論語詳解303子路篇第十三(1)子路政を問う°

論語子路篇(1)要約:最も早く入門した弟子の子路。政治の才能を孔子先生に評価されてもいます。その政治を問われた先生は、簡潔に「率先しろ、そして飽きるな。」と教えます。飽きて政策を変えられては、きっと庶民は迷惑でしょう。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路問政。子曰、「先之、勞之。」請益、曰、「無倦。」

校訂

定州竹簡論語

……路問正。子[曰:「先之勞之]。」321……

※『定州竹簡論語』論語顔淵篇14、倦→卷。


→子路問正。子曰、「先之、勞之。」請益、曰、「無卷。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文路 金文問 金文論語 正 金文 子 金文曰 金文 先 金文之 金文 労 金文之 金文 青 金文益 金文 曰 金文 無 金文巻 金文

※請→靑。

書き下し

子路しろまつりごとふ。いはく、これさきんじ、これいたつけ。すをふ。いはく、かれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路 孔子
子路が政治を問うた。先生が言った。「必ず先頭に立って働き、必ずいたわれ。」子路が付け足しを求めた。先生が言った。「飽きるな。」

意訳

論語 子路 喜び
子路「政治の要点は?」
孔子「必ず民より先に働いて模範を示し、終わったら必ずいたわってやれ。」
子路「もう少し」

論語 孔子 ぼんやり
孔子「飽きずにやれ。」

従来訳

論語 下村湖人

子路が政治についてたずねた。先師がこたえられた。――
「人民の先に立ち、人民のために骨折るがいい。」
子路は物足りない気がして、いった。
「もう少しお話をお願いいたします。」
すると先師はいわれた。――
「あきないでやることだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子路問政,孔子說:「身先士卒,教人勤奮。」子路請孔子多說一點。孔子說:「不要鬆懈。」

中国哲学書電子化計画

子路が政治を問うた。孔子が言った。「将校や兵卒の先頭に立ち、人を奮い立たせよ。」子路がもう少し詳しい説明を乞うた。孔子が言った。「飽きるな。」

※現代中国の「士卒」の語義は上記の通りだが、古文として”下級貴族と駆り出し人夫”とも解せる。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

()。 、「 。」 、「 (倦)。」


子路

論語 子路 ハッタリ

記録に残る孔子の最初の有力弟子。魯国や衛国で、まちの代官や領主を務めた。一門きっての武闘派とされるが、その実はむしろ行政官に向いていた。ややおっちょこちょいな所があったらしい。詳細は論語の人物・仲由子路を参照。

政→正

論語 政 金文
(金文・西周早期)

論語の本章では”政治の要点”。

『学研漢和大字典』によると、正とは、止(あし)が目標線の━印に向けてまっすぐ進むさまを示す会意文字。征(セイ)(まっすぐ進む)の原字。政は「攴(動詞の記号)+(音符)正」の会意兼形声文字でで、もと、まっすぐに整えること。のち、社会を整えるすべての仕事のこと。正・整(セイ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「政」を参照。

『定州竹簡論語』で「正」と書くが、すでにあった「政」の字を避けた理由は、おそらく秦帝国時代に、始皇帝のいみ名「政」を避けた名残。加えて”政治は正しくあるべきだ”という儒者の偽善も加わっているだろう。詳細は論語語釈「正」を参照。

先之

論語 先 金文 論語 之 金文
(金文)

論語の本章では、”(民の)先頭に立つ”。論語本章の「之」は、直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持っていない。一種の形式副詞。詳細は論語語釈「之」を参照。

「之」=民と解せなくはないが、指示内容が前にない以上、民を想定するのは勝手が過ぎる。「虎求百獣而食之=虎百獣を求めてこれを食ふ」のように、先行する指示内容が記されているのを条件に、「之」を指示詞と解するべきだろう。詳細は論語語釈「先」を参照。

勞(労)之

論語 労 金文 論語 之 金文
(金文)

論語の本章では、”ねぎらう”。

「労」は『学研漢和大字典』によると、𤇾(ケイ)・(エイ)は、熒の原字で、火を周囲に激しく燃やすこと。勞は「𤇾+力」で、火を燃やし尽くすように、力を出し尽くすこと。激しくエネルギーを消耗する仕事や、そのつかれの意、という。ただし去声(尻下がり)に発音した場合は、”いたわる・ねぎらう”の意だとする。詳細は論語語釈「労」を参照。

「先之」と同様、「之」は形式副詞で意味内容を持たない。伝統的には「これはたらかしめよ」と使役に読むが、使役の記号は本章にはない。そう読む訳本があるのは、儒者のその場の個人的感想を、ほぼ二千年の間無批判に受け売りしてきただけに過ぎない。

