論語詳解468微子篇第十八(11)逸民は伯夷叔齊*

論語微子篇(11)要約:昔の隠者風味な賢者たちについて、孔子先生が論評します。ああだこうだ言ったあげく、私は誰の真似もしないと先生は言います。ではどうするか、は書いてありません。論語の中でも無責任な一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

逸民、伯夷、叔齊、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。子曰、「不降其志、不辱其身者*、伯夷叔齊與。」謂柳下惠、少連、「降志辱身矣。言中倫、行中慮、其斯而已矣。」謂虞仲、夷逸、「隱居放言、身*中淸、廢*中權。」我則異於是、無可無不可。」

→逸民、伯夷、叔齊、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。子曰、「不降其志、不辱其身、伯夷叔齊與。」謂柳下惠、少連、「降志辱身矣。言中倫、行中慮、其斯而已矣。」謂虞仲、夷逸、「隱居放言、身*中淸、發中權。」我則異於是、無可無不可。」

校訂

武内本:清家本により、不辱其身者の下に者の字を補う。身、史記世家行に作り、廢鄭本發に作る。

書き下し

逸民いつみんは、伯夷はくい叔齊しゆくせい虞仲ぐちう夷逸いいつ朱張しゆちやう柳下惠りうかけい少連せうれんなり。いはく、こころざしくださず、はづかしめざる者は、伯夷はくい叔齊しゆくせい柳下惠りうかけい少連せうれんふ、こころざしくだはづかしめり。ことみちあたり、おこなひのりあたる、これにしり。虞仲ぐちう夷逸いいつふ、かくことほしいままにするも、きよきにあたり、うごかばのりあたれり。われすなはこれことなり、不可ふかし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

世を隠れ住んだ者は、伯夷、叔斉、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。先生が言った。「志を高く保ち、自分をおとしめなかったのは、伯夷叔斉だろうか。」柳下惠と少連を論評した。「志を曲げ、自分をおとしめたが、発言は人の道にかない、行動は思慮の範囲内だった。ただそれだけだ。」虞仲と夷逸を論評した。「隠れ住んで言いたい事を言ったが、自分を清潔に保ち、行動には釣り合いが取れていた。私はこれらの人物とは違う。良いも悪いも無い。」

意訳

世を隠れ住んだ者に挙げられるのは、伯夷、叔斉、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。

孔子「伯夷叔斉は立派だった。志を曲げず、孤高に死んだ。柳下惠と少連は志を曲げ、自分をおとしめて職に就いたが、言うことは人の道にかない、踏み外した行いはしなかった。しかしそれだけのことだ。虞仲と夷逸は世を厭うて隠れ住み、代わりに言いたい放題のことを言ったが、後ろ暗い事はせず、無茶なこともしなかった。私はこれらとは違って、世間に好き嫌いを言わないつもりだ。」

従来訳

論語 下村湖人

古来、野の賢者として名高いのは、伯夷・叔斉・虞仲・夷逸・朱張・柳下恵・少連などであるが、先師はいわれた。
「あくまでも志を曲げず、身を辱かしめなかったのは、伯夷と叔斉であろう。」
柳下恵と少連とについては、つぎのようにいわれた。――
「志をまげ、身を辱しめて仕えたこともあったが、いうことはあくまでも人倫の道にかなっていたし、行動にも筋道が立っていた。二人はその点だけで、十分立派だ。」
虞仲と夷逸については、つぎのようにいわれた。――
「隠遁して無遠慮な放言ばかりしていたが、しかし一身を守ることは清かったし、世を捨てたのは時宜に適した道だったと言えるだろう。」
先師は、それにつけ加えて更にいわれた。――
「私は、しかし、こうした人たちとはちがう。私は、はじめから隠遁がいいとかわるいとかを決めてかかるような、片意地な態度には出たくないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

逸民

論語 逸 金文 論語 民 金文
(金文)

論語の本章では世を避けて隠れ住む人。体制からぬけ出た人。佚民・軼民(音は同じ)とも書く

「逸」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、「兎(うさぎ)+辶(足の動作)」。うさぎがぬけ去るように、するりとぬけること。失(ぬけさる)・佚(イツ)・軼(イツ)と同系のことば、という。

伯夷…少連

伯夷、叔齊(斉)、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連のうち、伯夷、叔斉、柳下恵の他は古来誰だか分からない。

書経図説 河朔誓師図
伯夷・叔斉は、殷周革命の際に周武王の革命軍の前で大見得を切って職を得ようとしたが、太公望に企てを見抜かれて失敗した辺境国の貴公子ニート兄弟。柳下恵は孔子が生まれる70年前に世を去った、カタブツで知られる魯国の家老。

伯夷を白川博士は「周と通婚関係にあった姜姓諸族の祖神である」と書くが(『字通』叩字条)、誰も知るよしの無い中国古代の祭祀なるものを、根拠も記さず見てきたようにベラベラと書く白川博士の駄ボラは信用し難い。

論語 倫 篆書
(篆書)

論語の本章では”人の道”。この文字が見えるのは篆書以降で、つまり秦の統一以降に出来た言葉。

論語 慮 古文
(古文)

論語の本章では、藤堂本では”細かい心配り”といい、武内本では”法度”という。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。同音に語義を共有する漢字は無い。

つまり戦国文字から見られるような新しい概念だから、作文者の意図がどのようであったかは知り難い。”行動が思慮の範囲内だった”と単純に解するのがいいように思う。論語語釈「慮」も参照。

而已矣

伝統的には三字で「のみ」と読む。「而」について詳細は論語語釈「而」を参照。

隱(隠)居放言

論語 放 金文 論語 言 金文
「放言」(金文)

論語の本章では、「隠居」を”隠れ住む”と解するのは異論がないが、「放言」は”言いたいように言う”と”言うのをやめておく”の二通りの解釈がある。虞仲・夷逸(後者はおそらく創作の人物)が何者か分からないので、どちらとも決めかねるが、ここでは”言いたいように言う”と解した。

隱の字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯ən(ʔは空咳の音に近い)で、同音に殷”さかん”・慇”ねんごろ”と、隱を部品とした漢字群。詳細は論語語釈「隠」を参照。

廢(廃)中權(権)

論語 廃 古文 論語 権 古文
「廃」「権」(古文)

論語の本章では、”動いても釣り合いが取れている”。「廃」は鄭本によって「発」の誤記と分かるので、”行動を発する”→”動く”とわかる。もとは矢を放つさま。詳細は論語語釈「廃」を参照。

「権」は計りの重りのことで、バランスを取る作用を言う。

論語:解説・付記

論語の本章は、一体何を言いたいのか分けが分からない。

孔子はどうしようというのか、取りようによっては無原則宣言や無責任な放言にも見える。しかし本章を作文した儒者にとっては、論理的整合性などどうでもよかったのであり、ただ論語に道家風味を加えられればそれでよかったのだ。従って解釈に頭を悩ますのは無用と言える。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)