論語詳解228子罕篇第九(24)法語の言よく従うこと*

論語子罕篇(24)要約:本章もあるいは顔回ばなしかも知れません。孔子先生が最も期待した弟子、顔回は若死にしましたが、他の弟子が何年かかっても習得できない事を、素早く理解した弟子でした。それに引き替え、という先生の嘆き。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「法語之言、能無從乎、改之爲貴。巽與之言、能無說乎、繹之爲貴。說*而不繹、從而不改、吾末*如之何也已*矣。」

校訂

武内本:悦を説に作り、未を末に作り、已也を也已に作る。(本ページ、末→未に改めた。)

書き下し

いはく、法語はふごげんしたがふことからむこれあらたむるをたふとしとす、巽與そんよげんよろこぶことからむこれたづぬるをたふとしとす。よろこたづねず、したがあらためざるは、われいまこれ如何いかんともするなきなる已矣のみ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「神託に従えない事が無いだろうか。しかし聞いて改める者は貴い。神前に供えるような言葉は、喜べないことがあるだろうか。しかし意味をたずねる者は貴い。喜ぶだけで意味を問いたださず、従うだけで改めない者は、私にはどうしようもない。」

意訳

論語 孔子 淡々
神のお告げを聞かない者はいないが、それに従って自分の間違いを改める者は少ない。神に申し上げるように語れば誰もが喜ぶが、その意味を問いただして理解しようとする者は少ない。うわべだけ聞いた振りする者は、教えようがない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「正面切って道理を説かれると、誰でもその場はなるほどとうなずかざるを得ない。だが大事なのは過を改めることだ。やさしく婉曲に注意してもらうと、誰でも気持よくそれに耳を傾けることが出来る。だが、大事なのは、その真意のあるところをよく考えて見ることだ。いい気になって真意を考えて見ようともせず、表面だけ従って過を改めようとしない人は、私には全く手のつけようがない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 法 金文大篆 論語 法
(金文)

論語の本章では、”神の判断”。

『学研漢和大字典』によると、会意。「水+廌(タイ)(しかと馬に似た珍しい獣)+去(ひっこめる)」で、池の中の島に珍獣をおしこめて、外に出られないようにしたさま。珍獣はそのわくの中では自由だが、そのわく外には出られない。ひろくそのような、生活にはめられたわくをいう。

その語尾がmに転じたのが範(bıǎm)で、これもわくのこと。▽促音語尾のpがtに転じた場合はホッ・ハッと読む。

論語 灋 法 旧字体
「法」(原字)

一方『字通』では、法の原字は灋で、解廌(タイ)は羊神判で原告被告両者が差し出す犠牲獣。

神判が降ると敗訴者は犠牲の羊と訴状と一緒に水に放り込まれて罪の穢れを祓った。水に投げるからさんずいが付き、廌(タイ)は羊、去るは投げ込まれる人がひっくり返った姿と、訴状を入れた容れ物の蓋を開けた姿𠙴キョである。

現行の「法」は、廌を取り去った略字。灋字の構造は、古代における神判の方法を示すもので、「大祓おおはらえ」の方法と似ている。

春秋のとき、伍子ショが呉王夫差を諌めて、鴟夷シイ(皮袋)に包んで海に投げ込まれた話、越王に仕えた范蠡はんれいが、亡命して海上に逃れるとき、自ら鴟夷子皮と名を改めた話、孔子が斉を去るとき、世話になった田常の門に鴟夷を立てて去った話などがある。

その鴟夷は法による廃棄、また自己投棄、すなわち亡命を示す方法であった。のち法は刑法・法制の意となり、法式・法術の意となる、という。

なお詳細な語釈は、論語子罕篇24補足を参照。

論語 言 金文
(金文)

武内本に「焉と同音、則の字と意同じ」とあるが、「すなわち」と読まなくとも意味を通せるので、採用しなかった。詳細は論語語釈「言」を参照。

貴 金文(戦国)
(金文・戦国時代)

論語の本章では”とうとい”。初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯wəd。同音は存在しない。詳細は論語語釈「貴」を参照。

巽(ソン)

論語 巽 金文 論語 巽
(金文)

論語の本章では、”神前に供える”。武内本は「巽遜通用」とし、「巽與之言」を「ゆずりもて之をゆるすときは、すなわち」と読むが、あまりに漢字の原義から懸け離れているので、採用しなかった。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、原字は「人二人+台を示すしるし」で、物をきちんとそろえて台上に供えるさま。饌(セン)の原字。一般には、遜(ソン)に当て、柔軟にへりくだる意に用いる、という。

