論語詳解377憲問篇第十四(45)子路君子を問う’

論語憲問篇(45)要約:一番弟子の子路に、君子のあるべき姿を問われた孔子先生。いつも通りお説教を始めましたが、子路は「ふーん。それで」?」と言って納得しません。言葉を重ねた先生は、ついに怒り出したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路問君子。子曰、「修己以敬。」曰、「如斯而已乎。」曰、「修己以安人。」曰、「如斯而已乎。」曰、「修己以安百姓。修己以安百姓、堯舜其猶病諸。」

復元白文

子 金文路 金文問 金文君 金文子 金文 子 金文曰 金文 攸 金文己 金文㠯 以 金文敬 金文 曰 金文 如 金文斯 金文而 金文已 矣 金文乎 金文 曰 金文 攸 金文己 金文㠯 以 金文安 焉 金文人 金文 曰 金文 如 金文斯 金文而 金文已 矣 金文乎 金文 曰 金文 攸 金文己 金文㠯 以 金文安 焉 金文百 金文姓 金文 攸 金文己 金文㠯 以 金文安 焉 金文百 金文姓 金文 堯 金文其 金文猶 金文疒 金文者 金文

※修→攸。「舜」の字は論語の時代に存在しない。論語の本章は、孔子生前に「堯舜」を語っていることから、少なくともその部分は、戦国時代以降の儒者による付加である。

書き下し

子路しろ君子くんしふ。いはく、おのれをさめてつつしむ。いはく、かくごと而已のみいはく、おのれをさめてひとやすんず、いはく、かくごと而已のみいはく、おのれをさめてて百せいやすんず。おのれをさめてもつて百せいやすんずるは、堯舜げうしゆんこれめり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路 孔子
子路が君子を問うた。先生が言った。「自分を修養して慎み深い者だ。」子路が言った。「そのようなものだけですか。」先生が言った。「自分を修養して人を安心させる者だ。」子路が言った。「そのようなものだけですか。」先生が言った。「自分を修養して庶民を安心させる者だ。自分を修養して庶民を安心させることは、ギョウシュンでもやはり悩んだことだ。」

意訳

子路 論語 孔子 波濤
子路「君子とは何でしょう。」
孔子「ふむ。ワシの教え通りに稽古して、勉強して、慎み深くなった者を言う。」

子路「はあ。そんなのだけですか。」
孔子「ん? ワシの言うとおりに修養して、人を安心させる者を言うのだ。」

子路「へえ。そんなのだけですか。」

論語 孔子 不愉快
孔子「あのな、ワシの言うとおりにして、民の暮らしが立つようにしてやる者のことだ。そんなのとは何だ。いにしえの聖王、堯や舜でも出来なかったことだぞッ!」

従来訳

論語 下村湖人

子路が君子の道をたずねた。先師がこたえられた。――
「大事に大事に細心な注意をはらって、自分の身を修めるがいい。」
子路――
「それだけのことでございますか。」
先師――
「自分の身を修めて人を安んずるのだ。」
子路――
「それだけのことでございますか。」
先師――
「自分の身を修めて天下万民を安んずるのだ。天下万民を安んずるのは、堯舜のような聖天子も心をなやまされたことなのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子路問君子,孔子說:「提高自己的修養,對人恭敬謙遜。「這樣就行了嗎?「提高自己的修養,使人心安。「這樣就行了嗎?「提高自己的修養,使百姓過上太平的生活。這一點,堯舜都難做到。」

中国哲学書電子化計画

子路が君子を問うた。孔子が言った。「自分の人格を高めて、人に対して腰が低く謙遜した者を言う。」「それで出来上がりですか?」「自分の人格を高めて、人を安心させるものを言う。」「それで出来上がりですか?」「自分の人格を高めて、万民の生活を楽にしてやる者を言う。この点では、堯舜どちらも実現は難しかった。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」、「 。」、「 。」、「 。」、「 。」


君子

論語の本章では”貴族”。孔子の生前は徹頭徹尾この意味で、ただし貴族と言っても参政権が有る都市住民を指し、代わりに従軍の義務を負った(→国野制)。

孟子
”教養ある人格者”・”慈悲深い為政者”という語義は、孔子より一世紀後、孟子が「仁義」をぶち上げてからである。論語における君子も参照。

論語 修 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、”孔子の教説を勉強し、稽古する”。人格修養と解しては、本章が全く分からない。孔子の教えたいわゆる六芸、すなわち貴族に必須な礼儀作法・音楽と古詩・弓術・戦車の操縦・読み書き・算術を机に座って勉強し、練習し、汗を流して稽古することである。

なお古詩は現伝では『詩経』に残されたような歌詞のことで、方言の多い中国では共通語の役割を果たし、春秋時代当時の外国語学習を兼ねていた。

テキストによっては、「脩」になっているものがあるが、異体字で意味は同じ。詳細は論語語釈「修」を参照。

論語 敬 金文 論語 緊張 敬
(金文)

論語の本章では、”慎み深い”こと。原義は人がはっと驚いてからだを引き締めること。詳細は論語語釈「敬」を参照。

如斯而已乎

愚直に読み下すと、「斯くの如きにし」となり、”そのようなもので終わってしまっていいものでしょうか?”の意味。通常は「而已」を「のみ」と読み下すが、丁寧に読んでみると、子路の感情がじかに伝わってくる。ただ「それだけですか」というなら、「斯耳乎」(のみ)の三字でおしまいで、子路は孔子のもったいつけた言葉に、うんざりしているから「如斯而已乎」と長々言ったわけ。

百姓(ヒャクセイ)

