論語詳解498A堯曰篇第二十(5)子張孔子に問うて曰く*

論語堯曰篇(5)要約:何事もやり過ぎの弟子、子張が孔子先生に政治の要点を尋ねます。その答えは、人間には実現不可能な、現実世界を無視した空理空論でした。もちろん先生の肉声ではなく、役人に成り下がった帝国儒者の作文。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子張問*於孔子曰、「何如斯、可以從政矣。」子曰、「尊五美、屛四惡、斯可以從政矣。」子張曰、「何謂五美。」子曰、「君子惠而不費、勞而不怨、欲而不貪、泰而不驕、威而不猛。」
(次回に続く)

校訂

武内本:清家本により、子張問の下に政の字を補う。

書き下し

子張しちやう孔子こうしひていはく、何如いかなるかこれまつりごとしたがる。いはく、五なすきをたふとび、四なすしきをしりぞかば、これまつりごとしたがり。子張しちやういはく、なにをか五なすきとふ。いはく、君子くんしめぐつひえず、つかうらみず、もとむさぼらず、ゆたかにしおごらず、ありたけからず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子張が孔子に質問して言った。「政治に従うことの出来るものとは何ですか。」先生が言った。「五つの良い事を尊び、四つの悪いことを遠ざければ、それは政治に従うことが出来る。」子張が言った。「何を五つの良い事と言うのですか。」先生が言った。「君子は恵みを与えてすり減らない。苦労しても恨まない。求めても貪らない。余裕があっても威張らない。威力があっても荒々しくない。」

意訳

論語 子張 人形 ニセ孔子
子張「政治を執るのに必要な資質とは何でしょう。」
孔子「行うよう心掛けるべき事が五つ、避けるよう心掛けるべき事が四つだな。」

子張「行うべき五つとは?」
孔子「為政者は恵み深くあっても自分はすり減らないこと、天下万民のために働いて露ほども不平を言わないこと、貰う物は貰うが欲張りにならない事、自分が優位にあっても人を馬鹿にしないこと、侵し難い威厳はあっても乱暴者にならない事だ。」

従来訳

論語 下村湖人

子張が先師にたずねていった。――
「どんな心がけであれば政治の任にあたることが出来ましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「五つの美を尊んで四つの悪をしりぞけることが出来たら、政治の任にあたることが出来るであろう。」
 子張がたずねた。――
「五つの美というのは、どういうことでございましょう。」
 先師がこたえられた。――
「君子は恩恵を施すのに費用をかけない。民に労役を課して怨まれない。欲することはあるが貪むさぼることはない。泰然としているが驕慢ではない。威厳はあるが猛々しくはない。これが五つの美だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子張

論語 子張

論語では孔子の若き弟子で、「何事もやり過ぎ」と評された、セン孫師子張のこと。

何如斯、可以從政矣。

ここでの「斯」(これ)は指示詞=代名詞の一種だが、英語の関係代名詞のような働きをしている。つまり「何如斯」(何がこれ﹅﹅のようですか)と聞き、直後に「斯」の内容として「可以從政矣」(それを使って政治に関わる事が出来るもの)と問うている。

『学研漢和大字典』では「用例はきわめて少ない」とするが、論語での他の用例として、為政篇16を挙げている。

攻乎異端、斯害也已。
自分と違った意見を責めても、それは害があるだけだ。

この用例は、「異端=異なった意見を責めることはこれ﹅﹅である」と言い切った後に、「攻乎異端」を「斯」でまとめて代用させている点で、関係代名詞と同じ働きをしている。

屛(屏)

論語 屛 古文 
(古文)

論語の本章では”しりぞける”。『学研漢和大字典』による原義は、ついたてを立てて隠し、行き来を斥けること。

惠(恵)而不費

論語の本章では、”恩恵を与えてもすり減らない”。「費」は『学研漢和大字典』によると、貝=財貨を弗=払い分けること。価値あるものをばらまくこと。いかなる大金持ちだろうが、恵めばその分すり減るのは当然であり、つまりこの言葉は儒教的ファンタジーを語っている。

孔子は仁については盛んにファンタジーを語ったが、それ以外は至って現実的であり、また仁のファンタジーの聞き手は、よほどの高弟に限られた(論語における「仁」)。子張は準・孔門十哲と言ってよい高弟だが、融通の利かぬ学者向きの弟子だった(論語為政篇18)。

従って論語のこの部分は孔子が語ったわけでは無く、子張が問うたわけでも無い。論語の成立史から見て、子張問篇として成立がかなり新しいことが知られている(論語各篇の成立年代)。要するに漢代儒者のでっち上げで、文意がわけ分からないのもそのためだ。

それは例えば『仏説阿弥陀経』に描かれた、金銀宝玉でキンキラキンの極楽の様子を、現実として理解できないのと同じである。従来訳のように「恩恵を施すのに費用をかけない」と解するのは、原文から離れた、あるいは好意ある曲解というものだ。

又舍利弗 極樂國土 七重欄楯 七重羅網 七重行樹 皆是四寶 周帀圍繞 是故彼國 名曰極樂。
(仏は説かれた。)またサーリプッタよ、極楽の国土には、七重の手すり、七重の薄網、七重の並木があって、これらはみな金銀宝玉で、国土をぐるりと取り巻いている。それゆえにこの国を、名付けて極楽というのだ。(『仏説阿弥陀経』)

信者の脳内にキンキラキンの極楽が実在しないと、阿弥陀教は崩壊するが、論語読者の脳内に儒教的でっち上げが実在しなくても、論語の解釈や翻訳は成り立つ。孔子を過去の偉人として尊敬するのと、でっち上げを真に受けないのとは、何ら矛盾しない。

また僧侶の脳内にキンキラキンの極楽が実在すると、やはり阿弥陀教は崩壊するように、論語業者の脳内に儒教的でっち上げが実在すると、業者は商売が成り立たない。ジャンヌ=ダルクは火あぶりに遭ったが、見殺したシャルル7世がのうのうと生き延びた故事の裏返しだ。

ファンタジーを説く論語本の類は、阿弥陀経のたぐいと考えていいだろう。

論語の本章では”うらみ”。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、大・太が語義を共有する場合にのみ、論語時代の置換候補になりうる。詳細は論語語釈「泰」を参照。

驕(キョウ)

論語 驕 睡虎地秦墓竹簡 論語 驕
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”おごり高ぶる”。初出は戦国文字。カールグレン上古音はki̯oɡ。同音部品に喬。詳細は論語語釈「驕」を参照。

論語:解説・付記

論語のこの部分は、成立が新しくまた漢代儒者のでっち上げであることは上掲の通り。現実にはあり得ない人間像を強要するサディズムは、儒者が帝国の官僚として帝権の下に組み敷かれてたマゾヒズムと、表裏一体を為している。

それは同時に、エリートの行動指針だった孔子の教えが大衆化したことでもあった。現代社会で平時に”政府ガー”と言い募る、人民日報の言うことそっくりな人々の頭に、結局増税で返ってくる気遣いが見られないように、君子=儒者には出来もしない義務が課されてしまった。

独裁国家の公式思想とはそういうものである。お恵みを期待するしか生きる道の無い大勢は、期待だけ与えられておとなしくさせられる。しかしそれは理論上常に裏切られるから、一旦破綻を始めた中華王朝では、旧来の支配層はほぼ全て皆●しの憂き目に遭う。
論語 械闘

論語のこの部分は、中国史のそうしたサイクルの始まりを、いみじくも記しているのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)