論語詳解310子路篇第十三(8)子衛の公子荊を°

論語子路篇(8)要約:人物評論が大好きな孔子先生。隣国の家老として名が聞こえた人物の、記録を読んで言いました。「家政の達人だ。」先生の教説は道家の教えほど無欲を言いませんが、寡欲を先生も讃えました、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂衞公子荊、「善居室、始有、曰、苟合矣。少有、曰、苟完矣。富有、曰、苟美矣。」

校訂

定州竹簡論語

謂衛公……曰,『茍合矣。』少有,331……

復元白文

子 金文謂 金文衛 金文公 金文子 金文荊 金文 善 金文居 挙 舉 金文室 金文  始 金文有 金文 曰 金文 苟 金文論語 合 金文已 矣金文  少 金文有 金文 曰 金文 苟 金文丸 甲骨文已 矣金文 畐 金文有 金文 曰 金文 苟 金文美 金文已 矣金文

※矣→已・完→丸(甲骨文)・富→畐。

書き下し

ゑい公子こうしけいふ、おくれり、はじめてるに、いはく、かりなりすこしくるにいはく、かりそなうるなりゆたかるにいはく、かりなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が、衛国の公子・荊について評論した。「見事に奥部屋に座っていた。初めて家産を得た時、”とりあえず間に合った”と言い、少し家産が増えた時、”とりあえず揃った”と言い、大いに家産を得た時、”とりあえずよろしい”と言った。」

意訳

論語 孔子 褒める
衛国の公子荊どのは、家政に長けたお人だった。初めて財産を得た時、「とりあえず間に合った」と言い、財産が増えだした時、「とりあえず揃った」と言い、大いに富んでからも、「とりあえずよろしい」と言った。欲を張らず、富貴は時の運と心得ておられたのだな。

従来訳

論語 下村湖人

衛の公子荊のことについて、先師がいわれた。――
「あの人は家庭経済をよく心得て、奢らなかった人だ。はじめ型ばかり家財があった時に、どうなり間にあいそうだといい、少し家財がふえると、どうやらこれで十分だといい、足りないものがないようになると、いささか華美になりすぎたといった。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子評論衛國的公子荊:「善於居家理財,開始有點積蓄時,他說:『湊合著夠了』;稍多時,他說:『可算錢多了』;富有時,他說:『可算完美了』。」

中国哲学書電子化計画

孔子が衛の公子荊を評論した。「家に居てよく家産を治めた。少し蓄えが出来た頃、彼は言った。”必要に近づいた”。やや増えたとき、彼は言った。”金が貯まったと言える”。富んだとき、彼は言った。”全てよくなった”と。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 、『 。』 、『 。』 、『 。』」


論語の本章では”評論する”。同じ「いう」でも、「謂」は品定めして結論を言うこと。詳細は論語語釈「謂」を参照。

公子荊

荊 金文
「荊」(金文)

魯の隣国、衛の公子=国君の子。あざ名は南楚。『世族譜』によると、献公の子という。吉川本に「他の文献に見えないが」とあるのは、怠惰な吉川の勉強不足。公子荊については、『春秋左氏伝』襄公二十九年(BC544)の条に記載がある。

呉公子札来聘…適衛、説蘧瑗キョエン、史狗、史鰌シシュウ、公子荊、公叔発、公子朝。曰、「衛多君子、未有患也。」

呉の公子季札が衛に行き、蘧伯玉、史狗、史鰌、公子荊、公叔発、公子朝と会談した。いわく、「衛には人材が揃っている。だから内乱が起きていないのですね。」

ほぼ同文が、『史記』の呉世家にも記されている。BC544はBC551生まれの孔子の少年期で、公子荊は孔子より一世代か二世代年長と思われる。上記『左伝』に名がある人物のうち、蘧伯玉はのちに孔子と顔合わせし、その保護者になったことが『史記』『左伝』から確認できる。

呉の公子季札とは、南方の新興国・呉の貴人で、斉・魯・鄭・衛・晋を歴訪し、音楽の教養や観察力に優れた賢者として登場する。その発言で衛のお偉方を褒めているからと言って、公子荊の人となりが分かるわけではないが、少なくとも悪口は言われていない。

なお同名の公子荊は、後に孔子の同世代人として魯国にもいた。清儒・王鳴成は『蛾術篇』に「春秋の末、魯にも公子荊がおり、哀公の庶子だった。取るに足りない人なので、論語の本章では特に衛の字を付けて区別した」と書いた、と『論語集釋』に引く。ただしリンク先のデータでは確認できなかった。