一方『字通』では論語 外字 ソンソン。丌は神殿の前の舞台。論語 外字 ソンは二人並んで舞楽する形。並んで舞楽し、その舞楽を以て神に献ずる意で、撰の初文。丌上に二人舞楽して供するので、そのことを撰、舞人を僎、舞容を(選選)、膳羞を供えることを饌という。〔易、巽〕にみえるソン順*は、字の本義ではなく、ソン(ゆずる)と通仮してその義を用いるものであろう、という。

*易のソンの形。含意は風。天と雲の下にあって流動する。方角南東たつみ。性入る。

なお詳細な語釈は、論語子罕篇24補足を参照。

法語之言・巽與(与)之言

論語の本章では、「法語之言」=神のお告げの言葉。「巽与之言」=神前に申し上げるような丁寧な言葉。

藤堂本によると、「法語之言」は、法=”原則”に沿った話。理屈、道理で、手本となる正しい話、という。「巽与之言」は、巽=遜(ゆずる、謙遜する)、与=余裕で、”遠慮して、人と調子をあわせることば”という。

『大漢和辞典』によると、「法語之言」は「正しく言う言葉、正面の忠告、礼法教誨の言葉」という。「巽与之言」は「人にゆずりしたがう言葉。やさしい口ぶり。巽は柔、与は和」という。

しかし漢字の形から語義を追った『字通』の説の方が理があると判断した。

論語 繹 金文大篆 論語 繹
(金文)

論語の本章では、”意味をたずねる”。”ひく・おさめる・たずねる”などこれも多義語。『学研漢和大字典』の原義は、手枷をはめられた囚人を選び出す事で、択の原字、選ぶこと。

武内本は「繹擇同音、擇は改の意」と言い、「繹之爲貴」を「改之爲貴」と意味が同じだとするが、漢字の原義から懸け離れているので、採用しなかった。

繹の字の初出は戦国時代の秦の文字で、論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「繹」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
論語本の中では吉川本で、法語之言・巽與之言ともによくわからないとし、新古の注をいろいろ引く。しかしそれらの注も儒者のただの連想ゲームだったり、朱子のような軍国主義者が自己宣伝のために書いたものだったりするので、漢文の注釈は話半分に読んだ方がいい。

結局過去の大家でも分からなかった言葉は、上記のように少しずつ調べて意味を求めるしか無く、上記の論語解釈には非常に時間がかかった(辞書の文字が細かい上に、文語混じりで、しかも外字が恐ろしく多い)が、独力で読み解くのは山の登頂に成功したような達成感がある。

書経図説 皋陶図
「法」の語釈に出た解廌は、原義が分からなくなった時代には怪物化してカイと呼ばれ、罪人を取って喰らう神獣とされ、明清帝国の司法官僚が、礼服の胸に刺繍する四角形の飾りに描かれた。
論語 獬豸 かいち カイチ

また羊神判のもようは、論語八佾篇25の解説に『墨子』の一節として記載したが、現代語訳を別に記した。「孔子が斉を去るとき、世話になった田常の門に鴟夷を立てて去った話」の出典は『墨子』非儒下篇で、現代語訳を上げた

また論語の本章について、従来の解釈は朱子の受け売りである。

新注
論語 朱子 新注

法語とは、正しい言葉を言う。巽言は、遠回しに言って導く言葉である。繹は、その元の意味をたずねることである。法語は人が慎み触れるのを恐れるので、必ず従う。それなのに改めないのは、聞いたふりだけなのである。

巽言は聞き手の意に沿わなかったり、逆らったりすることがない。だから説諭には必ず用いるのである。それなのに喜ばないのは、遠回しに言った真意を理解できないのである。

楊氏曰く、「法言は、孟子が論じて実行しようとした、王者の政治のようなものだ。巽言は、財産や色事についてべらべらしゃべるようなものだ。そこまでしてやっても分からず、受け付けずに従わない者は、十分あり得る。

このようにたとえ話で教えてやって、話を尊んで聴くなら、自分を改めて、話を喜ぶことに近いだろう。しかしはいはいと嬉しそうに聞き、しかも改めない者は、結局改めるのもイヤだし、話を喜んでもおらず、聞き捨てているのだ。これではたとえ聖人だろうと、救いようがない。」

(『論語集注』)

なお論語での法について詳細は、論語における「法」を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)