論語 百 金文 論語 姓 金文

農民ではなく、百の姓=多くの姓を持つ者の総体=民衆。

堯・舜(ギョウ・シュン)

論語 堯 論語 舜

論語では、想像上の古代の聖王。その意味で、ゴブリンやドワーフと変わらない。
論語 ゴブリン 論語 ドワーフ

帝舜が確認できるのは孔子より一世紀後の孟子の時代で、孟子は顧客である、斉国を乗っ取って間もない田氏の家格に箔を付けるため、その先祖ということになっていた舜を、夏王朝より昔の聖王だと言いふらした。もちろん全部、高位高禄を得るためのでっち上げである。

孟子
夏王朝より昔に設定したのは、孔子没後に儒家を圧倒した墨家が、土木技術集団である自らの開祖として、夏の開祖・禹王をでっち上げたから。殷中期以前は無文字時代で、夏王朝も禹ももちろん架空である。それより昔の舜はなおさらで、さらに古い堯は言うまでも無い。

「堯」は”巨人”を意味し、固有名詞ではあり得ない。『字通』によると、土器造りの氏族の開祖である可能性があるが、文字の無い時代の氏族のことなど、後世の誰が分かろう。

今世紀に入って中国政府が、御用学者を集めて堯舜から夏王朝、周までの年代をいついつだと決定したが(夏殷周年表プロジェクト)、頭のおかしな人間のすることで、天照大神や神武東征についての『古事記』の記述を、史実だと言い張る𠮷外神主の類と変わらない。

論語語釈「堯」論語語釈「舜」も参照。

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”~もまた”。詳細は論語語釈「猶」を参照。

論語の本章では”悩む”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はbhi̯ăŋで、同音は存在しない。詳細は論語語釈「病」を参照。

諸(ショ)

論語 諸 金文
(金文)

論語の本章では”これを”。「之於」(シヲ)に音が通じた転用。詳細は論語語釈「諸」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、上記の検証にかかわらず、堯舜うんぬんを除いて、おそらく孔子の肉声だろう。定州竹簡論語に見えないことから、『漢書』芸文志に言う「伝」=孔子にまつわる伝説から、後漢儒者が材料を取って、シリに自作のファンタジーをくっつけたのだろう。

幼女顔に巨乳という、宮崎アニメ系現代日本のファンタジーは、物理現実の女性に出入りできない男子諸君の、切なる願望から殷賑を極めているのだが、中華文明には実利無きファンタジー要素が極めて少なく、萌え小説『紅楼夢』は、日本人同様目のつり上がった満洲旗人の筆。

目の座った中国人らしいのは『金瓶梅』の世界。だから論語の本章に関しても同様だ。

儒者は実利があるから、本章にでっち上げを加えた。堯舜を祭り上げ、さらにその時代の「記録」なるものを、もの凄く読みにくい漢文で偽作した。解釈が出来るのは儒者だけで、これはともすると噛みつきに来る皇帝とその一族を、暴君呼ばわりで押さえる効き目があった。

「堯舜と違いますぞ」と。これは後漢の光武帝のような、極めつけの偽善者にはとりわけ有効だったし、のちには皇帝もそれを自覚して、逆に儒者のファンタジーを、宮崎が描く女性の胸部並みに膨らませるようあおりもした。それは儒者高慢ちき最高潮の、北宋帝国の時代。

娶妻莫愁無良媒,書中自有顏如玉。

真宗
科挙に合格しさえすれば、萌え萌えの美少女と槍放題。(「勧学詩」)

書いたのは真宗皇帝である。中華文明が極めて現実的であるとはよく言われることだが、ここまであからさまに人の欲望を、皇帝ともあろう者が煽ったのはすさまじいことだ。これは現代に至るまでの中国政治の特徴を、よく表している。

「炮打司令部」=”出世した奴らを●せ”。毛沢東はそう言って、人間の欲望と不可分に隣り合わせの、嫉妬という生々しい感情を煽り、文化大革命を勃発させた。「造反有理」=”暴れ回る君たちは正しい”。事実上の皇帝にそう言われて、殺戮は止めどなく繰り返された。

さて本章は孔子生前の君子とは何か、明確に規定した一節であり、君子の語義さえ正しく理解すれば、春秋時代の世相を理解する良い材料になる。

本章
孔子「自己修養すると人が安心する。」

この理屈が通るには、修養する「君子」の「修養」が、「人」の利害に絡まねばならない。現在の政治家が滝に打たれるなど精神修養したとして、安心を感じる諸賢がいるのだろうか。いるかもしれないが、もしそうなら拙訳を読まない方が、精神衛生上よろしいと存ずる。

孔子の言う自己修養とは、とりもなおさず孔子塾で教えている六芸、貴族に必要な技能と教養のことで、例えば武芸もそのうちに入る。戦時に守って貰えれば、人は安心するだろう。

本章
孔子「自己修養すると民の暮らしが立つ。」

孔子塾では算術と読み書きも教えた。役人として帳簿の付け方も教えたのである。帳簿は行政の基本で、民の信用を得るには帳簿無しでは始まらない。徴税時の枡目の誤魔化しや、饑饉の時の配給のデタラメを防ぎ、民の暮らしが立つようにするには、帳簿無しでは成り立たない。

これをいかにも儒者風味の偽善で、「修」=精神的修養に限って読もうとするから、いつまでたっても論語に何が書いてあるか分からないのだ。『論語集釋』に載った儒者のあれこれも、そうしたバカバカしい話ばかりなので、今回は記す気にも訳す気にもならない。

もちろん古注新注も同様である。お好きな方がご自分で読めばよろしい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント