論語詳解304子路篇第十三(2)仲弓季氏の宰たりて

論語子路篇(2)要約:孔子先生の弟子の中で、人格者として評価された仲弓チュウキュウ。なかなか仕官の口がありませんでしたが、筆頭家老家・季氏が執事にと希望します。そのはなむけとして先生は、仲弓に適した政治のコツを教えるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

仲弓爲季氏宰、問政。子曰、「先有司、赦小過、舉賢才。」曰、「焉知賢才而舉之。」曰、「舉爾所知。爾所不知、人其舍諸。」

校訂

湯浅邦弘「漢代に於ける『論語』の伝播」

『上海博物館蔵戦国楚竹書』「仲弓」:仲尼【曰】、老老慈幼、先有司、舉賢才、宥過赦罪。

書き下し

仲弓ちうきう季氏きしさいり、まつりごとふ。いはく、有司いうしさきんじ、小過せうくわゆるし、賢才けんさいげよ。いはく、いづくにか賢才けんさいこれげむや。いはく、なんぢところげよ。なんぢらざるところは、ひとこれかむや。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 冉雍 論語 孔子
仲弓が季氏の執事になり、政治を問うた。先生が言った。「役人たちの先に立ち、小さな間違いは許し、有能な者を昇進させよ。」仲弓が問うた。「どうやって才能を見分けて昇進させるのですか?」先生が言った。「お前がそう思うなら昇進させよ。お前の知らない才能は、人々が捨てておかない。」

意訳

冉雍ゼンヨウ(仲弓)が、魯国筆頭家老家・季氏の執事になった。
冉雍「政治の要点とは?」
孔子「役人の先頭に立って働きなさい。部下のしくじりは、少々の事なら大目に見なさい。デキる者を引き立てるのを忘れないようにな。」
冉雍「どうやってデキるかどうか見分けるのですか?」

論語 孔子 楽
孔子「お前がデキると思うならそれでいい。知らない人物も、デキるならまわりの者が放っておかないよ。」

従来訳

論語 下村湖人

仲弓が魯の大夫季氏の執事となった時に、政治について先師にたずねた。先師がいわれた。――
「それぞれの係の役人を先に立てて働かせるがいい。小さな過失は大目に見るがいい。賢才を挙用することを忘れないがいい。」
 仲弓がたずねた。――
「賢才を挙用すると申しましても、もれなくそれを見出すことはむずかしいと存じますが――」
 先師がいわれた。――
「それは心配ない。お前の知っている賢才を挙用さえすれば、お前の知らない賢才は、人がすててはおかないだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 宰 金文
(金文)

論語の時代には一家の執事や、地方都市の代官を指した。原義は”家内奴隷のかしら”。

先有司

論語 司 金文
「司」(金文)

論語の本章では、”部下に先んじる”。「有司」とは「司(しごと)の有る者」と読み、役人の事。とりわけ現場仕事をする下っ端をそう呼び、「先有司」とは、下役の先頭に立って仕事を指揮監督せよ、ということ。

「有司を先とし」と呼んで、仕事を部下に任せなさい、あるいは、部下選びをまずしなさい、と解する例もあるが、論語の前章を合わせ考えると、本章も率先垂範の教えだと理解した方が無理がない。

「先」の詳細は論語語釈「先」を参照。

『学研漢和大字典』によると「司」は会意文字で、「人+口」。上部は、人の字の変形、下部の口は、穴のこと。小さい穴からのぞくことをあらわす。覗(シ)(のぞく)や伺(うかがう)・祠(シ)(神意をのぞきうかがう→まつる)の原字。転じて、司察の司(よく一事を見きわめる)の意となった。

類義語の宰は、主任者として仕事をあずかる。掌は、手中におさめて処置する。職は、一定の仕事の責任を負う。主は、中心となって処理する。語義は論語語釈「司」を参照。

賢才

論語 賢 金文 論語 才 金文
(金文)

論語での賢者とは、頭がいい者と言うより、仕事の出来る有能人。

論語 才 甲骨文 
「才」(甲骨文)

「才」は象形文字で、原字は、川をせきとめるせきを描いた象形文字。その全形は、形を変えて災などの上部に含まれる。そのせきだけを示したのが才の字である。切って止める意を含み、裁(切る)・宰(切る)と同系。

ただし、材(切った材木)の意味に用いることが多く、材料や素材の意から、人間の素質、持ちまえを意味することとなった。語義は論語語釈「才」を参照。

論語 舍 金文
(金文)

論語の本章では”捨てる”。てへんの付いた「捨」と同じ。

人其舍諸

上掲の書き下しの通り、伝統的にも反語に読む。「人舍諸」だけなら「人これ(=諸=之於)をく」と読んで、”人々は見向きもしない”の意となるが、「其」に反語の意味があり、多くは句末に「乎」などを伴うが、本章の場合はそれ無しで反語の意味を表している。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子が相手によって教え方を変えたことを示す。

他の弟子には管理職の心得として、陣頭指揮を良く言う孔子だが、冉雍に対しては後ろでどっしり構えていろ、と教えている。論語雍也篇1で「君主に据えてもいい」とまで評価した弟子だから、執事であっても君主のように奥座敷に構えていろ、と教えたのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)