論語詳解472子張篇第十九(1)士は危うきを見て

論語子張篇(1)要約:孔門十哲ではないですが孔子先生の高弟の一人、子張がお説教。しかしよく読んでみれば当たり前の事を言っているに過ぎません。まじめに仕事しろ、筋の通らぬ金は受け取るな、祭礼や葬儀をバカにするな、と。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子張曰、「士見危致命、見得思義*、祭思敬、喪思哀、其可已矣。」

校訂

武内本:憲問第十三章「見利思義、見危授命」。

書き下し

子張しちやういはく、あやふきをいのちささげ、るをすぢおもひ、まつりゐやおもひ、かなしびおもふ、にしてなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張
子張が言った。「志士は危機に遭っても命がけになり、利益を見たら筋が通るか考え、祭礼には敬意を払い、葬儀には悲しみを思う。それでおしまいだ。」

意訳

論語 子張
子張「志士たる者、危難に遭おうと命がけで責務を果たし、筋の通らぬ利益は受け取らず、祭礼では心から敬意を払い、葬儀では心から悲しむ。それで十分だ。」

従来訳

論語 下村湖人

子張がいった。――
「士たるものは、公けの任務において危難に直面したら生命を投げ出してそれに当るべきだ。利得に恵まれる機会があったら、それをうけることが正義に合するかどうかを思うべきだ。そして祭事には敬虔の念があふれ、喪には悲哀の情があふれるならば、士と称するに足るであろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子張

論語では孔子の年若い弟子、顓孫師子張のこと。孔門十哲には入っていないが、論語での発言はそれ並みに多い。

論語 士 金文
(金文)

論語の本章では、ほぼ「君子」に近く、孔子一門の弟子が目指すべき、望ましい人格のこと。一般的意味は最下級の貴族である士族を指すが、論語では階級に関わりなく、志を高く持った男性一般を指す。

見危致命

論語 危 金文大篆 論語 致 金文
「危」(金文大篆)・「致」(金文)

論語の本章では、”危機に遭っても命がけで使命を全うする”。他者の危機に命を投げ出して救う自己犠牲、と取るのは無理があるように見える。孔子の説く倫理では、仁政を実践できなければ意味が無く、命あっての物種だからだ。

論語憲問篇13に、同様の言葉が子路の発言として記されている。

見利思義、見危授命
利を見ては義を思い、危うきを見ては命をさずく。

見得思義

論語 得 金文 論語 義 金文
「得」「義」(金文)

論語の本章では、”利益を得る機会で筋が通るか考える”。こちらも上掲の通り論語憲問篇13に同様の発言がある。

祭思敬

論語 祭 金文 論語 敬 金文
「祭」「敬」(金文)

論語の本章では”祭礼では敬意を払う”。同様の発言が論語八佾篇12に孔子の発言として記されている。

祭如在、祭神如神在。
祭るにいますが如くし、神を祭るに神在すが如くす。

喪思哀

論語 喪 金文 論語 哀 金文
「喪」・「哀」(金文)

論語の本章では、”葬儀では(心から)悲しむ”。同様の発言が論語八佾篇4に孔子の発言として記されている。

喪與其易也、寧戚。
はそのつくばうよりは、むしいため。

其可已矣

論語の本章では、”それでよろしい・それで十分だ”。「其」は”それで”。詳細は論語語釈「其」を参照。「可」は”よい”、詳細は論語語釈「可」を参照。「已」は”終わる”、詳細は論語語釈「已」を参照。「矣」はもと人の振り返った姿の象形で、意志のこもった断定を意味する。詳細は論語語釈「矣」を参照。

伝統的な読み下しでは、「已矣」二文字を「のみ」と読んで、「それ可なるのみ」とする。このような「この場合はこう読む」という例外は、出来るだけ少ない方がいいように思う。

論語:解説・付記

論語の本章の訳について、従来訳と訳者の訳は同じ事を言っているのだが、従来訳がまるで特攻隊員の任務の如く思われるのは、訳文の「べきだ」の重々しさによるのだろう。子張は”命がけで仕事をしろ”と言っているだけで、”●んでしまえ”とは言っていない。

命がけうんぬんを除けば、職業倫理としては現代でも当たり前の事を言っているに過ぎないし、現代でも例えば消防士なら、命がけも当てはまることになるだろう。孔子の教えと儒教が異なるのは、こうした自己犠牲の押し付けの有無によっても、あるいは区別できるだろう。

人は人ごとだから、軽々しく人命をうんぬんするのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)