「私はどの程度の出来ですかね。」孔子「道具としては役立つな。」
「何の道具ですかね。」「お供え用の立派なやつだな。」

従来訳

 先師が人物評をやつておられると、子貢がたずねた。――
「私はいかがでございましょう。」
 先師がこたえられた。――
「お前は見事なうつわだね。」
 子貢がかさねてたずねた。――
「どんな器でございましょう。」
 先師がこたえられた。――
瑚連これんだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 賜 金文 論語 子貢 問い
(金文)

孔子の弟子、子貢の本名。論語の人物:端木賜子貢参照。

論語 女 金文 論語 常盤貴子 女
(金文)

論語の本章ではさんずいが略されて、汝と同じ。”なんじ”。『学研漢和大字典』による原義はしなやかな姿をした女性。

論語 器 金文 論語 器
(金文)

『大漢和辞典』の第一義は”うつわ・容れ物”。論語の本章では”役立つ人材”。詳細は論語における「器」を参照。

瑚璉(コレン)

論語 瑚 金文大篆 論語 璉 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”祭礼に用いる美々しいうつわ”。

『大漢和辞典』によると、宗廟(祖先祭殿)に穀物のめしを盛って供える器のことで、夏のそれを瑚といい、殷のそれを璉というとある。玉へんがついているからには玉器だったのだろうが、周代には青銅でも作られた。宇野本では「周にはという。宗廟の祭にもちきびうるちきびを盛る器物で、玉で飾ってある。器物の中の貴重で華美なものである」という。

伯公父瑚(高19.8cm 径28.3×23cm 深6.5cm 重5.75kg)
宝鶏市周原博物館蔵

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では、従来訳のような解釈について吉川本は、「前の条で孔子が子賤をほめたのとつらなって、子貢がいささかやきもきしながら、では私はどうなのでしょう、と言ったのだとみるのは、皇侃オウガン、朱子、仁斎である」という。

論語 孔子 笑い
訳者がこれまで読んだ論語の解説本の類は、おおむね子貢をバカにして、「お前は所詮道具程度の奴で、人徳が無い」と孔子が評したことになっている。しかし論語に言う徳の人とは、人格力で人を圧倒し、世のためになることをする者のことで、子貢はそれに当たる。

論語 子貢 糸引き
子貢はその弁舌で孔子の故国・魯の危機を救ったばかりか、五カ国の政情を一変させるほどの外交上の大活躍をしており、しかも孔子一門を財政面で支えた恩人でもあった。孔子は好みとして饒舌を嫌ったが、子貢の弁舌はむしろ長所として評価し、孔門十哲に挙げている。

論語 曽子 論語 有若
子貢の悪口に当たるような話は、全て論語の前半に収録されており、その論語の前半は、子貢たちと毛色の全く異なる、曽子有若の影響力が強い。つまり論語の本章は、曽子一派が子貢をおとしめるために、あえて否定的な孔子の発言を収録した可能性が高い。

論語や『史記』を読む限り、孔子と子貢の関係は師弟関係ではあったが、共に政治革命を目指す同志であり、実務にまるで無能な曽子や有若とは違った。古い同志だからこそ、孔子は遠慮無く子貢をからかえるのであって、本気で子貢が不出来な弟子だと思ったわけではない。

論語 曽子 ウスノロ 論語 有若 アホ
言い換えるなら孔子にとって、曽子や有若は器ですらない。確かに孔子は「君子は器ならず」(論語為政篇12)と言ったが、それは初学者への注意事項であって、孔子の教説には至る境地に段階があった(論語雍也篇21)。子貢の境地は、曽子にはまるで縁がなかったのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)