論語詳解355憲問篇第十四(23)子路君に事え°

論語憲問篇(23)要約:君主に仕える道を問う弟子の子路。孔子先生はどぎつい言葉で、「だますな、ただし間違いはズケズケ言え」と教えます。世の中には名君ばかりではありません。子路なら間違いを指摘できると期待したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路問事君、子曰、「勿欺也、而犯之。」

復元白文

子 金文路 金文問 金文事 金文君 金文 子 金文曰 金文 勿 金文諆 金文也 金文 而 金文反 金文之 金文

※犯→反。

書き下し

子路しろきみつかふることをふ。いはく、あざむくことかれしかうしてこれそむけ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路 孔子
子路が君主に仕える心得を問うた。先生が言った。「だますなよ。そして逆らえ。」

意訳

論語 子路8 論語 孔子 波濤
子路「君主に仕えるには。」
孔子「だますな、そしてズケズケ言え。」

従来訳

論語 下村湖人

子路が君に仕える道をたずねた。先師はいわれた。――
「いつわりのないのが先ず第一だ。そして場合によっては面を犯して直言するがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子路問怎樣對待上級,孔子說:「不要欺騙,可以犯顏直諫。」

中国哲学書電子化計画

子路がどのように目上と付き合うか問うた。孔子が言った。「欺すな、できれば顔色に逆らって直接的に正しい意見を言え。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


子路

論語 子路
記録に残る、孔子の最初の有力弟子。一門きっての武闘派とされるが、その本質は有能な行政官だった。詳細は論語の人物・仲由子路を参照。

論語 事 解字
論語の本章では”仕える”。原義は手で算木を持つ姿で、帳簿などの事務処理仕事をすること。同音の仕と通じ、”仕える”の語意を持つが、もとより”仕事”の意味がある。詳細は論語語釈「事」を参照。

勿(コツ)

論語 勿 金文 論語 勿 解字
(金文)

論語の本章では、”~するな”。『学研漢和大字典』によると象形文字で、さまざまな色の吹き流しの旗を描いたもの。色が乱れてよくわからない意を示す。転じて、広く「ない」という否定詞となり、「そういう事がないように」という禁止のことばとなった、という。詳細は論語語釈「勿」を参照。

欺(キ)

論語 欺 金文大篆 諆 金文
「欺」(金文大篆)・「諆」(金文)

論語の本章では、”だます”。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、近音に「」があり、”だます”の意を持ち論語時代の金文が存在する。詳細は論語語釈「欺」を参照。

論語 犯 金文大篆 反 金文
「犯」(金文大篆)・「反」(金文)

論語の本章では、”反論すること”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。同音に語義を共有する文字は無い。ただし近音「反」が訓”さからう”を共有する。

『学研漢和大字典』によると、犬がわくを破ってとび出すこと、という。一方『字通』では、犬(獣)+はん。㔾はがうつぶせに伏している形。字形のままに解すれば、人が獣を犯す意となるが、㔾はその姿勢のものを示すとみてよい、という。詳細は論語語釈「犯」を参照。

論語 古注 何晏 論語 朱子 新注
儒者の注釈を参照すると、古注では、「まさく顔色を犯して諌め争うべき也」(君主の顔色に逆らってズケズケ間違いを指摘すべきである)と言い、新注では「犯は顔を犯して諌め争うを謂う」(顔色に逆らってズケズケと間違いは指摘して争うことだ)と言っている。

論語:解説・付記

論語 子路 喜び 論語 子貢 礼
後世の儒者がモクモクと焚き上げた煙幕のせいで、子路は孔門の筋肉ダルマ、ただのおバカと思われがちだが、その実態は一門きっての腕利き行政官で、弟子の中で国公に次ぐ身分である卿に上ったのは、アキンド子貢を除けば子路しか史料に記載が無い(→孔門十哲のなぞ)。

もちろん論語の時代の君子=貴族とは、戦時に戦士を兼ねる以上、子路が武芸達者だったのは間違いないが(→論語における君子)、亡命中の孔子一行に目を付けて、衛の霊公が子路に与えたのは将軍職ではなく、面倒くさい住人の住む、のまちの領主だった(→史記弟子伝)。

蒲の代官(宰)ではなく領主(大夫)だったことから、霊公の期待が窺われる。そして霊公はやはり儒者の煙幕によって、下半身にだらしないヒヒじじいと思われているがそれは間違いで、大国・晋がガリガリと領土を削り取りに来るのによく対抗した、やり手の君主である。

