論語詳解235子罕篇第九(32)唐棣の華

論語子罕篇(32)要約:死期を覚った孔子先生が歌います。すももの花びら、ひらひらと。いかであなたを、忘れよう。何より音楽が好きだった先生ですが、あるいはこの歌、お母さんに抱かれて聞いた、子守歌だったかも知れません。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

「唐棣之華、偏其反而。豈不爾思。室是遠而」。子曰、「未之思也、夫何遠之有*。」

校訂

武内本:清家本により、文末に哉の字を補う。邢疏本句末哉の字なし。

書き下し

唐棣たうていはなは、へんとしてひるがへれり、しかり。あになんぢおもはざらむや、しつとほければなり、しかりと。いはく、いまこれおもはざるなりなんとほきことからむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

逸詩に言う。「スモモの花びら/ひらひらと、げに/いかであなたを/忘れよう/その道遠く/行かれぬとは、げに」

論語 孔子別像
先生が言った。「そこまで相手を思っていないな、この歌い手は。恋しているなら、何の遠いことがあるものか。」

意訳

春になった。
庭のスモモの花が散り、ひらひらと舞い落ちる。
そうだよ。
だれも彼も、忘れ得ぬ人々ばかりだ。
しかし呉国はあまりに遠く、天下太平の世も遠い。
そうだよ。

論語 孔子 遠い目
「昔はこんな事、思いもしなかったのだがな。」

従来訳

論語 下村湖人

民謡にこういうのがある。

ゆすらうめの木
花咲きゃ招く、
ひらりひらりと
色よく招く。
招きゃこの胸
こがれるばかり、
道が遠くて
行かりゃせぬ。

 先師はこの民謡をきいていわれた。――
「まだ思いようが足りないね。なあに、遠いことがあるものか。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

唐棣(トウテイ)

論語 唐 篆書 論語 棣 篆書
(篆書) 

和名ニワザクラと吉川本に言う。その花期は4月上旬。藤堂本ではスモモと言う。訳者は下記の理由でスモモ説をとる。

『学研漢和大字典』によると「唐」は会意文字で、「口+庚(ぴんとはる)」で、もと、口を張って大言すること。讜(トウ)と同じ。その原意は「荒唐」という熟語に保存されたが、単独ではもっぱら国名に用いられる。「大きな国」の意を含めた国名である、という。

「棣」は会意兼形声文字で、隶は、逮(とどく)の原字で、前のものに後ろのものがとどくこと。棣は「木+(音符)隶(テイ)・(タイ)」。次々に花が並んで列をなす木、という。

また『学研漢和大字典』によると「唐棣」はにわうめのこと。春、淡紅色または白い花が咲く。棠棣(トウテイ)・郁李(イクリ)とも、という。なおニワウメの開花時期は4月ごろと言われる。
論語 唐棣 ニワウメ
ニワウメの花。Photo via http://www.flower-photo.info/

偏其反而

論語 偏 古文 論語 反 金文
「偏」(古文)・「反」(金文)

論語の本章では、”花びらが散って、ひらひらとひるがえるさま”。而は語末の調子を整える助字として読まないのが通例だが、”そうだよ”の意を表すものとして今回解した。

武内本には、「偏は飜の仮借、動揺の貌」という。意味は上記と同じ。

夫何遠之有

この部分の語順は、本来「夫何有遠」でよいが、「之」を使って倒置している。

論語:解説・付記

論語 武内義雄 論語之研究
武内義雄『論語之研究』によると、論語の本章は他の章と体裁が異なっており、「あるいは後人の附加か」という。しかし孔子の晩年を伝えるこの子罕篇の最後の章として、ふさわしいと訳者は思う。あるいは編者の付加だろうが、一読して胸に迫るものを感じる。

論語の本章は儒者や漢学者がのん気なことを言っているような、そんな軽い話ではない。引用の詩も『詩経』に載せられなかった詩=逸詩だというが、これは孔子の辞世の句。当然、『詩経』に入っている道理がない。

スモモの花が咲くのは早春だから、孔子はその散るのを眺めつつ、かく歌い、そして亡くなった。死去の推定月日は3/4だから、まだ花散る風景の中だったかも知れない。花は違えど、西行法師の辞世「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」を想起させる。
論語 唐棣 スモモ
スモモの花。Photo via https://photo-pot.com/

目指した政道を実現できず、期待した呉国も孔子70の時、留守を越に攻められ大敗し、一挙に落ちぶれて亡国へ。同じ年、息子の鯉が死去、翌年顔回が死去、翌年子路も死去。孔子は絶望して、世を終えたのだと訳者は思う。麒麟がどうのこうのは、おそらく演出に過ぎない。

BC482

哀公13 孔子70 息子の鯉、死去 呉王夫差、諸侯を集めて晋と覇者の座を争う。一方本国を越軍に攻められ、大敗
481 14 71 斉を攻めよと哀公に進言、容れられず 弟子の顔回死去。孟懿子死去。魯で麒麟が捕らわれる。斉・簡公、陳成子によって殺される
480 15 72 弟子の子路死去
479 16 73 死去。西暦推定日付3/4。曲阜城北の泗水シスイ河畔に葬られる ギリシア、プラタイアの戦い
473 22 越、呉を滅ぼす

本章で論語子罕篇は終わりだが、次の郷党篇はメモ的性格が強く、論語を二分する前半はここで終わる。『論語之研究』によると、論語冒頭の学而篇と郷党篇は、まだ二篇しかなかった論語の古い部分という。そして第二為政篇から第八泰伯篇までは、別の本だった。

この七篇を河間七篇本と言い、魯に残った曽子の系統が編集したという。論語の前半は、二篇本=魯斉二篇本の間に割り込ませて膨らますように、河間七篇本をつけ加えた。そしてさらに、孔子の晩年を描いたこの子罕篇が加わり、それだけで独立できる論語の前半となった。

つまりいくつかあった『孔子伝』のうち一冊を、ここで読み終えたに等しい。

『論語』子罕篇おわり

お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)