論語詳解250郷党篇第十(16)朋友死して

論語郷党篇(16)要約:礼法の戒律は交友関係にも及びます。神霊や君主に対する礼儀は、友人には適用されませんでした。しかし身寄りのない友人を大切にする点では、古代人の孔子先生も現代人以上に哀れんだのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

朋友死、無所歸。曰、「於我殯。」朋友之饋、雖車馬、非祭肉、不拜。

書き下し

朋友ほういうして、かえところし。いはく、われおいかりもがりせよと。朋友ほういうおくりものは、くるまむまいへども、祭肉さいにくあらざればをがまず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生は、引き取り手のない友人が亡くなった時は、「うちで通夜をしよう」と言った。
友人からの贈り物は、車や馬であっても拝んで受け取らなかったが、祭りのお下がりの肉は、跪いて拝んで受け取った。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

先生は、友人が死んで遺骸の引取り手がないと、「私のうちで仮入棺をさせよう」といわれる。
 先生は、友人からの贈物だと、それが車馬のような高価なものでも、拝して受けられることはない。ただ拝して受けられるのは、祭の供物にした肉の場合だけである。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

殯(ヒン)

論語 殯 金文大篆 論語 葬儀 殯
(金文)

論語の時代では”なきがらを安置して葬るまでまつる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「歹(なきがら)+(音符)賓(ヒン)(=賓。お客、そばにいるあいて)」で、亡き人をそばにいる客として、しばらく身辺に安置すること。かりもがりと読み、埋葬する前に、しばらくの間死体を棺に納めたまま安置する。また、その作法、という。

日本では通夜と言って、死者は一晩だけ安置して葬るが、論語時代の礼法では例えば君主であれば数年かけて安置し、その後葬った。

饋(キ)

論語 饋 金文大篆 論語 お中元 饋
(金文)

論語の本章では”贈る”。

祭肉

論語 祭 金文 論語 肉 金文大篆
(金文)

論語の本章では”お供えのお下がりの肉”。

論語:解説・付記

論語を読む限り、孔子は人身御供をいやがったように、当時としては合理主義者だったが、それでも神霊や死霊を恐れる点では古代人だった。当時としては飛び抜けて合理的だった宰我とは、才能は認めたが、どことなくウマが合わなかったと思われる。

論語の本章では、友達から車や馬のような高価な物を貰っても、拝みはしなかったと言う。孔子は派手な礼儀作法を見せつけることで、既存勢力に対する新勢力であることを誇示した。従って拝むこと一つ取っても理由がなければならず、ただの贈り物は拝む対象ではなかった。

祭肉の場合は拝んだとあるのは、論語の前章で述べた主君の祭肉下賜と同類の話で、他家の祭祀のお下がりを貰う事は、その祭祀に共同で参加したことを意味する。それは友人であることの証しであり、家同士の同盟関係を象徴する行為で、拝むには立派な理由になった。

だから儀礼的・象徴的意味のある贈り物は、区別して「礼物」と言う。

だが理由と言ってもそれは孔子の好みであり、礼は孔子の好みに左右される。客観的な礼法書は論語の時代には無い。つまり孔子が礼法の発信源で、その好き勝手を墨子は非難している。

論語 墨子
〔儒者の主張では、妻と嫡男が亡くなれば三年間喪に服する。それを〕儒者はこう言い訳する。「妻は嫁ぎ先の祖先の祭祀に共同で参加し、子を生んで祭祀が絶えないようにする。嫡男がいずれ祭祀を行うのは言うまでもない。だから丁重に扱うのだ」と。ウソ八百もたいがいにしたらよかろう。

本家の長男は数十年間、祖先の祭祀を執り行うというのに、亡くなっても一年しか喪に服さない。その嫁が亡くなった場合はもっとひどい。全然喪に服さない。自分の妻子が亡くなれば喪は三年なのに。儒者が言う祖先の祭祀うんぬんは、まったくの口実に過ぎない。

妻子を重ねに重ねて尊重しながら、儒者が「親類縁者を大事にする」などと言い張るのは、自分の好みを言っているだけで、本当に祭祀を行う者を軽んじている。大変な悪党と言って良かろう。(『墨子』非儒篇下)

ここで挙げられているのは、妻子が死んだら三年の喪に服すのに、本家の兄が祖先の祭祀を絶やさぬよう勉めても、一年しか喪に服さないのはおかしい、という。友人の話ではないが、人間に等級を付ける孔子の礼は、しょせん孔子の好き勝手に過ぎないと非難したのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)