どのようにやり手だったかは、この論語憲問篇20にある通り。

論語 孔子 悩み 論語 季康子
孔子「まったく衛の霊公さまは無茶苦茶な殿様で、困ったものでしたよ、本当に。」
季康子「フフフ。そんな暗君なら、なぜ衛国は滅ばない?」

孔子「家臣の出来がよかったからですよ。孔圉どのが外交を、祝鮀どのが祭祀を、王孫賈どのが軍事を司っていました。これで国が滅んだら、不思議というものです。」

孔子が「無道」=無茶苦茶と霊公の悪口を言ったのは、最初の衛国滞在の際、政府乗っ取りを謀って追い出されたからで(→史記孔子世家)、無道というなら孔子の方が無道だろう。それはさておき、霊公の政治手法は家臣の上手な使い方で、別伝にもそれが記されている。

衛靈公問於孔子曰:「有語寡人曰:有國家者,計之於廟堂之上,則政治矣。何如?」孔子曰:「其可也。愛人者,則人愛之;惡人者,則人惡之;知得之己者,則知得之人。所謂不出環堵之室而知天下者,知及己之謂也。」

論語 衛霊公 論語 孔子
霊公「ある男が、”国君たる者、ごじゃごじゃと指図せず、祖先祭殿の前ででんと構えて見張っていれば、それで政治は回ります”と言った。そなたはどう思うかのう。」

孔子「その通りと存じます。人を愛する者は愛され、憎む者は嫌われます。自分に何が出来るか知る者は、他人に何が出来るか分かるものです。だから”奥座敷に座ったままで、天下の出来事を手に取るように知る”と言うのです。自分を知る者だからこそ出来る芸当です。」(『孔子家語』賢君10)

このやり手、霊公の見込んだやり手の子路は、みごと期待に応えて蒲のまちを治めきった。その赴任に当たって、孔子と交わした問答と思われる一節が、別伝に伝わっている。

子路將行,辭於孔子。子曰:「贈汝以車乎?贈汝以言乎?」子路曰:「請以言。」孔子曰:「不強不達,不勞無功,不忠無親,不信無復,不恭失禮。慎此五者而已。」子路曰:「由請終身奉之。敢問親交取親若何?言寡可行若何?長為善士而無犯若何?」孔子曰:「汝所問苞在五者中矣。親交取親,其忠也;言寡可行,其信乎;長為善士而無犯於禮也。」

論語 子路8 孔子
子路は赴任するに当たって、孔子に別れの挨拶を言いに来た。

孔子「餞別には車がいいかな? それとも言葉かな。」
子路「なにとぞお教えを一つ。」

孔子「強そうに見えないと住民は言うことを聞かない。まじめに働かないと業績は上がらない。まごころで付き合ってやらないと親しまれない。信頼を得なければ報いてくれない。物腰柔らかでないとお祭りに付き合ってくれない。この五つに気を付けるんだな。」

子路「お教え、確かに従いましょう。そこでこの際ですから問いますが、親しまれようとして下手に出れば、却ってバカにされます。くどくど説教しないと、下役人も住民もすぐサボります。立ち働いているのを毎日見られると、”無能なお人じゃなあ”と小バカにされます。どうしたらいいですか。」

孔子「あのな、だから今言っただろ。まごころじゃなく下心で付き合うからバカにされるのだ。信頼が無いからサボるのだ。お祭りに出てこないようだから小バカにするのだ。」(『孔子家語』子路初見2)

その子路の行政手法は、民の先頭に立って働くことだった。すでに論語子路篇1に載せた別伝の、概要のみ記す。

子貢 論語 子路 怒り
子路は治水工事の先頭に立って働いた。そして動員した民には弁当を支給した。ところがそれを聞いた孔子は、子貢を呼んで「弁当屋を叩き壊してこい」と命じた。面白がって子貢が叩き壊すと、子路が真っ赤になって孔子宅に飛び込んできた。「何をなさるのです!」(『孔子家語』致思第八)

なお武内本は本章について、「此章子張篇第十章信ぜられて後諌むというと同」という。

論語 子夏
子夏「信頼されていないのに殿様の欠点を言うな。ただの悪口だと思われて危ないぞ。」

つまり同じ様な話をしている、とただそれだけのことである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント