論語469微子篇第十八(12)大師の摯は斉にゆき

論語微子篇(12)要約:殷が滅んだ前後、その文化の一端を伝える楽師たちが、中国のあちこちに散り散りになって逃げたことを伝える話。孔子先生も弟子も誰一人出てこない、論語でも珍しい一節。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

大師摯適齊、亞飯干適楚、三飯繚適蔡、四飯缺適秦。鼓方叔入於河、播鞀*武入於漢、少師陽、擊磬襄入於海。

*武内本:唐石経、鞀を鼗に作る。

書き下し

大師たいしせいき、亞飯あはんかんき、三ぱんれうさいき、四はんけつしんく。方叔ほうしゆくり、播鞀はたうかんり、少師せうしやう擊磬げきけいじやううみる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

宮廷楽団長のは斉に行き、王の二度目の食事に音楽を奏でる役の干は楚に行き、三度目の役のリョウは蔡に行き、四度目の役のケツは秦に行った。鼓み方の叔は黄河のほとりで隠れ住み、振り太鼓役の武は漢水のほとりに隠れ住み、次長の陽と磬方の襄は海のほとりに隠れ住んだ。

意訳

殷が滅んだ。

宮廷楽団長のはまっすぐ斉に逃げ、王の二度目の食事に音楽を奏でる役の干はまっすぐ楚に逃げ、三度目の役のリョウは蔡に逃げ、四度目の役のケツは秦に行った。鼓み方の叔は黄河のほとりに隠れ、振り太鼓役の武は漢水のほとりに隠れ、次長の陽と磬方の襄は海のほとりに隠れた。

従来訳

楽長の摯は斉に去った。亜飯の干は楚に去った。三飯の繚は蔡に去った。四飯の欠は秦に去った。鼓師の方叔は河内に逃げた。振鼓師の武は漢に逃げた。楽官補佐の陽と、磬打ち役の襄とは海をこえて島に逃げた。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

大師

論語 大 金文 論語 師 金文
(金文)

論語の本章では、宮廷の楽団長。「」は個人名で、同名の楽人の名が論語泰伯篇15に見えるが、もちろん別人。

論語 適 金文 論語 適
(金文)

論語の本章では、”真っ直ぐ向かう”。本章の文脈では、これはダメだと見捨てて、一目散に斉国に逃げた、を意味する。

亞(亜)飯…四飯

論語 亜 金文 論語 飯 金文
「亜飯」(金文)

論語の本章では、それぞれ王の二度目~四度目の食事に楽を奏でる役の楽師。『学研漢和大字典』によると、「亜」はくぼんだ建物などの土台で、表に出ない下のささえとして、地面より一段低いことから、”次ぐ”の意になったという。

「飯」は粒がふやけてばらばらに煮えた、玄米のめしというが、論語の時代頃の華北には、稲があったかどうか定かではない。

鼓方

論語 鼓 金文 論語 方 金文
(金文)

論語の本章では”太鼓役”。『学研漢和大字典』によると”それをする人。係”の語義は「日本語での特別な意味」とするが、同じ藤堂博士の論語本では”役”の意味に解している。

叔入於河

論語 河 金文
「河」(金文)

論語の本章では、”(太鼓役の)叔は黄河のほとりに隠れた”。「河」は固有名詞として黄河を指し、「入」は入水したと解しうるが、それは悲劇に解しすぎのように思う。

播鞀(ハトウ)

論語 播 古文 論語 鞀 古文
(古文)

論語の本章では”振り太鼓を振る役”。「播」は秦系戦国文字から見られ、ちらす、ばらまくことだが、ここでは振り太鼓や鈴を、ゆさぶって鳴らすことで、『学研漢和大字典』によると上声に読むという。「鞀」は古文から見られるが、字形が番+攵になっている。

論語 漢 金文
(金文)

論語の本章では、河川の名で”漢水”。現代では漢江とも呼ばれ、長江(揚子江)の最大の支流。論語の時代、「水」は川を意味する。

少師

論語 少 金文 論語 師 金文
(金文)

論語の本章では、宮廷楽団の次長。

擊(撃)磬(ゲキケイ)

論語 撃 古文 論語 磬 金文
「撃」(古文)・「磬」(金文)

論語の本章では、「磬」=くの字型に曲がった石の打楽器を演奏する役。「撃」は以外にも甲骨文・金文・戦国文字には見られず、一方で「磬」は甲骨文から見られる。

襄(ジョウ)

論語 襄 金文
(金文)

論語の本章では、楽師の個人名。「襄」は”のぼる”こと・『史記』に孔子が音楽を習った楽師として同名の人物が出てくるが、もちろん同一人物ではあり得ない。

論語 襄 解字
『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右の形が襄の原字で、中にいろいろなものを入れてまぜることをあらわす会意文字。含まれている爻印はまぜあわせることをあらわす。襄は、この形と衣(外側のおおい)とをあわせたもので、中に割りこむの意をあらわす。

釀(=醸。つぼの中に材料を入れてかもす)・嚢(ノウ)(ふくろ)・攘(ジョウ)(まぎれこんできたものを始末してしまう)・讓(=譲。すきまに割りこませる)と同系。無声のnがsにかわったことば、という。

論語:解説・付記

論語の本章について、武内本に、「書序云、殷紂斷棄先祖之樂、廼作淫聲、用變亂正聲、樂官師瞽抱其器而奔散、或適諸侯、或入河海。」とある。ほぼ同文が『漢書』礼楽志に見える。また『論語之研究』では、篇末に付け足された章として記している。

紂王の暴君伝説は周のでっち上げだろうが、殷が滅んで楽師たちが散り散りになったことは容易に想像できる。しかしなぜ本章が論語に入っているかはわからない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク