論語詳解250郷党篇第十(16)補足:『墨子』非儒篇下・現代語訳

儒者の礼法の矛盾

原文

儒者:「迎妻,妻之奉祭祀,子將守宗廟,故重之。」應之曰:「此誣言也,其宗兄守其先宗廟數十年,死喪之其,兄弟之妻奉其先之祭祀弗服,則喪妻子三年,必非以守奉祭祀也。夫憂妻子以大負絫,有曰『所以重親也』,為欲厚所至私,輕所至重,豈非大姦也哉!」

書き下し

儒者は妻を迎うるに、妻は之れ祭祀を奉り、子将に宗廟を守らんとす、故に之を重んずと。之に応じて曰く、此れあざむきの言也。其の宗兄、其の先宗の廟を守ること数十年なるも、死して之に喪するや其のみ。兄弟之妻、其の先之祭祀を奉るも服せ弗。則ち妻子は三年喪なすは、必ず以て祭祀の奉りを守るに非る也。夫れ妻子を憂えて以て大いにルイを負い、た曰く、親を重んじる所以也と。私に至る所を厚くせんと欲する為に、重きを至す所を軽んず。豈に大姦に非ざる也哉。

現代語訳

〔儒者の主張では、妻と嫡男が亡くなれば三年間喪に服する。それを〕儒者はこう言い訳する。「妻は嫁ぎ先の祖先の祭祀に共同で参加し、子を生んで祭祀が絶えないようにする。嫡男がいずれ祭祀を行うのは言うまでもない。だから丁重に扱うのだ」と。ウソ八百もたいがいにしたらよかろう。

本家の長男は数十年間、祖先の祭祀を執り行うというのに、亡くなっても一年しか喪に服さない。その嫁が亡くなった場合はもっとひどい。全然喪に服さない。自分の妻子が亡くなれば喪は三年なのに。儒者が言う祖先の祭祀うんぬんは、まったくの口実に過ぎない。

妻子を重ねに重ねて尊重しながら、儒者が「親類縁者を大事にする」などと言い張るのは、自分の好みを言っているだけで、本当に祭祀を行う者を軽んじている。大変な悪党と言って良かろう。


論語郷党篇16に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)