論語詳解357憲問篇第十四(25)古の学ぶ者は”

論語憲問篇(25)要約:昔の人は自分のために、今の人は人に見せびらかすために学ぶ。困ったことだ、と言わされた孔子先生ですが、抱える弟子のほぼ100%は、見せびらかして仕官するために学んでいます。先生が言うはずありません。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「古之學者爲己、今之學者爲人*。」

校訂

武内本

清家本により、文末に也の字を補う。

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 古 金文之 金文学 學 金文者 金文為 金文己 金文 今 金文之 金文学 學 金文者 金文為 金文人 金文

※論語の本章は文字史上は史実を疑う理由がないが、内容的に後世の創作である可能性が高い。

書き下し

いはく、いにしへまなものおのれつくり、いままなものひとつくる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「昔の学ぶ者は自分を修養したが、今の学ぶ者は他人をその気にさせる。」

意訳

論語 孔子 人形
昔は学んで自分を磨きたいから学んだ。今は学んで人に見せびらかすために学んでいる。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「昔の人は自分を伸ばすために学問をした。今の人は人に見せるために学問をしている。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「古人學習是為了提高自己,今人學習是為了炫耀於人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「昔の人は自分を高めるために学んだ。今の人は人をだまくらかすために学ぶ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


學(カク)

学 甲骨文 論語 学
(甲骨文)

論語の本章では”学ぶ”。初出は甲骨文。新字体は「学」。原義は”神聖な建物”。上部は「コウ」”算木”を両手で操る姿。「爻」は計算にも占いにも用いられる。「ガク」は呉音。詳細は論語語釈「学」を参照。

論語の本章では”作り上げる”。”…のために”と解するのは間違いとは言えないが、そうなると本章に動詞が無くなってしまう。新字体は「為」。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、爲の甲骨文字は「手+象」の会意文字で、象に手を加えて手なずけ、調教するさま。人手を加えて、うまくしあげるの意。転じて、作為を加える→するの意となる。また原形をかえて何かになるとの意を生じた。詳細は論語語釈「為」を参照。

論語:解説・付記

論語 孔子
論語の本章は、孔子が言い出したとは思えない。孔子が魯国の政権中枢に入って後、孔子塾に入れば貴族になれると知った庶民の若者がわんさかと押し寄せ、とうとう三千人もの弟子を抱えることになったが、入門希望者の希望は出世だから、学びたいから学ぶのではない。

学んだことを見せびらかして仕官するのが目的であり、別に古人のような動機ではない。本当に古人にそんな人がいたかどうかは訳者には不明だが、『詩経』などを見るとそう読めなくもない話は沢山あって、一例が論語学而篇15の切磋琢磨がそれと言えるだろう。

だが学而篇の章は後世の偽作であり、本章も孔子が具体的に誰を指して「昔の学んだ者」と言っているか分からない。また本章の「人」は「己」に対する”他人”と解するしかないが、漢語の「人」に論語の当時、”他人”の用例があったかどうかは極めて怪しい。

論語の冒頭、学而篇1の「人知らずして」は”ものを知らない人”の意味だった。論語雍也篇30の「己立たんと欲して人を立つ」の章は、後世の贋作である。断じるためには片端から青銅器の銘文を読まねばならぬが、訳者には不可能だから言ってしまおう。本章は贋作である。

一つの補助線は、本章が定州竹簡論語に無いことだ。現存定州竹簡論語に無いからと言って、前漢時代に本章が無かったとは言えないのだが、内容的にいかにも後漢の儒者が言いそうな、偽善と目下へのサディズムがたっぷり含まれていることもある(→後漢というふざけた帝国)。

今日の社会でも、勉強が好きで勉強しているというのは珍無類の奇特人で、娯楽が山ほどある現代では、学ぶことに楽しみを見いだすのは暇人のすることと相場が決まっている。だから孔子が嘆くのは無茶というもので、これでは昨今の出来の悪い教師と変わらないではないか。

しかし孔子でない儒者の教説はそれを許さない。学問の最終目的を仁ではなく仁に置く限り、自己犠牲が弟子の義務であり、仕官目当てで勉強するようでは子の言う仁義者ではない。だが孔子の弟子が後世の仁義を目指すわけがないから、本章の論旨には無理がある。