「荊」の字の初出は西周早期の金文。カールグレン上古音はki̯ĕŋ(平)。いばら、刑罰のむちをつくる木のこと。詳細は論語語釈「荊」を参照。

善居室

直訳すると”みごとに奥の部屋に住まった”。「室」とは家族の私的生活を送る一番奥の部屋で、寝室に用いた。従って”私生活に不満を言わなかった”とも解せるし、”家政を見事に取り仕切った”とも解せる。
論語 中国家屋

論語語釈「善」論語語釈「居」も参照。

苟(コウ)

「まことに」と読み下す本もあるが、文脈から賛成できない。『大漢和辞典』の第一義も”かりそめ”となっている。

通説ではこの文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、西周早期の金文に遡り得る。詳細は論語語釈「苟」を参照。

合・完・美

論語 合 金文 論語 美 金文
「合」「美」(金文)

『学研漢和大字典』によると、「合」の原義は蓋と入れ物がピタリと”合う”こと、「美」の原義は見事なヒツジで、立派なこと、すばらしい事。武内本は「合」を、「足と同意」という。詳細は論語語釈「合」を参照。

「完」は論語では本章のみに登場。初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɡʰwɑn(平)。同音は桓、完を部品とする漢字群など多数。うち丸(平)の甲骨文を『字通』が載せ、”まったい”の語釈を大漢和辞典が載せる。
論語 完 古文 論語 完 古文 論語 完 秦系戦国文字
「完」(古文1・古文2・秦系戦国文字)

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、要素の元は、まるい頭を描いた象形文字。完は「宀(やね)+(音符)元」で、まるくとり囲んで欠け目なく守るさまを示す。垣(周囲をとり巻いたかき)・円(まるく欠け目がない)などと同系の言葉。類義語の全は、すべてそろっていること、という。詳細は論語語釈「完」を参照。

この字解は、秦系戦国文字には当てはまるが、古文には適合しない。この点『字通』は、「廟中の儀礼を示す字。元は人の頭部を強調する形。廟中で元服する儀式を冠といい、完に手を加える形」という。古文2はそれを示しているのだろうか。だが古文1には適合しない。

結局、「合」を”必要に適合する。間に合う”と解し、「完」を”備わる。足りる”と解し、「美」を”よろしい。すばらしい”と解するしかない。論語語釈「美」も参照。

苟美矣

吉川本によると、荻生徂徠は「美なりとは、文采有るを謂う也」(美なりとは、文化人らしい生活になったというのである)と注を付けたという。その根拠はないから、徂徠の思い付きに過ぎない。

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

論語:解説・付記

儒者が注釈とか称して、ただの感想文を論語に書き付けた例をこれまでいくつも記したが、本当に感想文のつもりで書いた感想文もありはする。『論語集釋』では自分の言葉で感想を記す代わりに、前漢・劉向の『説苑』を引用している。

智襄子為室美,士茁夕焉,智伯曰:「室美矣夫!」對曰:「美則美矣,抑臣亦有懼也。」智伯曰:「何懼?」對曰:「臣以秉筆事君,記有之曰:高山浚源,不生草木,松柏之地,其土不肥,今土木勝,人臣懼其不安人也。」室成三年而智氏亡。

劉向
晋の智襄子(智伯)が立派な部屋を造り、家臣の士サツが夕方の挨拶にやって来た。
智伯「どうじゃすごいじゃろう。」
士茁「すごいはすごいですが、私は心配です。」
智伯「何がじゃ?」
士茁「私は旦那様の書記を務めておりますが、こう書いたことがあります。”高すぎる山や深すぎる水には、草木は生えず、神聖なマツやヒノキの林は、土地がやせている”と。今このように立派過ぎる建築を行ったことは、家臣を務める者としては、不安でたまらないのです。」

果たして完成の三年後、智氏は滅びた。(『説苑』貴徳28)

智襄子とは晋の権臣で、家老の中では最大勢力だったが、あまりに他の家老を馬鹿にしたので、趙・魏・韓三氏の袋だたきに遭って滅びた。儒教的お説教の種にするには好都合の人物だから、創作と思いきや、ほぼ同内容を史書の『国語』が記している

劉向
ただし浚源si̯wən(去)ŋi̯wăn(平)→峻原si̯wən(去)ŋi̯wăn(平)”けわしい高原”になっている。全く同音。浚源”深い水たまり”に草木が生えるとは考えがたいから、劉向のもったいぶった修辞だろう。漢文が暗号化していく一つの例がここに見られる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント