論語375憲問篇第十四(43)子張曰く、書に云う

論語子路篇(5)要約:何事もやり過ぎの弟子の子張。昔の君主の服喪規定を書いた古文書を読んで、意味が分からず孔子先生に問います。三年間も、君主は政治を取らないどころか黙っているというのです。それに答えて先生は…。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張曰、「書云、高宗諒陰*、三年不言。何謂也。」子曰、「何必高宗、古之人皆然。君薨、百官總己以聽於冢宰三年。」

校訂

武内本:諒陰また諒闇に作る。

書き下し

子張しちやういはく、しよいはく、高宗かうそう諒陰りやうあん、三ねんものいはずと。なんいひいはく、なんかならずしも高宗かうそうならん、いにしへひとみなしかり。きみみまからば、百くわんおのれひきしめもつ冢宰ちようさいくこと三ねんなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張 論語 孔子
子張が言った。「書経に、高宗は喪に服して三年間、ものを言わなかったとあります。どういうことでしょうか。」先生が言った。「なぜ高宗だけだろうか。昔の人は皆そうだった。主君が亡くなると、三年間役人たちは自分も謹慎して、首相の指示を仰いだものだ。」

意訳

論語 子張 論語 孔子 キメ2
子張「書経に、殷の高宗・武テイは、喪中の三年間政治向きの話を一切しなかったとあります。それで政治は回ったのですか?」

孔子「高宗だけじゃないぞ。昔は皆そうだった。ご主君が亡くなると自分も三年間身を慎み、判断は全て首相に任せたものだ。」

従来訳

子張がいった。
「書経に、高宗は服喪中の三年間口をきかなかった、とありますが、どういう意味でございましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「それは高宗にかぎったことではない。古人はみなそうだったのだ。君主がおかくれになると、三年の間は、百官はそれぞれの職務をまとめて、すべて首相の指図に従うことになっていたので、あとに立たれた君主は口をきく必要がなかったのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子張

論語 子 金文 論語 張 金文
(金文)

孔子の若い弟子。本名はセン孫師。「何事もやり過ぎ」と孔子に評された。詳細は論語の人物:顓孫師子張を参照。

論語 書 甲骨文 論語 書 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、古典の『書経』のこと。『尚書』ともいう。論語時代より前の政治関係文書や宣言をまとめた書物。論語の本章に引用された部分は、現伝の『書経』には載っていない。似た言葉が下記したエツ命上篇にあるが、それは後世の偽作だと吉川本は言う。

高宗夢得說,使百工營求諸野,得諸傅巖,作《說命》三篇。王宅憂,亮陰三祀。
高宗夢に説を得、百工を使て諸を野に営り求めしめ、諸を傅巌(地名)に得て、説命三篇を作る。王宅りて憂い、亮陰に三たび祀る。

また藤堂本では、無逸篇の言葉だとするが、論語の本章とは大きく異なっている。

其在高宗,時舊勞于外,爰暨小人。作其即位,乃或亮陰,三年不言。
其れ高宗在るとき、時に旧しく外于労い,爰に小人おこりて。其れ位に即くを作す。乃ち或いは亮陰にて、三年言わ不。

以上引用したが、『史記』の夏本紀などと同様、漢字の意味が極めて難解で、書き下しはしたが、訳者にも意味がよく分からない。孔子先生に聞きたいところだ。

高宗

論語 高 金文 論語 宗 金文
(金文)

論語の本章では、殷の第22代の王、武丁。殷墟(大邑商)に都を置き、甲骨文はこの王の時代から出始める。つまり実在が確認できる、中国最古の王。文武両道の名君だったとされる。上記『書経』の説命篇にあるように、夢で見た説という賢者を捜し求めて補佐官とした。

その名を傅説という。ガンの地で見つけたから、または説という傅(補佐官)だから傅説(フセツ)というのだが、うっかりすると傳説(伝説)と間違える。
論語 傅説
デン

ちなみに漢字でよく間違える言葉に「独ダン場」があり、もとは「独セン場」だったのが誤りが定着したことば。「壇」は仏壇などの祭壇を言い、「擅」の意味は”ほしいまま”。だがこういうことを言い回ると嫌われるので、めったに口にしないことにしている。

ダンセン

諒陰(リョウアン)

論語 諒 金文大篆 論語 陰 金文
(金文)

論語の本章では”喪に服す”こと。「諒闇」とも書き、音は同じ。もとは天子が喪に服す場合に建てた庵のことという。

三年不言

論語 年 金文 論語 三年不言
「年」(金文)

論語の本章では、”政令を出さなかった”。

従来の論語解説文では、親の死に哀しんだあまり、三年間まったく黙っていたとする説と、単に政令を言わなかったとする説がある。孔子がどちらの意味と受け取ったかは、古代の闇の中で分からない。ただ政令と考えた方が合理的なので、ここではそのように解釈した。

薨(コウ)

論語 薨 金文大篆 論語 薨
(金文)

論語では、諸侯の逝去を言う。漢文上の決まりとして、天子=最高君主の逝去は「崩」といい、官僚の逝去を「卒」と言い、下級役人や庶民の逝去は「死」という。

百官

論語 百 金文 論語 官 金文
(金文)

論語では、文官・武官の全て。漢文では「百工」とも書く。大勢の職人ではない。

總(総)

論語 総 金文大篆 論語 総
(金文)

論語の本章では”身を引き締める”。もと糸で縛ったふさを意味し、転じて”締める”の語義が出来た。

聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”じかに指示を仰ぐ”。”直接聞く”の意味の他、漢文では”許す”の意味で使われることが多い。論語の時代、間接的に聞くことは「聴」を用いて区別した。

冢宰(チョウサイ)

論語 冢 金文 論語 宰 金文
(金文)

論語の時代、百官を統制し、周王の補佐をした高級官僚。後世の吏部尚書や現代の官房長官、または首相に当たる。

論語:解説・付記

書経図説 王司敬民図
論語の本章は、論語時代の君主の服喪について孔子が語った史料的価値はあるが、ただそれだけの話で特につけ加えることはない。しかし三年間も首相の独裁を許したら、それはクーデターにならないかと思う。三年休めるほど政府も暇とは、のんびりした時代もあったものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)