古注『論語集解義疏

孔安國曰先導之以徳使民信之然後勞之易曰說以使民民忘其勞也

孔安國曰く、先んじて之を導き徳を以て民を使て之を信ぜしめ然る後に之を勞かしむ。易に曰く、說び以て民を使わば、民其のつかれを忘るる也。

論語 古注 孔安国
孔安国「先頭に立って民を導き、徳で民を信用させその後で労働にコキ使う。易にいう、喜ばせれば、民はコキ使われていることに気付かない(『周易』䷹兌1)、と。」

そもそも孔安国がこう言ったか、というより孔安国が実在の人物かすら極めて怪しいのだが、デタラメも二千年を過ぎると権威化する。宋儒もおかしいと思ったらしく、朱子は「労」の字を去声、つまり”ねぎらう”の意だと解している。

また「労」そのものに「ついやす」「つかれさす」の他動詞の意があるが、漢字の原義からは離れるし、典拠が本章だったりする。現代の論語読者が付き合う筋合いはない。

論語 請 金文
(金文・戦国末期)

論語の本章では”もとめる”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しないが、論語の時代には「(言)青」と書いた可能性があり、こちらは論語時代の金文が存在する。また平声(カールグレン上古音dzʰi̯ĕŋ:うける)の同音に靜(静)の字がある。『大漢和辞典』によるその語釈に”はかる”があり、四声を無視すれば音通する。詳細は論語語釈「請」を参照。

無倦→無卷

論語の本章では”途中で止めるな”。「無」は古くは「毋」だったと陸徳明の『釋文』は書いている。意味は全く変わらない。ただし「無」は甲骨文から存在するが、「毋」は戦国時代にならないと現れない。詳細は論語語釈「無」を参照。

倦→卷について、「倦」の初出は戦国時代、「卷」の初出は殷代末期。論語の本章が史実とするなら、「卷」と考えていいだろう。詳細は論語語釈「倦」論語語釈「巻」を参照。

後世の儒者によって、下掲の通り子路は飽きっぽい性格だと記された。それが史実かどうかは分からない。恐らくそんなことは全然なかったに違いない。飽きっぽい男が、やり手の殿様・衛の霊公でさえ手を焼いた蒲邑の統治を、やすやすとやってのけられるわけがない。

通曰子張子路問政皆告以無倦者子張堂堂子路行行皆易鋭於始而怠於終故皆以此告之子張少誠心故又加之以忠

子張 子路
諸本を参照して曰く、子張と子路は政治を孔子に問うて、どちらも「飽きるな」と説教された(論語顔淵篇14・本章)。子張は堂々としており(論語子張篇16)、子路はいかつい男だった(論語先進篇12)。二人とも初めの勢いは凄いが、すぐに気が抜けて怠け出す。だから孔子は「飽きるな」と戒めた。ただバリエーションの違いと言えば、子張は不真面目な男だったので、付け足して「まじめにやれ」と説教された。(元・胡炳文『四書通論語』巻七)

子張を「堂々」と言ったのは、根暗で陰険で弟子でも儒者でも無かった曽子のやっかんだ評語。子路をいかついと言った章は、後世の偽作が確定している。やっかみや偽作を証拠に、「怠ける」「不真面目」、こういう言いたい放題のことを言われるとは気の毒だ。

論語:解説・付記

論語の本章に言う「先んじろ」を題材に、韓非が寓話を作って『韓非子』に収められ、のちに『孔子家語』にも収められた。

論語 子路 喜び 論語 子貢 問い
子路が衛国ののまちの代官になった。治水工事を行って、民に混じってもっこを担ぎ、水路を整えた。工事の苦労を思いやって、民に竹茶碗一杯の飯と、ふくべ一杯の汁物を出した。孔子がそれを聞いて、子貢を使わして給食をやめさせた。子路が怒って孔子の下を訪れて言った。

論語 子路 怒り 論語 孔子 説教
「私は暴風雨が来て洪水になるのを心配して、民と共に工事にあたったのです。民には貧乏な者が多いので、わずかですが給食を行いました。ところが先生は子貢に止めさせた。私は仁を行おうとしているのですよ? 仁は先生の教えではありませんか。このお申し付けには従えません。」

孔子「ほう。民が飢えていると見たか。ならなんで国君に申し上げない。国庫を開いて配給すればいいだろう。お前の蓄えから給食を出したのは、国君がけちん坊だと宣伝するようなものだ。自分が仁者でござい、と見せ付けるつもりか? さっさと給食をやめればよし、それならお前の罪は知られずに済むだろう。」(『孔子家語』致思第八)

子路はこうして、反抗的な住民がわだかまる蒲邑(『史記』孔子世家)を手懐けたわけだが、亡命中の孔子が結局衛国に腰を落ち着けると、一番弟子の子路が蒲の領主に取り立てられた。邑の領主を卿と呼び、国公に次ぐ高位(→参照)だが、厄介事を押し付けられたわけでもある。

それを見事にやってのけた。飽きっぽい男とは決して言えない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)