論語詳解358憲問篇第十四(26)蘧伯玉人を孔子に

論語憲問篇(26)要約:帰国した孔子先生の元に、衛国滞在中世話になった家老の一人から使いが来ます。どうしておいでかな、と尋ねる先生に、使者は主人の日常を謙遜して伝えました。やるものだわ、と先生は使者に感心するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

蘧伯玉使人於孔子、孔子與之坐而問焉曰、「夫子何爲。」對曰、「夫子欲寡其過而未能也。」使者出。子曰、「使乎。使乎。」

書き下し

蘧伯玉きよはくぎよくひと孔子こうし使つかひす。孔子こうしこれあたたりいはく、夫子ふうしなにをかす。こたへていはく、夫子ふうしあやまちすくなうせむとほついまあたはざるなり使者ししやづ。いはく、使つかひなるかな使つかひなるかな

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

キョ伯玉が人を孔子への使いに出した。孔子は使いに座布団を与えて問うて言った。「あの方は何をしておられる。」答えて言った。「あの方は自分の間違いを少なくしようとしてまだ出来ていません。」使いが部屋を出た。先生が言った。「使いだなあ、使いだなあ。」

意訳

衛国の蘧伯玉どのから使いが来たので、座布団を与えた。
孔子「あの方はどうしていらっしゃるかね。」
使者「ご主人は過ちをしないように心掛けておいでですが、なかなか難しいようで。」

使いが部屋を出た。
孔子「出来た使いだよ、やるものだわ。」

従来訳

論語 下村湖人

蘧伯玉が先師に使者をやった。先師は使者を座につかせてたずねられた。――
「御主人はこのごろどんなことをしておすごしでございますか。」
 使者がこたえた。――
「主人は何とかして過ちを少くしたいと苦心していますが、なかなかそうは参らないようでございます。」
 使者が帰ったあとで、先師がいわれた。――
「見事な使者だ、見事な使者だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

蘧伯玉(キョハクギョク)

論語 蘧伯玉
BC585-BC484以後。姓は姬、氏は蘧、名はエン、字は伯玉。論語時代の衛国の家老の一人。孔子より34歳年長になる。呉国の使節から賢者として讃えられ(『史記』衛世家)、外出の歳主君の霊公の車に行き会うと、一旦下車して礼を示したという(『列女伝』仁智・衛霊夫人)。

魯からゾウ武仲が出奔した際には(論語憲問篇15)、「原則のないままに主君に仕えると、こう言う目に遭う」と評した(『春秋穀梁伝』襄公二十三年)。孔子が衛国から一旦出た後、再び衛に戻った際には、顔濁鄒ガンダクスウ親分の屋敷ではなく、蘧伯玉の屋敷に滞在した(『史記』孔子世家)。親分が大仕事に出かけていたのだと考えると面白い。

論語との関連では、論語衛霊公篇6に見える史魚が推薦した人物で、霊公が寵愛したという美青年を遠ざけるよう諌め、代わりに蘧伯玉を登用するよう薦めたという。それでも霊公が聞き入れないので、死去する際遺言し、「殿が言うことを聞くまで葬るな」と言ったという(『韓詩外伝』巻七)。そこまでされた霊公は、さぞ気味悪く思ったことだろう。

使乎

原文は”使者だなあ”と言っているだけで、良いとも悪いとも言っていない。古注には「使者に適材を得ているのを褒めたのだ」とあり(『論語集觧義疏』)、新注は「主人の振る舞いを謙遜して伝えたので、孔子様が嘉したもうたのだ」という(『論語集注』)。しかし文法的にはこうも読める。

使者が出ていったが、肝心の要件を伝えないでしまった。
孔子「お~い、使者よ! 使者よ!」

無論、強固に主張するつもりはない。「使」の詳細は論語語釈「使」を参照。

論語:解説・付記

BC484年は孔子が衛を出て魯に戻った年で、論語の本章が衛国滞在中か魯に帰った後かは分からない。ただ最後に衛国にいたときもやはり蘧伯玉の屋敷にいただろうから、孔子が帰国した後の話だろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)