『史記』現代語訳:孔子世家(19)匪兕匪虎

論語時代史料:『史記』原文-書き下し-現代日本語訳

論語 三子問答

孔子知弟子有慍心、乃召子路而問曰「詩雲‘匪兕匪虎、率彼曠野’。吾道非邪?吾何爲於此?」子路曰「意者吾未仁邪?人之不我信也。意者吾未知邪?人之不我行也。」孔子曰「有是乎!由、譬使仁者而必信、安有伯夷﹑叔齊?使知者而必行、安有王子比幹?」
孔子、弟子に慍心有るを知り、乃ち子路を召して問いて曰く、「詩に云う、兕(ジ)に匪(あら)ず、虎に匪ず、彼の曠野に率(したが)うと。吾が道は非なるか、吾、何為すれぞ此こに於いてすか。」子路曰く、「意うに吾未だ仁ならざるか。人の我を信ぜざるは、意うに吾未だ知ならざるか、人の我を行かせざるは。」孔子曰く、「是れ有らんや、由や、譬ば仁者をして必ず信ぜしめば、安んぞ伯夷・叔斉有らん。知者をして必ず行かさしむれば、安んぞ王子比干有らん。」

論語 子路
孔子は弟子に怒りの心が有るのを知り、そこで子路を呼んで問うた。
「詩に言う、野牛にも虎にもあらで、我ら荒野をさまよう、と。私のやり方は間違っているのか。今ここで何をすべきか。」

子路が答えた。
「考えてみれば、私はまだ人の情けを会得していないのでしょう。人が私を信じないのは、おそらく私がまだ知に至っていないからでしょう。だから人は私に任せようとは思わないのです。」

孔子が言った。
「そうだろうか、子路よ。例えば仁者が必ず人に信じられるなら、なぜ伯夷と叔斉は飢え死にの最期を遂げたのか。知者が必ず任されるなら、なぜ王子比干は殺されたのだ。」

子路出、子貢入見。孔子曰「賜、詩雲‘匪兕匪虎、率彼曠野’。吾道非邪?吾何爲於此?」子貢曰「夫子之道至大也、故天下莫能容夫子。夫子蓋少貶焉?」孔子曰「賜、良農能稼而不能爲穡、良工能巧而不能爲順。君子能修其道、綱而紀之、統而理之、而不能爲容。今爾不修爾道而求爲容。賜、而志不遠矣!」
子路出で、子貢入りて見ゆ。孔子曰く、「賜や、詩に云う、兕に匪ず、虎に匪ず、彼の曠野に率う、と。吾が道は非なるか、吾、何為すれぞ此こに於いてすか。」子貢曰く、「夫子の道は至大なり、故に天下能く夫子を容るるもの莫し。夫子、蓋(なん)ぞ少しく貶さざる。」孔子曰く、「賜や、良農は能く稼(ま)くも、而して穡(かせぎ)を為す能わず。良工は能く巧みなるも、而して順(たくめ)るを為す能わず。君子は能く其の道を脩め、綱(つなだち)て之を紀(のり)とし、統(すじな)して之を理(ことわり)とするも、而して容れらるるを為す能わず。今、爾は爾の道を脩めずして、而も容れらるるを為すを求む。賜、而の志は遠からず。」

論語 子貢
子路が孔子の前を下がって、子貢が面前に表れた。孔子が言った。
「詩に言う、野牛にも虎にもあらで、我ら荒野をさまよう、と。私のやり方は間違っているのか。今ここで何をすべきか。」

子貢が言った。
「先生の政道は広大に過ぎます。だから天下には、先生を受け入れる者がいないのです。先生、世間に合わせて、すこし程度を落としてはいかがです。」

孔子が言った。
「子貢よ。まじめな農民が種を撒いても、必ず収穫があるとは限らない。腕利きの職人が技術をこらしても、必ず良品が出来上がるとは限らない。君子は政治の方法を学び取り、掟を定めて基準とし、筋道を立ててそれを道理とすることは出来ても、世間に受け入れられるとは限らない。今お前は政治の道を習得し終えないまま、世間に受け入れられることを求めている。子貢よ、お前の志はまだ浅いな。」

子貢出、顔回入見。孔子曰「回、詩雲‘匪兕匪虎、率彼曠野’。吾道非邪?吾何爲於此?」顔回曰「夫子之道至大、故天下莫能容。雖然、夫子推而行之、不容何病、不容然後見君子!夫道之不修也、是吾醜也。夫道既已大修而不用、是有國者之醜也。不容何病、不容然後見君子!」孔子欣然而笑曰「有是哉顔氏之子!使爾多財、吾爲爾宰。」
子貢出でて、顔回入りて見ゆ。孔子曰く、「回や、詩に云う、兕に匪ず、虎に匪ず、彼の曠野に率う、と。吾が道は非なるか、吾、何為すれぞ此こに於いてなすか。」顔回曰く、「夫子の道は至大なり。故に天下能く容るるもの莫し。然ると雖も、夫子、推して之を行え。容れられざるは、何ぞ病えん。容れられざるして然る後に君子を見る。夫れ道の脩まらざるは、是れ吾が醜(おこたり)なり。夫れ道は既に已にして大いに脩まりて用いられざるは、是れ国を有つ者の醜なり。容れられざるは、何ぞ病えん。容れられざるして然る後に君子を見る。」孔子、欣然として笑いて曰く、「是れ有るかな、顔氏の子よ、爾をして財多からしめば、吾、爾の宰と為らん。」

論語 顔回
子貢が孔子の前を下がって、顔回が面前に表れた。孔子が言った。
「詩に言う、野牛にも虎にもあらで、我ら荒野をさまよう、と。私のやり方は間違っているのか。今ここで何をすべきか。」

顔回が答えた。
「先生の政道は至って広くあります。だから天下に受け入れる者がいないのです。しかしそれでも、先生はその道を迷わずお行き下さい。受け入れられないことを、なぜ気にする必要がありましょうか。受け入れられないからこそ、まことの君子なのです。そもそも政道を習得できないのは、私の怠惰によってです。その政道を大いに習得し切って、それでも用いられないのは、それは国を治める者の怠惰に過ぎません。受け入れられないことを、なぜ気にする必要がありましょうか。受け入れられないからこそ、まことの君子なのです。」

孔子はニッコリ笑って答えた。
「その通りだな、顔氏の子よ。もしお前が大金持ちになったら、私はお前の執事になろう。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)