従って論語の本章は、仁と仁義の区別がつかず(→論語における仁)、弟子に威張り散らして下らない承認欲求を満足させたい、後漢儒者の創作と見るべきだろう。もちろん想像力が皆無に近い儒者の、まるまるの創作ではないだろう。取って付けた元ネタの候補を挙げる。

君子之學也,入乎耳,著乎心,布乎四體,形乎動靜。端而言,蝡而動,一可以為法則。小人之學也,入乎耳,出乎口;口耳之間,則四寸耳,曷足以美七尺之軀哉!古之學者為己,今之學者為人。君子之學也,以美其身;小人之學也,以為禽犢。故不問而告謂之傲,問一而告二謂之囋。傲、非也,囋、非也。

荀子
君子の学習というものは、耳から入ると、心を整え、次いで体を制御し、自分の動きを整える。言葉を正しくし、行動を活発にする。つまり学びを自分の原則として受け入れる。

対して小人の学びというものは、耳から入るとすぐに口に出して受け売りをする。口と耳の間には、僅かに四寸(周代の一寸は約2cm)の間があるだけだ。これでどうやって七尺(1尺は10寸)の全身をまともに整えられるというのか。

昔の学ぶ人は自分を整え、今の学ぶ人は人をどうにかしようとする。君子の学びは、その身を整える。小人の学びは、自分を家畜にする。だから自分が思い上がっているかどうかを問おうとせず、ひたすらベラベラと人に説教するタネを聞きたがるのだ。思い上がりはもちろんみっともないし、ベラベラ知ったかぶりをするのもみっともない。(『荀子』勧学篇13)

※従来はこの後に「君子如嚮矣」が続くが、省いた理由は論語子張篇8付記を参照。

荀子は戦国時代の最後を飾る著名な儒家で、その教説が孔子よりはかなり異様であることを前漢の儒者は常識として知っていただろう。高校教科書的には、性悪論を唱えて性善論を唱える孟子と対立したとされ、帝国儒教は孟子の系統を主張しているからにはなおさらだ。

だが後漢になると、その違いは大して気にされなくなったらしい。一つには後漢の儒者の、あまりの頭の悪さがある(→後漢というふざけた帝国)。古代の人間の頭の悪さをあげつらってもどうにもならないが、書いたものを読むたび、気は確かかと言いたくなるほどそれはひどい。

訳者はそれなりに漢学の教養を教授されたが、誰一人この後漢儒者のていたらくを指摘する者はいなかった。今から思えば、漢学教授のほとんどは漢文が読めなかったし、数理的判断力を持たなかったから、後漢の儒者が書いたものが、いかに下らないか分からなかったのだろう。

論語の本章:
子曰、「古之學者爲己、今之學者爲人。」

荀子勧学篇:
古之學者為己,今之學者為人。

それはさておき、こうまで字面が似ていることから、論語の本章は後漢の儒者が、何らかの目的で論語を膨らますため、荀子の書き物から取って付けたと断じてよろしい。後漢の正史『後漢書』が編まれた南北朝・宋代には、この言葉は孔子が言ったとして疑われなかった。

劉猛,琅邪人。桓帝時為宗正,直道不容,自免歸家。…論曰…子曰:「古之學者為己,今之學者為人。

劉猛は、琅邪の出身である。桓帝の時帝室監督官になったが、あまりにはっきりとものを言うので、いびられて自分から官職を辞め、家に帰った。

編者はこう思う。…孔子は言った。「昔の学ぶ者は自分を整えた。今の学ぶ者は他人をどうにかしようとする」と。(『後漢書』桓栄丁鴻伝32)

ニセ論語指導士養成講座 論語教育不救機構 吉川幸次郎
現伝の論語が、孔子直後の時代に完成したとは、不勉強にも程がある漢学教授ですらそう思っていないだろうが、その成立が後漢まで下るとは、仕事嫌いの連中に分かる話ではない。だが丁寧に読み解けば、眼前の論語がいかに怪しい本か、諸賢にもおわかり頂けると存ずる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 子曰古之学者為●レ己、今之学者為●レ人。(同憲問) […]

  2. […] これで七尺の体を、正しく動かせるわけがない。古人は自分のために学び、今の者は人に見せるために学んでいる、と論語憲問篇25にもある。君子が学ぶのは、我が身を立派にするためだ。小人が学ぶのは、トリや家畜に成り下がるためだ。 […]

関連記事(一部広告含む)